更新日:

レイクALSAの解約総まとめ!解約方法からメリット・デメリットまでご紹介

レイクALSAの解約総まとめ!解約方法からメリット・デメリットまでご紹介

ローンカードを使っていつでも便利に融資が受けられるレイクALSA。提携ATMの手数料が無料であったり、振込融資が利用できたりと、メリットの多いカードローンです。しかし、今後は利用しないということが分かっているなら、レイクALSAを解約するという選択肢もありますよね。レイクALSAを解約する方法や解約のメリット・デメリットについてまとめました。レイクALSAを解約しようかどうか迷っている方は、ぜひご覧ください。

レイクALSAのバナー
おすすめポイント
  • 申込から借入、返済まで全てWEBで完結
  • コンビニなどの提携ATMでも手数料無料
  • 選べる2つの無利息サービス!
審査時間 申込み後最短15秒
融資時間 Webで最短60分融資も可
実質年率 4.50〜18.00%
無利息期間 公式サイト参照
借入限度額 最小1万円〜最大500万円
パート・アルバイト
収入証明書 50万円を超える場合提出必要
利用可能なコンビニ セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社 ※即日振込みをご希望の場合は、21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。 ※審査結果をご確認いただける時間:8時10分~21時50分(毎月第3日曜日は、8時10分~19時) ※上記以外の時間帯は、審査結果をメールなどでお知らせいたします。 ※パート・アルバイト:安定した収入がある方に限る ※収入証明書:レイクALSAのご利用限度額の総額が50万円を超える場合必要 ※収入証明書:レイクALSAのご利用限度額の総額と他社のお借入れ総額の合計が100万円を超える場合必要 ※収入証明書:他社とは、使途自由の類似無担保融資サービスを提供している会社のことを表します ※即日融資:21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能 ※即日融資:初めてのお客さまへの当日ご融資は、8~22時 ※即日融資:ご融資時間は、一部店舗によって異なります

困ったときに頼りになるカードローンですが、返済の目途がついたら解約を検討する方もいらっしゃるでしょう。

とはいえ、レイクALSAの公式サイトを見ても、新規申し込みに関しての情報は多いのですが、解約についてはあまり詳しくは解説されていません。

レイクALSAの解約方法とメリット・デメリットをまとめましたので、「レイクALSAを解約しようかな」と考えている方はぜひご覧ください。

いきなり解約はNG!レイクALSAを解約する前のチェックリスト

レイクALSAの解約を思い立ったからといって、いきなり解約手続きをしてしまうのはNGです。

レイクALSAには会員専用のページがありますが、会員ページからは解約手続きはできませんし、場合によっては解約した後にトラブルが発生することもあります。

スムーズにレイクALSAを解約するために、解約前にかならず以下の3つのポイントをチェックしてください。

チェック1:会員ページか電話で借入残高が0円かを確認する

レイクALSAを解約できるのは、借入残高が0円のときだけです。現在の借入残高を会員ページで確認してみましょう。

会員ページにアクセスできないときはお客さま専用フリーダイヤル(0120-09-09-09:24時間対応)に電話をかけ、音声が流れたら「2」→「1」とプッシュして残高を確認してください。

チェック2:硬貨対応可のATMか銀行振り込みで完済する

借入残高が0円でなかったときは、ATMから残高分を入金して借入残高を0円にします。大抵は1円単位の残高が残っているはずですので、硬貨に対応しているレイクALSAのATMを利用すると最後の1円まで清算できます。

なお、レイクALSA以外でも、イーネットとローソン銀行、クレディセゾン、イオン銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、東京スター銀行、西日本シティ銀行のATMなら借入残高を一括で返済することができます。

ただしATMによっては硬貨に対応していないこともありますので、千円単位で多めに入金して、解約後にレイクALSAから差額を返還してもらいましょう。

また、利息は毎日発生しますので、1日返済日が変わると借入残高も変わります。かならず会員ページか電話で確認した日の当日中に、借入残高を入金返済するようにしてください。

銀行振り込みの手数料は利用者負担

ATMまで出かける時間がないときは、インターネットバンキングで銀行振り込みによる残高清算も可能です。

ただし、銀行振り込みの手数料は利用者各自の負担となりますので、わずか数百円を清算するのに数百円の手数料がかかってしまうこともあります。

レイクALSAならコンビニATMでも手数料は不要ですから、できればATMで清算するようにしてください。

チェック3:解約証明書の発行が必要かどうかを確認する

解約証明書について何も伝えないまま解約すると、解約証明書は発行してもらえません。

また、解約してから長期間が経過してしまうと、利用者側が「解約証明書を発行して欲しい」と伝えても発行不可になる可能性もあります。

解約手続きをする前に解約証明書が必要なのかどうかかならず確認し、必要なときは忘れずにオペレーターに伝えましょう。

レイクALSAの解約証明書が必要なのはどんなとき?手数料・送付方法は?

解約するときは、かならず解約証明書が必要なのかどうか確認しておかなくてはなりません。解約証明書は解約時なら簡単に発行できますが、解約から時間が経過してから発行を依頼すると、発行できなかったり通常以上に手間がかかることもあるからです。

とはいえ、すべての方に解約証明書が必要になるわけではありません。解約証明書が必要になるケースとはどのようなケースなのか、また、発行手数料と受け取り方について解説します。

住宅ローンやおまとめローンを利用するときは発行しておこう

住宅ローンに申し込むときに、消費者金融などでカードローンを利用していることが審査に悪影響を及ぼすことがあります。

特に銀行では年収に対してローン等の返済額がどの程度の割合を占めているのかを示す「返済負担率」を重視しますので、住宅ローン以外にもローンを利用していると、審査に通りにくくなることがあります。

住宅ローンの審査を受けて「他社にも借入がありますよね?」と融資担当者に指摘されたときは、レイクALSAを解約し、レイクALSAの解約証明書を提出してください。

また、複数のローンを1つにまとめる「おまとめローン」を利用するときは、おまとめしたローンの解約証明書の提出が求められることが多いです。

おまとめローンの審査に通ったら、おまとめローンで借りたお金でレイクALSAやその他の細々とした借金を完済し、レイクALSA等から受け取った解約証明書をおまとめローンの業者に提出しましょう。

発行手数料は不要

解約証明書の発行手数料は不要です。

また、解約証明書を自宅に郵送してもらう場合も、送料は不要です。

なお、「おまとめローンを利用しつつも住宅ローンに申し込む」というように解約証明書が2つ必要なときは、前もってレイクALSAに伝えておきましょう。

1週間~10日後に解約証明書が郵送される!

解約証明書の発行を依頼すると、1週間~10日後に解約証明書が届きます。自宅以外での受け取りを希望する方は、解約証明書を申し込む際に受取場所についてオペレーターに相談しましょう。

いよいよ解約!レイクALSAの3つの解約ステップ

レイクALSAの借入残高を確認して清算し、解約証明書が必要かどうかを確認したら、いよいよレイクALSAの解約へと進みます。レイクALSAは次の3つのステップで解約します。

ステップ1:お客様専用フリーダイヤルに平日9-18時に解約を申し入れる

レイクALSAの解約手続きは、インターネットや自動契約機ではできません。かならずお客さま専用フリーダイヤル(0120-09-09-09)に電話をかけて申し込みましょう。

お客さま専用フリーダイヤルは24時間いつでもつながりますが、平日9:00~18:00以外は自動応答となります。解約手続きは自動応答ではできませんので、かならず平日9:00~18:00のオペレーターと直接話ができる時間帯に電話をかけてください。

ステップ2:必要な場合は解約証明書と契約書の返却を申し込む

解約証明書が必要なときは、解約証明書を送付してくれるようにオペレーターに伝えましょう。

また、解約証明書とは別に契約書を返却するかどうかをオペレーターから尋ねられますので、必要な場合は返却を依頼します。解約証明書も契約書も時期を逸すると送付手続きが困難になります。

かならずお客さま専用フリーダイヤルで解約を申し入れるタイミングで、各書類の送付を依頼するようにしてください。

ステップ3:ローンカードを丁寧に破棄する

レイクALSAでは、解約後のローンカードは返却する必要がありません。丁寧に真ん中から両断するようにハサミを入れて、破棄しておきましょう。カードの端部分にハサミを入れてしまうと、破棄後に悪用される可能性があります。

利用しないときはレイクALSAは解約すべき?解約の2つのメリット

レイクALSAを利用しないからといって、かならずしもレイクALSAを解約しなくてはならないわけではありません。

借入残額があるときは利息が発生しますが、完済しているなら利息は発生しませんし、ただ単にカードを保有しているだけなら維持費や会費は不要ですから金銭的な負担はありません。

しかし、次の状況に当てはまる人は、レイクALSAを解約する方が良いと言えます。それぞれの状況について詳しく見ていきましょう。

解約したほうが良い人

  • 他のローンやクレジットカードの審査を控えている人
  • 借金に区切りをつけたい人

住宅ローンやクレジットカードの審査に有利になる

住宅ローンの審査を受けるときには、消費者金融やその他のローンを利用していることが不利に働きます。
先ほども説明しました通り、細々としたローンがあると返済負担率が高くなるという点も、審査に不利になる理由の1つです。

とりわけカードローンのように、簡単に融資を受けられるローン商品を利用していると、「現時点以上に借金が増えてしまう可能性が高い」と銀行側に判断されてしまい、審査通過が厳しいものとなってしまうのです。

住宅ローンを利用しようと考えているなら、借入を何度でも繰り返せるカードローンは解約しておく方が良いでしょう。また、クレジットカードの審査にも、レイクALSAなどのカードローンを利用していることが響いてしまいます。

レイクALSAを利用していないのなら、クレジットカードに申し込もうと考えている方もレイクALSAを解約する方が良いでしょう。

借金に区切りをつける

レイクALSAに契約していると、ほぼ24時間いつでも手数料無料でお金を借りることができます。

簡単に借りられるため、「ちょっと手元のお金が足りないかな」程度の深刻度でも、レイクALSAのローンカードを使ってお金を借りることになってしまいます。

意志が弱いと自覚している方は、借金生活に区切りをつけるためにもレイクALSAを解約する方が良いでしょう。

また、複数の業者からお金を借りることを「多重債務」と呼びますが、多重債務の状態になると、毎月、返済額や返済日を管理するだけでも手間と時間がかかり、借金が生活の中心になってしまう恐れがあります。

借金に心を煩わされないためにも、複数の借金がある場合は、あまり利用しない借金を解約して整理しておくことをおすすめします。

レイクALSAを完済しても解約するのはもったいない!?3つのデメリット

住宅ローンや自動車ローンなどの他のローンに申し込む予定がある人、クレジットカードに申し込みたい人、借金に区切りをつけたい人は、レイクALSAを解約する方が良いでしょう。

しかしながら、誰でもレイクALSAを解約する方が良いわけではありません。

次の条件に当てはまる人は、たとえレイクALSAを完済したとしても解約する必要はないと言えます。

解約しないほうが良い人

  • 今後お金を借りる可能性がある人
  • 今以上に高額の融資を受けたいと考えている人
  • レイクALSAと提携しているATMに行けない人

新たに融資を受けるときにもう一度審査を受けなくてはいけない

将来的に融資が必要になったとき、レイクALSAを解約していないなら、いつでも自由にレイクALSAのローンカードを使って限度額までの金額を借りることができます。

レイクALSAの契約期間は5年
ですが、特にトラブルを起こさない限りは契約が自動更新されますので、何年間も使わないとしても何の問題もなく借入できます。

しかし、レイクALSAを解約してしまうと、お金が必要になったときに、再度レイクALSAや他のカードローンの審査を受けて契約する必要があります。

審査の結果、融資限度額が現在レイクALSAで設定されている金額よりも少なくなる可能性はありますし、最悪、審査に通らず融資を受けられない可能性もあります。

万が一のためにも、レイクALSAの契約を残しておくことには意味があると言えるでしょう。

レイクALSAの審査攻略法は?審査落ちしないための重要ポイントを徹底解説!
大手消費者金融のレイクALSAは、2種類の無利息キャンペーンなど、カードローンとしての魅力をたくさん備えています。しかし、なかには申込みしたものの、審査で落とされて利用できない人がいるのも事実。 信用情報や収入面で落とされるならまだしも、なかには「手続き上の不備」など、知らなかったために落とされてしまうことも。 審査をクリアするためには、どのような点に気をつければいいのでしょうか。ここでは、レイクALSAの審査の特長や審査をクリアするためのポイント、注意点などを詳しく解説していきます。

融資額の増額の機会を逃すことになる

レイクALSAを利用し、毎月しっかりと遅れずに返済していると、融資限度額を増やしてもらえることがあります。

融資限度額を増やしてもらうためには少なくとも6ヶ月~1年以上の年月が必要ですので、レイクALSAを解約してしまうと、せっかくの融資限度額増額の機会を逃すことになってしまいます。

「融資限度額が低すぎる」といった理由でレイクALSAを解約しようと考えているのなら、もうしばらくレイクALSAを使い続けて、融資限度額の増額の機会を掴むようにしましょう。

なお、レイクALSAから「融資限度額を増やしませんか?」というお誘いの電話やメールが届くこともありますが、契約者自身で「融資限度額を増やしてほしい」とレイクALSAに依頼することもできます。

会員ページの「ご利用限度額アップのご確認・お申込み」から、もしくはお客さま専用フリーダイヤルから増額を申し込んでください。

レイクALSAで増額する方法については下記の記事も参考にしてください。

レイクALSAで増額するには?申請前に押さえておくべき審査ポイントを徹底解説
最初の契約で審査に通ってレイクALSAを利用しているうちに、もっと利用限度額を増やせないかと思うこともありますよね。 「もう少し利用限度額が増やせると、さらに便利になるのに・・・」という方のために、ここではレイクALSAの利用限度額を増やす方法、すなわち「増額の方法」について、くわしくご紹介します。

完済時に振込手数料などがかかることがある

レイクALSAのATMなら小銭が利用できますので、最後の1円まできれいに完済することができます。

しかし、小銭に対応していない提携ATMを利用するときは、多めに支払って後でレイクALSAから過剰金を返済してもらうことになります。

手続きは面倒ではありませんが、その場ですっきりとしたいなら、小銭対応可能なレイクALSAのATMを使って完済するのが一番ですよね。

しかしながら、レイクALSAのATMはコンビニATMと比べると設置台数が少ないため、誰もが簡単にATMで1円単位まで完済できるわけではありません。お近くにレイクALSAのATMがない人も多いでしょう。

レイクALSAのATMがないけれどもその場で完済したいときは、レイクALSAに直接現金を振り込むことで完済することが可能です。

ただし、振込手数料は利用者が負担しますので、数百円程度のお金がかかってしまうことがあります。

レイクALSAなら近くの提携コンビニATMで借入も返済もらくらく解決!
レイクALSAなら近くのコンビニや銀行にあるATMで、すぐに借入・返済ができます。急な出費や、手持ちのお金が足りないときに、休日や夜間でも近くのコンビニで借入れができるのはとても便利ですね。 一方で、コンビニATMを利用しるときに注意しなければならない点もあります。 ここでは、レイクALSAが使えるコンビニ・銀行ATMの営業時間や利用内容、注意点についてまとめてご紹介します。

借入残高が1,000円なら利息不要!万が一に備えて解約しないのもアリ

完済したいけれども近くにレイクALSAのATMがない方、また、完済のために振込手数料を払うのはイヤだという方は、レイクALSAの契約をそのまま放置しておくのもおすすめです。

レイクALSAでは1,000円未満の残高に対してはどんなに放置しておいても利息はかかりませんので、「使わずに放っておいたら高額な利息が発生していた!」ということにはなりません。

しかも、借入残高が1,000円未満のときは、月々の返済も不要になります。いつかお金が困ったときのために、レイクALSAの契約を解除せずに残しておいてはいかがでしょうか。

レイクALSAの解約まとめ

レイクALSAを使わないからと言って、すぐに解約するのはNGです。

住宅ローンやクレジットカードの審査が控えている方は解約する方が良いですが、特に審査が控えていない方は、そのままレイクALSAの契約を残しておいてはいかがでしょうか。

借入残高が1,000円未満なら利息も発生しませんし、元々年会費・維持費不要の契約ですから金銭的負担は皆無です。

また、長く契約していることで融資限度額が増えて、より一層便利にレイクALSAが利用できるようになることもあります。

「使わないから即解約」と考えるのではなく、本当に解約すべきか、そして、解約証明書や契約書は必要なのかを吟味してから解約手続きに進むようにしてください。