更新日:

専業主婦でもカードローンから即日借りられる?審査通過のコツもご紹介

専業主婦でもカードローンから即日借りられる?審査通過のコツもご紹介

日々の生活費や子どもの教育費、家族旅行費などを借りたい主婦に便利なのがカードローンです。しかし、急な金欠や出費でその日のうちにお金が必要になった場合、当日中にお金を借りられるのか不安に感じませんか。

専業主婦の場合、カードローンで即日融資を受けることはできませんが、有担保貸付を利用すればその日のうちにお金を借りることも可能です。

本ページでは、お金を借りたい専業主婦の方が即日でお金を借りる方法、カードローンを利用する方法を徹底解説していきます。
そのほかにおすすめカードローンもご紹介していますので、カードローンを利用したい主婦の方はぜひチェックしてみてください。

専業主婦でも即日でお金を借りる方法はある!

スピーディーな審査をおこなう消費者金融カードローンは即日融資にも対応しており、急いでお金が必要な場合にも頼りになる選択肢です。

しかし、消費者金融は貸金業者のひとつであり、貸金業法に基づく総量規制の対象となります。総量規制では、貸金業者からの借入れを年収の3分の1までに制限しています。原則として収入のない専業主婦は、総量規制によって制限を受けてしまうのです。

そのため、専業主婦は消費者金融を利用することができません。

専業主婦が利用できるのは、都市銀行や地方銀行などの貸金業者ではないカードローンに限られます。例えば、下記の2社の銀行カードローンは、専業主婦も借入ができると公式サイトに明記されています。

ただし、銀行カードローンでは即日融資が受けられません。2018年1月より銀行カードローンの審査では、警察庁のデータベースへ照会をかける項目が追加されました。警察庁からの回答は最短でも翌営業日となっており、結果的に即日融資が不可能になりました。

こうした事情により、カードローンによる借入れでは、専業主婦の方がその日のうちにお金を借りることは難しいのです。しかし、有担保融資を利用することで専業主婦の方でも即日でお金を借りることができます。

専業主婦でも即日でお金を借りられる「有担保融資」とは

即日お金を借りたい専業主婦の方に魅力なのが有担保融資です。有担保融資には生命保険契約者貸付定期預金担保貸付といった種類があります。

有担保融資のメリット
  • 審査なしで最短即日借りられる
  • カードローンより低金利で借りられる
  • 解約しなくても借りられる

上記のように最短即日融資低金利など、急ぎで借りたい専業主婦の方にとって、うれしいメリットがそなわっています。

生命保険契約者貸付では、解約返戻金(契約者に払い戻しされるお金)を担保に入れるしくみになっています。
しくみの関係上で借りられるのは、解約返戻金の範囲(7割~9割が目安)までです。インターネットや電話、なかにはスマホアプリで契約者貸付の申込みができる保険会社もあります。

定期預金担保貸付で担保に入れるのは、文字どおり定期預金の残高です。現在の定期預金の残高範囲(8割~9割が目安)で借りられます。総合口座に定期預金残高がある方は、自動借入れを利用できるかどうか調べてください。

自動借入れでは、普通預金残高が不足すると定期預金を担保に自動的にお金を貸すしくみになっています。
カードローンのような申込みは必要ありません。

ただし、有担保融資を利用するには、当然ながら担保が必要です。生命保険契約者貸付は解約返戻金のある生命保険、定期預金担保貸付は定期預金残高がなければ利用できません。

専門家からのコメント

志塚洋介
志塚 洋介

生命保険契約者貸付は返済しないままでいると、その間の利息が膨らんでいき、借入額が解約返戻金の額を超えてしまうと生命保険そのものが解約となってしまうことがあります。

また、生命保険契約者貸付を利用している間に保険金が発生することになった場合、保険金の額から借入金額と利子の合計額が差し引かれて受け取ることになります。

定期預金担保貸付は、定期預金の満期までに返済しなければいけません。また総合口座にしていると、普通預金口座の残高が足りなくなった時点で自動的に定期預金担保貸付の制度が適用されてしまうため注意が必要です。

主婦の方がカードローン審査に通過するコツを紹介!

事情により有担保融資を利用するのは難しいので、多少時間がかかってもよいので何とか無担保融資を受けたい、という専業主婦の方もいらっしゃると思います。

冒頭でも紹介した銀行カードローンなら担保なしでも問題なく申込みすることができますが、有担保融資と違ってカードローンでは審査に通過しないといけません。

そこで、カードローンへの申込みを検討している主婦の方のために、審査に通過するコツを紹介します。

審査を受ける前に夫の勤務状況を把握しておく

カードローンによっては、夫の勤務状況を収入源に含めた上で審査してもらえることがあります。例として、夫の年収600万円、妻の年収が0万円の場合で考えてみましょう。

妻の収入のみでしか申込みができないカードローンでは申告できる年収は0万円ですが、夫の収入をふまえて審査してもらえるカードローンの場合、妻が申告できる年収も600万円となります。

夫の年収を確認されても回答できるよう、以下の夫の勤務状況を把握しておきましょう。

夫の勤務状況リスト

  • 年収
  • 勤務先
  • 勤務形態
  • 勤務年数

専業主婦の方がカードローンへ申込みをする際には、夫の勤務先への在籍確認があるのか、という点も気になるかと思います。

内緒で借りたいのに、夫の勤務先に電話がかかってくるようではバレてしまいますよね。しかし、専業主婦の方自身の名義で申込みした場合は、原則夫の勤務先に電話はかかってきません。

また、旦那さんに内緒で借りたい専業主婦の方は、注意点や借りるコツをまとめている以下の記事も参考にしてみてください。

専業主婦でもカードローンは借りられる!家族にバレずに借入れるポイントを解説!

申込み時に副業の収入もあわせて申告する

カードローン申込み時に申告できるのは、パート・アルバイトといった本業収入だけと思っていませんか。実は、副業の収入もカードローンへ申告可能です。

例えば、主婦の方を中心に高い人気を持つ在宅ワーク。在宅ワークであっても、安定した収入となっていれば問題なく申告できます。

ただし、収入が不安定な場合は申告からはずしたほうが無難です。収入が不安定なのに申告した場合、カードローンの審査にたとえ通過しても、その後の返済が困難になる恐れがあるからです。

申込み時に限度額50万円以下を希望する

カードローンの審査では、本人確認書類収入証明書類を確認しています。本人確認書類は運転免許証パスポート、収入証明書類は源泉徴収票給与明細書などを提出します。

しかし、限度額50万円以下を希望した場合、収入証明書類の提出は原則として不要になります。
あくまで「原則不要」であるため、50万円以下でも書類の提出を求められるケースがあることは留意しておきましょう。

また主婦に限らず、高すぎる限度額を希望すると審査が厳しくなるため、なるべく少なめの限度額を希望することも大切です。

加えて、消費者金融をはじめとした貸金業者からお金を借りている方は、ひとつ注意点があります。それは希望限度額と他の貸金業者からの借入れ残高あわせて100万円超になると、収入証明書類の提出が必要になることです。心当たりがある方は、貸金業者からの借入残高をできるだけ減らしましょう。

ちなみに専業主婦でも申込みを受けつけている銀行カードローンでは、収入のない専業主婦の場合、限度額は50万円以下となるのが一般的です。つまり、専業主婦本人の収入証明書類は原則提出不要となります。もちろん、夫の収入証明書類の提出も原則不要です。

審査で確認されることを事前に把握しておく

銀行カードローンの審査を受けると、どんなことを確認されるのでしょうか。専業主婦の方でも申込める楽天銀行カードローンイオン銀行カードローンの口コミから審査で確認されることを紹介します。

まずは楽天銀行カードローンの口コミからです。

(30代 / 女性 / フリーター / 年収200~400万円未満 / 借入金額10~50万円未満)

他の金融機関に借入はあるかないか、住宅ローンの支払いはあるかないか、車があるかないかも聞かれたような気もします。

(30代 / 女性 / 主婦 / 収入なし / 借入金額10万円以下)

あまり聞かれる事はなかったです。本人確認として、名前と誕生日を聞かれただけで、あとは借入は初めてかを聞かれました。審査に全て通った後、カードを発送してもらう為に相手側が住所を聞いてきました。

イオン銀行カードローンの口コミは以下をご覧ください。

(30代 / 女性 / 主婦 / 収入なし / 借入金額10~50万円未満)

特に対面で手続きする必要はなかったため、借り入れの際に何かを聞かれた、ということはありませんでした。 カードローンの審査、手続き、発行、借り入れまで、銀行から何か質問されるということは一切ありませんでした。

(40代 / 女性 / 主婦 / 年収200万円未満 / 借入金額10万円以下)

「これは答えなくてもいいフリーローンなので、お答えいただかなくても大丈夫なのですが、、」と前置きがあり、使用目的を聞かれました。また「他のカードローンの借入れはありますか?」の質問でしたが、実際なかったのでそのまま答えて終わりです。

マネ会に集まっている口コミから、専業主婦は名前や誕生日といった基本事項の確認のみがおこなわれる傾向が多いということがわかります。

しかし、カードローンの使用目的過去の使用経験を聞かれた口コミもあるため、事前に回答を用意しておきましょう。

専門家からのコメント

志塚洋介
志塚 洋介

現在収入や家族構成、夫の収入、過去の使用経験などで、カードローン会社によって審査に通りやすさに違いがあります。

少しでも審査に通りやすく、また希望の限度額を利用できるように、自分に合ったカードローン会社を選ぶことが大事です。

各会社のHPに書かれている条件や、口コミ情報などをチェックして、有利なカードローン会社を選ぶようにしましょう。

専業主婦におすすめする銀行カードローン2選

専業主婦でも申込みできる銀行カードローンを、各行の特徴や実際に利用している方の口コミとあわせて紹介します。消費者金融カードローンよりも低めに設定されている利息にも注目してみてくださいね。

申込みをWEBで完結できる! 楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローン(楽天スーパーローン)
楽天銀行"スーパーローン"のロゴ
おすすめポイント
  • 金利は年1.9%~14.5%
  • スマホでお申込が完了!
  • 最大限度額は800万円。
実質年率
1.90〜14.50%
借入限度額
10万円〜800万円
審査時間
最短即日
融資時間
公式サイト参照
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
公式サイト参照

楽天銀行カードローンの金利は年1.9%~14.5%となっており、大手消費者金融年3.0%~18.0%よりも低めです。

さらに楽天銀行カードローンでは楽天銀行口座開設カードローン成約を同時におこなうことで、借入れ日の翌日より30日間利息0円で利用できます。30日間で完済できるときにお得なサービスといえるでしょう。

ほかにも楽天銀行カードローンの魅力となるのが、WEB完結申込みです。申込み→審査→契約→必要書類の提出まで、WEBのみで完結します。

一般的な銀行カードローンでは、来店での契約が必要な場合があります。しかし、WEB完結申込みなら手間のかかる来店は不要です。

以下に楽天銀行カードローンへ申込みした主婦の方の口コミを紹介します。

(30代 / 女性 / 主婦 / 収入なし / 借入金額10万円以下)

まだ返済をした事がありませんが、口座引き落としで2000円から返せるのですごくいいと思いました。余裕がある時はATMで多めに返せばいいみたいで、どこのコンビニのATMでも可能と言われたので、銀行に行くより手間がかからないので、そこもすごくいいと思いました。

口コミからわかるように、毎月2,000円から、専業主婦の方でも返済しやすいのが楽天銀行カードローンのよさです。自宅近くにあるコンビニATMより返済できるのも魅力ではないでしょうか。

低めの金利が魅力のイオン銀行カードローン

イオン銀行カードローン
イオン銀行"カードローン"のロゴ
おすすめポイント
  • ATM手数料が24時間365日いつでも無料!
  • 借入限度額は最大800万円!
  • 金利は3.8%〜13.8%
実質年率
3.80〜13.80%
借入限度額
10万円〜800万円
審査時間
最短即日
融資時間
最短即日
コンビニ
セブンイレブン 非対応 ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
公式サイト参照

イオン銀行カードローンの金利は年3.8%~13.8%となっています。最大金利13.8%は銀行カードローンのなかでも低めです。

また、イオン銀行カードローンではスピーディーな振込融資が大きな魅力となっています。振込融資は審査完了後、ローンカード受け取り前に口座へ入金するサービスです。

ローンカード受け取りの前の振込融資を利用できるのは、イオン銀行普通預金口座を持っている方、かつ新規申込みの方となります。

消費者金融のような即日融資は受けられませんが、銀行カードローンから早めに借りたい専業主婦の方に便利です。

イオン銀行カードローンへ申込みした主婦の方の口コミは以下をご覧ください。

(30代 / 女性 / 主婦 / 収入なし / 借入金額10~50万円未満)

手続きから結果まではスムーズで、専業主婦の私は限度額も20万ということで、使いすぎる心配がなくよいと思いました。専業主婦だとカードローンが利用できない銀行も多い中、すんなり審査がどおり、金利も11.8%と低めで助かりました。

収入なしの専業主婦の方でも、限度額20万円で借りられることがわかります。状況によっては、専業主婦でも13.8%より低い金利で借りられる可能性があります。

専業主婦でも借りられるカードローン・即日融資の方法まとめ

消費者金融カードローンは総量規制のため、専業主婦が借りるのは難しいです。しかし、銀行カードローンなら専業主婦も借りられる可能性があります。カードローンを検討している専業主婦の方は、銀行カードローンを選ぶとよいでしょう。

ただし、銀行カードローンは即日融資が受けられないため、即日借りたい専業主婦の方は生命保険契約者貸付、または定期預金担保貸付を検討してみてください。また、カードローン審査に不安のある主婦の方は、本ページを参考に準備・申込みをしてみてください。

専門家からのコメント

志塚洋介
志塚 洋介

もしもの時にどうしてもお金が必要だということが誰にでもあると思います。そんな時に各種の貸付制度、ローンが役に立ちます。

生命保険契約者貸付や定期預金担保貸付などは、生命保険の契約や定期預金の利用など条件が必要で、それを担保とするため利息が低めに設定されていますが、カードローンは無担保で利用できるため利息が高いです。

利用できる融資制度をよく比較し、利息などの条件面において有利な制度を活用することが大事です。

大学在学中に行政書士、ファイナンシャルプランナーの資格を取得。証券会社で資産運用コンサルティングに従事したのち、不動産会社で保有不動産の収支計算や資産管理、収支改善業務などに従事し、独立開業。行政書士とファイナンシャルプランナーというお金と法律の2つの側面から会社設立、相続、遺言、運用、不動産などに関する幅広い業務を展開中。雑誌やwebでの執筆や株式や投資のセミナーなどの講師も行い、YouTubeでの投資に関する動画も好評。

志塚 洋介の監修記事・プロフィール一覧へ

ゲーム、アニメ、医療、車などの分野で、WEB・書籍問わずさまざまな媒体のライター・編集業務に従事。マネ会ではカードローン記事を担当している。クレジットカードはau walletカードを利用し、節度あるクレカライフを目指している。最近のスマホ決済ブームに乗り遅れまいと、増税をきっかけにau PayとLINE Payを使いはじめた。行きつけのゲームセンターやレンタルビデオショップにも導入された、電子マネー・スマホ決済の可能性に心躍らせるゲームと洋画のオタク。

岸副の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事