更新日:

専業主婦は在籍確認なしでカードローンの審査を通過できるのか?

専業主婦は在籍確認なしでカードローンの審査を通過できるのか?

現代社会は、何にも手数料がかかったり、子育てにも多額のお金が必要になったりするため、主婦の方も家計には苦労されていますね。

そのため、兼業主婦の方だけでなく、専業主婦の方もカードローンに対する需要は多くなっているようです。

でも、専業主婦は収入がなく、カードローン審査では申込めるところが限られる上に、働いていないため在籍確認はどうなるのだろうと不安に思う方も多いのではないでしょうか。

そこで、専業主婦の場合には在籍確認なしで審査に通ることができるのか、さらに兼業主婦の在籍確認も含めて解説します。

専業主婦でも在籍確認はある

大手消費者や銀行カードローンなど、カードローン事業はいろいろなところで展開されていますが、そのカードローン審査では、必ず在籍確認がおこなわれます。

在籍確認は、基本的に勤務先への電話で確認がおこなわれています。

これは、パート・アルバイトで働いている主婦や専業主婦であっても変わりません。

勤務先はありませんが、自宅に電話がかかるのです。

しかし、大手消費者金融などでは、勤務先への電話による在籍確認をせずに、別の方法で在籍確認をおこなうことがあります。

カードローンを申込む方のなかには、専業主婦で自宅に電話してほしくないという方もいます。

また、兼業主婦でも、同僚などに知られたくないので勤務先への在籍確認の電話はしてほしくない、あるいは勤務先で取り次いでくれないから電話による在籍確認はいやだという方もいるでしょう。

あるいは勤務先が休日だが今日中にお金が必要だという方もおり、そのような場合にどうすればよいのか悩んでいる方もいます。

そこで、カードローン審査で電話による在籍確認をおこなわないケースについて解説します。

主婦が夫や職場にバレずに在籍確認をする方法を解説

主婦がカードローン審査に申込んだ際には、以下のように職場への電話による在籍確認が難しい、もしくはできない場合があります。

そのような場合、大手消費者金融では、それぞれ別の方法で在籍確認をおこなうことが可能になっています。

電話による在籍確認がおこなわれないケース

  • 専業主婦:勤務先が存在しない場合
  • 兼業主婦:就業先での電話対応が難しい場合

また、契約者が専業主婦の妻である場合には、夫への連絡や在籍確認が原則ないケースもあります。

ネット・流通系の銀行カードローンにおいてはそのような例が見られます。

例として、イオン銀行カードローンについてのマネ会に寄せられた以下のような口コミ情報をご紹介しましょう。

(30代 / 女性 / 主婦 / 収入なし / 借入金額10〜50万円未満)

私は主婦で勤務先がありませんが、特に配偶者である夫に連絡が行くようなこともなく、今のところ何も聞かれることなく利用しています。

上記のように、ネット・流通系銀行カードローンでは、夫が申し込んだ場合には勤務状態を確認されることはあっても、妻が申込んだ場合には原則夫への連絡はおこなわれないのです。

夫の収入証明書や、同意も基本的には求められません。

通常、専業主婦がカードローンを申込むには、これらの銀行カードローンか、中小消費者金融の配偶者貸付を利用するしかありません。

配偶者貸付は総量規制の例外貸付として収入のない専業主婦がお金を借りることを認めていますが、配偶者(夫)の同意書、婚姻の証明書などが必要になります。

そのため、大手消費者金融ではおこなわれていません。

しかし、イオン銀行などのネット・流通系銀行カードローンは、貸金業法の対象外になっており、夫の同意書は必要なく、夫の在籍確認もなく、借りることができるのです。

ただし、申込んだ妻への本人確認の電話はあります。

専業主婦:勤務先が存在しない場合

主婦でも働いていない専業主婦の場合には、基本的に勤務先が存在しないため、通常は自宅の固定電話か本人の携帯電話に連絡があります。

この場合には、本人確認を兼ねた確認になります。

そのため、ネット・流通系銀行カードローンで夫に内緒で借りる場合などには、夫のいない時間帯を指定して、自身で電話をとるようにしてください。

在籍確認に加えて世帯収入の確認として夫の勤務状態を聞かれることもある

専業主婦がカードローンを利用しようとする場合、ネット・流通系銀行カードローンや一部地方銀行カードローン、もしくは中小消費者金融の配偶者貸付に限られています。

また、配偶者貸付や地方銀行カードローンをはじめとした専業主婦のカードローン審査では、上述の本人確認、在籍確認に加えて配偶者の同意やその配偶者の勤務状態、世帯年収の確認がおこなわれたり、書面の提出が必要になったりする可能性もあります。

そのため、これらで借りる場合には、内緒でカードローンで借りることは難しいと言えます。

したがって、専業主婦が夫に内緒で申込む際には、夫の年収、勤務先、勤務形態、勤務年数などは把握しておく必要になります。

また、中小消費者金融の配偶者貸付を利用する場合には、事前に夫の了承をとっておく必要があります。

兼業主婦:就業先での電話対応が難しい場合

働いている兼業主婦が申込者の場合には、以下の例のように、職場・就業形態の都合により電話での在籍確認が難しい場合があります。

とくにパートやバイトの場合には多いようです。

職場・就業形態の都合の例

  • 職場が小売店舗や建設現場などのように現場仕事のために職場で電話を取り次いでもらえないケース
  • 会社の規定などで代表電話で取り次いでもらえないケース

このような場合には、大手消費者金融では、電話ではなく、書類による在籍確認で対応してくれる場合もあります。

必ず対応してもらえるとは限りませんが、担当者に聞いてみてください。

なお、SMBCモビットでは、WEB 完結の場合には「原則電話による在籍確認なし」になっているので、おすすめですよ。

【口コミ情報】職場への電話以外の形式で在籍確認がおこなわれたケースをご紹介

大手消費者金融などで、主婦の方が申込んだ際に「職場への電話による在籍確認」以外の対応をおこなってもらえたケースがほんとうにあったのかを、マネ会に寄せられた多くの口コミ情報から見てみましょう。

兼業主婦の方が参考にできるケースとして、アコムで書類を提出して在籍確認を取ることができたケース例が以下の口コミになります。

主婦ではありませんが、大手消費者金融では、電話による在籍確認を回避できる例になりますね。

(20代 / 男性 / 学生 / 年収200万円未満 / 借入金額10万円以下)

審査の際の在籍確認では、家やアルバイト先に電話で在籍確認を行われてしまうとすぐに借り入れのことがバレてしまうので、源泉徴収と直近のアルバイトの給料明細で在籍確認を行ってもらいました。

一方、ネット・流通系銀行カードローンの楽天銀行カードローン専業主婦が申込んだ場合で、在籍確認が個人の携帯電話か自宅の固定電話にかかってくることを示す次のような口コミ例があります。

(30代 / 女性 / 主婦 / 収入なし / 借入金額10万円以下)

審査をする時も確認の電話があるので、1人の時に掛かってくることを願い、
一応相手側にも身内には内緒と言うことを伝えました。

このように専業主婦の場合には、本人確認を兼ねた電話がかかりますので、内緒で借りる場合には注意してください。

主婦が夫に内緒でカードローンを借りるためのコツとは?

主婦の方がカードローンを申込む場合には、へそくりや買い物などのために夫には内緒で借りたいという方もいますね。

そのような場合には、働いて収入のある主婦と専業主婦は違っています。

働いている兼業主婦の場合には、SMBC モビット、プロミス、アイフルなどのWEB完結であれば、カードレス契約が可能で、自宅にはいっさいカードや書類が郵送されることはありません。

しかし、収入のない専業主婦の場合には、借りられるカードローンは限られ、自宅に本人確認兼用の在籍確認が入るため、自身で電話をとったり、カードなどの郵送物に注意が必要になります。

これは、無人契約機やWEB完結以外の方法で兼業主婦が申込んだ場合も同様です。

いずれの場合でも、自宅にローンカードや契約書、利用明細がこないようにしたり、自宅の郵便物に気をつける必要があります。

兼業主婦と専業主婦の違いなどについては、以下の記事に詳しく記載されているので、ご覧ください。

専業主婦でもカードローンは借りられる!家族にバレずに借入れるポイントを解説!

在籍確認でバレたくない主婦におすすめなカードローンを紹介

主婦の方で、在籍確認はカードローンを申込んだことがバレる可能性があるのでいやだという人もいます。

基本的に担当者は個人名で電話をかけるため、カードローン申込みがバレる可能性は低いですが、なかにはよく同じような電話があるため、気がつく方がいるかもしれないからです。

そこで、専業主婦やアルバイト・パートで収入のある主婦におすすめのカードローンで、電話による在籍確認を避けられる可能性のあるつぎのような商品をご紹介することにします。

大きく分けると、専業主婦向けの銀行カードローンと兼業主婦におすすめの大手消費者金融になります。

主婦におすすめのカードローン

  • 専業主婦の方も利用できる!銀行カードローンのおすすめ2社
  • 無利息サービスを利用できる消費者金融は兼業主婦におすすめ

収入なしの専業主婦の方も利用できる! 銀行カードローンのおすすめ2社

最近では、専業主婦に対する融資に慎重になっている銀行カードローンですが、それでも公式サイトに「専業主婦も利用可能」と記載のあるカードローンがあります。

ネット・流通系銀行カードローン
で、しかも中小消費者金融の配偶者貸付に比べて、夫の同意や年収情報も必要ないケースもあるのです。

この専業主婦でも利用できるおすすめのカードローンは次の2つです。

専業主婦でも利用できる銀行カードローン

  • 楽天ポイントが貯まる!楽天銀行カードローン
  • イオン銀行カードローンは店舗へ行く必要なし!

楽天ポイントが貯まる! 楽天銀行カードローン

ネット流通大手の楽天グループの楽天銀行カードローン(楽天スーパーローン)では、公式サイトの案内のなかに申込み対象者として専業主婦が含まれており、カードローンが利用できます。

とくに、楽天グループでの利用頻度や金額が多い場合には審査に有利になる可能性があり、しかもカードローンの利用によって楽天ポイントが貯まる利点もあるのです。

楽天銀行カードローン(楽天スーパーローン)
楽天銀行"スーパーローン"のロゴ
おすすめポイント
  • 入会でもれなく1000ポイント
  • ネット銀行ならではの金利 年1.9%~14.5%
  • コンビニATMでも利用OK!
実質年率
1.90〜14.50%
借入限度額
10万円〜800万円
審査時間
最短即日
融資時間
公式サイト参照
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
公式サイト参照
【PR】Sponsored by 楽天銀行 株式会社

イオン銀行カードローンは店舗へ行く必要なし!

流通系大手のイオングループの展開するイオン銀行カードローンでも公式サイトに専業主婦が対象になることが記載されています。

そのため、イオングループでの買い物が多く、ポイントや電子マネーのWAONなどを利用している専業主婦にはおすすめのカードローンになります。

また、イオン銀行カードローンは、ネットだけで申込みから契約まで完結できるので、夫や近所の方に内緒で借りることができます。

イオン銀行カードローン
イオン銀行"カードローン"のロゴ
おすすめポイント
  • ATM手数料が24時間365日いつでも無料!
  • 借入限度額は最大800万円!
  • 金利は3.8%〜13.8%
実質年率
3.80〜13.80%
借入限度額
10万円〜800万円
審査時間
最短即日
融資時間
最短即日
コンビニ
セブンイレブン 非対応 ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
公式サイト参照

無利息サービスを利用できる消費者金融は兼業主婦の方におすすめ

兼業主婦の方が利用できる消費者金融のカードローンでは、はじめての利用の場合には無利息キャンペーンを利用できるのでお得です。

詳しくは以下の記事に詳しく記載されているので、ご覧ください。

無利息期間のあるカードローンを紹介!無利息期間を賢く利用するコツや注意点を解説

また、大手消費者金融では、担当者に事情を説明すれば、電話での在籍確認に代えて給与明細や源泉徴収票といった書類による在籍確認をおこなってくれる可能性があります。

必ずできるというわけではないものの、試してみる価値はあります。

以下に紹介するのは、女性向けサービスやカードレスでの借入れなど、主婦に嬉しいサービスを提供している2社です。

大手消費者金融2選

  • 女性向けサービス「SuLaLi」を提供するアイフル
  • 「アプリローン」でカードレスに借りられるプロミス

女性向けサービス「SuLaLi」を提供するアイフル

主婦などの女性がカードローンを申込む場合に、男性が応対する場合には、恥ずかしいという感情が生まれるケースもあります。

しかし、大手消費者金融のアイフルでは女性向けサービス「SuLaLi」があり、女性のためにすべて女性オペレータが応対してくれ、安心して申込むことができます。

しかもはじめての利用では、金額にかかわらず、30日間の無利息サービスを受けられるのでお得に利用できます。

アイフル
アイフルのバナー
おすすめポイント
  • 申込から借入までWEB完結!郵送物一切なし!最短1時間でご融資可能!
  • 最短30分で審査完了!
  • 事前にご融資可能か1秒診断
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
原則不要(※)
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アイフル株式会社

「アプリローン」でカードレスに借りられるプロミス

大手消費者金融のプロミスでは、「アプリローン」というサービスを提供しています。

プロミスの「アプリローン」では、スマートフォン1台で申込み・契約・入出金がすべて可能で、ローンカードがなくてもお金を借りることができます。

とくに「瞬フリ」といわれる振込キャッシングでは、365日24時間、10秒程度で自分の銀行口座にお金が振り込まれてくるサービスで人気です。

また、女性オペレーターが対応してくれる「レディースキャッシング」があり、安心して申込むことができます。

さらに初回出金日の翌日から30日間無利息となるサービスを受けられます。

ほかの大手消費者金融では、たいていが契約日の翌日から無利息期間が起算されますが、プロミスの無利息期間は実際に借りた日の翌日から起算されるのでお得です。

プロミス
プロミスのバナー
おすすめポイント
  • お申込み~ご融資までのスピードが早い!
  • 無担保でお借入れできる!
  • 契約額の範囲内で、繰り返しご利用可能
実質年率
4.50〜17.80%
借入限度額
1万円〜500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

カードローンで専業主婦は在籍確認なしで審査通過は可能かのまとめ

カードローンは、基本的に一定の収入がある人を対象にしていますが、収入のない専業主婦でも利用可能なカードローンもあります。

ただし、専業主婦でも利用可能なカードローンは、現在ではネット・流通系銀行カードローンや中小消費者金融の「配偶者貸付」に限られます。

専業主婦は働いていないため、在籍確認は自宅の固定電話や携帯電話に本人確認を兼ねておこなわれます。

配偶者貸付場合には配偶者の同意や婚姻証明書が必要になり、配偶者の在籍確認などもおこなわれます。

一方、専業主婦でも可能な銀行カードローンでは、配偶者の同意も在籍確認もおこなわれないため、おすすめです。

兼業主婦の方で、配偶者に内緒で借りる場合には、大手消費者金融のWEB完結ならカードレス契約で、自宅にはいっさい郵送物は送られません。

また、在籍確認でも、大手消費者金融の場合には、電話での在籍確認に代えて書面での在籍確認が可能な場合もあるので試してみてください。

長く1部上場の消費者金融で経営企画課長をして、カードローン事業にかかわってきました。経営計画の担当が中心でしたが、カードローンのスコアリングシステムなどを担当するリスク管理や審査、回収などをおこなう集中センターの構築にも携わった経験があり、比較的カードローンに関しては詳しいと自負しております。また、子会社のクレジットカード会社に行っていたことがあり、カード事業の方面もいろいろ情報を提供できるかと思います。宜しくお願い致します。

野崎 照美の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事