マネ会 税金の記事一覧

税金の事ならマネ会で!専門家やお金のプロを交えて税金についてのあらゆる情報を分かりやすくお届けしています。お金に関するお役立ちコンテンツも満載です。マネ会は、読者の皆様のお金についての「知りたい!」を一番に解決するサービスを目指しています!

最新記事

確定申告の医療費控除を初めてする人必見! 控除の対象となる費用と還付金の計算方法をやさしく解説
確定申告の医療費控除は払いすぎた税金を取り戻すことができる仕組みです。しかしながら、医療費控除の申告は自分自身でおこなわなければなりません。確定申告の手続きは、医療費控除やメディテーション税制など聞きなれない言葉も多く申告方法も複雑だと思われがちです。医療費控除の申告はそこまで複雑なものではありません。この記事では医療費控除やメディテーション税制の違いを説明し、申告の方法も詳しく説明します。
2020年02月26日
年金受給者も確定申告は必要?控除を活用すれば還付が受けられる可能性も
年金受給者は確定申告が必要なのか。この記事ではそんな疑問にズバリお答えします。年金受給者には確定申告不要制度など、確定申告をしなくてもすむケースがあります。しかし確定申告をしなくてもいい人でも、確定申告をしたほうが節税や還付の対象になります。それではなぜ確定申告をすると、節税や還付につながるのでしょうか。年金受給者の方で確定申告をするか悩んでいる人は、この記事を読めばその疑問が解決されますよ。
2020年02月20日
確定申告は代理でできる?代理人を立てるメリット注意点を解説
確定申告の書類作成、提出までの手続きは非常に手間がかかり、できるのであれば誰かに代理を頼みたいと考える人も多いでしょう。 結論から申し上げますと、確定申告は代理で申告できます。 しかし、代理と言っても確定申告を代理人にすべて任せるのと、確定申告の執筆や提出のみを代わりにしてもらうのでは話が変わってきます。
2020年02月13日
確定申告で扶養控除を受けるために必要な要件とは? 扶養控除の種類や注意点を紹介
年間の所得から算出される所得税は、毎年2月中旬から3月中旬におこなわれる確定申告で申告します。確定申告で使用する所得は年間収入から経費や控除を引いた残りで、控除が多いほど税負担がすくなくなります。扶養控除は納税者が養っている家族ごとに控除する項目ですが、扶養対象になるにはいくつかの要件があり、それに該当しない人は扶養親族にはなれません。確定申告における扶養控除の要件や注意点を解説します。
2020年02月13日
住民税が高い地域はどこ?住民税が高い市町村ランキングと効果的な節税方法を解説
「住民税が高い!」とお悩みの方は少なくありません。実は住民税には地域差があり、住んでいるエリアによって支払い額が異なります。また、住民税は収入によって決まるので、上手く節税すれば高い住民税の支払いを減らすことも可能です。この記事では、住民税の仕組みや住民税の高い自治体、そして効果的な悦税方法を解説します。税金の支払いを少しでも減らしたい方はぜひチェックしてください。
2020年02月13日
住民税と所得税の違いって何?税金の支払いを意識することで生活が変わる
住民税と所得税の違いはいくつかありますが、普段なかなか意識することはありません。しかし住民税と所得税の違いを意識することで、税金の支払いに対する考えや節税方法がわかってきます。この記事では、会社員とフリーランスを経験した筆者が住民税と所得税の違いについて徹底解説。フリーランスの節税方法や会社員との納税意識の違いなど、さまざまな視点から解説していきます。ぜひ確定申告の前に、この記事を読んでください。
2020年02月13日
住民税を滞納するとどうなる?体験談をもとにリスクや対処方法について解説
住民税を滞納してしまったら、どんなリスクがあるか知りたい。住民税を分割支払いはできるか知りたい。こちらの記事では、住民税を滞納した経験がある筆者が、住民税の滞納について解説をしていきます。住民税を滞納すると延滞金が発生して、最終的には財産を強制的に差し押さえられてしまいます。しかし役所に相談に行くことで、すぐ財産を差し押さえられることは回避できます。住民税を滞納した場合の、対応方法を解説します。
2020年02月13日
退職後の住民税の納付方法に注意! 退職前に知っておきたいポイントを紹介
退職後のビジョンにおいて、忘れがちなのが住民税の支払いです。住民税は前年の所得で決まるため、退職後も当然ながら払い続けなくてはいけません。しかも、退職時期によって支払方法も変わります。あとから思い出して慌てないために、退職後の住民税について、基礎から対策まで押さえていきしょう。
2020年02月12日
確定申告する税務署はどこ?納税できる場所の確認方法や基本的な知識を解説
確定申告をおこなう場合、住んでいる地域によって管轄している税務署が法律で定められているので、自分の都合で税務署を選択することができません。しかし、自分の地域を管轄している税務署がわからないという人もいますよね。また、引っ越しや海外転勤などの場合に確定申告をどこでおこなうのか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。この記事では、税務署の検索方法を中心に確定申告の基本的な知識について紹介しています。
2020年02月10日
確定申告について相談できる場所や方法は?有料や無料など相談の際の注意点もあわせて解説
人によっては確定申告が必要になる場合があります。しかし、はじめて確定申告をおこなう人などは、確定申告について何かと疑問がありますよね。そのような場合、確定申告について相談ができる場所が気になるのではないでしょうか。この記事では、確定申告について無料で相談ができる場所から有料で相談ができる場所まで幅広く紹介しています。相談する際の注意点についても触れているので、参考にしてください。
2020年02月10日
【相続税】相続税がかかるのはいくらから?相続税対策が必要なのは資産家だけではない
相続税は資産家だけのものだと思っていませんか?平成27年から大幅な相続税の増税が行われました。その結果今まで相続税など払う必要がなかった人たちにも相続税を支払う義務が発生してきています。相続税は対策を立てることで払う金額を減らすことができます。今回は相続税を節税するために、どのような方法があるのかをご紹介していきます。
2020年01月16日
税金の計算って難しい?所得税とは何かを解説します!
毎月のお給料から引かれている方も多い「所得税」。今更ながら、所得税とは一体何なのでしょうか?所得税とは何なのか、また支払うべき所得税の計算方法とそれに伴う控除についてお話します。所得税を支払わなければならないのに、それを知らずに「いつのまにか『加算税』や『延滞税』の通知が来た!」なんてことを防ぐために、所得税について前もって知っておきましょう。
2020年01月16日
え?消費税がかからないの!意外と知らない税金のしくみ
あなたが買い物をする時に支払っている消費税。商品代金に上乗せして8パーセントを支払っているはずです。他の税金が給料から天引きされたり、確定申告によって後から毎月支払ったり、払うまでの間に時間差があるのに対して、消費税は商品を購入するまさにその時に払うという特徴があります。商品の種類や大きさにかかわらず、税率は一律8パーセントと分かりやすいので、他の税金のように複雑な計算がいらず、誰でも簡単に税額が分かるというのも消費税の特徴です。しかし、そんな身近な消費税ですが、意外と知られていないことも多くあります。8パーセントというのは正確なのか?消費税がかかっていない商品があるのか?流通における消費税の考え方など、消費税について基礎から丸ごと解説します。
2020年01月16日
【住民税】住民税の徴収方法はたくさんある。住民税を節税できる方法は?
毎年それなりの金額が課税される住民税。給与所得を得ている人は会社によって給与から天引きされていることがほとんどなので、普段どんな仕組みで住民税が徴収されているのかを細かく知る機会は少ないのではないでしょうか。住民税は所得税とは別個に徴収され、所得税の仕組みと似ているところもありますが、基本的にはまったく違う性質の税金です。どのような仕組みで税金が徴収されているのかを知ることで、納める税金を減らすことができるかもしれません。
2020年01月16日
確定申告に誤りがあったら?訂正申告・修正申告のやり方をご紹介
正確に計算したつもりであっても、後で提出した確定申告を見直してみたら、提出する前に計算した額とは違うことに気が付きますよね。経費の計上漏れがあったり、前払金や未払金を計上していなかったり、ふるさと納税分を忘れていたりするなどの理由で、提出した確定申告が誤っているというケースがあります。「まあ大丈夫だろう」と放置していると、思わぬ税が課税されることもあるので要注意です。確定申告に誤りがあったときの対処法を確認してみましょう。
2019年12月06日
年末調整した会社員も「確定申告」で還付金? 税理士が教える「所得控除」のポイント
平成30年が始まって早くも1カ月が過ぎ、もう2月ですね。そろそろ所得税の確定申告が始まる季節です。会社員にとっては縁遠いようにも思える確定申告。でも、会社員だからこそ確定申告でトクすることがある! ということで今回は、東京・町田市で会計事務所を構える私こと税理士の高橋浩之が、「会社員こそ知っておきたい確定申告のポイント」を紹介します。
2019年02月15日
「給与明細の見方」を税理士が分かりやすく教えます 控除項目や計算方法も解説!
こんにちは、税理士の高橋浩之です。この春に社会人生活をスタートさせ、働きだした皆さま、おめでとうございます。ところで「初任給」はもうもらいましたか?毎月のお給料と一緒にもらうのが、支給額や控除額などが明記された「給与明細」です。社会人歴が長い方々でも、給与明細をもらっても一番下の手取り額を見て終わり、こんな無関心派の方は多いかもしれませんね。でも、あなたに直接手渡しされる、あるいはあなたの口座に振り込まれる給与は、支給額からさまざまな控除がされた後の金額です。控除されたということは、あなたが負担した(=支払った)ということ。無関心でいいはずありません。どんなものがどういう計算で控除されたのか? あなたが負担したお金はどこにいき、なんのために使われるのか? 探っていきましょう!
2019年02月01日
副業に関する「税金」について税理士が分かりやすく教えます【申告のやり方付き】
近頃、職場で副業・兼業が話題になったことがありませんか。マスコミ報道でも副業・兼業なる言葉をよく見かけるようなりました。「ベンチャー企業中心に副業・兼業を解禁するところが出てきた」などなどお耳に入っている方も多いかもしれません。
2019年02月01日
これから「会計・税金」を学びたい人におすすめする、税理士が厳選した書籍5冊
こんにちは、税理士の高橋浩之です。これまで私が執筆してきた「マネ会」のコラムでは、税金の仕組みなどを解説してきました。今回は少し趣向を変えて、「会計」と「税金」について分かりやすく学べる5冊の本を、どういった内容が書かれているのかを交えながら紹介したいと思います。
2019年02月01日
税理士が解説 今のうちに知っておくべき「相続と相続税」について【○×クイズ付き】
こんにちは。税理士の高橋浩之です。今回は、相続とそれに関する税金──相続税・贈与税がテーマです。多くの人にとっては、相続や相続税なんて、一生のうちにそう何度も遭遇するものではありませんよね。そうはいっても、いつかは起こり得ること。その時はしっかりと対応をしなければならないわけです。いろいろ誤解や勘違いが多いのも今回のテーマの特徴なので、早めに覚えおくことが節税にもつながります。
2019年02月01日