更新日:

NISAで買いたい銘柄ベスト10

NISAで買いたい銘柄ベスト10

前回、NISAの基本的な仕組みをご紹介しました。今回はNISAで買いたい銘柄を具体的にあげていきます。

NISAオススメ銘柄の判断基準

・配当利回りが3%以上の銘柄(イオン除く)
・東証一部銘柄(流動性を考慮)
・長期的に「底値圏」であること(株価下落リスクが少ないこと)*あくまで個人的な見解ですので、投資する際は自己責任でお願い致します。
*配当利回り・株主優待は2016/10/14のものであり、企業状況によって変わることもあります。

10位 (株)ヤマダ電機:9831

① 配当利回り 3.12% 1,600円
② 株主優待 優待券500円券
  100株保有で年間6枚(3,000円分)
  長期保有でMAX11枚(5,500円分)まで優待券がアップします。
③ 10年株価レンジ 258-1371(現在515円)
④ オススメ・ポイント
投資額51,500円で年間リターンが4,600円(MAX7,100円までアップ)
10年保有すれば、株価が1円になっても元が取れます。
5年で考えても、上場来安値258円になっても、配当と優待で十分にリターンが得られるので「低リスク」です。
⑤ 評価(5段階評定)
・配当利回り     ★★★
・優待        ★★★★★
・キャピタルゲイン  ★★★★

9位 (株)オートバックスセブン:9832

① 配当利回り 4.09% 6,000円
② 株主優待 優待カード  100株保有で年間6,000ポイント(6,000円分)
③ 10年株価レンジ 650-2386(現在1,468円)
④ オススメ・ポイント
投資額146,800円で年間リターンが12,000円
12年も保有すれば、株価が1円でも元が取れます。
普段オートバックスを利用しているユーザーであれば、かなりお得だと言えます(優待ポイントはオートバックスでしか利用できないため、車を保有していない方向きではありません)。
問題は「底値圏」であるか?650円から株価は倍以上になってます。この点ですが、長期足から、ここら辺が直近の底であると判断します。PBRも1倍を割れているため問題ないと考えます。
⑤ 評価(5段階評定)
・配当利回り     ★★★★
・優待        ★★★★★
・キャピタルゲイン  ★★★

8位  明和地所(株):8869

① 配当利回り 5.27% 3,000円
② 株主優待 なし
③ 10年株価レンジ 295-1930(現在570円)
④ オススメ・ポイント
投資額57,000円で年間リターンが3,000円。配当5%以上の銘柄は探してもなかなかありません。
10年保有すれば、上場来安値295円になっていても、元が取れます。
株価も「底値圏」です。基本的に不動産系は底値圏が多いです。

⑤ 評価(5段階評定)
・配当利回り     ★★★★★
・優待        なし
・キャピタルゲイン  ★★★★

7位  青山商事(株):8219

① 配当利回り 4.57% 16,500円
② 株主優待 株主優待割引券(15%割引券)
③ 10年株価レンジ 1016-5220(現在3,585円)
④ オススメ・ポイント
高配当+優待のコンボで長期向きです。特に優待は15%引き券なので、使い方によってはかなりお得感が高い代物です。
問題は株価です。底値から3倍以上になっています。しかし、PBR1倍割れなので、長期用なら問題かと思います。
⑤ 評価(5段階評定)
・配当利回り     ★★★★★
・優待        ★★★★
・キャピタルゲイン  ★★ 

6位 メガバンク

全社、高配当且つ長期底値圏。PBRは0.5倍前後と「割安」すぎです。
UFJは以前から優待で人気があるのは知っていましたが、かなりお得感ありますね。
配当で決めるのか、優待もほしいのか?これは個人の好みだと思います。 

(株)みずほフィナンシャルグループ:8411

・配当利回り 4.5% 750円(現在167.8円)
・優待なし

(株)三井住友フィナンシャルグループ:8316

・配当利回り 4.45% 15,000円(現在3,374円)
・優待なし 

(株)三菱UFJフィナンシャルグループ:8306

・配当利回り 3.54% 1,800円(現在508.4円)
・株主優待「株主様にMUFGグループの総合力を感じていただけるよう、グループ会社の商品・サービスを中心に、各種優待サービスをご用意しています。」とあるように、優待が多岐にわたっています。ここではすべて書ききれませんので概要のみお伝えします。
①「ピーターラビットTMオリジナルグッズ」贈呈
②金融サービスメニュー優待クーポン券1枚
金利の優遇から手数料の割引まで様々で12種類あります。
 評価(5段階評定)
・配当利回り     ★★★★★(UFJは★3つ)
・優待        ★★★★(UFJのみ)
・キャピタルゲイン  ★★★★

5位 (株)あおぞら銀行:8304

① 配当利回り 5.35% 18,400円
② 株主優待 株主優待券1枚(年4回)
自行本支店及びテレフォンバンキング投資信託を購入の場合、購入金額100万円につき、2,000円の商品券を贈呈(金額に上限あり)。
③ 10年株価レンジ 66-490(現在344円)
④ オススメ・ポイント
銀行系№1の高配当銘柄で優待まであります。
優待をMAX利用した場合、6万円分の商品券がゲットできます。使い方次第でさらにリターンが望めます。銀行預金に預けるよりはおいしい話でしょう。

問題は「底値圏」であるか?66円から株価は5倍以上になっています。この点ですが、長期足から、ここら辺が直近の底であると判断します。PBRも1倍を割れているため、問題ないかと考えます。
⑤ 評価(5段階評定)
・配当利回り     ★★★★★
・優待        ★★★
・キャピタルゲイン  ★★

4位 (株)サンリオ:8136

① 配当利回り 4.26% 8,000円
② 株主優待 
・サンリオピューロランド
・ハーモニーランド共通優待券
・オリジナル商品
*保有数により優待内容が変わります。
③ 10年株価レンジ 673-6270(現在1,888円)
④ オススメ・ポイント
優待が凄いです。100株でもらえる優待券ですが、サンリオピューロランド(3,800円・ハーモニーランド(2,900円)の「パスポート券」として使えます。これが年2回3枚ずつですから、MAX優待で22,800円。配当と合わせて30,800円と物凄い配当性向になります。これに、オリジナルグッズまでもらえるため、サンリオ好きにはたまらないと言えるでしょう。
問題は「底値圏」であるか?673円から株価は一時10倍近くまで跳ね上がりました。この点ですが、正直6270は「天井」だったと思います。そのため、株価ももう少し下がると思われます。1,000円以下で狙いたい銘柄です(できれば)。
⑤ 評価(5段階評定)
・配当利回り     ★★★★
・優待        ★★★★★
・キャピタルゲイン  ★(1,000円以下であれば、★3つ)

3位 (株)ゆうちょ銀行:7182

① 配当利回り 4.24% 5,000円
② 株主優待 なし
③ 10年株価レンジ 1105-1823(現在1,190円)
④ オススメ・ポイント
IPOで大流行したゆうちょ銀行ですが、ブームが去ったあと下げ続けています。
おそらくこの辺でも買いは長期でお得ではないかと考えます。PBRは0.38倍となっていますし、ゆうちょが銀行が潰れることは高確率でないからです。
配当も4パーセント越えですから、銀行に預金するより良いと思います。
株を買うことに安心感がある銘柄です。
⑤ 評価(5段階評定)
・配当利回り     ★★★★
・優待        なし
・キャピタルゲイン  ★★★★

2位 (株)東京個別指導学院:4745

① 配当利回り 4.74% 2,600円
② 株主優待 自社教室で使用できる優待券(年2回)
*保有株数により異なります。
③ 10年株価レンジ 99-820(現在550円)
④ オススメ・ポイント
投資金額55,000円で配当+優待あわせて4,600円。12年保有すれば、株価が1円でも大丈夫の銘柄です。お子さんが該当塾に通っている方におすすめです。
現在の株価ですが、532円を割れない場合はここらが「底値圏」でしょう。割れた場合は350円付近で買えそうな感じがします。
⑤ 評価(5段階評定)
・配当利回り     ★★★★★
・優待        ★★★★
・キャピタルゲイン  (現在判断不能) 

1位 イオン(株):8267

① 配当利回り 2.1% 3,000円
② 株主優待 イオンオーナーズカード(年2回)
*保有株数により割引率が異なります。
*保有年数により商品券ももらえます。
③ 10年株価レンジ 525-2745(現在1433.5円)
④ オススメ・ポイント
株主優待の記事参照。
⑤ 評価(5段階評定)
・配当利回り     ★★
・優待        ★★★★★
・キャピタルゲイン  ★★★★


ほしい銘柄は見つかりましたか?

今はマイナス金利時代です。銀行にお金を預けていても「何の得もありません」。それなら、低リスクでハイリターンが望める銘柄をNISAで買ってみるのはいかがでしょうか?
「長期」という視点で銘柄を眺めるなら、株式投資はあまり怖いものではないと言えるでしょう。

関連記事