マネ会 証券・株の記事一覧

証券・株の事ならマネ会で!専門家やお金のプロを交えて証券・株についてのあらゆる情報を分かりやすくお届けしています。お金に関するお役立ちコンテンツも満載です。マネ会は、読者の皆様のお金についての「知りたい!」を一番に解決するサービスを目指しています!

最新記事

失敗したくない!NISAとiDeCoにつよい証券会社の選び方とは
NISAとiDeCoは、長期投資を行う場合には非常に効率が良い制度になっています。頻繁に売買する投資法とは違うので、手数料などの投資にかかるコストや、どのような銘柄を扱っているかによって証券会社を選ぶことになります。特にNISAでは、各証券会社によって商品の取扱数が変わってくるため、口座を開設する前に自分が買いたい銘柄があるかどうか確認する必要があります。そこで今回は、NISAとiDeCoに強い証券会社特集について説明します。
2019年12月06日
株式の配当税制は20.315%だけじゃない。総合課税の魅力とは
株式投資でせっかく配当が出たのに、2割以上税金が引かれているのは納得できないですよね。多くの人は「株の配当金はNISA口座でない限り、源泉徴収した金額が振り込まれて手が出せない。」と考えているのではないでしょうか。2013年の軽減税率が終了してから、実は確定申告を行って総合課税を選択したほうが有利になるケースが増えているのです。株式の配当税制をしっかり勉強して、少しでも税金を節約しましょう。
2019年12月05日
たった3日で億万長者が狙える!夢がいっぱいな日経平均株価オプション取引のすすめ
投資には夢があります。ヤフー株を上場公開価格で購入し、その株式をそのまま20年間持っていたら、約150万円で購入した株が3.8億円になっていたかもしれません。第二のヤフーを探したいところですが、そんな簡単には出現しないものです。そんな夢がある投資を探しているあなたに、ヤフー株に負けない夢がある「日経平均オプション取引」のお話をします。
2019年12月05日
JALとANA、投資するならどっち?
日本航空(JAL)が経営難により、2010年に会社更正法の適用を申請して倒産し、上場廃止となったことはまだ記憶に新しいのではないでしょうか。日本航空は全日空(ANA)と共に日本を代表する航空会社であっただけに、その倒産のニュースは日本に衝撃を与えました。日本航空の株は値動きがそれほど大きくないということや、全日空と並んで日本の空輸を代表する企業であるため、安心して持てるということから、短期での売買目的ではなく、長期での保有を考えてお持ちだった方も多いはずです。
2019年11月27日
これで疑問解決!株にかかる税金とは?!
株の取引を始めた方や、これから株取引を始めようと思っている方に質問です。株についての税金はご存じでしょうか。「株の税金って何パーセントなの?」とか、「どうやって申告したらいいの?」と思っている方も実はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。税金の申告方法は様々な方法があり、手続き次第では証券会社に全てお任せすることもできます。税金にまつわる知識をここでしっかり学んだ上で、自分にぴったりの納税方法を見つけてください。
2019年11月27日
IDeCoの思わぬデメリットにはまらないようにしよう!
前回『 2017年も終盤、来年に向けてお得に節税できる確定拠出年金を検討しよう! - マネ会』では、確定拠出年金の効果とメリットを中心に解説していきました。今回は逆の目線で、確定拠出年金のデメリットや、起こりうる不具合について解説します。確定拠出年金サービスを提供している企業のホームページでは、デメリットについてあまり説明されていませんので、これから確定拠出年金を考えている人は是非参考にしてください。
2019年11月27日
実は便利!証券会社のMRFとMMFを活用しよう!
証券会社で口座を開く際、MRFやMMFといった言葉を耳にすることがあると思います。これまで証券会社で取り引きをされたことがない方には、馴染みのない言葉なので、最初はなんのことなのかわからず、戸惑うかもしれません。しかし、MRFとMMFは証券口座で投資を行う際、便利なものなので知っておいて損はありません。これから投資を始める方が知っておくとためになる、MRFとMMFについてご説明していきます。
2019年11月27日
IPO銘柄は上場後買っても儲かるのか?!上場122銘柄の騰落率を徹底検証
「IPOアノマリー」という言葉を皆さんご存知でしょうか。IPOアノマリーとは、「未公開企業が初めて上場するIPOは上場後の株価は市場が期待する平均値より高くなる」とことをいいます。簡単に言えば、IPO(新規公開株)銘柄は、上場して値段がついた時点で割高まで買われる傾向があるのです。
2019年11月25日
【株主優待生活8】株主優待で思い切り歌おう!カラオケ優待銘柄をご紹介
株式投資をより魅力的なものにしてくれる株主優待制度。多くの企業が株主優待を行なっており、その内容も様々です。今回はその中からカラオケがお得に楽しめる銘柄をご紹介します。カラオケ好きの方は必見です。
2019年11月25日
【株主優待】鉄分が高い人にオススメの鉄道株3選。株主優待の乗車証とは?
鉄道が好きな人であれば、鉄道会社の株は保有しておきたい銘柄のひとつなのではないでしょうか。配当や優待といった利益のほかにも、「好きな鉄道会社の株を保有している。」「株主総会に出席できる。」などの優越感に浸ることができます。今回は、そんな鉄道ファンに限らず、沿線に住んでいる人でも様々なメリットが得られる株主優待付の株をご紹介していきます。全国津々浦々に鉄道会社は存在していますが、今回は上場している大手私鉄が多い、関東にしぼってお伝えします。
2019年11月25日
【株主優待生活2】 株主優待でお肉をもらおう!
一般の方が楽しんで株式投資を行う上で、魅力的な存在である株主優待制度。今回は優待としても人気の高いお肉がもらえる優待株をご紹介します。それでは、早速「お肉優待銘柄」を見ていきましょう!
2019年10月31日
ソニー工場の取得で村田製作所はどうなる?
村田製作所がソニーが所有していた石川県の工場を取得することが発表されました。村田製作所はその工場でiPhoneなどのスマートフォン部品を制作する予定とのこと。鈍化してきているとは言え、未だにiPhoneやスマートフォンの世界的な需要は大きく、その需要に対する部品の供給のためにも、巨額の投資を投入し、生産の場として石川県の工場を取得することにしたようです。さて、そのように工場を増やしてまで作りたいスマートフォン向け部品とはどのようなものなのでしょうか?村田製作所とソニー関係性を紐解きながら、今回の投資により、村田製作所の業績にどのような影響が見られるか見ていきましょう。
2019年10月10日
【株主優待生活】 株主優待でお米をもらおう!お米がもらえる優待銘柄を一挙紹介
一般の方が楽しんで株式投資を行う上で、株主優待制度はとても魅力的な存在ではないでしょうか。
2019年10月10日
【株主優待生活4】株主優待で外食しよう!優待食事券のもらえる銘柄をご紹介①
楽しみながら株式投資を行なっていく際に注目されるのが、株主優待制度です。優待銘柄を投資先としてうまく組み入れることで、株価の上がり下がりだけに惑わされないゆとりのある投資スタイルも可能となります。今回は、そんな株主優待生活にさらに潤いを与えてくれる「優待食事券」がもらえる銘柄をご紹介していきます。お財布にも優しいうえに美味しい食事が楽しむことができれば、株主優待生活がますます豊かになりますね。優待食事券を優待品としている企業はとても多いので、3回に分けてご紹介していきます。今回はその第1弾となります。それでは早速見ていきましょう。
2019年10月10日
【株主優待生活3】株主優待でスイーツ・ゲッツ!お菓子・スイーツのもらえる銘柄をご紹介
一般の方が楽しんで株式投資を行う上で、株主優待はとても魅力的な制度です。
2019年10月10日
【株主優待生活5】 株主優待で外食しよう! 優待食事券のもらえる銘柄をご紹介② 
楽しみながら株式投資を行なっていく上での魅力のひとつが株主優待制度です。今回は優待生活をより豊かにしてくれる「優待食事券」のもらえる銘柄のご紹介、第2弾です。
2019年10月10日
【株主優待生活6】 株主優待で外食しよう!優待食事券のもらえる銘柄をご紹介③
株式投資を楽しみながら行なっていく上で魅力となるのは、株主優待制度でしょう。今回は株主優待生活に潤いを与えてくれる「優待食事券」のもらえる銘柄シリーズ、ラスト第3弾です。それでは早速見ていきましょう。
2019年10月10日
知らないでは済まされない!金融資産を食いつぶす仕組債
仕組債という言葉を聞いたことがありますか。証券会社と取引のある方なら、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。この仕組債ですが、とても厄介な商品性で初心者の方が持つには少々危険な一面を孕んでいます。本当は買わないに越したことはないのですが、すでに持っている方やその危険性を知らずに運用をしている人が多いのも事実です。今回は金融機関で販売される仕組債を徹底解剖していきますので、しっかりとした知識をみにつけ資産運用の役に立ててください。
2019年10月10日
投資歴20年の私が米国株の魅力について大いに語ります
「たぱぞうの米国株投資」というブログを書いている、たぱぞうです。日本株から米国株にしてから気づいたこと。それは、「成長国市場が最強」ということ。その良さを広く伝えるために、米国ETFや米国個別株を中心とした記事を書いています。
2019年02月01日
楽観相場から一転?!2018年日本の株式市場が天井を打った7つの兆候
日本銀行の金融政策と、政府による大盤振る舞いな財政政策から、2018年も日本の株式市場は引き続き良好な状態になるだろうと予想されていました。そのため、投資家の間では「日経平均株価は年内に3万円を超す」とまで言われていました。ところが、2018年に入って株価は低迷し、力強く上昇するどころか、かえって大きく下落する日が多くなっています。2018年に入ってからの株式市場に関するデータや取り巻く環境を見ていくと、日本株式市場の長期にわたった上昇トレンドは天井を打ったように見えます。 2018年、不穏な動きを見せている株式市場の兆候について解説します。
2018年12月28日