更新日:

ドットマネーでポイ活初心者が気軽に1ヶ月1万円以上獲得できた!いま注目の「ポイ活」って何?

ドットマネーでポイ活初心者が気軽に1ヶ月1万円以上獲得できた!いま注目の「ポイ活」って何? PR

SNSやブログで話題の「ポイ活」という言葉をご存知ですか? 主婦やOLを中心に人気の高い、スマートフォンやパソコンを使った節約術のことです。

「サイトもいっぱいあるし専門用語もあって、なんだか難しそう」と思った方のために、今回はポイ活初心者がポイント交換サイト「ドットマネー」を利用して1ヶ月間ポイ活をしてみました。ぜひ、参考にしてみてください。

今話題の節約術「ポイ活」って何?

Instagramやアメブロで最近見かける「ポイ活」という言葉があります。主婦や節約意識の高い人がよく発信しているこの言葉、いったいどういう意味なのでしょうか。

「ポイ活」とは「ポイント活動」の略語で、「ポイントを活用した節約術」のことです。Instagramやアメブロでは、特にポイントサイト(お小遣いサイト)やアプリを利用してポイントを貯めること・使うことを「ポイ活」と呼んでいるようです。

ハッシュタグ「#ポイ活」でInstagramを検索すると、「専業主婦だけど、ポイ活で月に5万円分貯まりました!」「日用品は全部ポイ活で買ってるのでほぼ0円です!」などの報告がたくさん出てきます。

パソコンやスマートフォンが使えるだけで、どうしてそんなにお得な生活ができるのでしょうか。今回は、ポイントサイトを使ったポイ活の仕組みや使い方について紹介していきたいと思います。

ポイ活の王道「ポイントサイト」の仕組みとは

「ポイントサイト」は、「お小遣いサイト」とも呼ばれています。アンケートやモニターなど、日常のちょっとした行動でポイントが発生し貯めることができる便利なサイトのことです。

ポイントサイトは、ほとんどの場合、始めるにも続けるにもお金がかかりません。どうして無料なのにポイントを貯めることができて、現金や電子マネーに交換できるのでしょう。

それは、ポイントサイトが「広告代理サイト」となっているからです。

ポイントサイトの仕組みを説明する画像

ポイントサイトの利用者がもらえるポイントは、広告主である企業がポイントサイトに支払っている広告料の一部です。ユーザーがサイトを利用することでポイントサイトに企業から報酬が入り、その報酬がユーザーに還元されています。

同じ広告でも、テレビCMや街頭ポスターなどは多額の費用がかかりますし、商品やサービスを求めているユーザーにピンポイントで届かない可能性が高いです。しかし、ポイントサイトのユーザーは自分の使いたいサービス、ほしい商品を選んで利用できます。

ポイントサイトは無料で使えるので怖い! と思ってしまう人もいるかもしれませんが、企業ポイントサイトユーザーが「WIN-WIN」の関係なら、安心して利用できますね。

ポイ活でのポイントの稼ぎ方とは

ポイントサイトを利用したポイ活には、大きく分けて2種類の方法があります。

ポイントの稼ぎ方

  • 自力でポイントを貯める
  • お友達還元を利用してポイントを貯める

多くの場合は、まず「自分でポイントを貯める」からスタートします。その後、たくさんポイントが稼げるようになってきた人が「お友達還元」を併用してポイントを貯めているようです。

ポイントを自分で貯めるにはどうしたらいいの?

初心者の場合は、まず自分でポイントを稼ぐところから始めていきましょう。自分でポイントを稼ぐ方法は、たとえばこのようなものがあります。

自分でポイントを稼ぐ方法

  • スマートフォンでサイトを開き、バナーをタップする
  • 指定された短い動画を視聴する
  • ポイントサイト内のゲームで遊ぶ
  • 簡単なアンケートに回答する
  • 有名人やブロガーのブログを読者登録する

どれも簡単そうですし、日常のスキマ時間で試すことができそうですね。

慣れてきたら、さらにポイントサイトを経由して「銀行口座を開設する」「クレジットカードの申し込みをする」「何かサービスを利用する」などの方法にチャレンジしてみてください。少し手間はかかりますが、獲得できるポイント数がグッと上がります。

このとき、必ず「ポイントサイトを経由する」ということが重要になりますので、忘れないようにしましょう。

貯まったポイントは何に使えるの?

ポイントサイトでは、初心者でもがんばれば1ヶ月に1万円以上を稼ぐことが可能だと言われています。真剣に取り組んでいる人では、3~5万円分のポイントが貯まったという人もいるそうです。では、その貯まったポイントは何に利用できるのでしょうか。

ポイントの利用方法は、登録しているサイトによっても変わってきますが、多くの場合、ポイントはこのような方法で利用することができます。

ポイントの主な利用方法

  • 銀行振り込みで現金化する
  • マイルやギフト券などと交換する
  • Tポイントなど他社のポイントと交換する
  • 商品やサービスと交換する

Instagramやアメブロを見ていると、人気なのは「Tポイントなど他社のポイントと交換」と、やはり「銀行振込で現金化」のようです。

そこで、実際にポイ活をしてみて現金化にチャレンジしてみました。すると、ポイント化や現金化の際に手数料がかかってしまうことが判明……。

普段、銀行ATMを利用する際も手数料がかからないように工夫しているので、こんなところで手数料を支払わないといけないことに抵抗を感じました。

InstagramなどSNSのハッシュタグ「#ポイ活」で調べてみると、手数料がかからない交換方法として、ポイント交換サービス「ドットマネー by Ameba」を利用しているという投稿をよく見かけます。

実際に、そのドットマネーを利用して、1ヶ月間で貯めたポイントをポイント・現金化してみたいと思います。

ドットマネーを使って「ポイ活」やってみた!

ドットマネーのサイトトップのキャプチャ画像

今回利用してみたのは「ドットマネー by Ameba」と、ドットマネーにポイントを移行できるポイントサイト「moppy(モッピー)」「お財布.com、そしてドットマネーを経由して登録したアンケートサイト「マクロミル」です。

まずは、1ヶ月間利用してドットマネーで貯めることができたポイントを見てみましょう。

ドットマネーで稼いだポイント

ドットマネーはポイント交換サイトですが、ドットマネー内でも日々ポイントを貯めていくことができます。

ドットマネーで貯めたポイントの単位は「マネー」と呼ばれていて、基本的には1マネー=1円分の価値で現金に交換することが可能です。

案件概要 ポイント数
アンケートサイト(マクロミル)に登録・アンケート回答 100マネー
無料お試し登録(U-NEXT)
720マネー
ブログ読者登録 40マネー
(2M×20件)
スクラッチ 50マネー
アプリ・ゲームの簡単なノルマ 90マネー
(1M×3件×30日)
アプリ・ゲームのチュートリアルをプレイ 80マネー
(10マネー×8件)
サービス(メルカリ)登録リワード 3マネー
アンケート回答 70マネー
合計 1,153マネー

ドットマネーでは、1回1~3マネー程度のアンケートに毎日回答するなど、ちょっとずつコツコツとマネーを貯めることが主流です

また、運営している株式会社ドットマネーがアメブロ、ピグなどを運営するサイバーエージェントの子会社ということもあり、アメブロの読者登録ピグやアプリなどのゲームの利用でもマネーをもらうことができます。

今回は利用しませんでしたが、「TEPCOガスプランの申し込み」で2,000マネーがガッツリともらえる企画もあります(※)。

何かサービスの乗り換えや申し込みを検討している場合は、合う企画があればドットマネーなどのポイントサイトを経由して申し込むとお得になりますね。

(※)2019年3月29日現在


moppy(モッピー)で稼いだポイント

moppy(モッピー)は、インスタグラマーやポイ活初心者にも人気のポイントサイトです。

ポイントサイト業界でもかなりの大手サイトで、タイピング・記事作成・ガチャなどのゲームなど様々なコンテンツを楽しみながらポイントを稼ぐことができます。

ドットマネーを経由してモッピーに登録すると、入会特典として100ポイントがもらえたので、今回は真っ先に登録しました。

モッピーで稼いだポイントはそのまま「ポイント」と呼ばれ、ドットマネーには1ポイント=1マネーのレートで交換することができます。交換手数料は無料です。

案件概要 ポイント数
ドットマネー×モッピー入会特典 100ポイント
ビューカード(ルミネカード)申し込み 3,500ポイント
宿泊予約サイト(agoda)利用 172ポイント
友達紹介 600ポイント
(300P×2人)
生協の個人宅配(おうちCO-OP&コープデリ)資料請求 400ポイント
楽天カーサービス(中古車一括買取査定サービス)資料請求 2,200ポイント
飲食店・企業レビューサイト(レポハピ)登録 100ポイント
モッピーツールバー追加 30ポイント
アンケート回答 50ポイント
クイズ・ビンゴなどのゲーム 31ポイント
文字(名刺)入力などタスク 100ポイント
合計 7,283ポイント

今回は、もともと作りたいと思っていたビューカード(ルミネカード)の申し込みをモッピーを通しておこなったことで、一気に3,500ポイントをゲットすることができました。

クレジットカード証券会社への口座開設格安SIMなどの申し込みといった、最大20,000ポイントもの高ポイント案件もあります。

無理をしてサービスに申し込む必要はありませんが、自分が必要だと思うものがあればモッピーを通して申し込むのが確実にお得です。無料の資料請求などは、ただ資料を取り寄せるだけなので気軽に参加できます。

その他には、行楽シーズンに向けて旅行先の宿泊場所をモッピーを経由して予約しました。毎日ゲームや文字入力などをコツコツおこなって、少しずつポイントを貯めていく方法もあります。

モッピーのポイントは、500ポイントごとにドットマネーの500マネーに交換できます。そのため今回は、7,000ポイント分7,000マネーに交換できました。

お財布.comで稼いだポイント

「お財布.com」も、モッピーと同じく人気のポイントサイトです。

お財布.comで稼いだポイントは「コイン」と呼ばれ、ドットマネーには1コイン=1マネーのレートで交換することが可能です。交換手数料は無料です。

案件概要 ポイント数
チュートリアル完了 100コイン
飲食店予約・来店(ぐるなび) 600コイン
(200C×3回)
美容院予約・来店(EPARK) 600コイン
アプリ事前登録後ダウンロード 150コイン
(50C×3件)
アンケート回答 40コイン
キャンペーン応募 400コイン
友達紹介 300コイン
合計 2,190コイン

お財布.comでは、お財布.com経由でぐるなびEPARKなどの飲食店・美容院などの予約サイトを利用してコインを貯められることが便利です。

また、友達紹介制度で1人につき300コインがもらえるのも嬉しいポイントです。まだ初心者なので1件しか紹介することができませんでしたが、SNSやブログなどで紹介数が増えると、それだけでどんどんコインが稼げるようになっていくようです。

その他、「お財布スタンプラリー」や「広告メールのクリック」、アンケートなど、毎日コツコツ系のプログラムも比較的充実しています。

お財布.comのコインは、300コインごとにドットマネーの300マネーと交換できます。今回は、2,100コインをそのまま2,100マネーに交換することができました。

マクロミルで稼いだポイント

「マクロミル」は、アンケートサイトです。配信されるアンケートに日々答えていくことで、ポイントを稼ぐことができます。

マクロミルのポイントは残念ながらドットマネーのマネーに交換することができません。しかし、今回はドットマネーからの登録・アンケート回答で、ドットマネー内で100マネーをもらうことができたので、登録・利用してみました。

案件概要 ポイント数
アンケート謝礼 1,420ポイント

マクロミルのポイント交換は、下記の方法が用意されています。

マクロミルのポイント交換方法

  • 銀行口座に振り込みで換金(1ポイント=1円)
  • 各種商品と交換
  • Amazonギフト券と交換(1ポイント=1円)
  • 提携ポイントプログラム(Tポイント、Gポイント、PeXポイント)と交換

TポイントとGポイントへの交換の場合は、マクロミルの1ポイントの価値はそれぞれ1ポイントです。PeXポイントは、1ポイントが10Pexポイントと交換になります。

通常は500ポイントごとのポイント交換になりますが、初回特典で300ポイントごとの交換ができました。今回は、利便性を考えて1,200ポイントTポイント1,200ポイント分に交換しました。

ドットマネーの「ポイ活」で初心者でも10,000円分以上稼げた!

ドットマネーで獲得した1,153マネーに加えて、モッピーからドットマネーに交換した7,000マネー、お財布.comからドットマネーに交換した2,100マネーで、1ヶ月で獲得できたマネーは10,253マネーになりました(※)。

獲得した10,253マネーは、何に利用できるのでしょうか。主な交換先には、銀行振込PaypalTポイントなどがあります。

(※)ポイントサイトや案件によって、ポイントの付与や交換に数日~数十日かかる場合があります。実際に利用する際は、各サイト、各案件の条件をご確認ください


ドットマネーで獲得したマネーの交換先一例
交換先 レート 交換予定日
銀行振り込み 1,000マネー=1,000円 5~7営業日以内(※1)
(土日・祝日を除く)
Paypal 1マネー=1円分(※2) 6営業日以内
(土日・祝日を除く)
Tポイント 1,000マネー=1,000ポイント 4営業日以内
(土日・祝日を除く)
Amazonギフト券 297マネー=300円分
(常に1%お得)
3営業日以内
(土日・祝日を除く)
iTunesギフトコード 490マネー=500円分
(常に2%お得)
3営業日以内
(土日・祝日を除く)
JALマイレージバンク 500マネー=250マイル ・1~15日申請分は申請月の下旬頃
・16~末日申請分は翌月の上旬頃
ANAマイレージクラブ 300ポイント=85マイル 交換申請月の翌月9日頃
(土日・祝日を除く)
ポレット(Pollet) 300マネー=300円分 3営業日以内
(土日・祝日を除く)
Amebaコイン 10マネー=20コイン 即時
バンドルカード 300マネー=300円分 3営業日以内
(土日・祝日を除く)
ビットキャッシュ 294マネー=300円分
(常に2%お得)
3営業日以内
(土日・祝日を除く)
NET CASH 485マネー=500円分
(常に3%お得)
3営業日以内
(土日・祝日を除く)
Vプリカ 500マネー=500円分 3営業日以内
(土日・祝日を除く)
WebMoney 300マネー=300円分 3営業日以内
(土日・祝日を除く)
nanacoポイント 300マネー=300ポイント 4営業日以内
(土日・祝日を除く)
dポイント 300マネー=300ポイント 6~8週間
WALLETポイント 300マネー=300ポイント 3営業日以内
(土日・祝日を除く)
ココナラポイント 300マネー=300ポイント 5営業日以内
(土日・祝日を除く)
Google Play ギフトコード 500マネー=500円分 4営業日以内
(土日・祝日を除く)
StockPoint 100マネー=95SP 5営業日以内
(土日・祝日を除く)
ドコモ口座 300マネー=300円分 3営業日以内
(土日・祝日を除く)
楽天Edy 1,000マネー=1,000円分 3営業日以内
(土日・祝日を除く)
リクルートポイント 300マネー=300ポイント 5日程度
(土日・祝日を除く)
WAONポイント 300マネー=300ポイント 3営業日以内
(土日・祝日を除く)
CNポイント 1,000マネー=1,900ポイント 3営業日以内
(土日・祝日を除く)
読書ポイント 300マネー=300ポイント 3営業日以内
(土日・祝日を除く)
(※1)振込先の銀行によって必要日数が異なる
(※2)「PayPal交換2.5倍増量キャンペーン」中(2019年3月29日現在)



ポイ活をやる1ヶ月、やらない1ヶ月

ポイ活について何も知らないところから始めて、SNSやブログで情報収集し、10,253マネーを貯めることができました。今回は、この中から10,000円分をTポイントに交換したいと思います。

1ヶ月間何もしなければ0円だったところ、通勤時間などのスキマ時間にポイ活をしたことで、1ヶ月で10,000円も使えるポイントを貯めることができました。

今回、なぜTポイントに交換したか、その理由はこの先で紹介したいと思います。

「ポイ活」をやってみてわかったドットマネーのメリット・デメリット

ドットマネーを利用しながら1ヶ月間ポイ活をやってみて、メリット・デメリットを感じる部分がありました。

具体的にどんな部分がよかったか、または注意したほうがよいか、経験を踏まえてご紹介していきます。

ドットマネーを使ったポイ活のメリット

ドットマネーを利用したポイ活のメリットは、4つあります。

ドットマネーのメリット

  • ポイント交換手数料が無料
  • 現金にも手数料無料で交換できる
  • 他社ポイントサイトのポイントアップキャンペーンが豊富
  • Tポイントに交換で「ウエル活」ができる

最初の3つはここまでの記事で紹介してきました。最後の「ウエル活」について、説明したいと思います。

ポイ活をしている人がSNSで使っているハッシュタグに「#ウエル活」というものがあります。ウエル活とは、ドラッグストアチェーン「ウエルシア薬局」でTポイントを利用して買い物をする節約術のことです。

ウエルシア薬局では、毎月20日にTポイントで支払いをするとポイントが1.5倍換算になります。たとえば、20日に4,000円分のTポイントを使って買い物をすると、6,000円分の商品を購入できるということです。

ドットマネーなどポイントサイトを使ってお得に買い物する主婦の画像

今回、1ヶ月間のポイ活を通して10,000円分のポイントをTポイントに換えました。なので、20日にウエルシア薬局に行けば、なんと15,000円分もの買い物がポイント払いでできてしまうのです。

ウエルシア薬局では食品・飲料やキッチン用品、洗剤、トイレットペーパーなどを取り扱っていますので、1ヶ月に一度ストック品をまとめて購入するとお得です。また、お子さんがいるご家庭では、おむつや離乳食、おやつなどのこどもに関するものをポイントで購入している方が多いようです。

日用品の購入費用は、1ヶ月ちょこちょこ買っていると意外と使ってしまっているものです。ポイ活からのウエル活で15,000円分もの日用品代・食費をタダにできたらとても嬉しいですよね。

ドットマネーは、他社ポイントサイトからの交換でポイントアップできたり、Tポイントへの交換手数料が無料だったり、ウエル活をするのに活用できるサイトです。ドットマネーを利用して、ぜひウエル活にもチャレンジしてみてください。

ドットマネーを使ったポイ活のデメリット

実際にポイ活でドットマネーを利用してみて、「これは注意が必要だな」と思った点もあります。それが、この3つです。

ドットマネーのデメリット

  • マネーの有効期限が短め
  • 現金への交換は1,000円単位から
  • お友達紹介制度がない

1つ目は、マネーの有効期限が短いものがあることです。サイト上でドットマネー通帳を確認すると、一番短いもので獲得した月の翌月末に失効してしまうマネーがありました。うっかり忘れて失効、ということがないように注意しましょう。

また、ポイント交換の際には500ポイントや1,000ポイント単位での交換が主で、端数はドットマネー通帳に残ってしまうことにも注意しましょう。

他社ポイントサイトにはある「お友達紹介制度」がないので、紹介コードを書いておくだけでポイントが貯まるといったことがありません。

お友達紹介制度を利用したいときは、他のポイントサイトで紹介ポイントを貯めて、ドットマネーに移行するようにするとよいでしょう。その際、キャンペーンなどでレートの高いサイトを利用できるとお得ですね。

ドットマネーの特長

どの交換先を選んでも、交換手数料が無料というのがドットマネーの最大のメリットです。

特に、銀行振り込みで現金に交換する場合、多くの他社ポイントサイトでは手数料がかかります。普段、銀行ATMやネット銀行の振込手数料も支払わないように気にしている人にとっては、これは嬉しい点ではないでしょうか。

また、Amazonギフト券iTunesギフトカードビットキャッシュNETCASHに交換する場合はなんとポイントが増量します。インターネット通販やゲームアプリへの課金、音楽ダウンロードなどをよくおこなう人にとっては、かなりのお得感があると思います。

ポイントサイトからドットマネーへの交換でポイントアップも

他社のポイントサイトでは毎月新しいキャンペーンがおこなわれています。その中で、「ドットマネーへの交換でポイントアップキャンペーン」を打ち出しているポイントサイトが多いです。

ポイントサイトでポイントを貯め、ドットマネーに移動するだけでポイントが増えます。さらに、先ほど紹介したAmazonギフト券などに交換すれば、さらにポイントアップ。

もし他社サイトに特別こだわりがあるわけでなければ、ひと手間はかかってしまいますが、ポイントはドットマネーに集約したほうがかなりお得です。熱心にポイ活をする人の中には、「ドットマネー一択集約に限る」と断言する人もいるほどです。

ポイ活初心者はSNSでの情報収集がコツ

「でも、本当に普通に生活しながらポイ活で10,000円分も貯められるかな?」と心配な人もいると思います。

確かに、一人でポイ活をしているだけでは1回1ポイントのアンケートやゲームをするばかりで、なかなかお得に貯められている実感が得にくいかもしれません。

そんなときにチェックしてほしいのが、InstagramなどのSNSやアメブロなどのブログです。ハッシュタグ「#ポイ活」で検索すると、今はどのポイントサイトの何の案件がお得なのかどの案件なら誰でもチャレンジできるのか、といった情報がどんどんアップロードされています。

「お得な情報はひとり占めしたいものなのに、誰かに教えるなんておかしい」と思うかもしれませんが、ポイ活をしている人が情報共有をするのには理由があります。それは「お友達紹介制度」があるからです。

多くのポイントサイトでは会員からの紹介で入会すると、紹介した会員にもお友達にもポイントなどの特典が付きます。だから、お互いに情報交換をしあって、初心者が参加しやすい環境を会員同士が作っているのです。

残念ながらドットマネーにお友達紹介制度はないのですが…。

SNSやブログで簡単に情報収集ができ、それがポイント獲得につながるので、初心者でも10,000円は簡単に超えられる壁となっています。ポイ活を始める予定の方は、ぜひチャレンジしてみてください。

「ポイ活」とドットマネーのまとめ

ここまで、ポイ活初心者が実際にドットマネーでポイ活をしてみた体験と、そこでわかったメリット・デメリットをお伝えしてきました。

ポイ活は簡単に始められますし、SNSなどでポイ活仲間を見つけて楽しく続けられる節約術です。ポイントサイトやドットマネーを使いこなして、まずはぜひ1ヶ月10,000円を目指してみてはいかがでしょうか。

(※)本記事の情報は、2019年3月29日現在のものです。各ポイントサイト、各案件の最新情報は、必ずドットマネーなどのポイントサイト上でご確認ください