SHARE

contents kv
2017/05/19
162 0

公開目前!福士蒼汰主演の映画「ちょっと今から仕事やめてくる」とは

2017年5月27日ロードショー、映画「ちょっと今から仕事やめてくる」の公開がいよいよ迫ってきました!今回は、「ちょっと今から仕事やめてくる」のあらすじやキャスト、主演の福士蒼汰さんについて紹介します!

5月27日公開!映画「ちょっと今から仕事やめてくる」とは

原作は60万部突破のベストセラー小説

映画「ちょっと今から仕事やめてくる」の原作は、第21回電撃小説大賞を受賞した北川恵海さんの同名小説。

原作は、2015年に文庫本で発売され、60万部を突破!
ベストセラー小説となり、働く人が「共感し泣ける小説」として人気の作品です。

映画「ちょっと今から仕事やめてくる」のあらすじ

ブラック企業でこき使われながら働かされていた青山隆は、疲労のあまり駅で意識を失い、電車に飛び込みそうになっていたところ、幼馴染と名乗る「ヤマモト」という男に助けられる。

「小3の頃の同級生」とヤマモトは言うものの隆は覚えていなかったが、一緒にいると前向きになり、心を開いていった。

他人であるはずなのになぜ気にかけてくれるのか、気になった隆は、ヤマモトの名前をネットで検索する。
検索して出てきたのは、隆のようにパワハラを受け激務に追われたヤマモトが、3年前に自殺した、というニュースだった…。

映画「ちょっと今から仕事やめてくる」のキャスト・監督は?

人気若手俳優の福士蒼汰さんが主演

2011年に俳優デビューし、「仮面ライダーフォーゼ」で主人公の如月弦太朗役を演じ、テレビドラマ初主演!

漫画が原作の「好きっていいなよ。」や「神さまの言うとおり」、「ストロボ・エッジ」など人気作品に出演しています。

2015年には、第38回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど、さまざまな役を演じている注目の人気若手俳優です。

(演じた役は)普段の自分とかなり違うテンションだったので、どういう理由付けで、(そのキャラクターの)明るさを出す、エネルギーを持っていくかに最初は悩みながらやっていた

出典:https://mantan-web.jp/2017/05/09/20170509dog00m200026000c.html

大阪弁に苦労…、福士蒼汰さんのコメント

ヤマモト役では、普段の福士蒼汰さんのテンションとは違う明るいキャラクター作りと大阪弁に苦労したようですね。

共演している実力派俳優たちの演技も見逃せない

福士蒼汰演じるヤマモトに助けられた青山隆役は、「八重の桜」や「ルーズヴェルト・ゲーム」で注目された若手俳優の工藤阿須加さん。

パワハラ上司の山本守役は吉田鋼太郎さんが演じ、予告編の怒鳴り声や罵倒するシーンから、とてつもない迫力が伝わってきます。

隆の憧れの先輩である五十嵐美紀役を、「小さいおうち」や「母と暮らせば」で賞を受賞した実力派女優の黒木華さん。

ヤマモトの過去を知る大場玲子役を、現在ドラマ「母になる」で活躍している小池栄子さんが演じています。

演技派の女優さんが共演されているので、2人の演技にも注目です!

成島出監督がメガホンを取った!

今回、映画「ちょっと今から仕事やめてくる」のメガホンをとったのは、「八日目の蝉」や「ソロモンの偽証」などを手掛けた成島出監督です。

僕も20代に親友2人が自殺した経験がある。その時は悲しみより悔しくて、その思いがずっとあった。

ヘビーな思い出だけれど、それをユーモアを交えてきっと希望があるという柔らかさ、優しさを提示してくれた。一晩で読み終えて、僕の映画になると思った。

出典:http://eiga.com/news/20170513/13/

成島監督の映画への思い

主題歌はコブクロの新曲「心」

映画「ちょっと今から仕事やめてくる」の主題歌はコブクロが担当!新曲の「心」は、予告編でも流れています。

泣けるバラードが多いコブクロの楽曲なので、劇場ではハンカチ必須かも!?

福士蒼汰さんの活躍に目が離せない!

福士蒼汰さんは、少女漫画が原作となった胸キュン映画だけでなく、仮面ライダーに出演するなど、幅広い作品で活躍しています。

これまでの作品をチェックするならdTVがオススメ!
dTVでは俳優さんから作品を検索しやすく、泣ける胸キュン映画「ストロボ・エッジ」をはじめ「好きっていいなよ。」、命を懸けた謎のゲーム「神さまの言うとおり」や「仮面ライダーフォーゼ」など配信しています。

また、今回紹介した5月27日に公開される映画「ちょっと今から仕事やめてくる」だけでなく、今年は「無限の住人」にも出演。

2018年も福士蒼汰さん主演の人気作品が公開される予定なので、これからの活躍にも注目です!

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

この記事に付けられたキーワード

海月

written by 海月

海月(くらげ)です。映画もドラマもアニメも好き。ジャンルは、ゆるい系・ファッション系・鬱もの・ホラー・ドンパチ・美少女など幅広く好きです。

あなたが観たい作品が見つかる!VOD動画配信サービス 28社を徹底比較!

アクセスランキング

前日のアクセス数が最も多かった「邦画」記事のランキングです

もっと見る

MS!編集部記事一覧

もっと見る

記事に関連するキーワード

その他トピックパス