SHARE

contents kv

出典:

2017/04/28
24,200 0

「MAJOR」茂野吾郎が繰り広げた!名勝負集

大人気野球漫画「MAJOR」。主人公の茂野吾郎はリトルリーグ時代からメジャー時代まで幾多の名勝負を繰り広げてきました。今回は茂野吾郎が繰り広げた名勝負集をランキング形式でまとめましたのでご覧ください。

第3位・聖秀学院VS.海堂高校

海堂自慢のマニュアル野球と新設野球部の死力を尽くした戦い

中学卒業後、親友である佐藤寿也と共に一度は会土井高校に入学した吾郎だったが、寿也たちを倒して甲子園に行きたいという思いが強まり1年で退学します。

その後、野球部の無い聖秀高校へ編入し野球部を作り、吾郎が3年生になり迎えた夏の甲子園神奈川県予選で勝ち進んだ聖秀は遂に海堂高校と対戦します。

海堂高校は、「マニュアル野球」と呼ばれる、海堂高校独自のマニュアルに則った手堅い野球や、寿也が吾郎のクセを見破りホームランを放ち4-0とリードします。

しかし試合途中に降った雨を味方につけた聖秀が反撃し4-4の同点に、そして9回に1点を勝ち越すものの、海堂は寿也のヒットで同点に追い付き5-5に。激闘は延長戦へと突入します。

延長戦に入ると、吾郎は以前練習試合で痛めた足の状態が悪化します。

10回11回はなんとか抑えたものの12回に入ると疲れが見え始め、連打を浴びて無死満塁に。

絶体絶命の大ピンチの中、打者は眉村という場面で、吾郎は亡くなった父の幻覚を見ます。

そして、これまで降っていた雨が止むと、吾郎は再び力強い投球を見せ眉村を三振に打ち取ります。

まだいける。まだ終わりなんかじゃない。と吾郎の球を受けてきたキャッチャー田代やセカンドとして吾郎の投球を見続けてきた藤井が思いながら、吾郎が次の打者である草野に初球を投じようとした瞬間、マウンドに倒れこみました。

まさかのサヨナラボークという結末で激闘は幕を閉じました。

海堂を倒して甲子園出場という吾郎の夢はついえ、聖秀野球部の熱い夏が終わりました。

親友でライバルである吾郎と寿也の明暗

親友でライバルである吾郎と寿也の明暗 出典:

敵として相対した二人だったが、最後は互いの健闘を称え合いました。

第2位・三船リトルVS.横浜リトル

リトル日本一に吾郎が挑む

ドルフィンズが、この前の試合でキャッチャー小森が手首を捻挫したため、清水薫を急遽キャッチャーに据え、さらには監督である安藤が出発前にぎっくり腰を患い、吾郎の母が監督代理という緊急事態の中で臨んだリトルリーグ日本一チーム横浜リトルとの一戦。

横浜リトルは初回に吾郎から大量9点を取り力の差を見せつけます。

それでも諦めないドルフィンズは相手エースを打ち崩し初回3点、2回に4点を返し、日本一のチームを相手に互角の勝負を繰り広げます。

中盤から終盤にかけては吾郎の気迫の投球と、途中出場のキャッチャー佐藤寿也の好リードで膠着状態になりますが、絶対安静と言われていた安藤監督が球場で選手たちを激励すると、最終回2アウトからの連打で同点に追い付き意地を見せ、延長戦へ突入します。

延長戦に入ると、横浜リトルはバントで揺さぶりながら吾郎の体力を消耗させていきます。

一方のドルフィンズは、横浜リトルのリリーフである女性投手・川瀬涼子を捉えきれず、吾郎の体力はいよいよ限界に達します。

それでもバックの好守に助けられながら、最後は4番バッターを空振り三振に切って取り、その裏の攻撃で吾郎がサヨナラランニングホームランを放ち、激闘に終止符を打ちました。

9点差を付けられながらも、諦めずに同点に追い付き、逆転勝ちを収めたドルフィンズは、今大会4位という好成績を収めました。

諦めない気持ちが大逆転勝利をもたらした

諦めない気持ちが大逆転勝利をもたらした 出典:

初回9失点という絶望的な状況でも諦めなかったドルフィンズナインは最強の相手から大金星をつかみ取りました。

第1位・INDホーネッツVS.TEXレイダース

盟友・佐藤寿也と対するはギブソン親子

3勝3敗で迎えたワールドシリーズ第7戦。

吾郎と寿也を擁するホーネッツと、ジョーギブソン監督が率い、4番には息子であるギブソンJrが座り、かつてホーネッツに所属していた捕手キーン、海堂高校のエースとして活躍した眉村が所属するレイダースの一戦。

前日の試合で、ギブソンJrの強烈な打球を頭部に受けた吾郎が登板できない状況の中で、レイダースは眉村の好投もあり序盤を優位に試合を進めますが、寿也の同点満塁弾で試合を振り出しに戻します。

その後は、互いに点を取り合う展開になり、ホーネッツはブルペンが苦しくなります。

そんな状況の中で登板禁止とされていた吾郎が満を持して、マウンドへ上がります。

ここで初めて寿也との親友バッテリーが実現します。

吾郎は怪我の影響を感じさせない投球でチームを鼓舞し、味方の反撃を待ちます。

同点で迎えた延長戦で遂にホーネッツは寿也のこの試合2本目の満塁弾で勝ち越しに成功します。

その裏、吾郎と寿也の親友バッテリーがレイダース打線を三者連続三振に仕留め、悲願のワールドシリーズ制覇を成し遂げました。

吾郎寿也は世界一のバッテリーに

吾郎寿也は世界一のバッテリーに 出典:

これまで様々なキャッチャーとバッテリーを組んできた吾郎ですが、やはり親友である佐藤寿也とのバッテリーが一番似合います。

まとめ

数々の激闘を繰り広げてきた吾郎ですが、地区大会やマイナー時代には優勝経験があるものの、大舞台での優勝経験はワールドシリーズ制覇の1回だけです。

リトルリーグ時代は、横浜リトルに勝利はしたものの4位。
中学時代は地区大会では優勝を経験したものの県大会は1回戦敗退。
高校時代は海堂高校に屈し準々決勝敗退。
マイナー時代には優勝を経験、メジャー1年目にリーグ優勝を果たすもワールドシリーズ敗退するなど、なかなか世界一の栄冠を手にすることができずにいました。

しかし、親友である寿也の加入した年に念願の世界一を掴み、長年の夢を叶えることができました。

吾郎が主人公のMAJORは連載が終了しましたが、吾郎の息子である大吾が主人公のMAJOR2が好評連載中です。

その作中で吾郎は台湾リーグのチームに所属し、打者として活躍しています。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

この記事に付けられたキーワード

この記事に関連する記事

仲村耕輔

written by 仲村耕輔

アニメ漫画大好きの22歳です。 宜しくお願いします。

あなたが観たい作品が見つかる!VOD動画配信サービス 28社を徹底比較!

アクセスランキング

前日のアクセス数が最も多かった「漫画・本」記事のランキングです

もっと見る

MS!編集部記事一覧

もっと見る

記事に関連するキーワード

その他トピックパス