SHARE

contents kv
2017/06/07
1,804 0

不死の王「オーバーロード」<マンガ版><アニメ版><小説版>

最近のアニメやマンガでは、「異世界転生」というテーマが多く存在します。 その中でも草分け的であり、さらに一風変わった視点から描かれた作品「オーバーロード」について、<マンガ版><アニメ版><小説版>それぞれをご紹介します。

●あらすじ

バーチャルリアリティを使用したゲーム「ユクシドラル」。
かつては人気を誇っていたゲームも人々に飽きられ、ゲームサービスの終了を迎えようとしていた。

そのゲーム内で、人間以外のキャラクターによって構成された集団「アインズ・ウール・ゴウン」。
巨大なダンジョンを有し、ゲーム「ユクシドラル」でも最強を誇った集団だった。

ここも、かつていた構成員達の姿は無く、唯一残った エルダーリッチと呼ばれるアンデッドの「モモンガ」だけがログインしていた。

そうして寂しくゲームサービス終了を迎えた筈だった。

気が付くとゲーム世界は継続しており、さらには「モモンガ」はダンジョンと共に見知らぬ土地へと転移していた。
そこはゲームの設定と同じ魔法が使える異世界であり、「モモンガ」は本当にエルダーリッチに変身していた。

独り異世界へ送られた「モモンガ」は、他に自分と同じようにゲームから転移された人間が居ないかを探す為、配下のNPC(ノンプレイヤーキャラクター)達と活動を開始した。

●不死身の王「オーバーロード」の物語

・異色な主人公

本作品の一番特徴的なのは、「悪」の視点から観たファンタジーであること。

主人公「モモンガ」は、魔法を極める為にゾンビなどと同じアンデットに自身を改造した「エルダーリッチ」。
本来はそういう設定のゲームキャラクターだったのだが、それが現実になってしまう事で彼は自身の「出生」について探求を始める。

しかし原作者「丸山くがね」は、主人公の事を「悪」ではなく、自分の欲望に忠実な我儘な性格なのだと説明しています。
確かに物語中で「気まぐれ」に善行をしたかと思えば、躊躇なく他人を殺害したりと今までのファンタジーには無い性格のキャラクターです。

・原作者「丸山くがね」

他サイトのインタビューで、彼の作品を造る際に「こやし」となった作品は海外の正統派ファンタジーやTRPGをあげています。
さらに面白いのは、「ガンバの大冒険」や「剣客商売」など、ファンタジーとは違う物語を参考としてあげています。
こうした広い見識によって作られた本作品は、元がアマチュア作品である事を感じさせません。

また本作品では、オリジナルの要素は多々ありますが、参考としているファンタジー作品共通の設定や世界背景が垣間見えます。
そのため、本作品を読むとTVゲームやソーシャルゲームで「経験がある」事柄が登場し、空想物語であるのに読者へ「あるある」と親近感を抱かせます。

・これからの展開

「丸山くがね」は、本作品を「積み木を積み上げていってそれを壊すような、ダークな喜びを描きたい」と言っています。
確かに先行している小説版では、主人公が決して善行と言えない行動をする様になっています。

「丸山くがね」自身も主人公が最初から「極悪」だと、読者が拒否反応をしめすのでは?と考え、物語冒頭では抑えめな表現にしているそうです。

そして、あくまでも物語は「魔王」の物語であり、魔王はいずれ倒される存在です。
そうした「滅びの美学」という展開が期待出来ます。

●関連図書

・小説版

元はネットの小説投稿サイトで趣味として2010年ごろから公開していた作品。

当初は「丸山くがね」と「Arcadia」の二人で執筆していたショートショートが基になっている。
それを大幅に加筆修正して、書籍化され出版しています。

現在は11巻(KADOKAWA エンターブレイン)まで刊行中。

・マンガ版

小説版を元にして、アニメ版と同時期に発表されました。
その為か、構図や細かいデザインが非常に近似しています。

単行本では、巻末に原作者「丸山くがね」の描きおろしショートショートが掲載されています。

現在は7巻(カドカワコミックス・エース)まで刊行されています。

・アニメ作品

マンガ版とほぼ同時期に、アニメ作品のテレビ放映は2015年の7月から9月で全13話が放映さました。

さらに本編と無関係なコメディな番外編「ぷれぷれぷれあです」が全8話公開されています。

2017年には「総集編」として再編集された前後編の2作品が映画作品として公開されました。

そして、第2期アニメが製作・放送予定となっています。

小説が先行し、マンガ版とアニメ版が追従している形の作品です。

普通は3つもコンテツが存在すると、どれか質が悪くなるものですが、本作品は3つとも非常に良くできた良作です。

「文字」「マンガ」「動画」と自分が好きな媒体を選んで、物語にアクセスできます。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

この記事に付けられたキーワード

この記事に関連する記事

悪魔ベリアル

written by 悪魔ベリアル

オタクなおじさんです。 埋もれた名作や隠れた良作をご紹介します

あなたが観たい作品が見つかる!VOD動画配信サービス 28社を徹底比較!

アクセスランキング

前日のアクセス数が最も多かった「アニメ」記事のランキングです

もっと見る

MS!編集部記事一覧

もっと見る

記事に関連するキーワード

その他トピックパス