SHARE

contents kv
2016/12/15
8,705 0

お騒がせ王子、ジャスティン・ビーバーが愛される理由

世界でも有名なお騒がせ王子ジャスティン・ビーバー!実は以外なデビュー!? 彼が世界から愛される理由に迫ります!

そもそもジャスティン・ビーバーって?

ジャスティン・ビーバーとは、動画投稿サイト「YouTube」で人気を博して、メジャーデビューしたシンデレラボーイとして有名です。
その甘いフェイスと話題性も相まって、世界中の女性を虜にしていきました。
メジャー進出後も爆発的人気は続き、大手経済誌フォーブスが選ぶ、2013年度「世界で最もパワフルなセレブ 100人」で9位にランクインするほどに、セレブとしての地位を確立しました。

その影響力はとてつもなく、日本人アーティストのピコ太郎の曲について一言ツイートしただけで、ピコ太郎のTwitterのフォロワーが1万人を超えるほどです。

セレブの階段を駆け上がるジャスティンですが、曲をとっても、スキャンダルをとっても、話題が尽きないことで有名です。
そんな彼について、ざっくり簡単に見ていきます。

スキャンダルに負けないだけの実力がある!

彼の出す曲は毎回ヒットチャートの上位にランクインし、その歌手としての才能は、決して名前負けしていません。

7月にリリースされたジャスティンの最新曲「Cold Water」は初登場であるにもかかわらず全米チャートの2位になったことが話題になりました。
最近チャートの常連であるメジャー・レイザーとM(ムー)とのコラボということもあって、非常に注目されました。



以前リリースした人気曲「Sorry」は、リリース直後から、独特のメロディーとMV内での激しいダンスが話題を呼びました。

しっとりとした失恋ソングで、元恋人のセレーナ・ゴメスにむけて歌ったとも言われています。
動画投稿サイト「YouTube」での再生回数は、19億回を軽く突破しています。

ジャスティンの実質的な復帰作になる「What Do You Mean?」ですが、その人気ぶりはすさまじく、全米ヒットチャートに21週間連続でトップ10入りを果たしています。
やはり、こちらの曲もセレーナを想って歌ったと言われています。
その証拠に、MV内の壁に「SeLeNA」の文字が書かれているので、気になる方はぜひ一度MVをご覧ください。

話題に事欠かないセレブです

曲を出すたびに話題をさらっていくジャスティンですが、話題になるのは音楽の分野だけではないようです。
セレブとして活躍するようになると、パパラッチとのトラブルが絶えなくなりました。

2013年3月4日に開催されたロンドンでのライブコンサートですが、なんとジャスティンは2時間遅れて登場。
深夜での公演となるため、子供連れの家族からは不満が爆発しました。

同年9月には、中国の世界遺産である万里の長城に、神輿の様に担がれながら登る姿が流出し、中国と母国であるカナダ両国から非難されています。

そのまた同年11月に、ジャスティンはアルゼンチンの国旗を踏んでしまって、アルゼンチン国内のネットが炎上しました。

問題が続いたジャスティンは、同年12月に引退を発表しました。しかし、何故かその後も普通に活動は続けていました。

その翌月の2014年1月13日に、皆さんの中にもご存知の方が多い、「卵事件」が起きます。自宅の隣家に対して卵20個を投げつけて通報された事件ですが、なんと刑事事件にまで発展しました。

約1年間だけで、このペースです。
ジャスティンの絡んだ事件を挙げればきりがありません。

一時期世界的に指名手配されたこともあるジャスティンですが、どうやらここ最近はおとなしくなっているようです。
2015年に人気トーク番組「エレンの部屋」に出演した際、いかついファッションをやめ、さわやかな格好で登場し、自らが反省して変わろうとしていることをアピールしました。

しかし、お騒がせ王子のジャスティンですから、今後どんなトラブルが起きるかは分かりません。
まだまだ彼のスキャンダルからは目が離せませんね。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

この記事に付けられたキーワード

この記事に関連する記事

MS!編集部

written by MS!編集部

MOVIESCOOP!は、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!

あなたが観たい作品が見つかる!VOD動画配信サービス 28社を徹底比較!

アクセスランキング

前日のアクセス数が最も多かった「音楽」記事のランキングです

もっと見る

MS!編集部記事一覧

もっと見る

記事に関連するキーワード

その他トピックパス