SHARE

contents kv

出典:

2017/06/15
556 0

人気アニメに隠された都市伝説集Ⅰ

数多くの人気アニメが存在する中、その分そのアニメにまつわる都市伝説もk数多く存在します。 今回は、皆さんが知っているであろう人気アニメの都市伝説の数々をご紹介していきます。 信じるか信じないかは、あなた次第です。

ドラえもん

のび太が突然「もう行かなきゃ・・・。」

藤子・F・不二雄先生が亡くなった日に起こった出来事です。

深夜、突然のび太がテレビ画面に現れます。
OPもタイトルコールもなく、のび太の歩いている後姿が映されます。
約10分間、ひたすら歩き続けるのび太が映された後、のび太が振り返り、
「もう行かなきゃ。」
という言葉を発して放送が終了します。

のび太の声は、いつもの声優さんではなく、藤子先生だったとされています。

藤子先生がファンに向けた最後のメッセージだったのかもしれません。

謎のストーリー「タレント」

数あるドラえもんのストーリーの中で、最も謎と言われているストーリーがあります。
そのストーリーのタイトルが「タレント」。

内容は、雨の日に傘を指しているのび太が、ドラえもんに
「地下にある商店街に行きたい。」
とお願いするところから始まります。
すると2人は空き地で「通り抜けフープ」を使って地下へ向かいます。
辿りついた先は、地下とは思えない明るい空間。
そこに1人の少女が現れ、2人に封筒や筆記具を渡してどこかえ消えていきます。
その少女を追い、通路を歩いて行くと大きな地球の形をしたミニチュアが現れます。
そのミニチュアが真っ二つに割れ、中から液体が出てきます。
その液体を見た2人は驚き、震えながら抱き合って終了します。

意味不明な内容ですが、実際に見たという人も多いそうです。
しかし、なぜか放送記録には残っていません・・・。

「タレント」もう一つのストーリー

「タレント」には、違う物語があるとされています。

その内容は、のび太が部屋でドラえもんと会話をしているところから始まります。
すると突然シーンが空き地になり、謎の男3~4人と何かやり取りをします。
するとまた突然シーンが変わり商店街で、謎の男たちとやり取りをします。
その間ずっと無音なので、会話の内容は分かりません。
そんな場面が3分ほど続き終了します。

放送記録がないためいつ頃に放送されていたのかが不明で、ドラえもん史上最も謎の回となっています。

クレヨンしんちゃん

野原しんのすけは死んでいた!?

「クレヨンしんちゃん」こと、野原しんのすけ。
実は既に亡くなっているという説があるんです。

しんのすけは5歳の時に、トラックに轢かれそうになった妹のひまわりを助けようとして亡くなったとされています。

しんのすけの母・みさえは、しんのすけを失い悲しみに暮れます。
そして、生前しんのすけが使っていた落書き帳にクレヨンで「もし、しんのすけが生きていたら」という想像上の物語を書き始めます。

私たちが見ている「クレヨンしんちゃん」のストーリーは全てみさえの想像上の話であるということです。

「クレヨンしんちゃん」というタイトルの由来は、しんのすけがクレヨンで絵を書くことが由来ではありません。
みさえが、しんのすけのクレヨンを使って絵を書いてることが由来だとされています。

ちびまる子ちゃん

友蔵の死後、さくら家は大金持ちに!?

ちびまる子ちゃんの最終回は、友蔵が亡くなるところから始まります。

友蔵の遺品を整理していると、タンスの中から株券が出てきます。
その株券は株価が高騰していて、一家はすぐに株券を売り貧乏から大金持ちに。

家はこれまでの平屋建てから大豪邸に引っ越し、まる子とさきこは大学へ進学。
そして、まる子は夢だった漫画家になったとされています。

幻の友達「ゆみこちゃん」

まる子の親友といえば「たまちゃん」ですよね。
実は、もう1人親友がいたのをご存知です?
その親友の名前は「ゆみこちゃん」。
放送初期の頃は、まる子、たまちゃん、ゆみこちゃんの3人で行動することがありました。
しかし、徐々に登場回数が減り、最終的に全く登場しなくなりました。

ゆみこちゃんがアニメで最後に言ったセリフがなんとも不気味なのです。
そのセリフというのが、「ありがとう、まるちゃん。バイバイ。」

この言葉を最後に、ゆみこちゃんは自殺して登場しなくなったと言われています。

サザエさん

磯野家がハワイ旅行へ

「サザエさん」には最終回が存在するとされています。
その内容が、一家がハワイ旅行に行くというものです。

一見ほのぼのとした内容だと思いますが、実はかなり怖い話になっています。

まず、カツオが商店街の福引で一等賞の「ハワイ旅行」を当てるところから始まります。

出発当日、一家は飛行機でハワイへと向かいます。
しかし、途中で飛行機にトラブルが発生し機体が乗客もろとも海へ墜落してしまいます。
本来このような大事故だと、「一家は全員死んでしまった。」または「奇跡的に助かった」という結末になると思いますが、実際は違います。

サザエさん一家は、サザエはサザエに、カツオは鰹に、タラちゃんは鱈にといったようにそれぞれ「海にまつわるもの」に戻ったとされています。

幻のキャラクター「ヒトデちゃん」

現在放送されているサザエさんに出てくるサザエの子供は「タラちゃん」のみです。
しかし、10年後の磯野家を描いたストーリーにはもう1人の子供が登場します。
それが「ヒトデちゃん」というキャラクターです。

この「ヒトデちゃん」は、空想や都市伝説ではなく、作者の長谷川町子先生が公式に発表したものだそうです。

現在のサザエは24歳という設定なので10年後は34歳。
子供が2人いても不思議ではない年齢ですね。

CITY HUNTER

「某宗教団体」と関わりがあるとされている

北条司の人気漫画「CITY HUNTER」。
アニメ版も人気を博しました。

1989年12月に放送された「CITY HUNTER3」第11話の中で、一瞬だけ「とある画像」が映し出されるシーンがあります。

その「とある画像」というのが、かつて日本を震撼させる大事件を起こした某宗教団体の教祖です。

当時その宗教団体は全国に多くの信者がいることから、「このアニメを制作した関係者の中にも、信者がいるのではないか」と大騒ぎになりました。

しかし、真相は「単なる遊び心」だったそうです。
「サブリミナル効果」と呼ばれる、視聴者の意識に刺激を与える効果を用いたものでした。

テニスの王子様

テニス界から抗議されていた!?

文字通り、テニスを題材にした作品で舞台化されるなど人気は高いです。

しかし、登場するキャラクターが繰り出す技の数々があまりに現実離れし過ぎでいるとして、原作者がテニス協会から抗議を受けていたとされています。

協会側の言い分としては、「これはテニスではない。なので『テニス』という名前を使わないでほしい。」というものだったそうです。

確かに、テニスの王子様を見てテニスを始めた子供たちが、理想と現実のギャップにショックを受ける可能性がありますね。

名探偵コナン

黒幕の正体。実は・・・?

現在も連載中の青山剛昌の人気推理漫画「名探偵コナン」。

その中に登場する黒ずくめの組織の「黒幕」の正体ですが、実はコナンの身近にいる人物だとされています。

その人物というのが「アガサ博士」です。

黒ずくめの組織のメンバーは「ジン」、「ウォッカ」、「ベルモット」など、この名前は全てお酒の名前なのです。
「アガサ」というお酒も実在することから、黒幕はアガサ博士だとされています。

コナンの登場人物は実在する内容がモチーフ

アガサ博士が黒幕だとされている理由はもう1つあります。
それが、コナン・ドイルとの確執です。

ファンの人はご存知かと思いますが、名探偵コナンに登場するキャラクターの多くは実在する推理小説に関連しています。

コナンたちが住む「米花町」は、シャーロックホームズの「ベイカーストリート」から
コナンの由来は「コナン・ドイル」
アガサ博士は「アガサ・クリスティ」が元になっているともされています。

アガサ・クリスティとコナン・ドイルは仲が悪く、対立関係にあったとされされています。
このことから作者は「コナンVSアガサ」という構図にして、アガサ博士を黒幕にしようとしたのではないでしょうか。

なお、黒幕はまだ明らかになっていないため、あくまでも都市伝説です。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

この記事に付けられたキーワード

この記事に関連する記事

仲村耕輔

written by 仲村耕輔

アニメ漫画大好きの22歳です。 宜しくお願いします。

あなたが観たい作品が見つかる!VOD動画配信サービス 28社を徹底比較!

アクセスランキング

前日のアクセス数が最も多かった「アニメ」記事のランキングです

もっと見る

MS!編集部記事一覧

もっと見る

記事に関連するキーワード