SHARE

contents kv
2017/03/14
208 0

ベビーブーム到来か?かわいい赤ちゃんがいっぱいの『コウノトリ 大作戦!』

「赤ちゃんは何処から来るの?」と子供に尋ねられて困っているパパ・ママ必見。赤ちゃんがどうやってやって来るのかがズバリわかっちゃうストーリーです。子育てに毎日追われているあなたを少しだけ癒してくれる映画でもあります。

映画製作

2016年9月にアメリカ合衆国で公開された『コウノトリ大作戦!』

日本では同年の11月に公開になりました。
ワーナー・ブロス・アニメーションが製作したアニメーション映画です。

監督はニコラス・ストーラーとダグ・スウィートランド。なお、ニコラス・ストーラーは指揮と脚本も担当しています。

ニコラス・ストーラーは幾つものコメディー映画を手掛けており、ドリームワークス「ターボ」の製作にも携わっている映画製作者です。

一方、ダグ・スウィートランドはディズニーの「トイ・ストーリー」「ファインディング・ニモ」「モンスター・インク」「カーズ」などを手掛けたアニメーション映画の第一人者です。

あらすじ

その昔、コウノトリはちゃんと赤ちゃんを運んでいました。

しかし、あるハプニングを機に現在は赤ちゃんを運ぶ事は禁止され、インターネットを使う宅急便の大会社へと宗旨替えをしていました。

ある日の会社で、配達部門で働くコウノトリのお人よし・ジュニアが社長に呼ばれます。

18年前のハプニングでその宅配便会社に居る唯一の人間をどうにかしろと命令されるのですが、当日18歳になった少女チューリップを追い出すことが出来ないジュニアは、廃屋同然になった建物に彼女を隠しやります。

そんな折、人間界でネイトという男の子が弟を欲しがり、古いパンフレットを見つけたネイトは自分でコウノトリの会社に手紙を出します。

その手紙が基で、手違いで一人の赤ちゃんが誕生してしまい、ジュニアとチューリップは会社には内緒でその赤ちゃんを配達しようと決断するのでした。

さあ、ここから赤ちゃんを届けるジュニアとチューリップの冒険が始まります。

声優・音楽

アニメ映画で常連の声優達が多く演じていますので、聞き覚えをある声が映画の中で聞こえてきます。

更に、ジェニファー・アニストンなどメジャーな俳優陣も何人か声優として出演しています。

サウンドトラックでは作曲をマイケルとジェフのダナ兄弟が担当しています。

彼らはアニメ映画「アーロと少年」の音楽も作曲している兄弟です。

演奏はコロラド州デンバーのフォークロックバンドのザ・ルミナーズが担当。映像を盛り上げる音楽を奏でています。

見どころ

赤ちゃん

子供が小さな頃、子育てで大変な親達も赤ちゃんの笑う声や笑顔に出会えるから頑張れるところがありますよね。

この映画にはそんな赤ちゃんの「キャ、キャ!」って笑ったり、泣いたりするシーンがいっぱい出てきます。

とにかく、可愛いのオンパレード!

子供も大人も赤ちゃんの澄んだ瞳にメロメロになっちゃいます。

キャラクター

まず第一に、ストーリーのキャラクターが面白いです。

・コウノトリでお人よしのジュニア。出世頭でもあります。

・ひとり芝居が上手で、かなり天然な18歳になったばかりのチューリップ。

・コウノトリ宅配会社の社長ハンター。かなりのワンマンっぷりです。

・社長の腰巾着の鳩のトーディ。いつもジュニア達の事に目を光らせています。
 ねちねちとした皆からはあまり好かれないタイプです。

・弟が欲しいネイト。彼の行動力には目を見張るものがあります。

・ネイトのパパとママ。ネイトを愛していながらも仕事に一生懸命で子供との関係が希薄になってしまっている昨今。

・雪山に住む狼たち。グループ行動が素晴らしい。

・可愛い赤ちゃん

まとめ

何と言っても赤ちゃんの可愛さに癒されること間違いなしです。

善悪関係なく、赤ちゃんの笑顔が大好きで泣かないように努力をするシーンは魅力的です。

また、外せない狼たちのフォーメーション。笑わずにはいられないハイレベルさです!

赤ちゃんは無事に届けられるのか?
そして、チューリップは?

親子共に楽しめる、お勧めの一本です。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

この記事に付けられたキーワード

この記事に関連する記事

クリスティーン

written by クリスティーン

色んな方面で興味を持ってもらえる内容を書いていこうと思います。

あなたが観たい作品が見つかる!VOD動画配信サービス 28社を徹底比較!

アクセスランキング

前日のアクセス数が最も多かった「洋画」記事のランキングです

もっと見る

MS!編集部記事一覧

もっと見る

記事に関連するキーワード

その他トピックパス