SHARE

contents kv
2017/06/26
291 0

17歳になったキキが登場するCMも話題!宮崎駿の名作「魔女の宅急便」

角野栄子の児童小説を原作に魔女の少女・キキの成長を描いた宮崎駿監督作の「魔女の宅急便」を紹介します。作品には宮崎駿の盟友とも言える高畑勲が音楽演出として参加したり、劇中の楽曲に荒井由美の曲が使用されたことが話題になりました。また、「魔女の宅急便」を題材にした日清カップヌードルのCMが公開され、この作品がまた注目を集めています。

「魔女の宅急便」のあらすじ

魔女の娘として育ったキキは、13歳の時に古くからの掟にしたがって、魔女のいない街へと旅立ちます。

黒猫ジジを連れて、魔法の箒で空を遊泳しながら旅立ったキキは、港町コリコへと降り立ちます。

キキの住む街とは段違いの都会であるコリコの華やかな雰囲気にキキは夢中になりますが、コリコの人たちはどこか冷たく誰も相手にしてくれないことにキキは落ち込んでしまいます。

しかし、たまたま客の忘れ物を届けたことで、グーチョキパン店の女主人のおソノさんに気に入られたキキは
彼女から好意を受けて、パン屋の2階で居候させてもらえることになります。

おソノさんからの好意をタダで受けるわけにはいかないキキは、自分の空を飛べる魔法を活かした「魔女の宅急便」の仕事を始めることにします。

自分にしかできない宅急便の仕事に張り切るキキですが、仕事の途中で荷物のぬいぐるみを森の中に落とすミスをおかしてしまいます。

キキはぬいぐるみを探す中で、絵描きの女性・ウルスラに出会います。

作品に登場するキャラクターたち

「魔女の宅急便」のヒロイン・キキは、13歳のおてんば娘の魔女です。

真っ黒なワンピースに、頭には大きな赤いリボンがお洒落のアクセントになっているキキが、挫折も経験しながらも、そこから立ち直る成長物語がこの作品のテーマです。

そんなキキの相棒というと、黒猫のジジです。

生意気な性格で悪口もついつい口に出てしまう皮肉屋ですが、どこか愛嬌のあるキャラクターです。

魔女のいない世界で悪戦苦闘するキキを助けてくれる「グーチョキパン店」の女主人のおソノさんは、気持ちの良いくらい快活な性格です。

そんな彼女の旦那のフクオは映画の中でほぼ喋らない無口なキャラですが、パントマイムでキキのことを応援するなどお茶目で優しいパン職人です。

飛行クラブに所属して、日夜、空を飛ぶため人力飛行機作りに熱中する少年のトンボは、魔法で空を飛ぶことのできるキキに出会うと彼女に興味津々で声をかけます。

けれども、トンボは最初、キキに冷たくされてしまいます。

キキが森の中で出会う画家のウルスラはキキの魔法の力が弱まった時にも元気付けてくれるなど頼れる存在です。

ちなみに声優の高山みなみはキキとウルスラの両方の声をこの作品で兼ねています。

ダイナミックかつ繊細な映像美!

「魔女の宅急便」で映像的に素晴らしいのは箒に乗ってキキが空を飛ぶ動きの素晴らしさです。

空中にフワッと上がる浮遊感と曲線的に空を飛ぶ動きの表現が絶妙で空を飛ぶという感動を映像で伝えてきます。

また、クロアチアの世界遺産・ドブロブニクをモデルにしたという、赤い屋根家が広がるコリコの街並みも美しいです。

そうしたダイナミック映像の魅力がある一方で、アニメでは難しいと言われていた風になびく草の自然な動きを映像で再現するなど、繊細な映像の表現もこの作品の魅力です。

音楽演出を担当するのは高畑勲!

「魔女の宅急便(1989)」は前作の「となりのトトロ(1988)」から約1年という短い製作期間で公開された作品です。
そこで、音楽演出を宮崎駿ではなく高畑勲が担当することになりました。

音楽演出の中で特に印象的なのは、キキが宅急便の配達先での冷たい対応にショックを受けた後に、雨が降るシーンです。

この場面では、雨の音が、動揺するキキの心象風景を代弁する役割を果たしていて、映画の中で耳をすますと繊細に音楽演出が行われていることがわかります。

短い場面ですが、高畑勲らしいきめ細やかな感覚が出ています。

作品のムードを盛り上がる荒井由実の楽曲!

「魔女の宅急便」では荒井由実の楽曲が作品のオープニングとエンディングという重要な場面で使用されています。

オープニングで登場する「ルージュの伝言」は旅立ちを連想させる歌詞があり、キキが新しい世界へと足を踏み入れるのと符合しています。

エンディングでは「やさしさに包まれたなら」が流れますが、この曲の爽やかなメロディと歌詞がこの作品の終わりにピッタリです。

ちなみにこの二つの楽曲は1970年代の曲で映画の公開よりもだいぶ前の曲ですが、作品がヒットしたこともありリバイバルヒットを記録することになります。

松任谷由実 やさしさに包まれたなら - YouTube https://www.youtube.com/watch?v=j3xSEZIhnQg

エンディング-やさしさに包まれたなら

ルージュの伝言 [荒井由実] - YouTube https://www.youtube.com/watch?v=nCy_XeMsOvI

オープニング-ルージュの伝言

17歳になったキキが登場する話題のCM

映画「魔女の宅急便」は公開当時もヒットを記録して、その後のテレビ放送でも度々登場して、宮崎駿の代表作の一つとなりました。

そんな「魔女の宅急便」ですが、あのキキが17歳になって登場する日清カップヌードルのCMが公開されて話題を呼んでいます。

動画では17歳になったキキだけではなくトンボやジジも登場して「魔女の宅急便」ファンが楽しめる作りになっています。

ちなみこのCMでキキの声は浜辺美波、トンボの声は梶裕貴が担当しています。

魔女の宅急便 | HUNGRYDAYS アオハルかよ。 | 日清カップヌードル|CUPNOODLE http://www.cupnoodle.jp/hungrydays/majyotaku/

キキ17才。この気持ち、うまくお届けできますか?-カップヌードル新CM「HUNGRY DAYS 魔女の宅急便」。アオハル公開中!

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

この記事に付けられたキーワード

この記事に関連する記事

ピオ

written by ピオ

楽しく読めるエンターテイメントやスポーツ記事を書いていきたいです。

あなたが観たい作品が見つかる!VOD動画配信サービス 28社を徹底比較!

アクセスランキング

前日のアクセス数が最も多かった「アニメ」記事のランキングです

もっと見る

MS!編集部記事一覧

もっと見る

記事に関連するキーワード