更新日:

学校では教えてくれない「お金の本質」。それは物々交換ではなく信用取引に始まった〈Rootportの世界史で見るお金〉

学校では教えてくれない「お金の本質」。それは物々交換ではなく信用取引に始まった〈Rootportの世界史で見るお金〉

お金とは何だろう?

 私たちは学校教育で、充分なお金の知識を教わらない。それどころか、完全に間違った知識を教えられることすらある。「お金の本質」はその最たるものだ。



 お金とは何か。

 一般的には、お金には3つの機能があると言われている。交換の手段、価値の尺度、価値の保存だ。この定義は、おそらく経済学者ウィリアム・スタンレー・ジェヴォンズが1875年に著した『Money and the Mechanism of Exchange(貨幣と交換機構)』に端を発するものだと思われる*1。

 たしかにお金の経済的機能の側面だけを見れば、この定義は正しい。だが、機能が分かっただけでは、お金の本質が分かったことにはならない。同じ「空を飛ぶ」という機能を持っていても、鳥の翼と昆虫の羽根は本質的にまったく別のものだ。

鳥の翼と昆虫の羽根の違いを理解するには、その起源をたどればいい。前者は脊椎動物の前肢が進化したもので、魚の胸びれや哺乳類の前足、私たちの腕と同じ起源を持っている。一方、後者は環形動物や節足動物の各体節にある附属肢が形を変えたもので、ゴカイの毛やムカデの足、カニのハサミや触角と起源は同じだ。

 では、お金はどうだろう。お金の起源をたどれば、その本質が分かるだろうか?

お金は物々交換から生まれたのか?

 お金の起源について、たいていの人は次のように教わっただろう。



 有史以前の世界にはお金は存在せず、人々は物々交換によって日々の生活に必要なものを手に入れていた。ところが人口が増えて社会が複雑になるにつれて、分業が進み、物々交換だけでは不便になった。そこで、いつでも交換に使える商品──金や銀のような──を選び、それをお金として使うようになった。



 これはアリストテレスの時代から唱えられている由緒正しい学説だ((フェリックス・マーティン『21世紀の貨幣論』東洋経済(2014年)p11))。



 ジョン・ロックも『統治二論』のなかでこの説を提示しているし、経済学の父アダム・スミスも『国富論』で以下のように書いている。

しかし、分業が起こり始めた時点では、このような交換にかなりの障害があったはずだ……たとえば肉屋が、自分が必要とする以上の肉を店に持っており、酒屋とパン屋がその一部を手に入れたがっているとする。酒屋もパン屋もそれぞれの仕事で生産したものしか持っておらず、肉屋が当面必要な量のビールとパンを持っていれば、互いの商品を交換することはできない……このような状態から生まれる不便を避けるために、分業が確立した後、どの時代にも賢明な人はみな、自分の仕事で生産したもの以外に、他人が各自の生産物と交換するのを断らないと思える商品をある程度持っておく方法をとったはずである。

そして、その「商品」が金や銀のような貴金属であり、お金であったというわけだ。アダム・スミスは自説の証拠として、スコットランドの高地では釘などの商品が交換手段として使われていることを紹介した。

スミスは天才だった。しかし、お金の起源に関するこの部分は完全に間違っていた。
 当時のスコットランドの釘職人はきわめて貧しく、釘の原材料を関連業者から提供してもらうしかなかった。それどころか、日々の生活費まで関連業者に融資してもらっていたという。つまり釘職人たちは、釘を交換手段として使っていたのではなく、完成した釘で債務を返済していたにすぎない。
 スミスは貨幣の起源を発見したと思っていたが、実際には信用取引の仕組みを見つけただけだった*3。

国富論 国の豊かさの本質と原因についての研究(上)
作者:アダム・スミス,山岡洋一出版社/メーカー:日本経済新聞社出版局発売日:2007/03/24メディア:単行本購入: 2人クリック: 43回この商品を含むブログ (26件) を見る

経済の根幹が物々交換であったことはない


また、有史以前の世界は物々交換の経済だったという説も怪しい。
 ケンブリッジ大学の人類学者キャロライン・ハンフリーは次のように結論づけ、

物々交換から貨幣が生まれたという事例はもちろんのこと、純粋で単純な物々交換経済の事例さえ、どこにも記されていない。手に入れることができるすべての民族誌を見るかぎり、そうしたものはこれまでに1つもない。

さらにアメリカの経済人類学者ジョージ・ドルトンは次のように言う*4。

われわれが信頼できる情報を持っている過去の、あるいは現在の経済制度で、貨幣を使わない市場交換という厳密な意味での物々交換が、量的に重要な方法であったり、最も有力な方法であったりしたことは一度もない。

もちろん、私たちがまったく物々交換をしないと言ったら嘘になる。交換の一手段として物々交換を行ってきた部族は多いし*5、現代人だってときには物々交換を行う。
 マジック・ザ・ギャザリングのようなトレーディングカードの存在がいい例だ。私は不要になった《極楽鳥/bird of paradise》のカードを友人にプレゼントし、その見返りとしてご飯をおごってもらったことがある。
 ヒトは物々交換をする動物だ。しかし、物々交換が社会と経済の根幹をなしていた時代はない。少なくとも、経済学が射程にとらえる数万~数千年前から現代までの間には、そのような時代は見つかっていない。

お金よりも先に債権・債務があった

お金はいつ生まれたのだろう?

貨幣としてのコインが登場したのは、紀元前7世紀ごろのリディア(※現トルコ領)というのが、西洋では定説になっている((板谷敏彦『金融の世界史 バブルと戦争と株式市場』新潮選書(2013年)p31))。ギリシャ神話の女神アルテミスを祭った神殿から、金と銀の合金で作られたコインが出土したのだ((ニーアル・ファーガソン『マネーの進化史』ハヤカワ・ノンフィクション文庫(2015年)p54))。

 伝説的なものであれば、硬貨の歴史はさらにさかのぼる。紀元前1500年ごろに著された古代ヒンドゥー教の聖典『リグ・ヴェーダ』には金貨についての言及がある。



 また、紀元前2500年ごろに栄えたインダス文明の遺跡モヘンジョ・ダロからは銀のトークンが発見されており、メソポタミアとの交易に使われていた可能性が指摘されている((カビール・セガール(2016年)p159))。



 しかし人間の経済活動は、貨幣の歴史よりもさらに古い。

文字より勘定が先立ったメソポタミア

メソポタミア文明は言わずと知れた人類最古の文明の1つだ。チグリス・ユーフラテス川沿いで灌漑農業を始めたシュメール人たちは、人口と余剰食糧が増えるにつれて、生産活動に直接従事しない神官や戦士、職人、商人などを養えるようになり、都市国家を形成した。


 19世紀後半から20世紀半ばにかけて、メソポタミア文明の考古学研究は黄金期をむかえた。すばらしい工芸品や彫刻と共に、粘土製のトークン(※おはじきのようなもの)が大量に出土した。円錐形や円柱形など、形状はさまざまで、なかには座薬のような形をしたものあった。



 これらトークンの使い道について、考古学者は首を捻るばかりだった。「子供のおもちゃ」「お守り」「ボードゲームの駒」などなど、諸説入り乱れていたが、真相は謎のままだった。



 1970年代、フランスの考古学者デニス・シュマント=ベッセラは、これらのトークンが「数の勘定」に使われていたことを突き止めた((フェリックス・マーティン(2014年)p64))。各トークンは穀物や家畜を表しており、それを数えることで財産を記録していたというのだ。たとえばトークンを棚から棚へと移動させれば入出庫管理ができるし、棚にあるトークンを数えれば在庫計算ができる((板谷敏彦(2013年)p22))。



 都市国家をつくったことで、徴税などの目的で記録を取る必要性が劇的に高まった。そしてメソポタミアの人々は、粘土製のトークンを発明した。粘土製のトークンは基本的な考え方が変わることなく、何千年にもわたって使われた。



 しかし紀元前3100年ごろ、メソポタミアのウルクで大きなイノベーションが起きた。トークンそのものを使うのではなく、湿った粘土板にトークンを型押しして数を記録するようになったのだ。

 この仕組みが定着すると、今度はトークンそのものが使われなくなっていった。代わりに、粘土板に葦のペンで記号を書き込むようになった((フェリックス・マーティン(2014年)p65))。すなわち、文字の誕生である。



 人類が記録を残すようになったのは、歴史や詩、哲学を記すためではない。



 経済的な取引を残すために、私たちは記録のシステムと、そして文字を発明した。



 粘土板の利用は在庫管理にとどまらず、紀元前2800年ごろには不動産取引が記録されている。



 紀元前1754年ごろに成立したハンムラビ法典には、粘土板による契約書なしに所有権を移転させると、受け取った側は盗人になると記されている((板谷敏彦(2013年)p23))。貨幣が生まれる以前から、私たち人類は物々交換よりもはるかに複雑な経済活動を行ってきたのだ。

信用取引による利子率も定めていたハンムラビ法典

ところでハンムラビ法典には、貸借の利子率を定めた規則が記載されている*13。


 当時のメソポタミアでは貨幣が発明されていなかったにもかかわらず、債権・債務と利息は存在した。穀物の種子や銀を用いた信用取引が発達していたようだ。

88. もし商人が穀物を貸与契約に供したときには、穀物1クールに付き60クーの利息を徴収する。もし銀を貸与契約に供したときには、銀1シケルにつき1/6シケルと6シェの利息を徴収する

貨幣がないので、単位はすべて重量だ。穀物の場合は1クール=180クーなので、利率は33.3%となる。一方、銀の場合には1シケル=180シェなので、利息は36シェとなり20%の利率になる。
 さらに面白いのは、金利の上限規制まで存在することだ。

90. もし商人が違反して穀物1クールに対し60クーの利息あるいは銀1シケルに対して1/6シケルと6シェの利息を超過して徴収したときには、商人は与えたものを失うだろう

 当時のメソポタミアでも、現代と同じように違法な高利貸しが社会問題になっていたのかもしれない。

お金ではない信用取引のさまざまな例

 ハンムラビ法典に記されているような「お金以外のものによる債権・債務」は、それほど珍しいものではない。

 
たとえば1960年ごろのインドでも穀物の種子の貸付けが行われており、利息は100%、すなわち2倍返しだった。同様の事例は20世紀初頭のフィリピンにも見られ、米の種子を借りたら2倍に増やして返済する必要があり、豚を1頭借りたら2頭にして返さなければならなかった。



 古代~中世の日本には「出挙(すいこ)」という稲粟(とうぞく)の貸し出し契約が存在した。官によるものは公出挙(くすいこ)と呼ばれ、利息は50%。一方、貴族や社寺によるものは私出挙(しすいこ)と呼ばれ、利息は100%だった。



 この世界には、お金が生まれる以前から債権・債務が──すなわち、信用取引が存在した。農民たちは、自分が持っている以上の種子を誰かから借りて播種(はしゅ)していた。現在の私たちが自分が持っている以上の資金を借りて商売を行うことと、本質的には何ら変わらない。

大麦、金本位、管理通貨

 とある古代メソポタミアの粘土板には、こう記されている*14。

収穫時にこの粘土板を持参した者に、アル・ミラは330単位の大麦を引き渡す。

ポイントは、大麦を受け取る人の名前が記されていないことだ。この粘土板を所持してさえいれば、アル・ミラという人物から大麦330単位を受け取れたことになる。
 ここから、こんな想像はできないだろうか?
 たとえばあなたが古代メソポタミアの商人で、大麦換算で330単位の製品を販売したとしよう。あなたは大麦そのものを受け取るのではなく、この粘土板を受け取ることも選べるはずだ。
 あるいは、あなた自身が商品を購入した場合も同じだ。大麦を支払う代わりに、この粘土板を渡すこともできるはずだ。アル・ミラが信用に足る人物で、債務をきちんと返済してくれると信じられるなら、この粘土板を貨幣として使うことができる。

メソポタミアの粘土板と金本位制

この粘土板に心躍らされるのは、書かれている文言が近現代の紙幣にそっくりだからだ。
 たとえば1899年に日本銀行が発行した紙幣には、こう書かれていた*15。

比券引換ニ金貨拾圓相渡可申候也

 この券を銀行に持っていけば10円分の金(ゴールド)がもらえるよ、という意味だ。このように貴金属と交換できる紙幣のことを兌換紙幣(だかんしへい)と呼び、また、紙幣を金と交換できる貨幣制度を金本位制(きんほんいせい)という。金本位制のもとでは、その国の通貨は金の重さによって表現できる。

 しかし、当時の人たちが紙幣と金とを頻繁に交換していたわけではない。現代の私たちと同様、ほとんどの取引は紙幣のまま決済されていた。銀行が金と交換してくれるはずだと信じることができたから、ただの紙切れを貨幣として使用できたのだ。



 この点はメソポタミアの粘土板とほぼ同じだ。

貨幣の本質とは信用である

 1929年にニューヨークのウォール街から始まった世界恐慌の影響で、1931年には日本は紙幣と金貨との交換を停止した。1942年に公布された日本銀行法により、名実ともに金本位制を離脱し、現在につながる管理通貨制へと移行した。

 もはや金と交換はできないが、今でも1万円札には1万円の価値がある。なぜなら、私たちがその紙切れに1万円の価値があると信じているからだ。トートロジーというか、循環論法というか、何とも釈然としない答えだ。しかし、これが現実だ。



 1万円札で1万円分の買い物ができるのは、私たちみんながそれを1万円だと信じているからだ。預金通帳に記された100万円という残高に価値があるのは、そこに100万円の価値があるとみんなが認めているからだ。



 貨幣の本質は、商品ではない。スコットランドの釘ではないし、金銀ですらない。



 貨幣の本質は信じる心、すなわち信用である。



 しかも単なる信用ではない、譲渡することが可能な信用である((フェリックス・マーティン(2014年)p40~44))。メソポタミアの人々が実際の大麦や銀ではなく、粘土板で取引を決済するようになったとき、彼らは自分たちの成し遂げたことの意味を理解していただろうか。



 世界を見渡せば、お金の素材はどんなものでもかまわないと分かる。インド洋のモルディブでは貝殻が通貨として使われたし、太平洋のヤップ島では巨大な石貨が使われていた。現代の私たちは銀行のコンピューターに記録された電子データを「お金」として利用している。



 私たちホモ・サピエンスは進化の過程で脳を発達させ、複雑な社会をつくってきた。そして、誰かが誰かに「借り」を作り、その「借り」を第三者に譲渡できるレベルまで進化したとき、すべてが始まったのだ。

金属がカネなのではない。信用を刻印されたものがカネなのだ。*17

 これがお金の本質である。

執筆者のプロフィール
Rootport
Rootport

ブログ『デマこい!』を運営している匿名ブロガー。1985年生まれ東京育ち京都在住……という設定だが、真偽のほどは分からない。ネットでは誰が言ったかよりも何を言ったかのほうが大切! を信念に匿名主義(?)を標榜している。大して飲めないくせに左党でスコッチ好き。たい焼きは頭から食べる派。

関連記事