【投資信託】コストパフォーマンスが高い銘柄の選び方を教えます!

f:id:hironohikari0913:20180401172557j:plain

証券会社、銀行、郵便局など、投資信託は私達にとって身近な金融商品の1つになっています。
お金を預けてプロに運用を任すため、自分で売買する必要がなく、投資の勉強や投資にかかる時間を割かなくて済みます。
非常に利便性の高い金融商品ですが、銘柄によってはコストパフォーマンスが非常に高い銘柄があるのをご存知でしょうか?

今回は投資信託のコストパフォーマンスが高い銘柄をご紹介させて頂きます。

目次

 

1.投資信託とは

f:id:hironohikari0913:20180401172617j:plain

投資信託とは、不特定多数の投資家から資金を集め、運用のプロがさまざまな金融商品に分散投資を行い、その運用益を投資家に分配する商品になります。

投資信託の特徴は大きく3つあります。

①少額からでも投資を始めることができます。

投資信託は大勢の投資家から資金を集めるため、通常個人で投資を行う場合よりも低額な自己資金で分散投資を行うことができます

一般的に投資信託は1万円前後で売り出されています。
1万円でも分散投資効果が得られるので大変人気があります。

②投資のリスクを減らすことができる

「卵は1つのカゴに盛るな」ともいわれている投資の世界では、1つの金融商品だけで運用することは値下がりのリスクが大きく危険だとされています。
しかし、投資信託ではさまざまな金融商品に投資をして運用しているため、1つに分野が値下がりしても他の分野で値上がりをしていることもあります。
そのため、損失分を相殺することができます。
投資信託の大きな魅力の1つが、この分散投資によるリスクの低減になります。

③自分で売買する必要がない

投資信託は投資のプロに完全に売買を任せることができるため、運用にかかる時間やコストがありません
プロが代わりに運用を行ってくれるため、投資の初心者でも極端な値下がりや破綻する可能性はまずありません。
株価の上昇局面などの投資機会でも、サラリーマンなどの兼業投資家はチャンスを逃しがちですが、投資信託ならプロが運用しているので機会を逃しません。

2.投資信託のコストとは

投資信託には3つのコストがあります。

①募集手数料(買付手数料)
②信託報酬
③信託財産留保額

この3つのコストがどの程度かによって、投資効率を判断することができます。 

①募集手数料(買付手数料)

募集手数料は、投資信託を購入する時に証券会社や銀行など販売を行っている機関に支払う手数料になります。
一般的には、買付金額に対して1%~3%ほどの手数料になりますが、この買付手数料にも8%の消費税がかかります
同じ銘柄の投資信託でも、販売会社によって手数料が異なる場合もあります。
投資信託のなかには「ノーロードファンド」とよばれる、買付手数料がかからないものもあります。
ただし、このノーロードファンドの場合は、信託報酬など他のコストが高く設定されていることもあるので注意が必要です。

②信託報酬

信託報酬は、投資家が直接支払うコストではなく、間接的に引かれている手数料になります。
基本的には、投資家から集めた信託財産からあらかじめ決められた所定の利率を証券会社などの販売会社や投資信託委託会社、信託銀行に支払うことになります。
この信託報酬は、投資信託の運用成績に関係なく引かれることになります。
投資信託を保有している期間は必ず発生するコストになります。
この信託報酬ですが、公社債投資信託よりも株式投資信託の方が高めに設定されています。

③信託財産留保額

信託財産留保額とは解約手数料のことです。
例えば、大口の投資家が投資信託の解約を申し出た場合、その投資信託は投資家に返金するために、現金が必要になります。
その場合は運用している金融商品を売却したりして返金額を確保するため、株式などで運用している場合は売却に手数料がかかります。

すなわち、その現金化に必要なコストを、解約者とまだ解約していない投資家で公平に負担するためにできた手数料になります。
そのため、信託財産留保額は販売会社や信託銀行、委託会社にはかからず、投資信託の分配金や資産に組み込まれることになります。
以上のように、投資信託ではこれら3つの手数料を支払わなければなりません。
コストパフォーマンスの高い銘柄は、やはりこの3つが低めに設定されています。

3.投資信託のコスパを見るポイント

f:id:hironohikari0913:20180401172635j:plain

投資信託のコストパフォーマンスを見る場合に、何が重要となってくるのでしょうか。
確認しておくべきポイントを説明していきます。

・運用実績
・手数料
・分配金

上記の3つのポイントから投資信託のコストパフォーマンスを測ることができます。
それでは、それぞれを詳しく見ていきましょう。

・運用実績

投資信託の運用実績を見る場合は、「運用報告書」を確認する必要があります。
運用報告書とは、投資信託の運用実績や今後の運用方針、「どのような金融商品で運用しているか」などが記載されています
これは、投資家に運用実績を報告するためのもので、投資信託委託会社が作成します。
投資信託委託会社は、基本的に計算期間の末日である決算日を迎えるごとに運用報告書を作成することが義務づけられています。

・運用報告書の記載内容

  見るべきポイント
運用実績 基準価格の推移が上がっているかどうか。上がっている場合は運用が良好なサイン。基準価格が下がっている場合は注意が必要。毎月分配型の場合は分配無と比較してみること。運用成績では過去3年分を確認してどれ位プラスが出ているかを確認。マイナスを出し続けている場合は要注意。
運用状況 基準価格や純資産総額を見る。基準価格が1万円を下回っている場合は運用開始から資産が目減りしている可能性がある。
分配金の推移 分配金を出す投資信託の場合は分配金の金額が減っている、もしくは無配になっている場合は運用がうまくいっていない可能性が大きいため注意が必要。基準価格に対して高額な分配を出している投資信託も投資信託の資産を食いつぶしている可能性がある。
資産配分比率 何に投資をして運用しているかを確認する。株式(国内外)や現金がいくらかなど、東証1部なのか2部なのかなど市場別や業種別などの比率も見ることができる。
組入れ銘柄 どの銘柄を組み入れて運用しているのかを見ることができる。大型株もしくはベンチャー株など。
運用担当者からの報告 運用担当者の感想や今後の方針などをよみとることができる。

運用報告書の中で特に重要なのが、運用実績になります。
特に基準価格の推移は必ず確認する必要があります
価格が下がり続けている銘柄は今後挽回することは非常に難しいため、選択しない方が賢明です。
運用担当者は自分が運用する投資信託をいくつも抱えているため、運用がうまくいかない銘柄よりも運用がうまくいく銘柄に注力するからです。

基準価格が高くなりすぎている銘柄もあまりおすすめではありません。
基準価格が高いということは1口あたりの価格もあがっているので、多額の資金を投じても多くの口数を得ることができないからです。

分配金も要注意です。
分配金が減っていたり、無配になっている場合は、運用がうまくいっていないケースがほとんどです。

純資産総額も確認しておく必要があります。
純資産総額が減っている場合、解約者が増えていて、その銘柄の資産が減っていることになります。
資産が減ると、投資資金が減ることになるので、必然的に利益を上げにくくなります。

・分配金 

分配金を出す銘柄で人気なのが「毎月分配型」になります。
毎月分配型は、月々の決った日に分配金が受け取れるため、年金やお小遣いの足しにできると高齢者の支持を受けています。
この分配金は口数に対して支払われるため、同じ銘柄でも基準価格が高い時に購入した人と低い時に購入した人とでは、受取る分配金の額が異なってきます。

分配金は、1万口あたり100円や200円で提示されます。
基準価格は1万口あたりの価格になります。

例えば、分配金が100円の銘柄を、基準価格が2万円の時に10万円分購入すると、1ヶ月の分配金は500円になります。
反対に、基準価格が5,000円の時に10万円分購入すると、1ヶ月で2,000円の分配金を受取ることができます。

【+α】毎月分配型 

毎月分配型で確認した方が良いのが「毎月分配型」と「再投資型」の基準価格の推移です。
同じ銘柄でもこの2つの基準価格は違っていて、毎月分配型は分配金として還元するため、基準価格が下がる傾向があります。
これに対して再投資型は利益を積み重ねていくので、基準価格が上がっていく傾向になります。

あまりにもこの2つ型の基準価格に差がある場合は、無理して分配している可能性があります。
最終的に資産を減らしてしまう結果になるかもしれませんので注意が必要です。

【+α】手数料 

先ほどご説明させていただいた、買付手数料、信託報酬、信託財産留保額の3つになります。
この3つが少ない方が、投資効率が良くなります。

特に信託報酬は直接支払うわけではなく、間接的に自動でひかれる手数料になるため、あまり気にしない方が多いようですが、それでも注意が必要です。
信託報酬は年に高い場合は2%以上になります。
つまり、1年間の年利が2%以上ないと信託報酬を支払った分だけ自分の資産はマイナスになるというわけです。
買付手数料と信託報酬ともに2%を超えると高い」と認識しておくと良いでしょう。

4.コストパフォーマンスが高い銘柄特集

3つのポイントを比較して、コストパフォーマンスの良い投資信託の銘柄を選んでみました。

▼SBI中小株割安成長株ファンド ジェイリバイブ(愛称:jrevive)

SBIアセットマネジメントが運用するSBI中小株割安成長株ファンドは、日本国内の株式で割安で今後の成長が期待できる銘柄に投資をしています。
基準価格は45,619円と高く、運用成績が良好です。
2008年の10月10日には基準価格が3,988円まで下落しましたが、2018年1月23日には最高値50,303円にも上りました。
分配金はなく、再投資されるタイプになります。

【SBI中小株割安成長株ファンド概要】

基準価格 45,619円
買付手数料 インターネットコース なし
対面ダイレクト3.24%
信託報酬(税込)年 1.836%
信託財産留保額 0.3%
解約手数料 なし
分配金 なし 再投資
資産構成比 9割以上が国内中小株式

インターネットコースで買付すると、買付手数料が無料になります。
また、信託報酬も年2%以下に設定されているため、効率よく運用ができます。
過去3年間のリターンも29.32%と高い数字を出しています。

▼ひふみプラス 

ひふみ投信のひふみプラスも、投資効率の良い投資信託になっています。
資産の90%以上を国内株式で運用しています。
さらに、銘柄の84.2%が東証1部上場の株式で構成されているため、安定した運用が期待できます。
サービス業や日本を代表する電気機器メーカーや情報・通信業の株に投資しています。

【ひふみプラスの概要】

基準価格 45,619円
買付手数料 3.24%
信託報酬(税込)年 1.0584%
信託財産留保額 なし
解約手数料 なし
分配金 決算日に分配有
資産構成比 8割以上が国内大型株

買付手数料は3.24%かかりますが、信託報酬が1.0584%と低く設定されています。
加えて、信託財産留保額や解約手数料がありません。
3年間のリターンも19.96%と非常に高い数字を出しています。

いかがでしたか。

この記事が皆様の一助になれば幸いです。

著者:hironohikari

元大手証券会社で資産運用コンサルティングとして働いていました。現在は投資家兼金融ライターとして活動しています、皆様のお役に立てる記事を配信していきたいと思います。