【必見】株価に影響するニュースや情報特集

f:id:hironohikari0913:20180206144958j:plain

株式取引を行う人は、どのようなニュースや情報に株価が反応するのかを知りたいでしょう。株価は人の心理を反映していると言われているように、ポジティブなニュースでも下落したり反対にネガティブでも上昇したりと理論通りにならない場合もあります。

 

株価は人の心と同じように移り気で、予測することは難しいとされています。株価を予測するのに役に立つ情報やニュースとは一体何でしょう?

 

今回は【必見】株価に影響するニュースや情報特集についてご説明させて頂きます。どのようなニュースや情報で株価が動くのかが知りたい方必見です。

 

 

目次

1.株価と情報とは

2.どんな情報やニュースで株価は動くのか?

 

 

1.株価と情報とは

 

株価と情報には一体どのような関係があるのかを見ていきましょう。情報やニュースは新聞、テレビのニュース、雑誌やインターネットなど様々な方法で知ることができます。

 

これらの媒体を通じて日本や世界経済、個人や企業の情報など株価に繋がりそうな情報を得ます。この結果から投資家が株が上がるか下がるかを予測して売買を行います。

 

株価を予測する方法

 

株価を予測するには、新聞やネットなどで得た情報を繋ぎ合わせて今後どのような経済になっていくのかのシナリオを作ることが大切です。

 

例えば、「円安傾向になった場合は輸出関連企業の業績が上がり株価も上がるが輸入関連企業はコストがアップされ収益が悪化し株価が下落する」などです。

 

様々な角度から株価を予測する

 

f:id:hironohikari0913:20180206145016j:plain

株価を予測するためには様々な角度から予測をすることが大切です。例えば株価にとって悪いニュースだと言われる「金利上昇」、金利が上がることは銀行からお金を借りている企業にとっては収益を圧迫するため良いものではありません。

 

ただ、借入が無い企業や少ない企業にとっては他の企業よりも有利に立てるので株価が上昇する場合もあります。このように悪いニュースでも企業によっては株価上昇の要因になることもあります。

 

経済の背景からも考える

 

例えば企業が大規模なリストラを決定すると、多くの人が「悪いニュース」だと受取るでしょう。仮に、好景気の際にリストラ発表があると株価下落を招くこともあります。

 

しかし、不景気の際に行なわれるリストラはむしろプラスの材料として受取られることが多いのも事実です。

 

新規事業の発表なども財務状況が良い場合は歓迎されるべきニュースとなりますが、決算で赤字を出しているのにも関わらず新規事業への投資を行っている等の場合では少々心配になりますよね。

 

このように、良いニュース、悪いニュース共に経済状況や企業の状態によって良くも悪くもなると言うわけです。

 

2.どんな情報やニュースで株価は動くのか?

 

ではどのような情報やニュースが出た時に株価は動きやすいのかについて見ていきましょう。

 

株価が動きやすい情報1 病気の流行

 

インフルエンザ、がん、エイズ、ノロウイルス、O-157や新型インフルエンザなどの流行が発表されると株価に大きな影響を与えます。

 

新型インフルエンザなどの流行が発表されるとまず、医療系の銘柄に注目が集まります。例えばインフルエンザが流行するとその治療薬を製造販売している医薬品メーカーの株価が上がります。

 

特にタミフルを製造販売している銘柄などは株価が動きやすいでしょう。その他にワクチンやインフルエンザ予防のうがい薬、マスクメーカー、除菌効果のあるスプレーなどの製造販売を行う銘柄も要チェックになります。ドラックストア、医薬品商社などもつられて値を上げることもあります。

 

株価が動きやすい情報2 選挙

 

突然の解散と総選挙のニュースが流れると株価が下落する傾向があるようです。株価が下落する要因は選挙のせいで国会の予定が遅れることになり政治不安になるからです。そして選挙により将来が不安になるため株を売る人が増えるようです。

 

選挙の結果がでるまで投資家は様子見の状態を保つ人が多いため株価は一旦さがるようです。選挙後は株価は通常の状態にもどることがほとんどです。

 

株価が動きやすい情報3 税金

 

一般的に増税になると景気が悪くなり、減税になると景気が良くなる傾向にあります。株価にもっとも影響するのが「消費税」になります。

 

この消費税のアップの発表があると一時的に駆け込み需要として消費が上がるため株価が上昇します。不動産や家電、自動車メーカーなどの売上が上がるためです。スーパーや百貨店なども狙い目です。

 

株価が動きやすい情報4 天候

 

天候は個人の消費に大きく影響を及ぼすため天候のニュースは株価に影響を与えます。例えば、猛暑になるとビールなどの飲料品メーカーやアイスクリームなどの製造・販売を行う食品メーカなどの銘柄が買われます。

 

反対に、暖冬や冷夏などになるとその季節に関連するべき商品への消費が落ち込むため株価が下がりやすいと言えるでしょう。

 

猛暑ではキリンやサッポロ、ダイドードリンコなどの銘柄が上がりやすく、厳寒の際はエアコンメーカのダイキンやインフルエンザ関連銘柄などが上がりやすくなっています。

 

株価が動きやすい情報5 戦争

 

f:id:hironohikari0913:20180206145037j:plain

戦争やテロなどの情報も株価に大きな影響を及ぼします。これらを有事の際には株価は下落するとされています。特にアメリカの影響が大きく、2003年のイラク戦争の開戦直後はNYダウが大きく値を下げそれにつられて日経平均も下げました。

 

戦争が短期のものだと戦争特需にあやかる銘柄の買いが増えるため一時的に株価は上がります。しかし長期になると経済への影響を考え株価は下がる傾向にあります。株を売った資金は、有事の際に強い「金」などに替えられる傾向があります。

 

株価が動きやすい情報6 地価

 

景気が上向きになると地価が上昇する傾向があります。その際に重要なのが「どこの地価が上がっているのか」になります。つまり、地価が上がっている地域に土地や建物などを所有している企業にとって株価上昇になるからです。

 

例えば、鉄道会社や倉庫会社などは広大な土地を所有しています。地価が上がった土地を所有していると土地が含み資産となり経営上大変有利になるため株価上昇につながります。

 

株価が動きやすい情報7 出生率

 

超高齢化社会の日本の最大の問題が「少子高齢化」になります。少子高齢化とは子供=労働力が減って高齢者(年金)が増えるということで当然、株価には良くない影響を与えます。

 

これを数値としてみる「合計特殊出生率」といものがあり、これは1人の女性が一生に産む子供の平均数を表したものになります。15歳~49歳までの女性の年齢別出生率を合計したものでこの数値が高い出生率が高いことになります。

 

1971年には2.16あった出生率が2017年度は1.44とかなり減少していて、将来の日本経済の縮小=株安と予測されます。

 

少子高齢化で株価が上がりやすい銘柄とは?

少子高齢化で子供の数が減少しているからといって全てが株価に悪影響を与えるわけではありません。子供には6つの収入源があるとされていて(両親、祖父母)少子化により子供向けの高級品などにお金が使われることがあります。

 

高級ブランドの子供服やお稽古、教育費など子供が多かった時代にはなかったビジネスが発展してきていることも確かです。

 

高齢者が増えることにより発展する業界

 

高齢者が増えることにより、シニア向けの旅行やサービスを転換している企業や健康関連などの業種は今後も発展が見込まれます。

 

特におひとり様が増えることにより惣菜や弁当、コンビニ関連の銘柄などは今後も価格が安定する見込みがあります。

 

この様に1つの情報でも株価が上がる銘柄、下がる銘柄など様々です。悪いニュースだからと言ってすべてが下がるわけではないと覚えておきましょう。

 

いかがでしたか。この記事が皆様の一助になれば幸いです。

 

 

著者:hironohikari

前職では大手証券会社のコンサルティング業務に携わり、現在は金融ライター兼トレーダーとして活動しています。皆様のお役に立てる情報を発信していきたいと思います。

無題ドキュメント