【誰でもできる】ロボアドバイザー投資と比較

近年、AIの技術は目を見張るほど進歩しています。私達の日常に、すでにAIの技術は浸透し始めています。分野によっては人間よりも遥かに優秀であることは間違いないでしょう。

金融や資産運用の世界にもAIの技術は取り入れられていて、以前はファンドマネージャーなどの高度な知識を持つ投資のプロが運用していたファンドの運用もAIによって運用されるケースが増えてきています。

今回は【誰でもできる】ロボアドバイザー投資についてご説明させて頂きます。

【目次】

  • AIとは
  • ロボアドバイザーとは
  • 各社のロボアドバイザー比較
  • こんな人にロボアドバイザーは向いている

1.AIとは

f:id:hironohikari0913:20180109143913j:plain

AIとは「artificial intelligence」の略で、人工知能とよばれるコンピューターによって高度な情報処理などを行うことです。

家電や車、将棋など、AIは私達の生活に既に取り入れられています。グーグルの音声入力機能やルンバを始めとするお掃除ロボット、AIを搭載した「Pepper(ペッパー)」など人型ロボットも登場しています。

2.ロボアドバイザーとは

ロボアドバイザーとは、人工知能を活用したアドバイザーのことで顧客の条件にあった資産の配分や資産運用、再投資や受発注を自動で行ってくれるというものです。

ロボアドバイザーは投資家の年齢、性別、資産運用の経験や目的からその人に合った金融商品を選んで実際に取引を行ってくれます。

投資信託や債券、株式などの複数の金融商品のポートフォリオを作成し、お金を口座に振り込むと勝手に運用をしてくれます。

投資家は難しい知識や経験などなしに安心して資産運用が行えると言うわけです。

日本ではまだまだ知名度がありませんが、アメリカなどでは約9兆円もの個人資産がロボアドバイザーによって運用されているとされています。ロボットが投資家に代わって勝手に資産運用をしてくれる、非常に便利なシステムなのです。

ロボアドバイザーのメリット

ロボアドバイザーのメリットをまとめてみました。
・投資の知識が必要ない
・手数料が安い
・自己資金がなくても始めることができる
・資産配分が自動的にリバランスされる
・投資に時間をとられない
・世界の金融商品に投資をすることができる
・スマホやパソコンで気軽に始めることができる

以上がロボアドバイザー大きなメリットになります。特に投資の知識がない初心者でも、ロボアドバイザーを提供してる会社のアプリをインストールするだけでスマホから簡単に始めることができます。

手数料が高いと思われがちですが、管理を全てロボットに任せているためファンドマネージャーなど専門家の人件費が必要なくその分安くて済みます。安い業者だと手数料は0.3%ほどからあり最大でも1%ほどとなっています。

高額なファンドラップ口座と違ってロボアドバイザーは自己資金が1万円ほどから始めることができるのも大きな魅力の1つになっています。

業者によって最低投資金額は異なりますが、大体1万円~30万円ほどで始めることができます。資産配分も毎月自動的にリバランスされるため、日中忙しい会社員でも気軽に始めることができます。

個人では難しい、外国株や外国債券などにも投資をすることができるため、効率よく資産運用を行うことができます。

ロボアドバイザーの種類

ロボアドバイザーには①ロボアドバイザーにアドバイスをもらい、自分で運用する②全てロボアドバイザーに任せる、の2種類があります。

①ではロボアドバイザーに資産運用を全て任せるのではなく、経済情報やニュース、レポートなどから投資家自身で運用プランを決めることができます。

②は運用の計画から実際の売買まで資産運用の全てをロボアドバイザーに任せるものです。

①②のどちらにも共通するのが投資家にあった資産設計を提案してくれることや積立サービスなどになります。手数料や積立金額、最低投資金額などもどちらのサービスを利用するかによって違ってきますので注意してください。

3.各社のロボアドバイザー比較

f:id:hironohikari0913:20180109143936j:plain

ロボアドバイザーを提供している業者を以下にまとめてみました。
・お金のデザイン
・マネックス証券
・楽天証券

お金のデザイン
サービス名 THEO(テオ)
手数料 1.0%
最低投資金額 1万円
積立金額 1万円~
投資対象 国内外ETF

お金のデザインが提供するロボアドバイザーサービスの「テオ」の特徴は国際分散投資にあります。世界中の金融商品に投資をすることでリスクを最低限に抑えて収益を安定するというものです。

ETF(上場投資信託)のインデックス運用を活用しています。1万円から投資を始めることができ、投資一任報酬も年率1.0%とかなり低い水準になっています。売買手数料や為替手数料がかからないのも魅力の1つです。

マネックス証券

マネックス証券には①マネックスアドバイザーと②マネラップの2つのロボアドバイザーがいます。この2つは手数料や運用方針、最低投資額などが異なってきます。

マネックスアドバイザーとマネラップの概要

サービス名 マネックスアドバイザー マネラップ
手数料 0.487% 0.991%未満
最低投資金額 5万円 1,000円
積立金額 1万円~ 月1,000円~
投資対象 国内外ETF 国内ETF・海外ETF
運用の見直し 年1回 四半期に1度
運用方法 ロボアドバイザーのサポートやアドバイスを受けて自分で運用する 投資の目標を自分で決定し、運用は全てロボアドバイザーに任せる

以上が主なロボアドバイザーの概要になります。マネックスアドバイザーは自分で運用するかわりに手数料が安くなっていて、最低投資金額や積立金額が高めに設定されています。マネラップは全てロボアドバイザーに運用を任せるためその分の手数料が高く設定されています。

手数料はマネックスアドバイザーの2倍ほどになっていますが最低投資金額が安く、積立も1,000円と少額から始めることができるため投資の初心者や自己資金が少ない方でも気軽に利用することができます。

楽天証券

楽天証券では楽ラップという商品でロボアドバイザーサービスを提供しています。
楽ラップの概要

サービス名 楽ラップ
手数料 コースによる
最低投資金額 10万円以上1円単位
積立金額 1万円以上1円単位
投資対象 国内外ETF

楽ラップの手数料は①固定報酬型と②成功報酬型の2種類から選ぶことができます。①の場合は最大0.702%で固定になっています。

②は固定報酬に加えて運用成績に応じた成功報酬を支払うことになります。固定報酬は0.594%でそれに加えて運用益の積み上げ額の5.4%を支払うことになるようです。

どちらの手数料コースが得かはその年の運用成績によって異なりますが、年間で2%以上の運用成績からは固定報酬型の方が手数料が安く済むようです。

楽ラップの魅了は何と言っても金融テクノロジー(フィンテック)を駆使して運用することにあります。投資家は、簡単なアンケートに答えるだけでロボアドバイザーが自動で売買してくれます。

運用報告も毎日更新され、売買取引から銘柄、単価など全ての情報を確認することができます。運用の見直しにかかるコストも最低限に抑えることができ、効率よく資産運用をすることができます。

4.こんな人にロボアドバイザーは向いている

ロボアドバイザに向いている人をまとめてみました。
・投資の初心者
・投資に時間を取られたくない人
・コストを抑えて効率よく資産運用を行いたい人
・投資をしながら積立てをしたい人

いかがでしたか。この記事が皆様の一助になれば幸いです。

著者:hironohikari

前職では大手証券会社のコンサルティング業務に携わり、現在は金融ライター兼トレーダーとして活動しています。皆様のお役に立てる情報を発信していきたいと思います。