アイマスが好きすぎて、気付けば世界一周 “舞台探訪”にハマったPのリアル課金ストーリー


「アイドルマスター ミリオンライブ!」全国ライブツアー仙台公演の関連CDに登場した、宮城の仙台城(青葉城)にある伊達政宗像

THE IDOLM@STER LIVE THE@TER DREAMERS 02

THE IDOLM@STER LIVE THE@TER DREAMERS 02

  • アーティスト: ゲーム・ミュージック,中村繪里子,天海春香(中村繪里子),望月杏奈(夏川椎菜),ジュリア(愛美),高槻やよい(仁後真耶子),北上麗花(平山笑美),山崎はるか,春日未来(山崎はるか),七尾百合子(伊藤美来),所恵美(藤井ゆきよ)
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2015/10/28
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (2件) を見る

「さざなみ壊変」というサイト&サークルを運営する、かずぴーと申します。冬コミ(C93)に落選しました。
作品の舞台となった場所を巡る「聖地巡礼」(私は「舞台探訪」と呼んでいます)がもともと好きだったのですが、ゲーム「アイドルマスター」(アイマス)にハマったことをきっかけに、休みを見つけては日本や世界を駆け巡る日々を送っています。

舞台探訪とは、アニメ・ゲームの舞台やロケ地として実在する建物または都市へ実際に訪問すること。物語の世界に入り込んだような没入感を味わえたり、主人公たちが生活する場を訪問して物語では描かれない日常を想像したりするのは、私にとって筆舌に尽くしがたい喜びなのです。まあ、難しいことは抜きにして言うと、ヒロインと同じ空気を吸えるだけで最高じゃないですか!

用語解説【1】「アイドルマスター」……バンダイナムコエンターテインメントから販売されているシミュレーションゲーム。プレイヤーはプロデューサー(P)としてアイドルとともにトップを目指していく。略称は「アイマス」。2005年に登場して以来、アニメやライブなどさまざまなメディアミックス展開で進化し続けている

舞台探訪にハマって5年……アーケード版アイマスと出会った

私が舞台探訪の魅力に取りつかれたのは2000年頃。ノベルアドベンチャーゲーム「北へ。」の舞台となった北海道、アニメ「おねがい☆ティーチャー」で描かれた長野県の木崎湖などを訪れたのがきっかけでした。しかし、2005年にアイマスと出会ってしまったことにより、私にとっての「アイマスは人生」が始まってしまいます。


アーケードゲーム「アイドルマスター」の筐体(きょうたい) Ⓒ窪岡俊之 ⒸBANDAI NAMCO Entertainment Inc.

前述の通り、アイマスは2005年にアーケードゲームとして稼働を開始しました。現在はソーシャルゲームに形を変え、「アイドルマスター シンデレラガールズ」「アイドルマスター ミリオンライブ!」「アイドルマスター SideM」など複数のタイトルに派生しています。

不特定多数の人が出入りするゲームセンターで、画面に向かってニヤニヤしながらプレイするという羞恥心に耐えなければならなかった、アーケードゲーム時代……。時にはゲームの進行上、タッチパネルでアイドルの胸を触らないといけないシーンもあり、「このゲーム頭おかしい」と思いながらどんどんのめり込んでいきました。

アイドルと二人三脚で芸能界を駆け上がり、ドーム会場での解散コンサートを成功させてトゥルーエンドを迎えたときの「やったぞ! 俺がアイドルマスターだ!」という興奮は今でも忘れられません。

用語解説【2】アイマスは人生……アイマスに魅了された人がよく口にするせりふ
用語解説【3】アーケード版「アイドルマスター」……当時のナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)が2005年に稼動を開始したアーケードゲーム版のアイマス。シリーズの元祖
用語解説【4】「アイドルマスター シンデレラガールズ」……バンダイナムコエンターテインメントとCygamesが開発・運営するソーシャルゲーム。アイマスの派生シリーズとして、2011年から配信されている。2015年にアニメ化もされた
用語解説【5】「アイドルマスター ミリオンライブ!」……バンダイナムコエンターテインメントが開発・運営するソーシャルゲーム。2013年に配信を開始
用語解説【6】「アイドルマスター SideM」……オルトプラスが運営・開発するソーシャルゲーム。シリーズ初の男性アイドルをプロデュースする内容。2017年10月にアニメの放送がスタート

全国のゲームセンターを巡るべく、日本を一周

アーケードゲーム版アイマスに登場する舞台は東京や横浜が多かったので、アイマスを知る前から舞台探訪を楽しんでいた私としては簡単に巡ることができました。そこで私が熱中したのは、アイマスの筐体が設置されている全国のゲームセンターを巡ることです。

当時のアイマスは、自分がこれまでに訪れたゲームセンターを一覧で見られる「出勤簿」という機能を携帯電話向けに提供していました。それを利用して、スタンプラリーのようにアイマス設置店舗を巡っていたのです。筐体そのものがゲームセンターから撤去されていく中で、知人と競うようにして日本中を駆け巡り、最終的に389店舗回って全国制覇。ちなみに、全国1位を取った知人は643店舗を巡ったようです。

しかし、2010年にネットワークサービスの運営終了が発表され、5年にわたるアーケードゲームの稼働もついに終幕の時を迎えます。この後、日本全国505エリアを巡る位置ゲームが楽しめる「アイドルマスター モバイル」が携帯電話向けに配信されたほか、2011年にはアイドルプロデュースゲーム「アイドルマスター2」(アイマス2)が発売。アイマスは次のステージへと移ります。

なお、アイマス2では、アイドルが営業活動(ファン数やゲーム内で使用する資金を稼ぐこと)を行っているときのゲーム内の背景イラストとして、日本全国から18カ所が選ばれていました。その舞台探訪と「アイドルマスター モバイル」の位置ゲームを同時に攻略するべく、私の日本2周目の旅もスタートを切ったのです。

用語解説【7】「アイドルマスター モバイル」……2009年に各キャリア向けに公開。2010年からは携帯電話の位置情報を利用して遊ぶエリアゲームが導入された。位置情報を取得することで営業を行い、ファンの数を増やしていくという内容
用語解説【8】「アイドルマスター2」……バンダイナムコゲームス(現・バンダイナムコエンターテインメント)から2011年2月に発売されたXbox 360用ゲーム。同年10月にはPlayStation 3版も発売された。この前身に当たるシリーズ初の据え置きゲーム機向け「アイドルマスター」は、2007年にXbox 360専用タイトルとして発売されている

日本2周目……で終わると思いきや、舞台はいよいよ海外へ

アイマス2の舞台は世界遺産や有名観光地が多く、旅行気分で日本2周目を楽しむことができました。全国制覇までにかかった費用は、およそ100万円くらいでしょうか。

しかしアイマス2には、映画の本場で修行するために、なぜかPがハリウッドへ研修に行くというストーリーがあります。なので、背景イラストと同じ場所を探すべく、いよいよ海外……アメリカ・ロサンゼルスへと旅立つことになったのです。


アイマス2でPが降り立つのは、日本からハリウッドへの玄関口となるロサンゼルス国際空港……ではなく、なぜかバーバンク空港というローカルな空港 ⒸBANDAI NAMCO Entertainment Inc.

舞台探訪の傍らで“修行”を始める

海外へ行く機会が増え、ANAをよく利用するようになると、搭乗ポイントがどんどん貯まっていきます。そこで「このままプラチナメンバーを目指しちゃえよ!」という悪魔の囁きを聞いてしまい、舞台探訪に加え、ANAの上級会員になるための修行も始めることにしました。

ANAの上級会員になるには、地球4周分の5万マイルに相当する搭乗ポイントを集める必要があります。なので、イギリスへ行くときは直行便の倍ほどの距離があるシンガポール経由で丸1日かけて移動したり、那覇と宮古島をひたすら飛行機で往復したりしてマイルを稼ぎました。

修行費用として約50万円かかりましたが、年1万円くらいのクレジットカードを契約すると死ぬまで上級会員を維持できます。ビジネスクラスへのアップグレードやラウンジでの飲食であっという間に元が取れたので、結果的にお得でした!

用語解説【9】修行……航空会社が提供する上級会員ステータスを取得するために繰り返し飛行機に搭乗すること。短期間のうちに何度も乗り換えるなどしてあらゆるものを消耗することから、この名前が付いている

シンデレラガールズのゲームイベントで海外公演がスタート 世界一周を決意

2012年になると、ソーシャルゲーム「アイドルマスター シンデレラガールズ」がブームに。シンデレラガールズには、営業エリアとして日本全国の名所がゲーム内の背景イラストに登場しています。さらに、iOS版の「アイドルマスター モバイルi」が同時期に配信されたこともあり、これで舞台探訪のために日本3周目をすることが決まりました。「また日本一周か……」という気持ちでしたが、当時はまだ気楽に捉えていました。

しかし、しばらくすると、シンデレラガールズのゲーム内で「海外公演をして、世界中でライブを開催する」というイベントが始まりました。そこでアメリカ、イギリス、イタリア、スペインなど、突如として海外の舞台が増えていくという事態が発生。アメリカとイギリスが公開された時点で「これを効率よく回るには世界一周しかないな」と思い立ち、ついに世界一周に挑戦することを決意しました。

用語解説【10】「アイドルマスター モバイルi」……「アイドルマスター モバイル」のiOS版として、2012年に配信を開始。2016年1月にサービスが終了

試合がない日なので、誰もいない

こちらは、マンチェスター・ユナイテッドFCのホームスタジアムであるオールド・トラッフォード。シンデレラガールズのイギリスツアーだと、オールド・トラフォードの座席数は7万5,000以上。アイマスのライブ会場としてよく使用されているさいたまスーパーアリーナの2倍以上の人数を収容できます。そんなことを思いながら人っ子一人いないスタジアムを見上げていると、ヨーロッパまでやって来たアイドルたちを歓迎する7万人以上のファンや、スタジアムを埋め尽くす歓声とサイリウムのまぶしい輝きが、私には確かに見えたのです。

オールド・トラッフォードはまだ有名どころですが、シンデレラガールズの場合はワイキキビーチのあるハワイのオアフ島からさらに島を3つホッピングした観光客がほとんどいない奥地など、マニアックな場所も登場していました。


アイマス最北端の地となるノルウェー・トロムソにある北極教会。北極圏にもかかわらず日本でいうと秋田県に近い気候で、街中でオーロラが見られる絶景スポットでした

シンデレラガールズだけで、北は北極圏のノルウェーから南はオーストラリア最南端のタスマニアまで、日本全国だけでなく、9カ国30都市(島を含む)を訪問しました。リアル課金額(旅費交通費)は約300万円。この旅の詳細は、私が発行した同人誌にもまとめています。

日本4周+世界一周、費やした遠征費の合計は……


アイマスシリーズの舞台で訪問したことのある国は17カ国に

<訪問した国や都市>
  • アメリカ:ニューヨーク、ロサンゼルス、ラスベガス、グランドキャニオン・ウエスト
  • ハワイ:オアフ島、カウアイ島、マウイ島、ラナイ島
  • カナダ:ナイアガラの滝、ローレンシャン高原、ケベックシティ、プリンスエドワード島
  • イギリス:ロンドン、オックスフォード、ストーンヘンジ、マンチェスター
  • フランス:パリ
  • イタリア:ローマ、ミラノ、ピサ、ヴェネツィア
  • スペイン:バルセロナ、バレンシア、セビリア、マドリッド
  • ドイツ:ノイシュヴァンシュタイン城、ケルン、ブレーメン、ベルリン
  • ノルウェー:ベルゲン、トロムソ
  • オーストラリア:シドニー、タスマニア、エアーズロック
  • インド、インドネシア、ベトナム、シンガポール、カンボジア、韓国、香港、台湾

こちらは、訪問した国や都市をまとめたもの。作中に登場しつつ、実在している国で未訪問なのは、メキシコ、ブラジル、ベルギー、スイスです。

実はソーシャルゲーム「アイドルマスター ミリオンライブ!」の舞台探訪として、さらに日本を一周しています。シリーズ合計で日本4周+世界一周することになり、遠征費は600万円くらいになったでしょうか。しかし、知人の位置ゲー遠征神重課金兵に比べるとまだまだだと思います。……まあ、これはプロデュース業の経費だから仕方ないですね!

用語解説【11】位置ゲー遠征神……位置ゲーの上位を目指して日本中を駆け回る人々。呼吸をするように移動するため神出鬼没。地方の名物や名所にやたら詳しい。日本を10周くらいしていたり、東京から船で片道24時間かかる小笠原諸島を何往復もしたりしている
用語解説【12】重課金兵……課金兵とは、ソーシャルゲームなどに課金する人々の総称。重課金兵は、課金額に重みが増していく人々を指す

仕事をしながら世界一周するための時間とお金の使い方


ミリオンライブ! のアジアンライブツアーに登場したインドのタージマハルで、キャラクターの双海真美と記念撮影。このときはビジネスクラスの特典航空券で豪遊しました Ⓒ窪岡俊之 ⒸBANDAI NAMCO Entertainment Inc.

世界一周というと大掛かりなイメージがありますが、世界一周の定義は「太平洋と大西洋を横断する」……ただこれだけです。日本から北米とヨーロッパを三角形に移動するだけでも世界一周になるので、自分のペースでやれば会社を辞めずに世界一周することは可能です。

途中で“一時帰国”するという気持ちで挑み、心理的ハードルを下げる

私の場合は、正月、ゴールデンウィーク、お盆あたりに連休を取ることができました。なので、その時期にあわせて旅立てるように世界一周分の航空券を前もって押さえつつ、追加で海外から日本までの往復航空券を購入しておきます。旅の途中で一時帰国する感覚ですね。こうすることで、一気に世界を巡るのではなく、何回かに分けて楽しむことができるので、世界一周に対する心理的ハードルが下がりました。

飛行機のマイルは資産 駆使して旅費を節約せよ

アイマスの舞台探訪は、1つの国に対してだいたい4都市くらいを回らなければいけません。そこで私が使ったのは、1つの航空券で6区間飛べるというANAの国際線特典航空券。現金で航空券を買うと20万円以上するものが、実際は5万5,000マイルと1万7,230円の諸税を払うだけに収まりました。

マイルの貯め方はあまりにも奥が深いので簡単にしか触れませんが、飛行機に乗るだけでなく、ANAの提携クレジットカードで日常のあらゆるものをカードで支払って貯めることもできます。もちろんいいことばかりではなく、有効期限切れや航空会社の倒産などである日突然ゼロになることもあります。マイルは単なるポイントではなく“資産”と捉えて管理しましょう。

深夜早朝便を駆使して土日弾丸 海外からエクストリーム出勤

LCCの普及によって台湾、香港、東南アジアなどに往復2〜3万円で移動できるようになったおかげで、深夜早朝便を使って週末の夜に日本を出発し、休み明けは日本に戻ってからそのままエクストリーム出社することが当たり前となり、週末が全部海外という月も増えました。夜行バスでは寝られないのに、航空機のエンジンや滑走路への移動中の振動で離陸前に寝られる技をなぜか自然と身に付けられたので助かっています。

LCCを利用するときも、年間1万円くらいの楽天プレミアムカードを契約してプライオリティパスを手に入れておくと、世界中のラウンジで食事やシャワーが利用できるので便利です。

格安航空券を手に入れるために特別なことはしておらず、航空会社から送られてくるメールやセール情報などをチェックし、希望の日程が安く取れるなら押さえる程度です。

1日に2都市を周遊! 多忙なPのスケジュール管理

社会人はとにかく休みが限られるので、短い休みをいかにして駆使するかが課題となります。アイマスの舞台探訪では1つの国で4都市を回ることもザラにあるので、高速鉄道や飛行機を駆使しながら1日2都市を周遊することが多くなりました。夏休みにイタリアとスペインを巡ったときは、ローマとヴェネツィア、バルセロナとバレンシアをそれぞれ1日で回ったことも。さらに、せっかく来たのだから他の名所も回りたい……となると、おそらく普通の人が観光する1.5〜2倍くらいのスピードで移動してるんじゃないでしょうか。


夏休みにイタリアとスペインを巡った際のスケジュールを、記事用にまとめたもの。スペイン・マドリッドで高速鉄道を乗り継ぐ際は、駅の改札外に出て手荷物検査をやり直す必要があるにもかかわらず、猶予が12分しかないというスケジュールを組んでしまった

スケジュール管理は、紙のカレンダーに出かける日をメモするだけ。旅ごとにルートを決めた後はeチケットをDropboxにまとめてスマホでも見られるようにし、必要に応じて印刷するくらいで特別なことはしていません。

旅は終わらない

アイマスの舞台探訪をきっかけに、旅の様子をまとめた同人誌を作るようになりました。そして今では、台湾、香港、マカオ、中国、インドネシア、シンガポール、タイ、ドイツなど海外のイベントでも同人誌を頒布する機会が増えています。初めて1人で台湾のイベントへ行ったときはまだ海外に不慣れな時期でしたが、現地のPから思わぬ歓迎を受けて涙が出そうになりました。


台湾支部のメンバーと集合写真。全員の寄せ書きが入った「シンデレラガールズ」の川島瑞樹のイラストをプレゼントされ、感激のあまり目頭が熱くなる Ⓒ窪岡俊之 ⒸBANDAI NAMCO Entertainment Inc.

アイマスは近年まで他言語への対応が進んでいなかったため、海外でも日本語のままプレイするしかありませんでした。しかし遊んでいるうちに日本語を覚えるPも多く、日本語で“アイマス外交”をすることができたのです。日本のコンテンツをこんなに好きになってくれる人たちのことは、本当に大切な友達で、宝物だと思っています。


2017年10月末に、ミリオンライブ!のサービス終了が発表されました。すでに「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」という音ゲーアプリが配信されているため、ゲームとしてはそちらへ移行していくことになるものの、一旦の区切りが訪れたということになります。

用語解説【13】「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」……バンダイナムコエンターテイメントからスマートフォン向けに配信されている音楽ゲームアプリ。2017年6月に配信開始

配信ゲームはディスクなどで形が残るものではないため、ゲームの“保存”が極めて難しいメディアです。もちろん、リリースされてから4年半を通してのPの体験、記憶、感動は消えることはありませんが、それらを後世へ伝えていくのは簡単ではありません。

私はゲームの背景イラストという一面に着目し、世界を駆け巡って現地を訪れ、アイドルたちがどんな場所でどんな活動をしてきたのかを想像しつつ、それらを紹介することで自分なりのP活動を行ってきました。ゲーム内イベントの舞台となった現地に行ってみたら「ねーよ!」というシチュエーションもたくさんありましたが、これからもアイドルたちとの思い出を書き残していきたいといつも考えています。

もちろんライブのチケットやグッズなどを買うことはありますが、ゲームについてはいわゆる無課金勢なので、パブリッシャーや開発会社に1円も入らないというクソみたいなPということになるかもしれません。ですが、ニコニコ動画、イラスト、同人、コスプレとファン活動が多様化する中、舞台探訪という“リアル課金活動”をすることで、コンテンツを側面から応援するというプレイスタイルがあってもいいのではないかと思っています。

アイマスをきっかけに世界を巡り、海外に友達までできた私にとっての「アイマスは人生」が、この記事で少しでも伝われば幸いです。

派生作品であるシンデレラガールズ、ミリオンライブ!、SideMはいずれも音ゲーのアプリが配信されるなど、アイマスはどんどん次のステージへと移りつつあります。今も新しい背景が続々と増え続けているので、私も引き続きそれらを追っていきたいと思います。

Go To Next Produce!

著者:かずぴー

かずぴー

ブログ&同人サークル「さざなみ壊変」を運営。「アイドルマスター」の舞台探訪や「艦隊これくしょん」の史跡探訪などで国内外を歴訪。30カ国くらい回ったところで新規訪問国が増えなくなってきたので、次は「Fate/Grand Order」の偉人探訪に手を出したいと思い始めている。

Twitter:@kazupi/ブログ:さざなみ壊変