ハードウェアウォレットでビットコインを安全管理!その保管方法と機能を紹介!

f:id:ukuka:20171109110744j:plain

 

ビットコインを保管するのに便利なウォレットですが、使用して保管や取引をするとなると、やはりセキュリティ面が気になるところ。仮想の通貨とは言え、立派な価値ある通貨であり、所有者の資産である以上はしっかり管理することが大切です。

 

 ウォレットと一口に言っても、様々な種類のウォレットが出ており、それぞれに特色があります。そんな中でも今回は大事な資産であるビットコインを安心して保管することができる、セキュリティの高いハードウェアウォレットをご紹介します。「自分で保管するからにはしっかりしたセキュリティ機能を備えたウォレットがいい!」という方におすすめです。

 

ハードウェアウォレットとはどのようにビットコインを保管するものなのか、なぜセキュリティ面で安全性が高いと言えるのか、そしてどのような種類があり、どういったものが人気なのか。そういったハードウェアウォレットに関する様々な疑問を一緒に解消していきましょう。

 

 

ハードウェアウォレットにはどうやってビットコインを保管するの?

f:id:ukuka:20171109110935j:plain

 

ハードウェアウォレットとは名前に「ハードウェア」とついているだけあり、ハードウェア自体がウォレットとなっています。簡単に言うと、ハードウェアウォレットはUSBのような形状のもので、PCなどに接続して使用します。

 

そのため、ハードウェアウォレットによるビットコインの保管をお考えであれば、まずハードウェアウォレットの端末自体を購入するところからスタートすることになります。インターネット上で簡単に購入することができるので、手間はかかりません。

 

購入したハードウェアをPCに接続し、初期設定をすることで、所有しているビットコインをそのウォレットで保管することができるようになります。そしてそのウォレットを通して取り引きを行うことができるのです。

 

 実際にハードウェアウォレットは持ち運びが可能ですので、お財布に近い感覚で所有することができますが、ハードウェアウォレットにビットコインを保管するといっても、実際にそのハードウェアの中にビットコインが入るというわけではないということを頭に入れておいてください。

 

ウォレットはお財布や口座のような役割を担っていますが、ハードウェアウォレットの場合、厳密にはお財布や口座を開ける鍵のような役割を担っているということになります。

 

それでは、実際のビットコインはどこにあるのか?それはブロックチェーンの中にあります。ビットコインでの取引記録は全てブロックチェーンで管理されているので、その中にあなたのビットコインの情報もあるということになります。そのブロックチェーンの中にある自分の資産であるビットコインの取り引きを行う場合に、アクセスするための鍵となるのがハードウェアウォレットです。

 

ハードウェアウォレットを秘密鍵という形で使用することで自身のビットコインにアクセスし、送金したり、売買したりできるのです。

 

ソフトウェアウォレットやモバイルウォレットの場合はその鍵がアプリやスマートフォン上に記録されてしまうため、そこがハッキングにあうと、あなたのビットコインが何者かに奪われてしまう可能性があります。取引所に置いておいても同じことで、そこがハッキングにあってしまうと、あなたの仮想通貨は盗難の危険にさらされることになります。

 

一方、ハードウェアウォレットを使用していれば、そのハードウェア自体を持っていないと自身のビットコインにアクセスできないということで、安全にビットコインを管理できるということになります。 

 

 

ハードウェアウォレットが故障したらどうなるの?

f:id:ukuka:20171109111153j:plain

 

ハードウェアウォレットでの保管は安全性が高いと言っても、自分のビットコインを管理するハードウェアウォレットが故障したら、と思うと心配ですよね。安全性の高さから、大きな額を入れておくのにもちょうどいいハードウェアウォレットだけに、そこは気になるところ。

 

そんな不安を解消できるように作られているのが、ハードウェアウォレットのよいところです。万が一持っているハードウェアウォレットが故障し、使用できなくなった場合でも、初期設定時に伝えられた数字を新しいハードウェアウォレットに入力すれば新しいハードウェアでリカバリーすることができちゃいます。

 

故障した場合には新たなハードウェアウォレットを購入する必要はありますが、しっかり初期設定時の暗号を記録しておけば、故障によるビットコイン喪失の心配なく、ハードウェアウォレットを利用することができます。

 

 

どうやって使うの?

f:id:ukuka:20171109111344j:plain

 

 

ハードウェアウォレットを入手したら、まずは初期設定を行います。その後、ブラウザのアプリを起動し、ハードウェアウォレットをPCに接続することで使用することができます。

 

使用するハードウェアウォレットによって、細かい操作などは異なりますが、基本的には簡単な操作で管理や取り引きを行うことができるような作りになっているので、初めての方でも基本的には問題なく操作することができます。

 

 

ハードウェアウォレットを選ぶ際のポイント!

f:id:ukuka:20171109111521j:plain

 

これまで見てきたように、ハッキングなどの心配が少なく、安全にビットコインの保管及び取り引きを行うことができるハードウェアウォレットですが、選ぶ際にはどのような点に着目して選ぶとよいのでしょうか。選ぶ際のポイントを確認していきましょう。

 

使いやすさ

仮想通貨の管理や取り引きを行うものですので、操作しやすいものが望ましいです。サイズ感やデザインを含め、自分にとって使いやすいものを探してみるといいでしょう。ボタン操作のものもあれば、タッチスクリーンのものもあるので、自分の好みのタイプが選べます。

 

また、実際に取り引きを行う際の送金の流れなど、あまり手間がかからないものを選ぶと取り引きがスムーズに進むのでいいですね。 

 

本体価格

ハードウェア自体を購入するとなるとその価格も選ぶ際にはしっかり判断材料としたいところです。デザインやスペックによって、価格に差があり、10,000円前後で購入できるものから、デザインや機能にこだわった30,000円前後のものまであります。

 

ビットコインの保管や取り引きを行うあくまで「お財布」であるということを考えて、自分の予算にあったものを選ぶといいですね。

 

取り扱い通貨の種類

今回はビットコインのウォレットとしてハードウェアウォレットを紹介していますが、他の仮想通貨にも興味があるのであれば、対応している仮想通貨が多いものの方がよいでしょう。今後の投資計画もしっかり頭に入れて選ぶと無駄な出費を抑えることができそうです。

 

 

有名なハードウェアウォレットを紹介!

f:id:ukuka:20171109111730j:plain

 

ハードウェアウォレットの有名どころとしてはLedger Nano SとTREZORがあります。詳しくはこの後の機能比較でみていきますが、ざっくりそれぞれについて説明しておきます。

 

Ledger Nano Sは10,000円前後で入手することができ、手軽に使い始めることができるので、これからビットコイン取引を始める方におすすめです。また、USBメモリのような小型のデザインのため、持ち運びに便利です。常に携帯したい方によさそうです。

 

TREZORはLedger Nano Sよりは無骨なデザインですが、シンプルで使いやすい作りになっています。本体価格も高くはないので、手が出しやすいでしょう。ビットコイン以外の仮想通貨にも対応しているので、今後他の仮想通貨への投資を考えているのであれば、こちらもよさそうです。また、新機種が販売される予定なので、さらに性能が高まることが期待されます。

 

 

人気ハードウェアウォレットの機能比較!

f:id:ukuka:20171109111950j:plain

 

ハードウェアウォレットを選ぶ際に一番気になるのはやはりその機能性ではないでしょうか。代表的なハードウェアウォレットの機能を比較し、どれがいいか検討してみましょう。

 

初期設定やハードウェアが故障した際の復元などについてはほとんどかかる手間や時間は変わらないようなので、それ以外の特色ある機能についてみていきます。

 

Ledger Nano S

対応通貨の種類が豊富

Ledger Nano Sは多くの仮想通貨に対応しているところが魅力と言えます。ビットコインの他にもイーサリアムやアルトコインなど、様々な仮想通貨を管理することができます。一つのデバイスから複数種の仮想通貨の取り引きや管理ができて非常に便利です。

 

シンプルな認証システム

GoogleやDrop Boxなどに連動できる仕組みとなっているので、認証システムがシンプルになっています。

 

利用できるアプリが豊富

対応アプリも種類が豊富で、自分の好きなアプリを使用することができます。自分自身でアプリを作って使用することもできるということなので、自分にあったものが使用できていいですね。

 

ディスプレーで取引内容を確認

ディスプレーに送金に関する内容が表示されるので、そこで確認し、ボタンで承認することで、簡単に取り引きを行うことができます。

 

 

www.ledgerwallet.com

 

 

 

TREZOR

※TRAZORに関しては近日発売予定の新モデルの機能も含めて記載しています。

 

今後も増える対応通貨

 現時点でTREZORが対応している通貨は8種類ですが、今後も増える見通しとのこと。今の段階ではLedger Nano Sより対応通貨は少ないですが、今後を見据えると大差はないかと思います。

 

充実のセキュリティ機能 

ボタン操作でログインできたり、USB接続をしての取り引きはしっかり認証を終えてから行えるようになるので、より高いセキュリティが期待できます。認証も2段階となっていて安心です。

 

また、パスワード管理アプリを使用することで安全にパスワードの管理も行うことができます。

 

新機種ではタッチスクリーン搭載

近日発売の新機種ではタッチスクリーンが搭載されています。従来のボタン操作よりもより簡単に操作ができるようになりそうです。

 

 

trezor.io

 

 

KeepKey

有名どころとしては紹介しませんでしたが、KeepKeyというハードウェアウォレットも人気があります。その機能も見てみましょう。

 

画面上で取引状況確認

スタイリッシュなデザインの大きなスクリーンはそのデザイン性だけでなく、しっかり機能性も兼ね備えています。そのスクリーン上で取引状況が確認できるようになっており、ボタンで承認を行う仕組みとなっています。この流れを踏んで取り引きを行うことで誤送金などを防ぐことができます。

 

個人の秘密鍵はしっかりデバイス上で保管

自身のビットコインにアクセスすることができる秘密鍵はしっかりKeepKey自体に保存されており、接続したPCなどの端末と秘密鍵をシェアすることがないようになっています。そのため、ビットコインなどの仮想通貨を安全に保管することができます。

 

ShapeShiftを使ってデバイス上で仮想通貨を簡単両替

仮想通貨の両替所であるShapeShiftを利用し、デバイス上で仮想通貨間の両替を行うことができます。例えば今持っているビットコインをイーサリアムに変えたいなどという場合にはKeepKey上で直接両替を行うことができるのです。

 

ShapeShiftの両替にかかる時間自体が非常に短いので、KeepKeyを使用することで安全かつスピーディに仮想通貨の両替を行うことができてとても便利です。

 

KeepKeyの対応通貨は今後も増えていく予定とのことなので、色々な仮想通貨での取引を検討している方には非常に便利な機能と言えますね。

 

ShapeShift | Cryptocurrency Exchange | Simple Coin Conversion

 

www.keepkey.com

 

 

セキュリティの高いハードウェアウォレットで安全なビットコイン管理を!

f:id:ukuka:20171109112312j:plain

 

このようにソフトウェア型やモバイル型のウォレットよりもセキュリティ面で信用できるハードウェアウォレット。大事な資産であるビットコインをはじめ、仮想通貨を安全に保管するのに大いに役立ってくれます。大きな額でのビットコイン投資を視野に入れているのであれば、ぜひ活用していただきたいウォレットです。

 

それぞれの機能や使いやすさに違いがあるので、自分の好みや取引内容に適したものを選ぶといいですね。ハードウェアウォレットを使って、より安全なビットコイン管理・取り引きをしていきましょう。

 

 

 

著者:Yuka

元証券会社の営業担当として得た知識を活かしてみなさんにわかりやすい金融情報を紹介します。

無題ドキュメント