オンラインウォレットでのビットコイン保管方法

f:id:hironohikari0913:20171105160529j:plain

注目の投資先として「ビットコイン」の存在が日に日に大きくなってきています。

 

ビットコインと聞くとリスクや信用性が低いなどと思われていますが投資以外にも通貨としての利便性が認められてきていて採用する企業や国が続々と増えてきています。

 

ビットコインの入手や保管、使用の方法は非常に簡単で投資初心者やビットコインを持ったことがない人でもすぐに始めることができます。

 

今回はビットコインの保管について「オンラインウォレットでのビットコインの保管方法」についてご説明させて頂きます。

 

 

目次

1.ビットコインとは

2.ウォレットとは?

3.オンラインウォレットとは

4.有名なオンラインウォレットとは

5.ウォレットを選ぶ際のポイント

6.オンラインウォレットが向いている人

 

1.ビットコインとは

 

f:id:hironohikari0913:20171105160547j:plain

ビットコインとは、仮想通貨の一種で通貨として品物やサービスの代金として支払うことや投資目的で売買することができます。

 

ビットコイン売買の取引高や時価総額は仮想通貨の中では第1位になります。2009年の運用開始以来、ビットコインの普及は留まることを知らず、価格も高騰し続けているのが現状です。

 

ビットコインには中央銀行や国といったような管理者が存在せず、あらかじめ定められたプログラムによって運用されていて、通貨の発行量上限が決まっています。

 

通常の通貨に比べて為替手数料や送金手数料、銀行などの金融機関を介さなくても個人で世界中の人々と通貨の交換ができることから世界的に需要が高まっています。

 

2.ウォレットとは?

 

ウォレットとは、ビットコインを保管するものです。ビットコインを保管するにはこの「ウォレット(財布)」を作る必要があります。

 

ウォレットではビットコインの送金や受取、購入や保有に必要なものなので必ず作成しなければなりません。

 

ウォレットのポイント

 

・ビットコインを保管する場所

・ビットコインを利用する場合には必ず作成しなければならない

・ビットコイン取引所や専用の業者などで作成することができる

 

ウォレットの種類

 

 

ウォレットはスマホなどのモバイルウォレットやデスクトップウォレット、オンラインウォレット、ペーパーウォレット、ハードウェアウォレットなど大きく5種類に分けることができます。

 

この中でも最も一般的なのがモバイルウォレットとオンラインウォレットになります。モバイルウォレットは専用のアプリをインストールするだけで簡単に作成することができます。

 

この5種類のウォレットにはそれぞれ特徴がありますので自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

 

ウォレット比較表

 

種類

メリット

デメリット

モバイルウォレット

・持ち運び可

・取引所のアプリをインストールするだけの簡単ウォレット

・ハッキングされる危険性が比較的高い

デスクトップウォレット

・秘密鍵を自分で管理できる

・他のウォレットよりもセキュリティは高い

・初期設定が難しい

・自分でセキュリティ対策や故障の際のバックアップを行わなければならない

オンラインウォレット

・インターネット環境があればどこでも取引ができる

・ビットコインの管理を任せることになるので信頼できる業者を選ぶ必要がある

ペーパーウォレット

・紙に秘密鍵を印刷するため非常にセキュリティが高い

・紙を紛失するとビットコインを復元することができなくなる

・紙を厳重に保管しなければならない

・利便性が低い

ハードウェアウォレット

・オフラインでの管理になるので安全性が高い

・端末を持ち運ぶとどこでも取引ができる

・設定ミスや故障などで復元できない可能性がある

 

ウォレットの種類のポイント

 

・ウォレットには大きく5つの種類がある

・長期で高額なビットコインを保有する場合はペーパーウォレットもしくはハードウェアウォレットなどオフラインで保管するウォレットがお勧め

・少額のビットコインを保有する場合はオンラインウォレットが便利

 

アドレスとは?

 

預金口座や証券口座と同じようなイメージで、そのビットコインウォレットの口座番号のことをアドレスと言い、1または3から始まる27~34桁の英数字で構成されます。

 

このアドレスはメールアドレスのようなもので、匿名性が高いのが特徴です。

 

ウォレットは原則1人1口座とされていますがアドレスに関しては複数の保有も可能です。例えて言うと、1つのウォレットにいくつものアドレスがある状態になります。

 

このアドレスはセキュリティの面からビットコインの取引ごとに作り替えることを推奨されています。ウォレットはパソコンのデスクトップやスマートフォンもしくはオンライン上で作ることができます。

 

それぞれのウォレットにはメリット・デメリットがあります。自分に合ったウォレットを選ぶと良いでしょう。

 

3.オンラインウォレットとは

 

f:id:hironohikari0913:20171105160648j:plain

オンラインウォレットとはインターネット上にウォレットのことです。ウェブ上でビットコインの管理を行います。

 

オンラインウォレットの反対がコールドウォレットと呼ばれるもので端末を購入するとインターネットに接続せずにビットコインを管理することができます。

 

オンラインウォレットはウェブウォレットとも呼ばれていて、インターネット環境があればどのパソコンからでも利用することができます。

 

自分の通貨をオンライン上で保管することになるためハッキングによる盗難などセキュリティー面では心配な面がある反面、初期設定が簡単なため初心者でも手軽に作れることから人気があります。少額の仮想通貨を保管するにはおすすめです。

 

オンラインウォレットは、自分のパソコンやスマートフォンなどに専用のアプリをダウンロードし、必要事項を記入すると簡単に始めることができます。

 

オンラインウォレットはウォレット提供サービスをしている会社や取引所などで作成することができます。

 

オンラインウォレットのポイント

 

・初期設定が簡単で気軽に始めることができる

・ハッキングによるビットコインの盗難に注意をする

・インターネット環境があればどのパソコンからでもアクセスできる

・ビットコインの保管以外に決済やトレードなどのサービスをうけることができる

・信用できる業者を選ぶことが大切

 

オンラインウォレットを利用する際の注意点

 

・パスワードを複雑なものにする

・ハッキングされるリスクも考慮し、多額のビットコインは保管しない

・プライベートキーを業者に預けるため、怪しい業者は利用しない

・バックアップを必ずとる

 

 

4.有名なオンラインウォレットとは

 

f:id:hironohikari0913:20171105160714j:plain

オンラインウォレットサービスを提供している有名な業者について見ていきましょう。オンラインウォレットには専用の業者で作成することができるものや取引所で作成するものがあります。

 

オンラインウォレットサービスを提供している業者

 

①BLOCKCHAIN

②Coinbase

③BitGo

④GreenAddress

 

以上がオンラインウォレットサービスを提供している有名な業者になります。①から順番に詳しく見ていきましょう。

 

①Blockchain.info

 

日本語に対応している海外業者で信頼性も高く、世界的に有名なオンラインウォレットサービスを提供しています。

 

取引所ではなく、あくまでもビットコインを安全に保管することを専門にしているため取引所などの業者よりも信頼度は高いと言えるでしょう。

 

ビットコインの他にはイーサリアムの購入なども簡単に行え、Blockchain専用のサーバーでバックアップを行うため、ウォレットのキーは自分で保管することができるため人気が高いようです。

 

②Coinbase

 

人気のオンラインウォレット業者で、取引所も運営しています。ビットコインの売買や決済も可能なため非常に利便性が高く人気があるウォレットですが、米国の金融機関の口座が必要なため日本では利用することは非常に難しいでしょう。

 

③BitGo

 

セキュリティの面で非常に優秀なオンラインウォレットを提供しています。ビットコインの利用の際には2重の署名が必要になるためハッキングなどの盗難のリスクがほとんどないと言えるでしょう。

 

④GreenAddress

 

グリーンアドレスは多重証明のウォレットになるため安全性が高いのが特徴になります。送金手数料が自分で選べたり、SegWitに対応しているなどユーザー側に立っている業者であるといえます。

 

以上が世界中で利用者が増えてきている有名なオンラインウォレットになります。この中でも一番おすすめなのがBlockchainになります。このBlockchainはルクセンブルクに本社がある会社で、世界120カ国に無料でウォレットを提供しています。

 

画面も見やすく、操作も簡単でビットコインのウォレットでは最も人気があります。続いてオンラインウォレットの作り方についてBlockchainを例に見ていきましょう。

 

オンラインウォレットの作成の手順

 

 

①Blockchain.infoにアクセスします。

②右上部「GET A FREE WALLET」をクリック

③e-mailアドレスとパスワードを入力し、利用規約に同意するをチェックしたら続行をクリックする

④画面が変わったら「始める」をクリック

⑤ビットコインの受信を開始をクリックする

⑥ウォレットのアドレスが確認して完了

 

他の業者もほぼ同じ様な手順で作成することができます。アドレスやパスワードの設定では出来るだけ長くて複雑なものにするとより安全性が高まります。

 

オンラインウォレット業者の機能比較

 

 

Blockchain

Coinbase

BitGo

Greenadrres

日本語

不可

不可

不可

特徴

・世界最古№1のウェブウォレット業者

・取引所としても利用できる

・Blockchainに並ぶ人気を誇る

・マルチシグ対応

・マルチシグ対応

安全性

高 

2段階認証システム

*マルチシグとは1つのアドレスにつき複数もの秘密鍵が使えるサービスで、複数署名や多重署名などとも呼ばれています。

 

これによってセキュリティが通常のアドレスよりも高くなります。このマルチシグは徐々に人気が出てきているため、これからオンラインウォレットを作成する場合重要なポイントになるでしょう。

 

オンラインウォレット業者のポイント

 

・オンラインウォレット専用業者にはそれぞれ特徴がある

・専用のサーバーを持っている業者を選ぶと鍵を自分で保管することができる

・取引所でもオンラインウォレットを作ることができるが鍵を預けることになる

・セキュリティにどれだけ力を入れているかをHPなどで確認する

・日本人にはBlockchainの人気が高い

 

5.ウォレットを選ぶ際のポイント

 

f:id:hironohikari0913:20171105160747j:plain

どのウォレットを選ぶのかのポイントはいくつかありますが、特にオンラインウォレットはオンライン上にビットコインを保有することになります。

 

選ぶ業者のウォレットがどれだけセキュリティ対策がとれるかが業者を選ぶポイントになります。

                                                                                                                        

セキュリティの高さ

 

2段階認証が設定できるかも選ぶ際のポイントになります。2段階認証とは通常のパスワードと使い捨てのアカウントキーが発行されるもので、セキュリティが格段に高くなります。

 

スタッフの対応の良さ

 

メールや電話でのレスポンスの早さやサポート体制、海外業者なら日本語サービスがあるのかなどスタッフの対応も重要になってきます。

 

万が一の補償

 

ビットフライヤーやコインチェックなど大手の取引所ではビットコインが不正にハッキングされた際の補償制度を導入しています。

 

今後は取引業者やウォレット業者などにもこのような補償制度が広がっていくと思われるため、ウォレットを作成する場合はその業者に補償制度があるのかを確認しておくこともポイントになります。

 

過去にシステムダウンなどを起こしていないか

 

オンラインウォレットでは一時的にウォレットに接続できなくなる場合があるため、ネットンなどの口コミで業者がシステムダウンを起こしたことがあるのかを確認しておくと良いでしょう。

 

利便性の高さ

 

具体的には、円から直接ビットコインに両替ができるか、決済サービスの充実具合、多重署名があるのかどうかなどになります。その他にはクレジットカードと連携しているかどうかなどもあります。

 

ビットコインが使えるお店が直ぐに検索できるサービスなども非常に便利です。

 

オンラインウォレット以外にウォレットがあるか

 

オンラインウォレット以外にモバイルウォレットやデスクトップウォレット、ペーパーウォレットなど他の種類のウォレットにも対応しているかも確認しておくと良いでしょう。

 

ウォレットを選ぶポイント

 

・過去の実績があり、信頼性の高い業者を選ぶ

・万が一の際の補償があるかどうか

・サポート体制

・利便性の高さ

・セキュリティの高さ

 

6.オンラインウォレットが向いている人

 

オンラインウォレットが向いている人の特徴をあげてみました。

 

・少額のビットコインの出し入れに使う

・外出先でもビットコインの取引を行いたい人

・買い物や店舗などの支払いにビットコインを利用する人

・複数のタイプのウォレットを保有したい人

 

以上に当てはまる人はオンラインウォレットに向いていると言えるでしょう。

 

いかがでしたか。この記事が皆様の一助になれば幸いです。

 

 

           

 

著者:hironohikari

前職では大手証券会社のコンサルティング業務に携わり、現在は金融ライター兼トレーダーとして活動しています。皆様のお役に立てる情報を発信していきたいと思います。

無題ドキュメント