モバイルウォレットでのビットコイン保管方法とおすすめモバイルウォレットを紹介!

f:id:ukuka:20171027153152j:plain

 

ビットコインにとってお財布や銀行口座の役割を果たしてくれるウォレット。自分でビットコインを安全に管理したいのであれば、取引所に預けておくのではなく、自身のウォレットに保管しておくのがおすすめです。

 

ウォレットを使うことで、送金などの取引も簡単にできてしまいます。そんな便利なウォレットの中でもスマホ社会の現代においてとても便利なのがモバイルウォレットです。

 

モバイルウォレットとはどのようなものなのか、その中でもどのようなものがあるのか、それぞれの機能に違いはあるのか。そういった様々なモバイルウォレットに関する気になるあれこれやおすすめのモバイルウォレットをご紹介します。

 

 

モバイルウォレットってどういうもの?

f:id:ukuka:20171027153425j:plain

 

ビットコインのお財布や銀行口座のような役割を担ってくれるウォレットのモバイル版とはいったいそれはどのようなものなのか。それは「モバイル」という名前のとおり、スマートフォンやタブレットなど、持ち運びのできるいわゆるモバイル端末で使用できるウォレットです。

 

スマートフォンにアプリとしてインストールしてしまえば、どこにいてもビットコインによる取引ができるという便利なものです。送金などの取引だけでなく、ビットコインが使用できるお店にそのアプリを入れているモバイル端末を持っていくことで、ビットコインでの支払いが可能にもなります。

 

PC専用のソフトウェアウォレットだとPCを持っていないと使用できませんが、モバイルウォレットをスマートフォンにインストールしておけば、いつでもどこでもスマートフォンからビットコインの管理ができるので、かなり便利なシステムと言えます。

 

 

モバイルウォレットにビットコインを保管する方法は?

f:id:ukuka:20171027153553j:plain

 

モバイルウォレットはスマートフォンなどにインストールを行い、そのままお財布や口座のような感覚で使用することができます。取引所と連携したウォレットであれば、取引所で購入したビットコインをモバイルウォレット内で管理したり、そのビットコインを使用して決済を行うことができます。

 

また、モバイルウォレットのアプリ上でビットコインの売買ができるので、アプリ上で購入したビットコインを保管しておくことが可能です。

 

 

モバイルウォレットのメリット&デメリット

f:id:ukuka:20171027153827j:plain

 

どこにいてもビットコインの管理や取引ができるモバイルウォレットは非常に便利です。その利便性から、「メリットがいろいろとありそうだけれど、その分デメリットもあるのでは…」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

使用を始める前にどのようなメリットがあるのか、また逆に、注意すべきデメリットはどういったものかしっかり確認しておきましょう。

 

 

モバイルウォレットのメリット

 

どこでも使えて便利! 

モバイルウォレットのメリットとして挙げられるのは、やはりその利便性でしょう。多くの人がスマートフォンを常に持ち歩いている近年に至っては、そのスマートフォンにモバイルウォレットのアプリを入れておくだけで、どこにいても取引を行うことができてしまうのです。

 

仮想通貨自体、わざわざ銀行に行かなくても取引ができたり、通常の通貨よりも取引スピードが速かったり、取引にかかる手間や時間が短いというメリットがあります。そういったビットコインのメリットがモバイルウォレットを使用することにより、いつでもどこでもその管理や取引ができるため、その利便性はさらにぐっと高まるのです。

 

 

お店での支払いにも使える!

最近ではビットコイン決済ができるお店も増えてきています。ビックカメラ、メガネスーパーなどがその一例です。その他にもレストラン、食料品店、美容院など様々な業種の店舗がビットコイン決済の導入を開始しており、そういったお店での決済を行う際にモバイルウォレットがあると便利です。

 

支払方法はとっても簡単。お店で商品を購入、もしくはサービスを使用した際に、お店側が提示するバーコードなどを自身のウォレットアプリで読み込むことで支払いが完了します。日本の店舗での支払いであれば、ビットコインが日本円に換算されるという形になります。

 

ビットコインは世界共通の通貨なので、海外に行った際に同じシステムを導入しているお店であれば、日本国内での支払いと同じように、ビットコインで支払いを行うことができます。つまり、ビットコインを使用することで、事前に訪れる国の通貨に両替を行っていく必要がないのです。自動で使用した国の通貨に換算されて支払いができるので、海外旅行や出張の際にも便利だと言えます。

 

 

モバイルウォレットのデメリット

 

セキュリティリスク

モバイルウォレットは持ちあるける端末に入れておくことができるので、どこでも使用ができて便利な反面、やはりセキュリティへの不安があります。

 

万が一、スマートフォンが盗難にあってしまったり、どこかで紛失してしまった場合に、第三者に使用されないとも限りません。また、モバイルウォレットはインターネットを介して使用するため、ハッキング等の被害に合う可能性もあります。

 

オフライン状態にしておけばその間はハッキングの心配はありませんので、使用しない場合にはウォレットをインターネットに接続しない設定にしておくなどの対応を心がけましょう。オフラインでの取引が可能なものもあるので、そういったウォレットを利用するとより安心して利用できます。

 

スマートフォンにセキュリティソフトを入れていない人も多いので、使用する際にはしっかりセキュリティ対策をすることをおすすめします。

 

 

スマートフォンの故障リスク

これはどの端末を使用する場合にも言えることですが、モバイルウォレットを入れているスマートフォンなどの端末が故障した際にデータが消えてしまう可能性があるというデメリットがあります。毎日持ち歩くものであるため、落として壊してしまうことがないように気を付けることも大切ですが、万が一の故障に備えてしっかりバックアップを取っておくことが大切です。

 

 

有名なモバイルウォレットは?

f:id:ukuka:20171027154131j:plain

 

モバイルウォレットもいろいろなものが出ており、有名どころとしてはBread WalletやBlockchainが挙げられます。

 

Bread Walletは国内最大手のビットコイン取引所であるbitFlyerが出資しているアプリです。使用する際にメールアドレスの登録も不要のため、匿名性の高い取引が可能です。世界中で使用されており、日本ではやはりbitFlyerが出資しているということで、知名度が上がったとようです。bitFlyerが出資しているという安心感から使用している人も多いようです。

 

Blockchainも世界中で使用されているアプリで、現時点で22言語、25通貨に対応しています。シンプルで使い易いつくりになっているので、初心者でも簡単に使うことができます。

 

 

モバイルウォレットを選ぶ際のポイント!

f:id:ukuka:20171027154516j:plain

 

モバイルウォレットのメリットとデメリットを見てきましたが、メリットを大いに活かしながら、デメリットへの対策がしっかりできるウォレットを選ぶことが大切です。以下のポイントを押さえて、モバイルウォレット選びをしてみましょう。

 

セキュリティ機能の高さ

デメリットで説明したとおり、モバイルウォレットはインターネットを介して管理や取引を行うものであるため、ハッキングにあう危険性があります。通貨を扱うものですので、しっかりハッキング対策機能があるウォレットを選ぶといいでしょう。オフラインで取引ができるものもあるので、そういったものがおすすめです。

 

また、盗難にあった場合や紛失した際に第三者に不正に利用されないようなセキュリティ機能がついているウォレットを選ぶことも大切です。2段階認証など、日々持ち歩く端末に入れておく以上、何者かによる不正利用を防止する機能がついているものを選びましょう。

 

決済機能の高さ

お財布や口座のような感覚で使用するものなので、モバイルウォレットは決済に使用する際の機能性が高いものを選ぶといいでしょう。取引所と連携しているものであれば、取引所で購入したビットコインをすぐにアプリでの決済に使用できるなどの利点もあります。

 

 アプリ自体の使いやすさ

アプリとしてスマートフォンに入れて使用するからにはやはり、ページの見易さや使い易さはウォレット選びの重要なポイントとなります。たとえ機能が素晴らしくても、アプリのページのどこに何があるのかわかりにくかったり、どの動作をどこから行えばいいのかわからないようであれば、取引が億劫になってしまいます。

 

アプリのページが見易いか、その作りが使い易いのかを考慮して選ぶといいでしょう。

 

 

人気のモバイルウォレットの機能比較

f:id:ukuka:20171027154822j:plain

 

選ぶ際のポイントをしっかり踏まえて、使用するモバイルウォレットを選んでいきましょう。モバイルウォレットの場合、機能的には似通っているものも多いので、その中でもどのような特色があるのか見ていきます。

 

Bread Wallet

取引所bitFlyerが出資しているということもあり、代表的なモバイルウォレットの一つです。最初のセットアップも非常に簡単で、メールアドレス等の登録なしで、すぐに使い始めることができます。

 

こちらのウォレットはセキュリティの高さが魅力です。直接ビットコインのネットワークに接続できるため、アプリケーション管理会社を経由せずに自身のビットコインを管理することができるのです。そのため、自分のビットコインの取引内容などを管理会社に知られる心配はありません。

 

また、秘密鍵を使用して管理を行うことで、スマートフォンを紛失した場合でもその安全性が守られるような仕組みになっています。紛失や盗難だけでなく、万が一スマートフォンが故障した場合にも、秘密鍵を使用することで別端末からウォレットを簡単に復元することが可能です。

 

Bread Walletはセキュリティに強いウォレットとして、非常に魅力的だと言えます。

 

breadwallet - bread

 

 

Blockchain

モバイルウォレットの有名どころとしてもう一つ紹介したBlockchain。こちらは利用者数が非常に多く、2015年には400万ウォレットが発行され、2016年には取引高が1億を超えています。

 

Blockchain.info - Wikipedia

 

それほど多くの利用者と取引量を誇るウォレットだけあり、使い勝手がいいようです。ページがシンプルで見やすいため、管理がしやすいのがその理由。

 

セキュリティ面に関してはこちらもいろいろな機能を備えています。こちらの場合はビットコインの保管はインターネット上で行う形になるので、管理会社がハッキングされるとそこで管理されてるビットコインは盗難にあう可能性があります。しかし、2段階認証で不正な利用を防ぐことができたり、バックアップ用のフレーズが発行されるため、端末を無くした場合などには、それを使用してデータを他の端末に復元することができるようにもなっています。

 

世界的にトレーディングサービスを提供するShapeShiftと提携しているため、ビットコインをイーサリアムに変換することもできます。両方の仮想通貨を所有している場合はどちらも一つのアプリで管理できるので、それも便利な点と言えるでしょう。

 

Bitcoin Wallet - Blockchain

 

 

Copay

ソフトウェアウォレットとしてもおすすめしたCopayですが、モバイルウォレットとしてもおすすめです。PCとスマートフォンの両方にダウンロードしておけば、両端末からビットコインの取引や管理を行うことができます。

 

同一アプリで複数のウォレットを作成することが可能なため、個人用や仕事用などと用途に合わせて、別々のウォレットで管理を行うことができて便利です。ウォレットの画面切り替えも簡単にできるので、複数のウォレット管理も楽にできます。

 

Copayの場合はインターネット上にはデータを保管しないので、高いセキュリティが望めます。暗号通信によるペイメント認証機能も付いているので、送信ミスを防ぐこともでき、2段階認証により、第三者による不正な利用を防止することもできます。

 

こちらもバックアップ・フレーズが発行されるので、万が一端末がなくなったり、故障した場合にも復元が可能となっています。

 

Copay – 安全な共有ビットコインウォレット

 

 

モバイルウォレットでいつでもどこでも手軽にビットコイン!

f:id:ukuka:20171027155324j:plain

 

持ち運べる端末に入れておくことができるモバイルウォレットがあれば、いつでもどこでもビットコインの取引や管理ができて非常に便利です。スマートフォンであれば常日頃から携帯しているものなので、そこから取引ができるとなるとますます仮想通貨を利用するメリットがアップしますね。

 

どのモバイルウォレットもセキュリティ対策機能をしっかり搭載しているので、安心して使用ができますが、やはり資産を保管しているものであるという意識は忘れずにいることが大切です。あまり大きな金額は入れないようにしたり、しっかり自分でできるセキュリティ管理も行うことで、より安全で手軽なビットコインの取引や管理をしていきましょう。

無題ドキュメント