【必見】仮想通貨の種類・税金などの基礎知識

f:id:hironohikari0913:20171013153813j:plain

仮想通貨はコストや利便性の面で非常に優秀なため、世界各国の投資家がビットコインを始めとする「仮想通貨」へ続々と参入し始めています。

 

仮想通貨が使える店舗は年々増加しており、その勢いは留まるところを知りません。

 

自分には関係のない話だと思っている人も多いかもしれませんが、近い将来には仮想通貨が通常の通貨と同様に使われる時代が来ると予測されます。

 

しかし、仮想通貨についてはまだまだ知られていないことが多いのが現状です。

 

そこで、今回は「【必見】仮想通貨の種類・税金などの基礎知識」について説明していきます。

これから仮想通貨投資を始める方は必見です。

 

目次

 

1.仮想通貨とは

f:id:hironohikari0913:20171013153831j:plain

仮想通貨とは、ウェブ上で利用できる通貨になり、「暗号通貨」とも呼ばれています。

日本では仮想通貨と呼ばれることが多く、2009年に誕生したデジタル通貨としても注目を浴びています。

 

仮想通貨と通貨の仕組みには大きな2つの違いがあります。

仮想通貨には、日銀など通貨の発行を行う中央銀行が存在しません。

また、通常の通貨には発行量の上限が設けられていませんが、仮想通貨には発行上限があります。

つまり、仮想通貨には「インフレ」の心配がないと言うことになります。

 

仮想通貨の魅力

仮想通貨の魅力は、何といっても利便性や低コストになります。

世界共通の通貨として利用できるため、世界中の人と個人間でリアルタイムで送金や受取ができます。

 

為替手数料がないうえに送金時間も短く、手数料は通常の通貨よりも格段に安く済むため、非常に便利です。

 

2.仮想通貨の種類

f:id:hironohikari0913:20171013153849j:plain

ビットコインを始めとする仮想通貨は、現在600~700種類も存在していると言われています。

流通量や取引高が一番大きいのは、やはりビットコインになります。

ビットコインは仮想通貨のNO.1コインと言えるでしょう。

 

ビットコインの後から登場した仮想通貨は、ビットコインの問題点や欠点を克服した通貨で、「アルトコイン」と呼ばれています。

 

ビットコインを始めとする人気の仮想通貨の種類を以下に挙げてみました。

  • ①Bitcoin(ビットコイン)
  • ②Ripple(リップル)
  • ③Ethereum(イーサリアム)
  • ④Monero(モネロ)
  • ⑤Lisk(リスク)
  • ⑥Augur(オーガー)
  • ⑦XEM(ネム)

 

以上の7種類が、仮想通貨ランキング上位にある人気通貨になります。

 

仮想通貨一覧表

通貨名

単位

価格

上限

時価総額

ビットコイン

BTC

50~53万円

21,000,000BTC

1位

リップル

XRP

24~26円

100,000,000,000XRP

3位

イーサリアム

EHT

3,000~3,200円

なし

2位

モネロ

XMR

9800~10,000円

18,400,000XMR

10位

リスク

LSK

590~600円

なし

15位

オーガー

REP

2,000~2,100円

11,000,000REP

28位

ネム

NEM

23~24円

 

7位

やはり不動の1位はビットコインになります。

ビットコインは2009年にナカモトサトシという人物によって作られ、ブロックチェーンと言われる技術を使った仮想通貨になります。

 

ビットコインの高騰ぶりはすさまじく、年初来には10万円前後であった価格が現在では50万円を超えています。

 

ビットコインに続くイーサリアムも急速に普及し始めています。

イーサリアムの特徴は、米ドルや円などと交換できることや、売買の記録が全て分散管理されます。

 

そのため、通貨としての信頼性が高く、大企業から採用されていることから人気が出てきています。

 

第3位のリップルは、リップル社が開発する決済や送金システムのことです。

 

ビットコインでは決済に平均10分ほどかかっていたものが、リップルだとわずか数秒で行うことができます。

東京三菱UFJ銀行やバンクオブアメリカを始めとする海外のメガバンクもリップルを採用し始めています。

 

ネムは新しいブロックチェーンの技術を導入したことで注目を浴びています。

時価総額は14億ドルほどで企業間取引(BtoB)のために開発された通貨になります。

 

10位のモネロは匿名送金が可能な仮想通貨で、ビットコインとはソースコードが別になります。

 

エスぺランド語で「コイン」などの意味があります。

マネーロンダリングなどに利用される恐れがあるため、普及に懸念する声も一部あります。

 

リスクは今後需要が伸びると予測される通貨になります。

イーサリアムと同じように使うことができ、JAVAスクリプトで開発することができるため、一般的に開発されることが期待されます。

 

オーガーは投機目的の人におすすめできる通貨になります。

未来の予測が当たれば、リターンが大きいのが特徴です。

分散型のオンライン賭け市場のプラットフォームになります。

 

このように、ビットコインを始めとする仮想通貨にはそれぞれ特徴が異なります。

 

3.ビットコインを入手する方法

f:id:hironohikari0913:20171013153907j:plain

まずは、ビットコインを手に入れるための方法を見ていきましょう。

ビットコインを手に入れる方法は「①採掘(マイニング)、②取引所購入、③キャンペーン」などでもらうなど3つの方法があります。

 

①採掘(マイニング)

ビットコインが始まった当初は、ほとんどの人が採掘を行っていました。

この採掘はビットコインの要であるブロックチェーンの運営に参加することで、その報酬としてビットコインを無料でもらえるというものでした。

 

この運営とは、日々おこなわれるビットコインの取引が不正ではないかを判断する作業のことです。

以前は個人でも採掘によってビットコインを得ることができましたが、近年は会社単位で行われるため、個人の採掘はほとんど不可能になっています。

 

②取引所購入

「取引所」と呼ばれるビットコインの販売や売買を仲介する業者から購入することです。

日本国内でも取引所は存在しているため、現在ビットコインを得る方法としては最もポピュラーになっています。

円と交換して購入することができます。

 

③キャンペーン

無料キャンペーンやポイント交換の際にビットコインをもらえることがあります。

大手のポイントサイト等をチェックしておくと良いでしょう。

ビットコインを始めてみようと検討している人は、このようなサイトを利用してみてはいかがでしょう。

 

このように、ビットコインは3つの方法を利用して簡単に手に入ることができます。

 

4.初心者にはビットコインがおすすめ

700~800程存在している仮想通貨の中でも、投資初心者にはビットコインがおすすめになります。

ビットコインがおすすめの理由は、仮想通貨の中でも断トツの取引高と純資産総額を誇ることと、現在はまさにビットコインバブルのため初心者でも利益を得やすいからです。

 

ビットコインは売買による投資差益も魅力的ですが、通貨としての利便性も抜群です。

実店舗で使える店も国内だけで4000店舗以上あり、今後も利用可能店舗が急増すると予測されるからです。

 

そして、何よりもインフレに強い資産として分散投資の一環でビットコインを保有しておくことができるからです。

 

5.ビットコインのリスク

f:id:hironohikari0913:20171013153925j:plain

ビットコインのリスクについてご説明させて頂きます。

ビットコインには大きく分けて4つのリスクがあります。

  • ①価格変動リスク
  • ②管理リスク
  • ③取引所のリスク
  • ④信用リスク

 

①に関して、これはビットコインに限らず全ての仮想通貨にも当てはまります。

ビットコインの1日の価格変動はかなり大きいと言われていて、1日の間に数%ほど動く場合があります。

 

これは他の円や米ドルなどの為替レートと比べて変動率がかなり大きいことになります。

中央政府が存在せず、まだまだ不安定な要素があるためです。

 

続いて、②の「管理についてのリスク」が挙げられます。

これもビットコインを始めとする仮想通貨全体に言えることですが、ハッキングなどによって盗難されるリスクがあるということです。

 

特に自分の仮想通貨を自分のウォレットに移した場合、ハッキングされる確率が上がります。

知らない間に自分のコインがなくなっている可能性もあるということです。

 

さらに、ウォレットのパスワードは1度忘れてしまうと再発行はできないので、自己管理を徹底しなければなりません。

 

③の「取引所のリスク」とは、以前世間を騒がせた「マウントゴックス事件」と同様のリスクになります。

ハッキングによって通貨の情報が流出し、顧客の通貨が紛失してしまうというリスクです。

 

最後は④の「ビットコイン自体の信用リスク」になります。

ビットコイン自体が使えなくなったり、信用されなくなったりするリスクがあります。

この場合、ビットコインの価値が著しく下がったりすることもあるので、莫大な損失を被ることもあります。

 

このように、仮想通貨の運用にはリスクが伴うことを覚えておきましょう。

 

6.仮想通貨の税金

税制上、ビットコインは通貨とは認められていないため、物として扱われていました。

しかし、平成29年4月1日から支払の手段としてみなされることになりました。

 

ビットコインで得た利益は所得税の課税対象になります。

原則として雑所得に区分されるので他の金融商品との所得と合算することができず、累進税率が適用されています。

 

総合課税の雑所得もしくは譲渡所得になるため、確定申告が必要になります。

税率は累進税率を採用になります。

 

課税される所得金額

税率

控除額

195万円以下

5%

0円

195万円超え330万円以下

10%

97,500円

330万円超え695万円以下

20%

427,500円

695万円超え900万円以下

23%

636,000円

900万円超え1,800万円以下

33%

1,536,000円

1,800万円超え4,000万円以下

40%

2,796,000円

4,000万円超

45%

4,796,000円

 

それでは、具体的な計算方法を見ていきましょう。

ビットコインは雑所得になるので、まずは課税金額を求めます。

 

「収入-必要経費=利益」になります。

ここで利益を数字化したら、次は合算できる所得があるかを調べます。

 

ビットコインと合算できる所得は、「①利子所得、②配当所得、③事業所得、④不動産所得、⑤給与所得、⑥譲渡所得、⑦一時所得、⑧雑所得」になります。

つまり、会社員なら利益と給与を合わせて計算されることになります。

 

税率は上の表に当てはめて計算します。

例えば、年収500万円の会社員が年間のビットコイン投資で300万円の利益を稼いだ場合、800万円の収入になるので税率は23%になります。

したがって、120万4000円(=800万円×23%-63万6000円)の税金を納めることになると言うわけです。

 

4000万円超を稼いだ人は45%の税率になるので、利益のほぼ半分を税金として支払わなければなりません。

株やFX,投資信託などの利益が税率20.315%だとすると、稼げば稼ぐほど仮想通貨投資は税金を支払うことになります。

 

※注意点

実際の申告の際にはトレードする方法(デイトレードもしくはスイングトレード)などの違いによって所得区分が変わることがあります。頻繁に売買をする人の場合、事業所得とみなされるケースがあります。

 

税務署の担当職員や税理士によって見解が異なることが多いので、あらかじめ税理士などに相談しておくと良いでしょう。

2017年7月1日以降、仮想通貨の取引についての消費税は非課税になっています。

 

いかがでしたか。

この記事が皆様の一助になれば幸いです。

著者:hironohikari

前職では大手証券会社のコンサルティング業務に携わり、現在は金融ライター兼トレーダーとして活動しています。皆様のお役に立てる情報を発信していきたいと思います。

無題ドキュメント