ソフトウェアウォレットでのビットコイン保管方法とおすすめのウォレットを紹介!

f:id:ukuka:20171024094443j:plain

ビットコインを始める時に気になるのが保管方法ではないでしょうか?実在する通貨であれば現金として手元に保管することもできますが、ビットコインは実態の無いいわゆる仮想の通貨なので、ビットコインという通貨として手に取り、金庫やお財布に入れておくことはできません。

 

通常の通貨の保管先としては銀行もありますが、それと同様に、ビットコインも銀行のようなところに預けておくことができるのか…。ビットコインに馴染みがなければ、保管をどのように行っていけばいいのかピンときませんよね。

 

そのように、ビットコインの保管という意味でとても重要になるのがウォレットです。日本語にすると「財布」という意味ですが、ウォレットとは一体どのようなものなのか。どのような仕組みでビットコインの保管ができるのか。そして、どのようなタイプがあり、違いはあるのか。

 

仮想通貨の取引で使えるウォレットについてこれから一緒に学んでいきましょう。

 

 

ビットコインの保管に使えるウォレットとは?

f:id:ukuka:20171024094608j:plain

 

まずビットコインを始める際に知っておくべき「ウォレット」が一体どのようなものなのか見ていきましょう。

 

ウォレットを日本語にすると「財布」ですが、ビットコイン・ユーザーにとってまさに財布のような役割を担ってくれるのがウォレットです。

 

通常の通貨は自分のお財布の中だけでなく、銀行に口座を作ってそこに保管することができます。ウォレットは仮想通貨にとって、財布だけでなく、銀行口座のような役割も持っています。ビットコインを入れておくことで、保管したり、そこから送金などの取引を行うことができるのがウォレットなのです。

 

 

ウォレットを使用するメリットは安全な資産管理

ビットコインの取引を行う上で、ウォレットを持たず、取引所に自身のビットコインを置いておくということはできます。ただしその方法だと、もし取引所がハッキングの被害にあったり、ビットコインが窃盗にあった場合には、あなたのビットコインは失われてしまう可能性があります。

 

ビットコインの取引はブロックチェーンという台帳に記録され、不正がないように管理されていますが、取引所がハッキングやサイバーアタックの被害にあえば、あなたが取引所に置いているビットコインが奪われてしまうかもしれないのです。

 

そのような危険を回避するためにも、自分のウォレットを持ち、そこに自身のビットコインを保管しておく方が安心です。自分の資産を守るためにもウォレットは活躍してくれるのです。

 

また、それだけでなく、ビットコインの分裂が起こる場合にも自分のウォレットでビットコインを保管しておくことが賢明と言えます。というのは、もし分裂した際に取引所にビットコインを預けてあると、その取引所が採用した方法での取引や管理で処理を行わなければならなくなってしまうからです。

 

つまり、分裂して2種類の仮想通貨となってしまった場合に、自分にどちらの通貨を取るかといった選択ができなくなってしまいます。自身で分裂後にどちらを取るか決めたいのであれば、自身のウォレットでビットコインを保管しておくことをおすすめします。そのためにもやはり、ウォレットを持つことは有用だと言えるのです。

 

 

ウォレットの種類は?

PCで管理する場合のウォレットの種類は大きく分けて2つあります。ハードウェアウォレットとソフトウェアウォレットです。パソコンやスマートフォンなどの電子機器を考えていただけると、ハードウェアとソフトウェアのイメージがつきやすいかもしれません。

 

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットはその名の通り、ハードウェアを使用したウォレットのことです。つまり、仮想通貨保管の専用端末を使用し、そこにビットコインを保管するというものです。

 

ハードウェアウォレットは自身で所有する端末に保管を行うため、インターネットに接続しておかなければ、ハッキングされる可能性がなく、より高い安全性が期待できます。

 

 

ソフトウェアウォレット

もう一方のソフトウェアウォレットはこちらもその名の通り、ソフトウェアを使用したウォレットのことです。インターネット上でビットコイン管理用のソフトウェアをダウンロードし、そこでビットコインを保管し、管理します。

 

ソフトウェアウォレットはダウンロードすればすぐに使用できるため、その利便性と低価格が魅力です。しかし、ハードウェアとは違い、インターネットを介して保管や管理をすることになるので、ハッキング等へのリスクはハードウェアよりは高くなってしまいます。

 

http:// https://ja.wikipedia.org/wiki/ビットコイン#.E4.BB.95.E7.B5.84.E3.81.BF

 

 

手軽に始めるならソフトウェアウォレットがおすすめ!

ハードウェアウォレットとソフトウェアウォレットのどちらを使用するか迷う人も多いはずです。とりあえず、手軽にビットコインを始めてみたい人には手間いらずに取り入れやすいソフトウェアウォレットがおすすめです。

 

ハードウェアウォレットの場合は、安いものでも大体1端末あたり1万円前後しますが、ソフトウェアウォレットは無料のものもあります。最初は少額から始めるのであれば、ソフトウェアウォレットが便利です。大きな額を保管する段階になってからハードウェアウォレットを導入するというのでもいいかもしれません。

 

 

有名なソフトウェアウォレットは? 

f:id:ukuka:20171024094805j:plain

 

 

初めてソフトウェアウォレットを使うとしたら、やはり有名どころを押さえておきたいところではないでしょうか。有名なソフトウェアウォレットとして一番に挙げられるのはBitcoin Coreかもしれません。

 

Bitcoin Coreはビットコインの公式ソフトウェアウォレットです。ビットコインの管理を行う上で必要となるブロックチェーンをダウンロードし、それを元にそれぞれの取引データの管理を行います。そのため、インストール時はもちろんのこと、毎回使用する前に新たなデータをダウンロードすることになります。

 

全てのブロックチェーンをダウンロードするいわゆる「完全型」であるため、ダウンロードするデータ量も徐々に増えることとなり、保存するPCのHDDスペースも必要になります。

 

 

ソフトウェアウォレットを選ぶ際のポイント!

f:id:ukuka:20171024095002j:plain

 

使用するソフトウェアウォレットを選ぶ際にはしっかり重要なポイントを押さえて、自分にあったものを選ぶことが大切です。選ぶ際に押さえてほしいポイントをまとめてみました。

 

セキュリティの高さ

ウォレットは仮想通貨を保管する場所ですので、やはりセキュリティの高さが非常に重要と言えます。特にソフトウェアウォレットの場合は管理や取引をインターネットを介して行うため、ハッキング等への対策が求められます。

 

取引データがどのように保管されるのか、取引データは暗号化されるのか、2段階認証が使用できるのか。様々なセキュリティを高める機能が付いているウォレットを使用する方が安心です。ソフトウェアウォレット選びの際にはそういった機能についてしっかり確認しましょう。

 

ソフトウェア動作の速さ

通常の通貨で取引を行う際にかかってしまうような時間がかからずに、短時間で送金や売買を行うことができるのが仮想通貨の魅力です。やはりソフトウェアを利用して取引を行う場合にも早い動作が可能なものがよいでしょう。ソフトウェアを立ち上げて、長時間セットアップに時間がかかるようでは意味がありません。データのダウンロード等に時間を要しないソフトを選びましょう。

 

ソフトウェアの価格

ソフトウェアウォレットには有料のものもあれば、無料のものもあります。その機能と価格に見合ったものなのかというのもソフトウェアウォレットを選ぶポイントと言えます。無料にこしたことはありませんが、無料でも機能が低いものだとしたら意味がありません。また、その逆で高いソフトウェアだからといって、確実にいい機能が入っているかというとその保証もありません。

 

しっかり価格と機能を比較して、自分の希望のソフトウェアを探してみてください。

 

 

人気のソフトウェアウォレットの機能比較

f:id:ukuka:20171024095256j:plain

 

色々なソフトウェアウォレットが出ている今、どのウォレットを使うかは悩みどころ。上記の選ぶ際のポイントを踏まえながら、人気のウォレットを比較してみましょう。

 

 

Bitcoin Core

有名なソフトウェアウォレットとしてご紹介したBitcoin Core。公式というところに安心感を抱かれる方も多いかもしれません。しかし、こちらのソフトウェア、ウォレットとして使用するにはあまりおすすめできません。というのは、最初のインストール時に全取引データをダウンロードするため、かなりの時間がかかってしまうのです。

 

手軽にビットコイン始めるためにソフトウェアウォレットを選んだのに、実際に取引を始めるまでに数日かかってしまっては意味がありません。

 

また、インストール時に限ってのことではなく、使用する前にも毎回新しいデータがダウンロードされるため、そこでも時間がかかってしまいます。

 

公式ということや全ブロックチェーンを読み込んでくれるところに安心感はありますが、かかる時間やその増えるデータ量を考えると、手軽にビットコイン取引を行いたいのであれば、Bitcoin Coreを利用する必要性はあまりないかもしれません。

 

セキュリティ面に関してもオプションがあまり多くないため、利用する場合にはハッキング対策などには十分注意する必要がありそうです。

 

また、複数PCからの利用もできないため、いくつかの端末で管理を行いたい方にはおすすめできません。

 

ビットコイン-オープンソースのピアツーピア通貨

 

 

Electrum

Bitcoin Coreと違い、Electrumは全てのブロックチェーンをダウンロードする必要がなく、インストール後にすぐ使用することができます。Electrumの場合はサーバー上にブロックチェーンが記録されているため、個々のソフトウェアに膨大なデータをダウンロードする必要がないのです。

 

また、ウォレットとしての機能が豊富で、オンラインでの取引だけでなく、オフライン環境で取引を行うことができたりします。

 

さらには、PC上などにデータを残さないようになっていたり、2段階認証を使用することができたり、セキュリティ機能が高いソフトウェアとなっています。

 

送金後の手数料を変更することができるのもElectrumの特徴と言えます。ビットコインは手数料を高く設定するほど、早く処理してもらえる傾向にあります。送信が完了する前であれば変更が可能ですので、早めの処理を希望する等の理由で手数料を変更することができます。

 

Electrum Bitcoin Wallet

 

Copay

PCだけでなく、スマートフォンなどでもウォレットを管理したいのであれば、Copayがおすすめです。両方にダウンロードしておき、同期することで、どちらの端末からもビットコインの管理を行うことができます。

 

同一のアプリで複数のウォレットを管理することが可能なのもCopayの特徴です。個人用や仕事用をしっかり分けて管理できるのでとても便利です。それぞれのウォレットの管理を確認するための画面切り替えも簡単にできるので、手間いらずな管理が可能となっています。

 

また、Copayの魅力としてはセキュリティの高さが挙げられます。「共有ウォレット」を作成しておくことで、もし万が一利用しているPCやスマートフォンが盗難にあったり、紛失した場合に複数の端末の承認がなければビットコインを送信できない仕組みになっています。

 

PCやスマートフォンなどを無くしてしまう可能性まで考慮しての安全性を求めるのであれば、Copayはかなりおすすめです。

 

Copay – 安全な共有ビットコインウォレット

 

 

ソフトウェアウォレットを使って手軽にビットコイン取引をはじめてみましょう!

f:id:ukuka:20171024095453j:plain

 

このようにビットコインの保管にはウォレットが非常に便利で、手軽にビットコインを始めるのであればソフトウェアウォレットがおすすめです。ウォレットには様々な種類があり、それぞれを比較すると機能や性能に違いがあります。

 

選ぶ際のポイントをしっかり押さえながら、自分がビットコインを使ってどのようなことをしたいのか、どのような管理を行いたいのかによって、自分にピッタリのソフトウェアウォレットを見つけてみてくださいね。

無題ドキュメント