【超簡単投資】バイナリ―オプションとは

f:id:hironohikari0913:20170906145844j:plain

少ない資金で効率よくお金が得られる投資法の1つに外国為替を利用した資産運用があります。外貨投資の中でも特に人気なのがFX取引になり、FX取引はレバレッジをかけることで自己資金の最大25倍もの資金で運用することができます。

 

しかし、FX取引はリターンが大きい分、リスクも大きくロスカットや追証などで資金を大幅に減らすトレーダーが後を絶ちません。その上、為替の世界は株式とは違って予想が立てにくく難しい取引だといわれています。

 

FXに代わって最近注目を浴びているのがバイナリ―オプションになります。今回は外貨取引をしたことがない人や投資初心者でも簡単に始められるバイナリ―オプションについてご説明させて頂きます。

 

 

目次

1.バイナリ―オプションとは

2.バイナリ―オプションの取引方法

3.バイナリ―オプションのリスク

4.バイナリ―オプションのメリット

5.税金

6.取扱業者一覧

 

1.バイナリ―オプションとは

 

バイナリ―オプションとは外為オプション取引とも呼ばれる、外貨を使った資産運用法になります。

 仕組みは至って簡単で、為替が円高に振れるか、円安に振れるかを2択で選ぶだけになります。

 

つまり、ある決められた時間の為替レートが円安もしくは円高になっているかを予想するだけです。非常にシンプルです。

 

自分の為替予測が当たっていると、お金を受取ることができます。反対に為替の予測が外れた場合は掛け金が戻ってこないことになります。

 

2.バイナリ―オプションの取引方法

 

f:id:hironohikari0913:20170906145904j:plain

バイナリ―オプションには2種類の取引方法があります。①ラダー取引②レンジ取引になります。①と②について更に詳しくいていきましょう。

 

①ラダー取引

 

ラダー取引とは、バイナリ―オプション取引で最も主流な取引方法になります。ラダー取引とは、数種類ある為替レートの中からその中の1つを選んでチケットを購入する方法になります。

 

選んだ為替レートを基準に為替が円安になるか円高になるのかを選ぶということです。非常に簡単ですよね。

 

ラダー取引を行う場合は、為替レートが上昇トレンドなのか下降トレンドなのかを見極めることが大切で、レンジ相場の時は予想が難しくなります。

 

②レンジ取引

 

レンジ取引とは、数種類ある目標とする価格の中から自分の予測を1つ選んで判定時の価格が自分の予測した価格の中に入っているかどうかを予測するものです。

 

つまり、判定時刻の為替レートが決められたレンジ内にあるのかを予想すると言うことです。レンジ取引はラダー取引よりも難しいといわれています。

 

このように、バイナリ―オプションには2つの取引方法があります。初心者やまだ慣れていない方はラダー取引から始めると良いでしょう。

 

3.バイナリ―オプションのリスク

 

一見簡単に儲けれそうな取引に思われがちな、バイナリ―オプションですが当然ながらリスクはあります。

 

バイナリ―オプションは、通常の投資とは違って予測が外れた場合は資金がゼロになります。

 

例えば、10万円分のチケットを円安方向にかけたとします、もし予測がはずれて円高に振れた場合には10万円ぶんが全てパーになるというわけです。

 

株などのように、建て玉を保有することもできません。取引方法は至ってシンプルですが、投資というよりもむしろ博打やギャンブルに近いです。

 

株やFX、投資信託、不動産などは保有している期間に金利や利息、分配金や配当金、家賃収入などを得ることができますがバイナリ―オプションにはそのようなものはありません。

 

4.バイナリ―オプションのメリット

 

バイナリ―オプションのメリットとは一体何でしょうか?メリットを以下にまとめてみました。

 

・仕組みが簡単で投資の技術や勉強が必要ない

・リスクが限定される

・予め損失額がわかるため資金管理がしやすい

・少額から始めることができるの、自己資金の無い人でも気軽にできる

・どのような相場環境でも儲けることができる

・値動きが少ない場合でも利益を得ることができる

・短期決済なのでずるずると損失が拡大することがなく、利益を取りこぼすこともない

 

f:id:hironohikari0913:20170906145929j:plain

以上が主なバイナリ―オプションのメリットになります。上から順番に更に詳しく見ていきましょう。

 

まず、仕組みが単純で簡単なことです。バイナリ―オプションは上がるか下がるかの2者択一になるため、複雑な経済情報や投資技術が必要ありません。

 

更に、バイナリ―オプションは、リスクと損失が限定されています。FX取引のようにロスカットや追証がないため予想外の損失を被ることがありません。

 

取引の開始時点で利益額と損失額がわかるため資金管理が非常にしやすいと言えるでしょう。

 

バイナリ―オプションは少額から始められ、一般的な業者では1000円未満から取引に参加することができます。相場の状況によって価格は変動しますが大体は1000円前後でできます。

 バイナリ―オプションは上がるか下がるかを当てるので、相場が動かない場合でも関係なく利益を得ることができます。

 為替レートの値幅に関係なく予測が当たれば同じだけの利益を得ることができ非常に効率的です。

 

最後に、バイナリ―オプションは短期決済になるので短ければ数分~数時間、ながくても数日で投資の結果がでます。

 株などの他の資産運用と違って、得していたのに結果的に損が出たなどということがありません。

 

など、以上がバイナリ―オプションのメリットになります。続いては税金についてご説明させて頂きます。

 

5.税金

 

国内業者でバイナリ―オプションを行った場合の税金は一律20%になります。いくら利益を出してもこの税率は変わりません。但し、年間の利益が20万円未満の場合は、税金を支払う必要はありません。

 

損失繰越

 

バイナリ―オプションで損を出した場合、その損失は最大3年間繰越をすることができます。例えば去年200万円の損失を出してしまったとします、今年500万円の利益を出たとすると税金は500万円-200万円=300万円にかかるというわけです。

 

6.取扱業者一覧

 

人気のあるバイナリ―オプションの取扱業者についてまとめてみました。以下の業者が主な国内業者になります。

 

・YJFXの「オプトレ」

・GMOクリック証券「外為OP」

・FXトレードファイナンシャル(バイトレ)

・トレーダーズ証券

・ヒロセ通商(LIONBO)

 

以上が国内でも人気のある業者になります。各業者の特徴を表にまとめてみました。

 

YJFX「オプトレ」

取引通貨ペアは8ペアと多く、ラダー取引とレンジ取引を取扱っている業者。取引手数料は無料。

GMOクリック証券「外為OP」

通貨ペアは5ペアとなっていて、最低購入金額は1000円未満と格安。スマホの専用アプリは使いやすさで定評がある。

FXトレーダーズファイナンシャル

(バイトレ)

ラダー、レンジ、タッチ取引を提供している。取扱ペアは6通貨ペア。2013年ベスト・バイナリ―オプションブローカー賞を受賞。

トレーダーズ証券

ラダー取引のみの取扱。取扱通貨ペアは3通貨ペア。

ヒロセ通商

ラダー取引のみ、取扱通貨ペアは3ペア。1ロットからの取扱。1日の設定回数は8回。

 

続いて海外業者について見ていきましょう。海外バイナリ―オプション業者は以下になります。

・ハイローオーストラリア

・オプションビット

・ザオプション

 

以上が人気のある海外業者になります。上から順番にご説明させて頂くと、ハイローオーストラリアはペイアウトが2倍の取引ができるため資金効率の良い業者になります。

 

続いて、オプションビットは最低取引額500円と少額なので気軽に取引ができる業者です。取引予測ツールに定評があるため為替取引初心者でも安心して取引ができます。

 

最後のザオプションもペイアウトが2倍の取引を行うことができます。ハイリターンを狙いたい人にピッタリの業者になります。

 

いかがでしたか。この記事が皆様の一助になれば幸いです。

 

無題ドキュメント