クレジットカードの特典はポイント還元と割引はどっちがいいのか?

f:id:skrskr34:20170905002903j:plain

 

クレジットカードの特典として代表されるものに、ポイント還元もしくは現金割引(〇%OFFなど)が設けられているカードが多くあります。世に出されているクレジットカードには様々な特典の付いたクレジットカードあり、貯まったポイントで商品やオリジナルグッズに交換できるサービスもあります。 

 

巷では、クレジットカードを利用してポイントの貯まりやすさが重視されている傾向にあります。人によってポイント・現金値引のどちらを重視しているかは異なるでしょう。

ここではポイントと現金値引について、どちらがいいのか考えてみましょう。

 

筆者は、現金割引のあるクレジットカードを優先的に利用しています。その理由も合わせて説明していきます。

 

特典に代表される現金割引・ポイントとは

クレジットカード利用の特典に、特定の店舗やサービスを利用した場合は5~10%OFFになるカードがあります。通常の様々な店舗やサービスで利用する分では大きく割引にならない点がデメリットになりますが、よく行く店舗や利用するサービスであれば現金で支払うよりもお得になります。

 

また、クレジットカードの特典として利用した金額に応じて10倍のポイントが貯まるカードなどもあります。貯まるポイントはクレジットカード発行元独自のポイントであったり、実店舗で利用できる共通ポイント(Tポイントやdポイントなど)など様々です。

 

f:id:skrskr34:20170905002923j:plain

 

現金値引のメリット・デメリット

クレジットカードの利用金額に応じて現金値引される特典の付いているカードがあります。通常現金で支払うのであれば値引きができない公共料金などの定期的な支払いに対してはカードを利用したほうがお得になります。

しかしデメリットとして挙げられるものに、一部(保険料や電子マネーに対してのチャージなど)は値引きされないものもあります。また、現金値引は利用金額に対して0.5~1.5%前後に設定されているクレジットカードがほとんどです。

現金値引が可能なクレジットカードはポイント還元を設けているクレジットカードに比べて値引率は低いことが一番のデメリットといえます。

 

ポイント還元のメリット・デメリット

ポイント還元の大きなメリットは、クレジットカードを利用するとポイント還元率が比較的高いことが挙げられます。家電量販店やネット通販などはポイント5~10倍など、こんなにポイントが付くなら買ってもいいかな…と心理的に煽られやすいです。

 

しかし、デメリットは現金と違って特定の場所でしかポイントは使えないことです。ポイントを使えるのは購入した時点ではなく、次回の利用となっていることがほとんどであるため、ポイントを消化するためには次回もポイントが使えるサービスや商品を購入する必要があるのです。

ポイントが貯まっているままだと勿体ないと思ってしまい、結果ポイント+現金を使っての消費が多くなってしまいます。

 

筆者であるわたしが現金値引を優先しているのは「決まったところでのみポイント利用できる点」がわたしにとって一番のデメリットでだからです。現金が一番有効利用できると考えている点から、ポイントを貯めることよりも現金値引を重要視しているためです。

 

ポイントを貯めるうえで忘れてはいけない点

最も正しいポイントの使い方は、貯めておくことはせずにすぐに使ってしまうことです。使ってはじめてポイントは現金と同等の恩恵を受けることができるのです。

貯めている段階では現金と違って利息がつくことはありません。ましてやポイントが改悪する(使う範囲が限られたり、期限が決められたりしてポイント利用に制限が出る)可能性もあることを踏まえると、利用可能なポイント数が貯まった段階で利用することが重要になってきます。

 

心理的な錯覚

クレジットカードのメリットであるポイント還元や現金値引が強調されると、デメリットについても注目されます。挙げられるデメリットとして、利用した直後に支払いが行われないため、お金が出ていく痛みを感じにくいことが使いすぎてしまう原因という考え方があります。

ポイントは貯まり始めるとなんとなく嬉しい気持ちになり、貯まっていくことが快感にすらなっていきます。

 

現金値引は値引きがあった瞬間は得をしたと思って喜びがありますが、時間が経っていくにつれて値引きをされたことは忘れていきます。

しかし、ポイントは一度貯め始めるといくら貯まっているのか目に見えてわかるため、もっと貯めたいという心理が働くことによりなかなか貯めたポイントを使おうとしない傾向にあります。

 

f:id:skrskr34:20170905002945j:plain

 

カード会社が側から見た視点

カードを発行しているクレジットカード会社の収入源は、利用者からの年会費と加盟店からの手数料が収益の柱となっています。

 

しかし、最近は年会費が発生しないクレジットカードも多々あるので年会費の収入割合は下がってきている傾向にあります。そのためカードの申し込みをしたときはポイント還元が3倍だった特典が、徐々に加入者が増えるとポイント還元が2倍になってしまったという改悪が起こっている状況も実際にあります。特にここ最近は、ポイント高還元していたカードや大幅な現金値引していたカードが新規の募集を停止しています。

そのため、一度発行したクレジットカードの特典やサービスが半永久的に続くわけではないことを覚えておかないといけません。新規のクレジットカードも常に様々な会社から発行されています。現在、自分自身の持っているクレジットカードのサービスを一度ホームページ等で確認してみてはどうでしょうか。

 

自分の性格とクレジットカードの特性を把握する

一般的にいわれているクレジットカードの利用方法は1枚のカードにまとめたほうが特典の恩恵を一番受けられるイメージがあります。

しかし、実際にクレジットカードのメリットを受けるには、クレジットカードごとのメリット部分(利用金額から〇%OFFや、提示するだけで+αのサービス、決まった日だけ〇%OFFなど)を把握してクレジットカードを使い分けられることが賢い買い方であると考えています。

マメでない性格であれば、1枚のクレジットカードを集中的に使用する方が利用明細を使って支払った金額を把握することができます。もし多少の手間がかかってもいいのであれば、自分のライフスタイルに沿って持ったほうがいいクレジットカードを発行することを検討してみてはどうでしょうか。

 

f:id:skrskr34:20170905003003j:plain

 

まとめ

所持しているだけで付いてくる特典のあるクレジットカードもありますが、現金値引やポイント還元はクレジットカードを利用した金額に対してのサービスとなっています。そのためクレジットカードの管理ができていることが前提です。自分がいくら使って、支払日にきちんと口座から引き落としができるようにして信用を重ねていなければお得を享受できるとは言えません。

 

クレジットカードを使えば現金支払いより、ちょっとお得になるから…という気持ちが先走りすると、心理的に「いま購入しようとしているものは必要かどうか」を考えなくなってしまいがちです。クレジットカードの利用は、現金であっても必要としているものに対して使うべきです。

 

昨今はキャッシュレス社会になろうとしています。クレジットカードだけでなく、電子マネーも普及しつつある現在、あなたのライフスタイルを考慮してどのような消費行動が一番ベストなのか考えてみてはいかがでしょうか。

無題ドキュメント