18切符とゲストハウスで旅行を劇的に安くする!

日々の喧騒を忘れ、旅行をしたいと思う人は多いでしょう。仕事から一歩離れて新しい土地へ行き、いろいろなものを見聞きすることは、ストレス発散や気分転換になります。

 

 一方で一泊二食、移動費込みで数万円という旅行費は少し高いと感じることがあるかもしれません。旅行費が高くてなかなか旅行に行けないというのも、ストレスが溜まるものです。

 

さて、そこでおすすめしたい旅の方法として「青春18切符×ゲストハウス」があります。旅行費を抑えつつ、普通の旅行とは違う体験ができる......では、その中身についてみていくことにしましょう。

 

青春18切符とゲストハウスという激安旅行

f:id:sayaymmt:20170803091915j:plain

青春18切符はみなさんご存知、JRで期間限定で販売されている切符です。1セット5枚綴りで11,850円で販売されています。1枚あたり2,370円。この価格でJR線が1日乗り放題となります。

 

夏や冬など休みが取りやすい時期になると、18切符で旅をするという人もいるでしょう。1日どれだけの距離を移動しても1枚あれば乗り放題ですから、旅をする人にはうってつけの切符です。鈍行・期間限定ですが、そのメリットは大きいはずです。

 

そして、旅行で気になるのが宿泊だと思います。ホテルに泊まると最低でも10,000円はしてしまうかもしれませんね。なるべくなら宿泊費を抑えたい......そこでおすすめしたいのがゲストハウスです。

 

ゲストハウスはホテルよりも安い価格で宿泊することができる施設で、主にバックパッカーの人が利用しています。価格帯は3,0004,000円ほど。安いところでは2,000円台の施設もあります。

 

青春18切符とゲストハウスを組み合わせることで、移動費+宿泊費を10,000円以下に抑えることができます。より安いゲストハウスに宿泊することができれば、夕ご飯・朝ごはん代も含めて10,000円に抑えることもできるでしょう。

 

18切符+ゲストハウスの例

f:id:sayaymmt:20170803092108j:plain

例えば東京から京都観光へ行きたいと思ったとき。通常の新幹線料金で行けば、20,00050,000円はするでしょう。もちろん、ホテル+一泊二食、新幹線移動というプランが基本だと思います。

 

しかし、18切符で片道の移動費は2,370円。往復で4,740円。ゲストハウスの宿泊費は一泊3,000円。つまり、約8,000円程度で旅行を楽しめてしまいます。移動に9時間ほどかかりますが、始発で行けば昼過ぎに到着することができます。

 

もちろん、これは一例です。切符の料金と移動距離から、3時間ほど乗るようであれば18切符の元は取れるようになります。なので、それ以上移動する場合は18切符+ゲストハウスを使ってみてもいいかもしれませんね。

 

旅の楽しみ方〜移動編〜

青春18切符の楽しみ方は、目的地に行くことだけではありません。気ままに途中下車して、その街を楽しむというのも醍醐味です。途中下車しても料金が一緒というのも、18切符の強みといえるでしょう。

 

例えば先程の例で、東京から京都へ向かう場合。あまりに移動距離が長いですから、途中で降りて街を楽しむのもいいですよね。静岡で降りて海や富士山を楽しんだり、名古屋で降りてグルメを楽しむというのもおすすめです。

 

もちろん、そんなときは安いゲストハウスで宿泊してみてください。安く移動し、安く宿泊する。そうすれば、観光費用にお金を使うことができ、目的地でより観光を楽しむことができるでしょう。

 

旅の楽しみ方〜ゲストハウス編〜

f:id:sayaymmt:20170803092308j:plain

ゲストハウスは一般的なホテルとは異なる点がいくつかあります。ゲストハウスには色々な魅力があり、あえてそっちに泊まるという人もいます。具体的には次のような特徴があります。

 

ゲストさんとの交流がある

ゲストハウスは場所によって異なりますが、共有ラウンジがあります。この場所では読書や食事をするのですが、ゲスト同士の交流の場として使う人もいます。

 

ちょっとした会話を楽しんだり、おすすめの旅行先を聞くなどの情報交換をしたり。こういった部分は普通のホテルにはない、ゲストハウスならではのメリットといえるでしょう。

 

最近ではSNSがありますから、ゲストハウスで出会った人とその後も交流を続けるケースもあるようです。宿泊後も交流が続くゲストと出会えるのもゲストハウスの面白いところといえるでしょう。

 

多種多様な部屋で泊まることができる

これも場所によりますが、ゲストハウスは古い民家などをリノベーションして作られているケースがあります。場合によっては民家をそのままのゲストハウスにしていることがあります。これはホテルにはない魅力の1つです。

 

例えば京都であれば古い町家をそのままゲストハウスにしている場所があります。畳敷きで情緒あふれていて、ノスタルジーな印象を受けます。街並みを含めて、より良い旅行ができるはずです。

 

ディープな旅行を体験できる

ゲストハウスに努めているスタッフさんは、もちろん現地に住んでいますが、仲良くなることでガイドブックに乗っていないような情報を教えてくれることもあります。

 

地元民がよくいくカフェや食事処はどこか。おすすめの観光地はどこか。ガイドブックに乗っていることを確かめるだけの旅に飽きた人は、こういった人に聞いて旅をしてみるといいかもしれませんね。 

 

青春18切符×ゲストハウス旅の疑問

f:id:sayaymmt:20170803092419j:plain

青春18切符もゲストハウスも使ったことがない......そういう人もいるかもしれません。どちらも初心者には難しいようにも思えますが、実はそうではありません。では、代表的な質問と回答を見ていくようにしましょう。

 

青春18切符は誰でも使えるの?

青春18という名前がついているため、18歳までしか、もしくは18歳以上しか使えないように思う人もいますが、そんなことはありません。青春18切符は誰でも使うことができます。

 

青春18切符はどこで購入できるの?

JR窓口、みどりの窓口等で購入することができます。また、1回分や2回分など、切り売りで買いたい場合は金券ショップやネットでも購入することができます。

 

同時に複数人使うことはできますか?

1セット5枚綴りですが、その回数ないであれば複数人でも使用可能です。例えば2人で京都往復する場合、4枚使用することになります。改札で人数分のハンコを押してもらうようにしましょう。

 

ゲストハウスってどんなところ?

ゲストハウスの特色はそれぞれかなり異なりますから、行く前にネットで調べておくことをおすすめします。二段ベットがあり、あまりプライバシーのないところもあれば、個室でしっかりしているところもあります。値段もそれによって変わります。

 

ゲストハウスは食事の提供はあるの?

ある場所とないところがあります。また、あるといっても軽食ぐらいで、きちんとした食事を提供する場所はそう多くありません。地元の飲食店で食べるというのが旅の楽しみ方かもしれませんね。

 

ゲストハウスはシャワー等の施設はあるの?

これもゲストハウスによって異なります。簡単なシャワー室や浴槽があることがほとんどですが、温泉地にあるゲストハウスでは、外湯を勧められることがあります。そちらを利用するのもいいでしょう。

 

初めての女性でも利用できるの?

どのゲストハウスも基本的に男女別々の部屋を提供しているか、個室を提供しています。部屋の内装については予約する前に調べておくといいでしょう。

 

まとめ

安い旅行というのは料金の高い旅行にはない、魅力があります。現地の人との触れ合いがより密になったり、スタッフと仲良くなったり。人と触れ合えるというのは旅の醍醐味ともいえるでしょう。

 

低予算で旅をしたい。かつ、現地の観光を楽しみ、人とも交流したい。そういう人は是非「青春18切符×ゲストハウス」で旅行を楽しんでみてください。

無題ドキュメント