「25%貯金」がお金を貯める!本多静六式貯金術とは

いつの時代も「お金が貯まらない」と悩んでいる人はいるものです。年収の多い少ないに限らず、お金が手元に残らないのはその人自身のマインドに原因があるのかもしれません。

 

では、お金を貯めるためには具体的にどうしたらいいのでしょうか。今回ご紹介したいのは本多静六という方が提案する「25%貯金」という方法です。では、その方法について見ていくことにしましょう。

 

本多静六とは?

本多静六は1866年生まれの林学者。今から約150年前の時代の方です。公園の父とも呼ばれ、日比谷公園の設計をしたことでも有名です。東京農科大学、今の東京大学農学部の教授でした。

 

25%貯金とは?

f:id:sayaymmt:20170719132717j:plain

そんな彼が著書「私の財産告白」で25%貯金というものを提唱しています。これはその名の通り、「収入の25%を強制的に貯金にまわす」というものです。これには大きな目的が3つあります。

 

1:残りの75%で生活できる術を身につける

お金は手元にあるほど使ってしまうもの。それはちょっとした飲み会や衝動買いなどで浪費してしまうかもしれませんね。しかし、25%という額を達成するためには、そういったことを切り詰めなければなりません。

 

25%という数字は無理がなく、かと言って楽すぎるわけでもない倹約術を身につけるための数字といえるでしょう。75%の生活費で生きるためにはどうすればいいのか。普段からそういうことに意識を働かせると、自然と体に染み着き、習慣化することができるでしょう。

 

2:継続する力を身につける

貯金というのは日々継続していくからこそ貯まっていくものです。一気に100万円とか1,000万円という額は貯まりませんよね。毎月コツコツと貯めていくからこそ意味があるのです。

 

収入の75%で生活できるほどの倹約を続けていけば、倹約習慣を体の奥まで染み込ませることができるのです。衝動買いや浪費をすることがなくなり、生活はシンプルに。そして、お金が増えていくのです。

 

3:お金を増やすことを考え始める

ある程度お金が貯まってくると、それを正しく使う、正しく増やす方法を考えるようになります。その方法は様々ですが、代表的なものであれば投資があります。それも目先のお金にとらわれるような荒々しい投資ではなく、長い目で収益を得るような投資です。

 

これを実行するためには倹約術を身に着け、お金に対して健全な姿勢でいられるという条件が必要です。お金をすぐに使いたくなるという人に投資はあまり向きませんよね。

 

投資のためのお金を用意することができれば、一次関数的な増加が二次関数的な増加に転じます。お金に余裕ができ、より多くのお金を貯めることができるのです。

 

25%貯金のルール

f:id:sayaymmt:20170719132852j:plain

では、25%貯金を実施していく上で、どのようなルールがあるのでしょうか。ただ、単に25%を貯金するだけではなく、次のようなルールがあるので意識してみてください。

 

家計簿をつける

まず最初にやって欲しいのが家計簿をつけるということ。これは自分のお金の流れを把握するために、最も重要なことだといえるでしょう。貯金の第一歩は家計簿からです。

 

収入を理解している人は多いかもしれませんが、どんなものにどのぐらいの支出があるかということを理解している人は少ないかもしれませんね。これは貯金のできない人の特徴の1つでしょう。

 

最近はスマホのアプリで簡単に家計簿管理ができるようになりました。中には銀行口座やクレジットカードと連携して、自動で集計してくれるアプリもあるから便利です。

 

家計簿をつけることで、自分の収入もそうですが、どんなことに支出しているかがわかります。そうすると、必要経費か無駄なお金かを判断することができ、より効率的な貯金ができるようになるのです。

 

貯金専用口座を作る

貯金をするときは必ず専用口座を作るようにしてください。給与用の口座では収入・支出の管理ができなくなるので注意が必要です。家計簿をつけることと同様、とても重要なことです。

 

専用口座はネットバンクなどで簡単に作ることができます。銀行のサイトにアクセスし、必要事項を書けば無料で開設できるのでぜひやってみてくださいね。

 

できるのであれば、ネットバンクなどはアプリで口座と紐付けし、常に貯金額を見られるようにしておくといいかもしれませんね。貯金のモチベーションを高めることができるはずです。

 

臨時収入は100%と貯金する

本多静六式25%貯金では臨時収入は100%貯金することがルールです。本業以外に何かしらの収入があったときは、貯金専用口座に強制的に送金するようにしましょう。

 

臨時収入が入るとついつい使いたくなるのが人の心情というもの。しかし、それではいつまで経ってもお金が貯まる体質は作られません。臨時収入を100%貯金してこそ、お金が貯まるのです。

 

最近ではフリマアプリなどで臨時収入を手に入れる方法が流行っていますが、そこで稼いだお金を浪費として使ってしまうのはもったいないでしょう。まずは貯金。使い方はあとから考えるようにしましょう。

 

25%貯金で大切なマインド

f:id:sayaymmt:20170719133015j:plain

収入のうち25%を貯金する......そうは言われても、なかなか実行できない人も多いかもしれません。今の生活水準を維持したいと思うのが人の心理だと思います。では、きちんと貯金するためにはどういった考え方・マインドが必要なのでしょうか。

 

余分な「浪費」を抑える

お金の使い方は大きく3つあるといわれています。それは「投資」「消費」「浪費」です。節約する、倹約術を身につけるためにはこれら3つの使い方をきちんと使い分ける必要があります。

 

投資は将来のリターンとなって返ってくる物事に対してお金を使うこと。株式投資なんかが代表的ですが、資格をとるために本を買う、というのも投資のお金の使い方といえるでしょう。

 

消費は必要経費とも言えます。家賃、光熱費、食費。生きていくために必要なものに対して払うお金です。消費も抑えることができますから、この部分も十分考える必要があります。

 

そして、浪費。これは投資でも消費でもない、無駄遣いのお金です。お腹が空いていないのにコンビニでお菓子を買う。衝動買いをしてしまう。余分な洋服を買ってしまう。こういったものは浪費といえます。

 

節約術を身につけるには段階がありますが、まずはこの浪費を第一に削ることだポイントです。これは家計簿をつけることで明確化されますから、まずは浪費に気づくことから始めてみてください。

 

余分な「消費」を抑える

浪費を抑えると次は消費。必要なお金の中にも削れるものがあります。その代表的なものは固定費と呼ばれるもので、通信費や生命保険料などが挙げられます。こういったものを再検討するだけでも大幅な支出カットに繋がります。

 

例えば通信費は最近では格安SIMが流行っていますよね。多くの人が10,000円近くの通信費を払っていますが、格安SIMならその3分の1から5分の1に抑えることができます。

 

保険料も同様にプランを見直してみるといいかもしれませんね。特に契約時と比べて家族構成が変わっているのであれば、一度相談してみることをおすすめします。

 

投資に目を向け始める

投資と聞くとなんだか難しそうと思ったり、損をすることばかり考えてしまうかもしれません。しかし、投資はきちんとしたステップを踏んでいけば、それほど怖いものではありません。

 

本を読んだり、セミナーに行ってみたり。小さなところから知識を吸収して、少額から実践してみることをおすすめします。最近では3,000円から投資するという本が流行っていますから、手にとって読んでみるといいかもしれませんよ。

 

まとめ

お金を増やす方法は様々ありますが、使う側のお金に対する健全な姿勢がなければ、いくらお金があってもすぐになくなってしまうものです。25%貯金はその姿勢を育む重要な方法といえるでしょう。

 

少しずつでいいのでお金の使い方を変えていってみてください。きちんと続けていけば、1年後には貯金用口座に多くのお金が貯まっているはずですよ。

無題ドキュメント