年利5%も夢じゃない?超簡単!堅実に儲かる債券投資

f:id:hironohikari0913:20170712135620j:plain

債券投資と聞くと、「利益が薄い」とか「期間が長い」などのイメージを持たれる方が多いでしょう。

 

債券とは、売買によって差益を狙うというよりは、長期間保有している間に利金を得る、つまり定期預金の感覚で保有されている場合が多いです。

 

債券の代表である日本の個人向け国債などは、定期預金と同じぐらいの金利しか付きません。

安心して保有できるとはいえ、利益が欲しい人にとっては少し物足りないのが現実です。

 

果たして、全ての債券が定期預金と同じぐらいのリターンしか望めないのでしょうか?

 

いいえ、債券の中には数%ほどの利回りを実現できるものがあります。

さらに、償還差益や為替差益などが期待できる債券も存在します。

 

今回は「年利5%も夢じゃない?超簡単!確実に儲かる債券投資」についてみていきましょう。

これから債券投資を始めたい方や堅実に利益を得たい人、投資初心者の方に役立つ情報を紹介していきます。

 

目次

 

1.債券とは

債券を簡単に説明すると、国や地方自治体、企業などが資金集めのために発行する証書になります。

いわば、借金する際の借用書のようなものだと想像してください。

 

債権者(投資家)が債務者(国や企業などの債券発行団体)に対して、お金を貸すかわりに国や企業はお金を借りている間は、金利を投資家に支払います。

 

債券発行団体は金利を支払い続け、支払期日(償還日)がくると借りたお金の満額を返すということです。

 

つまり、投資家は「金利+元本」がもらえるという、非常に堅実な資産運用ができるというわけです。

 

債券には、あらかじめ決められた条件が記載されていて、債券の発行団体は決められた条件をもとに発行されます。

発行する際の条件は大きく5つに分けられます。

 

5つの発行条件

条件

内容

額面金額

債券を購入する場合の単位金額(1万円、5万円、10万円、100万円など)

表面利率

額面の金額に対する、1年間の利息の割合。償還時まで変わることはありません。

発行価格

債券が新規で発行される場合の価格。額面(100円)に対しての価格になります。

償還期限

債券の満期日(償還日)になります。

利払い日

利息が付いている債券の場合は、この利払い日に利金が支払われます。

 

債券はあらかじめ発行の条件が提示されているので、自分の条件に当てはまるかを確認することができます。

 

2.債券投資で利益を出す方法

f:id:hironohikari0913:20170712135646j:plain

債券投資で、利益を出す方法を3つご紹介させて頂きます。

  • ①新規で発行された債券を満期(償還日)まで保有する方法
  • ②既に発行されている債券を購入して満期(償還日)まで保有する方法
  • ③購入した債券を満期(償還日)を待たずに保有する方法

 

以上の3つが主な債券投資の方法になります。

①から順番に詳しく見ていきましょう。

 

①は、新しく新規で発行された債券を購入して、債券価格が値上がりしたら償還期限を待たずに売却する方法です。

この場合は、元本と償還までの利息がもらえます。

 

②は既に発行されている債券の価格が下がったところを見計らって購入し、償還まで保有する方法です。

この場合は、購入価格と償還金額の差益と償還までの利息がもらえます。

 

③は新規で購入し、債券価格が上昇した場合に売却する方法です。

値上がり益と売却までの利息が得られます。

 

以上のように、債券投資では主に3つの方法で利益をあげることができます。

 

3.債券の種類

債券には、さまざまな種類があります。

国内債券や外貨建ての債券はもちろん、割引債や利付債などもあり、自分の投資スタイルにあった債券を見つけることが大切です。

 

債券の種類の中でも代表的な債券について紹介をしていきます。

 

3-1.利付債

利付債とは、読んで字のごとく「利」がついている債券になります。

利付債とは、毎年定められた日に利息が支払われる債券になります。

 

この利付債には、①固定金利型と②変動金利型があります。

利付債

固定金利

一般的に、1年に2回発行時に決められた利息が支払われる

変動金利

決められた期間ごとに金利を見直す

 

3-2.割引債

割引債とは、償還日までの利息の価格を織り込んで発行する債券になります。

金利の受取がない分、購入価格は低く設定されています。

 

例えば、額面10万円の債券を発行時に5万円など割り引いて販売します。

償還時には5万円の利益が得られるため、「発行価格と償還金額の差」が投資家の利益になるというわけでうす。

 

利率がつかないため、「ゼロ・クーポン」とも呼ばれています。

償還期日まで10年~20年ほどの長い期間のものが多いため、中長期で効率よく運用したい人におすすめの債券になります。

 

3-3.仕組債

仕組債とは、金利先物や株式先物、通貨オプションなどデリバティブを利用した債券になります。

普通の債券にはない「仕組み」のある債券になり、リターンを求める投資家におすすめの債券になります。

 

仕組債は主に海外で発行され、日本国内では証券会社などが「外国債券」として販売されていることがほとんどです。

 

仕組債の主な種類

  • ・二重通貨(デュアル・カレンシー)債
  • ・リバース・デュアル・カレンシー債
  • ・インデックス債、リンク債

 

続いて、仕組債の主な種類を詳しく見ていきましょう。

 

3-4.二重通貨(デュアルカレンシー)

デュアル・カレンシー債券とは、2種類の通貨を使用した債券になります。

元金の支払い、金利の支払い、償還金の支払いには2種類の通貨が使用されます。

 

現在、国内で販売されているデュアル・カレンシー債は、最初の払込に円を使用し、利息も円で受け取り、償還の際の元本の金額を外貨で受け取るというものです。

 

この場合、償還時に当初の支払いの際よりも円安になっていれば、為替差益が得られます。

反対に円高になっていれば、為替差損を被る恐れがあります。

 

3-5.リバース・デュアルカレンシー債

リバース・デュアルカレンシー債とは、利息の支払いだけを外貨で受け取るというものです。

払込は円で行い、利息の受取を外貨、償還金額は円で受取ります。

そのため、為替のリスクは利払い部分だけに限定されます。

 

このリバース・デュアルカレンシー債は、NZドルや豪ドルなど高金利通貨が利払い通貨として人気があります。

 

3-6.インデックス債、リンク債

債券の中には、株式指標や商品相場に連動させる債券などがあります。

「インデック債」とは株式指標に連動させる債券で、「リンク債」とは外国為替やオイルなどの相場の変動によって利率や償還金額を変動させる債券となっています。

 

インデックス債は、株式相場が上昇すると考えられた際に、株式を購入する代わりに日経平均連動債などの購入が行われます。

 

リンク債は、石油会社が原油価格が上昇する際には利払いの支払額を減らします。

投資家がリンク債を購入する際は、原油価格が上昇しない局面の場合に行うと高い金利が得られるでしょう。

 

4.債券価格の変動の理由

f:id:hironohikari0913:20170712135709j:plain

債券の価格も、株価など他の金融商品と同様に価格が変動します。

一般的には、金利が上昇した場合、債券価格は下落します。

反対に金利が下がった場合、債券価格が上昇します。

 

株価とも関係があると言われていて、株価が上がる場合は債券価格は下落し、株価が下がる場合には債券価格は上昇します。

 

景気とも関係があり、景気が悪い場合は債券価格は上昇します。

逆に景気が良くなると債券価格は下落するともいわれています。

 

5.債券の前に知っておくべきポイント

債券の中には、発行量や流通量が少なく、売買することが困難な場合もあります。

償還までの期間が長い債券ほど債券価格の変動が大きいなど、債券の購入前には知っておくべきポイントがあります。

 

購入前に知っておくべきポイント

  • ・債券の購入や売却が簡単にできるか?
  • ・償還までの期間が長いか短いか?
  • ・債券の発行団体の信用力はどれくらいか?
  • ・価格が公正かどうか?

 

購入前に上記の確認が必要です。

発行団体の信用力などは、格付け会社などで投資適応銘柄かどうか、もしくは国や国際機関などの信用力の高い機関が発行したものかどうかが重要です。

 

6.税金について

f:id:hironohikari0913:20170712135736j:plain

債券には国内債券と外国債券があります、今回はこの2つを分けて説明していきます。

まずは、国内債券の税金について進めていきましょう。

 

国内債券をさらに①利付債と②割引債に分けます。

 

国内債券の税金

利付債

税金

割引債

税金

利子

源泉徴収(申告無し)もしくは

申告分離課税(利子所得)税率20.315%

償還差益

売却益

申告分離課税

税率20.315%

償還差益

売却益

申告分離課税(譲渡所得)

税率20.315%

 

 

 

国内債券で節税

国内債券は、確定申告をすることによって損益通算ができます。

「債券同士、株式、投資信託」などの売買損益や償還差益、利子、配当などと損益通算が可能です。

 

投資で損失が出た場合は、損益通算を行うことで節税効果があります。

 

外国債券

外国債券には円建ての外債(サムライ債)と外貨建債券の2種類あり、それをさらに利付債と割引債に分けて考えます。

 

外国債券の税金

外国利付債

税金

外国割引債

税金

利子

申告分離課税(利子所得)20.315%

償還差益

売却益

申告分離課税

税率20.315%

償還差益

売却益

申告分離課税

税率20.315%

 

 

 

一部の発展途上国の債券には、確定申告を行うことで「みなし外国税額控除」の適用があります。

 

外国債券で損益通算

外国債券と株式などは、特定口座ないで保有している場合は損益通算されます。

 

7.債券商品一覧表

実際に債券投資を行う場合、どのような債券商品に投資をすれば良いのでしょうか?

購入可能な債券商品の一覧を見ていきましょう。

 

代表的な債券商品一覧(2017年7月12日)

銘柄

利率

通貨

残存年数

販売価格

利回り

販売単位

個人向け国債3年・5年

0.05%

3年

100

0.05%

1万円

米国国債 ストリップス債券

0%

ドル

4年

100

1.60%

100ドル

米国国債 ストリップス債券

0%

ドル

12年

100

2.31%

100ドル

欧州復興開発銀行

8%

トルコリラ

1年

1000

10.24%

1000トルコリラ

フランス国債

0%

ユーロ

42年

41.121

2.099%

10万ユーロ

オーストラリア連邦国債

4.75%

豪ドル

9年

120.414

2.392%

2万ドル以上10万ドル単位

 

以上が現在販売中の債券になります。

さらに詳しく見ていきましょう。

 

債券を購入する際には、金融機関などで以上の表を見て銘柄を選択します。

ここで見るべきポイントが「利回り」になります。

 

債券は、あらかじめ利率が決められて発行されますが、利回りとは、最終的に償還まで保有した場合、結局どのくらいの利率で運用できたかを見る数字になります。

 

つまり、利率よりもむしろ利回りを重視した方が良いでしょう。

オーストラリア連邦国債を見てみると、利率は4.57%になっていますが、利回りは「2.392%」です。

 

この利率というのは、販売価格が100の新規発行とした場合の数字になります。

債券価格が120にまで値上がりしているので、20も高い価格で購入することになるので利回りは2.329%になるということです。

 

販売価格

販売価格は、日々変動します。

この販売価格は①金利、②為替、③物価、④景気などによって変化します。

 

8.債券投資が向いている人

債券投資が向いている人とはどんな人でしょうか?

債券の特徴を踏まえて、債券投資が向いている人の特徴を挙げてみました。

 

債券投資が向いている人の特徴

  • ・長期の運用がいい人
  • ・リターンをそれほど求めない人
  • ・安全性を重視する人
  • ・自分なりの投資計画を立てている人
  • ・投資に時間をかけることできず、頻繁に売買をしない人
  • ・サラリーマンなど兼業投資家
  • ・元本割れが嫌な人

 

上記の項目に多くあてはまるほど、債券投資に向いていると言えるでしょう。

 

9.債券のリスク

堅実に運用できる債券投資にも大きく4つのリスクがあります。

続いて、4つのリスクについて表にまとめてみましたのでご覧ください。

 

リスク

内容

信用リスク

債券を発行する団体の破綻や倒産リスクになります。財政難に陥った場合は、利子の支払いや元本の払い戻しが滞ったり、最悪の場合は投資金が戻ってこない場合もあります。

価格変動のリスク

償還まで保有せず、売却する場合には、債券価格の変動により購入価格よりも安い金額で売却することもあります。

為替変動のリスク

円債では影響がありませんが、外貨建ての債券の場合は償還時や換金時の為替レートによって損益が発生します。

流動性のリスク

債券を売却したい場合に、買い手がつかなく売却できないケースがあります。

 

いかがしたでしょうか。

この記事が皆様の一助になれば幸いです。

著者:hironohikari

前職では大手証券会社のコンサルティング業務に携わり、現在は金融ライター兼トレーダーとして活動しています。皆様のお役に立てる情報を発信していきたいと思います。

無題ドキュメント