副業で稼ぐために大切な4つの心構え

「副業をしたい!」と思う人は多いでしょう。

今の本業にプラスして10,000円でも稼げたら良いですよね。

外食の回数を増やせたり、普段の昼食を少し豪華にすることができます。

 

一方で、副業で継続して稼げる人はそう多くありません。

また、稼げる額が小さくてあまり生活の足しになっていない人もいます。

そういう人の多くは、副業に対する意識・マインドに問題がある可能性があります。

 

それでは、副業を始める上で持って置くべき心構えについて見ていくことにしましょう。

 

目次

 

【副業をするために大切な心構え1】本業のように副業をする

f:id:sayaymmt:20170622172618j:plain

副業は本業とは別に、一つもしくは複数の仕事をすることです。

本業の仕事は通常日中の時間帯に行いますから、副業は必然的に出社前、もしくは出社後に行う必要があります。

 

ここで、副業に対して持っていてほしい心構えがあります。

それが「本業のように副業をする」です。

 

これはとても大切なことで、多くの人が副業という名前から「 本業よりも力を抜いてもいい」と考えることがあります。

 

しかし、副業も本業と同様に仕事であり、本来力を抜いてはいけないのです。

副業といえど、自分の時間を投資し、集中して仕事を行う必要があります。

これができなければ、副業でお金を稼ぐのは難しいでしょう。

 

片手間で稼げるほど楽ではない

副業には様々なものがあります。

アフィリエイト、転売、ライターなど。

どれも初心者でも始めることができる副業です。

パソコンやスマホがあればできてしまうので、多くの人が始めます。

 

ただ、副業で稼ぐ、それも生活費のプラスになるほど稼ぐとなると、それなりの勉強と投資が必要です。

場合によっては教材を買うこともあるかもしれませんね。

まさに本業のように働くのです。

 

片手間で稼げると思っている限りは、どれをやっても失敗することは間違いないでしょう。

投資を惜しんだり、時間を他のことに使ってしまったりと、ダラダラと時間を過ごしてしまうかもしれません。

 

時間を注げないなら本業に注力したほうがいい

副業でお金が欲しいと思っていても、行動や思いが伴っていなければ結果を得ることは難しいでしょう。

 

仕事で疲れて、ダラダラと時間を過ごしてしまっている。

それは言っていることとやっていることが矛盾していますよね。

 

副業に対して時間を注げないのであれば、本業の勉強をした方が稼げるでしょう。

仕事の効率化を考えたり、資格の勉強をしたりする。

そういう時間の使い方の方が自分のためにもなるでしょう。

 

副業は決して怠けてお金を稼げるものではありません。

本業と同じように考えて行動し、働くことでお金がついてくるものです。

まずはこのことを頭にいれておいてくださいね。

 

【副業をするために大切な心構え2】時間をコーディネートする

f:id:sayaymmt:20170622172759j:plain

先に述べたように、副業をする時間は日中の本業以外の時間帯になります。

多くの人は朝が慌ただしく、通勤の関係もありますから、副業をするなら夜になるのかもしれませんね。

この時間をいかに捻出できるかが副業では大切です。

 

例えば仕事が終わってから、同僚や上司と飲みに行く習慣があるとします。

そこで何かを得られるのであれば非常に有意義なものですが、もしかしたら仕事の愚痴で終わってしまう場合もあるかもしれません。

それは、とてももったいない時間の使い方です。

 

1日の時間の使い方をコーディネートする。

これが副業をする上でとても大切な心構えです。

仕事が忙しくても自分の時間を確保することができれば、1年後10年後の結果が大きく変わるでしょう。

 

浪費と投資を時間に対しても考える

浪費とは、なんの見返りもないものにお金や時間を使うことです。

一方で、投資は将来のリターンがあります。

このつの使い方を普段の生活の中で意識することが大切です。

 

今の時間の使い方はどちらが多いでしょうか。

例えば上司との飲みで仕事で有意義なことを学べるのであれば、それは投資になるでしょう。

仕事の効率が上がり、知識が増えるなど自分の将来の役に立つことがあれば、それは投資です。

 

一方、飲み会の内容が終始愚痴で終わり、なんの発展性もないまま酔って終わる。

それはただの浪費です。

飲み代も数千円と安くありませんから、かなりもったいのない浪費といえるでしょう。

 

数千円あれば副業のための本を買うなり、セミナーに行くことができます。

そこで会う人がさらに良い情報を提供してくれることもあるでしょう。

仕事の飲み会と同じ値段でも、将来への影響度が異なります。

 

自分が時間の使い方をコントロールする

人は流されやすい生き物です。

上司に飲み会を誘われれば、断れないのが常かもしれませんね。

ただしそういう時間の使い方をしていれば、将来も変わらずに上司と愚痴の飲み会をすることになります。

 

副業をしてお金を稼ぎたいと思うのであれば、自分の時間を自分でコントロールしなければなりません。

時間でもいいので、時間を捻出する。

それは飲み会を断るだけでも、すぐに作り出せるのです。

 

まずは、一歩踏み出す勇気を持って、普段と違う行動を選択してみることが大切です。

そうすることで少しずつ時間の使い方が変わり、生活が変わってきます。

それを毎日続けていると、大きな変化を起こすことができるでしょう。

 

【副業をするために大切な心構え3】継続する

f:id:sayaymmt:20170622172930j:plain

副業において最も大事なことは、「継続」です。

継続こそ結果を得るために必要なことであり、これ無くしてお金を稼ぐことは難しいでしょう。

 

副業の場合、結果が出るまで時間がかかることがほとんどです。

それはヶ月やヶ月で出るものもあるかもしれませんが、大きな額を得るためには半年以上の継続が必要でしょう。

 

しかし、多くの人は結果が出ないうちに副業を止めてしまいます。

お金を稼ぐことができない原因は継続していないだけなのにもかかわらず、副業を継続していくことを諦めてしまうのです。

これはもったいのないことでしょう。

 

副業のスキルや報酬というのは一次関数的な推移ではなく、二次関数的な水位です。

つまり、最初のうちは全く芽が出ませんが、時間をかけて継続するほど伸びて行くのです。

 

副業を継続できない理由

本業の場合、9時から18時という決まった業務時間があります。

会社へ行き、同僚や上司と仕事をする。

こういうルーティーンや環境があるから、人は仕事を続けることができます。

 

一方で、副業は誰の束縛もありません。

出社時刻や退社時刻があるわけでもなく、同僚も上司もいません。

束縛する人がいないということが、副業を継続できない最大の理由と言えるのです。

 

誰の束縛もない仕事は、心に緩みを生み出します。

「今日は仕事で疲れているから副業はしない」

「昨日頑張ったから今日は何もしない」

確かに休むことは大切ですが、それが引き金となって副業がストップしてしまうこともあるでしょう。

 

副業を続けるためには、自分を律する必要があります。

例えば、仕事から帰ってから20時には絶対仕事をするとします。

こういう習慣を身につけるまで、副業が軌道に乗ることはないでしょう。

 

どうして副業をする?

後述しますが、副業を継続するためには目的が必要です。

つまり「どうして自分は副業をするのか」ということです。

この目的が明確化していなければ、いずれダラけてしまうでしょう。

 

副業をする目的は人それぞれです。

また、目標とする額も人それぞれです。

10,000円だけでもプラスしたいのか、それとも本業を辞められるほど稼ぎたいのか。

その目的は人によって様々です。

 

この目的意識をきちんと自覚するだけでも、副業に対する姿勢が変わります。

目的意識を持っている人は日頃の生活にメリハリがなく、ダラけている時間が多いかもしれません。

 

【副業をするために大切な心構え4】目的を持つ

f:id:sayaymmt:20170622173119j:plain

副業に対するモチベーションを保つためは目的を持つことが大切です。「なんおために副業をするのか」...このことを自分の中で深く考える必要があります。これはとても大切なことなので、副業を始める前にやることをおすすめします。

 

「お金が欲しい」と思う方は多いでしょう。

しかし、この思いは具体的にどういうことなのか、それを考えてみてください。

お金が増えることは確かにうれしいですが、稼いだお金を何に使うかまで想像するのです。

 

「服が欲しい」とか「新しい家電が欲しい」、「バッグが欲しい」というような物質的な欲求もあれば、「仕事を辞めたい」といった現在の現状を変えたい願望が出てくるかもしれません。

 

思いが強いほど、副業に対する姿勢は変わります。

時間の使い方や人間関係も変わるかもしれませんね。

ただ「お金が欲しい」だけだと目的意識が薄く、続かない可能性があるでしょう。

 

どういう生活がしたいかを考える

自分が副業をすることで得られるお金をどう使うか。

それを一度考えてみましょう。

 

先に述べたように物質的な欲求があるかもしれませんし、生活の質の向上が目的の人もいるでしょう。

 

ただ、それを具体的に想像している人は少ないかもしれません。

例えば欲しいものを手に入れた時、自分の生活はどう変わっているのか。

どんな気分でいるのか。

こういうことをきちんと考えているでしょうか。

 

もし考えていないのであれば要注意です。

それを手に入れたとしても、すぐに気持ちが冷めてしまうからです。

そして、また次の欲しいものを求めてお金を浪費してしまうでしょう。

 

自分が心のそこから欲しいもの、得たい生活を考えなければ副業は続きません。

強い目的意識こそが継続の原動力であり、モチベーションを維持するものだからです。

ただ漠然とお金が欲しいと思っているのであれば、じっくりと自分のことを考えてみましょう。

 

節約がいい場合もある

お金を増やすよりお金を使わず貯める方が合っている人がいます。

それは家計簿を見るとすぐわかるのですが、浪費癖がある人が副業をやっても、結局お金は増えないのです。

 

例えば本業の月収は30万円で、副業で10万円稼ぐとします。

毎月使う額は35万円だったら、残りは5万円ですよね。

一方、月収25万で毎月使う額が20万円でも、5万円節約して15万円にした場合、手元に残る額は10万円です。

 

お金を残す意味ではどちらのアプローチでもいいでしょう。

副業が苦手な人でも無駄な出費を見直して、節約することはできるかもしれません。

人それぞれ得意な方でやってみることをおすすめします。

 

すぐに手に入るものに継続性はない

副業ではしばしば「片手間で楽に稼げる」というイメージを持っている人がいます。

誰でも簡単に始められるのは確かですが、そんな簡単に稼げることはありません。

 

副業でも覚えることはたくさんありますし、毎日継続してスキルを上げていく必要があるでしょう。

筋肉のように毎日鍛えて初めて、力がつくというものです。

 

また、簡単に手に入るものには継続性はありません。

一時的にお金が入ったとしても世の中は常に移り変わるので、すぐにスキルが使えなくなるということもあります。

 

継続性のある利益を得るためには、本業と同じかそれ以上に副業に打ち込み、自身のスキルを上げて継続するしかないでしょう。

ライバルも多いですから、強い精神力も必要とされます。

 

「継続」だけでも強みになる

反対に言えば、継続できているだけでもそのほか大勢の人より、一歩進んでいると誇っていいかもしれません。

「三日坊主」という言葉があるように、結果が出ないままやめて行く人が多いのも事実です。

 

例えば、アフィリエイトなどでは結果が出るのが数ヶ月先というケースが多々あります。

数ヶ月間、先の見えない状態を続ける精神力がある人はそう多くありません。

 

しかし、そのトンネルを抜けた人が副業で成果を出せるのも事実です。

それは日々の改善と改良もそうですが、何より続けてきた結果といえるでしょう。

何よりも継続が大切なのです。

 

1mmでもいいから進み続ける。

分でもいいから毎日勉強をする。

そうすることで、年後や10年後の結果が大きく変わるのです。

 

まとめ

インターネットの発達により、副業が簡単にできる世の中になりました。

このことは誰にもチャンスがあり、本気で打ち込めば本業以上の報酬を得られることもあるでしょう。

 

一方で、結果を得るためには自身の心構えを変えていく必要があります。

サラリーマンの常識とはまったく違う常識が副業にはありますから、まずはそれに慣れなければなりません。

 

ただ、その常識は続けて行くことで徐々に体に染み付いてきます。

そうすると、自分の時間をコントロールできるようになり、より大きな結果を手にいれることができます。

まずは副業に対する心構えを考えてみてくださいね。

無題ドキュメント