販売手数料無料!?ノーロード投資信託の魅力と注意点

投資信託の商品を探している時に、「ノーロード(販売手数料無料)」という言葉に惹かれた経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

良い運用成果を目指す上で、投資にかかる費用を抑えることはとても重要ですから、販売手数料無料のノーロードファンドは魅力的ですよね。

しかし商品によっては、その魅力の裏に思わぬ落とし穴が隠れていることもあります。今回は、投資初心者の方向けに、ノーロード投資信託のメリットと気をつけていただきたい点についてご説明します。

f:id:sugar07:20170512182256j:plain

投資信託運用にかかる費用とは?

ノーロードファンドについて理解を深めるために、まず投資信託にかかる費用についておさらいしておきましょう。

投資信託を購入し、保有、解約という一連の過程でかかる主要なコストは、以下の3つです。

  • ①販売手数料
  • ②信託報酬
  • ③信託財産留保額

 

①販売手数料

投資信託を購入する際に、投資信託の販売会社に対して支払う手数料です。

「買付手数料」や「購入時手数料」と呼ばれることもあります。

投資信託を購入する金額の1~3%程度が一般的です。

②信託報酬

投資信託の運用や管理のためにかかる費用です。

投資信託を保有している期間中ずっと発生するコストで、投資信託の目論見書には「年率○%」という形で表記されており、日割り計算されて信託財産から差し引かれます。

③信託財産留保額

投資信託を解約する際にかかる費用。

解約の際にはファンドの組入資産の一部を売却する必要があり、その際にかかるコストを解約者に負担してもらうことで、他の保有者に影響が出ないようになっています。

 

この3つのコストの中で、どんな投資信託であっても必ずかかるコストが信託報酬です。

販売手数料は同じファンドであっても販売会社によって異なり、全くかからない場合もあります。

また、信託財産留保額はファンドごとに定められていますが、かからないファンドも多くなっています。

 

ノーロードファンドの魅力

f:id:sugar07:20170512182322j:plain

前述した通り、投資信託にかかる主なコストは3つありますが、その中の「販売手数料」が無料のものをノーロードファンドと呼びます。

販売手数料はファンドの種類や購入する場所によって大きく異なりますが、3%程度かかることも少なくありません。

販売手数料が全くかからない場合と3%かかる場合とでは、運用成果が同じだったとしても得られるリターンには大きな差が出ます。

 

例えば投資金額が100万円だったとすると、手数料がかからない場合はその100万円を丸々運用するお金に充てることができます。

しかし、購入時に販売手数料が3%かかった場合は、実際に運用に充てられる金額は97万円となり、運用のスタート時点で3万円もの差が出ることになるのです。

毎年同じ金額を投資していったとすると、手数料分が数年後にはより大きな差となることは明白ですよね。

 

不要なコストを抑えることは、投資信託に限らず投資全般で重要なこと。

だからこそ、初期コストが不要なノーロードファンドは魅力的な商品と言えます。

購入時に手数料がかからなければ、「手数料分を取り返すまでは、解約できない…」という心理状況に陥る心配もなく、他のファンドへの切り替えがしやすいのもメリットですね。

 

ノーロードファンドはどこで購入すれば良い?

ノーロードファンドは、銀行や証券会社の窓口に比べ、ネット証券での取扱いが多い傾向にあります。

これは、ネット販売であれば窓口での販売に比べて人件費などのコストを抑えることが可能なためです。

販売にかかるコストを抑えられるから、その分手数料を安くできるというわけですね。

 

ネット証券ではノーロードで販売されている商品なのに、銀行や証券会社では高い販売手数料がかかる…ということはよくあります。

もちろん、窓口の担当者に相談できる安心感があるなど、窓口を選ぶメリットもありますが、同じファンドであれば手数料がかからない方が良いという方も多いと思います。

「絶対に窓口が良い!」という方でなければ、購入してみたいファンドを見つけたらまずはノーロードで販売されている所がないかネットで探してみることをオススメします。

 

またネット証券の中でも、ノーロードファンドの取扱い本数には当然ながら差があります。

そのため、どのネット証券で口座を開設するか迷った場合には、ノーロードファンドの選択肢が多いかどうか、という点を1つのチェックポイントにしても良いかもしれませんね。

 

ノーロードなのに、コストが高い!?

f:id:sugar07:20170512182337j:plain

とても魅力的なノーロードファンドですが、実際に購入する際には気をつけていただきたいこともあります。

それは、ノーロードファンドで無料になるのは「販売手数料のみ」だという点。

つまり、販売手数料は無料でも、他の手数料が高く設定されていれば、トータルでのコストが高くなってしまう場合もあるということです。

 

例を挙げて考えてみましょう。

販売手数料が1%、信託報酬が年率2%のAファンドと、販売手数料が3%、信託報酬が年率0.5%のBファンドがあるとします。

それぞれ10年間運用したとすると、トータルでかかるコストはAファンドが21%、Bファンドが8%となります。

 

このように、長期保有することを考えると販売手数料よりも信託報酬が大きな負担となることが多くなります。

購入時の費用を抑えることはもちろん大切なことなのですが、ノーロードということだけに固執せず、運用する期間のトータルでかかるコストを考えることが重要です。

ノーロードでお得だと思って購入したのに、実は信託報酬が高くて費用がかさんだ…なんてことにならないよう注意して下さいね。

 

ノーロードファンドで賢く積立投資!

f:id:sugar07:20170512182351j:plain

20代、30代の方であれば、まとまった資金で投資信託を購入するよりも、毎月少額を積み立てていく投資方法を選択する方が多いでしょう。

ノーロードファンドは一括購入だけでなく、積立投資にもメリットが大きい商品です。

 

ここでも例を挙げて考えてみます。

月々2万円を積み立てるとして、販売手数料が3%の商品だった場合、手数料額は1ヶ月に600円、1年間で7,200円になります。

10年積立を続けたとしたら、販売手数料だけで72,000円もかかってしまいます!

ノーロードの商品であればこれをゼロにできるわけですから、積立期間が長くなる程、ノーロードファンドのメリットが活きてくると言えますね。

 

そして全体のコストを考える上で注目したいのが、ノーロードのインデックスファンドです。

投資信託には、特定の指数と連動した値動きを目指すインデックスファンドと、市場平均以上の運用成果を目指すアクティブファンドがあります。

一般的にインデックスファンドはアクティブファンドに比べて、運用費用が安い場合が多く、ノーロードのインデックスファンドも多くなっています。

適している投資商品や投資方法は人それぞれですが、費用を抑え、堅実な投資を目指すのであれば、ノーロードのインデックスファンドで積立という方法も選択肢に入れたいですね。

 

まとめ

投資信託を購入する上で、避けて通れないコストの問題。

少しでも不要な費用を削り、運用成果への影響を抑えたいと考える人が多い中で、ノーロードファンドへ注目が集まっています。

 

賢く投資をしていくためにも、気になっているファンドがある方は、ノーロードで販売されている所がないかぜひチェックしてみて下さい。

またこれから投資信託を購入する方で、ノーロードの中から投資する商品を探すという人は、信託報酬が高すぎないか確認することを忘れないで下さいね。 

著者:sugar

元銀行員。主に資産運用窓口で働いていました。お金に関する基本的な知識を、分かりやすくお伝えできるような記事を書いていきたいと思います。

無題ドキュメント