読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誕生月でポイント大幅アップのライフカード!誕生月に集中して使うとお得

f:id:tossikun:20170418142005j:plain

誕生月のポイントが大幅にアップすることで有名なクレジットカード「ライフカード」。誕生月に利用することで通常の5倍のポイントを取得することができます。(2017年7月以降加入の場合は3倍)
誕生月に大きな買い物を集中的にすることで、節約効果を高めることができ、お得です。またライフカードは誕生月以外にもステージ制度という、利用金額に応じたポイントの付与率がアップする制度が存在します。
使い方次第で高い還元率での買い物ができるライフカード。今回はそんなライフカードの特徴や2017年7月に改正されるポイント制度についての情報をご紹介していきます。

誕生月で付与されるポイントが5倍になる

f:id:tossikun:20170420110210j:plain

ライフカードといえば誕生月の大幅ポイントアップが有名で、誕生月にカードで買い物をした場合、通常の5倍のポイントを取得することができます。
通常1,000円買い物すると1ポイント。Amazonギフト券で計算した場合(1,000ポイントで5,000円分)5円相当なので、還元率は0.5%です。しかし誕生月に買い物をすると1,000円買い物するごとに5ポイント取得することができるので、25円相当となり還元率は2.5%にもなります。
0.5%の還元率は比較的一般的な還元率なので特にうまみはありませんが、2.5%となるとそうそうない還元率。

誕生月だけこのカード使ってもお得に買い物ができます。

ステージ制度を使って還元率をアップ

ライフカードにはステージ制度というポイントを底上げできる制度が存在します。年間利用額に応じて付与されるポイントがアップしていき、最大で付与されるポイントが通常の2倍にまでなります。
基本的にポイントは1,000円使うごとに1ポイントで、還元率は0.5%。ただし初年度はポイントが1.5倍付与されるので、還元率は0.75%となります。
ステージ制度では年間利用額が50万円から150万円までで1.5倍(0.75%)。200万円を超えると2倍(1%)となります。
2017年7月以降の新制度ではさらに新しいランクが追加され、100万円以上、200万円未満で1.8倍(0.9%)のポイントが付与されるようになります。
公共料金などの固定費を引き落としたりと、生活費のメインカードにして利用額をアップさせていけば、高い還元率を実現できるカードです。
ただしオリコカードなど通常で1%の還元率のカードも複数あるので、還元率だけでライフカードを選択することはおすすめしません。

ポイントは電子マネーをはじめさまざまな商品に交換できる

f:id:tossikun:20170124161442j:plain

たまったポイントはAmazonギフト券やJCBギフトカードなどと交換できるほか、食料品や電化製品などさまざまなものと交換することができます。
また慈善事業への協力ができるプログラムも用意されているので、ポイントを寄付することで東日本大震災復興義援金などの支援活動に協力することもできます。

ポイントの有効期限は最長5年

ライフカードの有効期限は基本2年間ですが、サイトでポイント期限の延長手続きをすることで5年間まで延長することができます。
ポイントを保持できる期間が長いので、ポイントが中途半端な値で欲しい商品がないということや、ポイントのために急いで買い物をすることを避けることができます。

L-Mallを経由して買い物をするとポイント最大25倍

f:id:tossikun:20170413135446j:plain

ライフカードが運営するLIFE-Web Deskという会員限定のショッピングサイトを経由して、提携している大手通販サイトなどで買い物をすると、ポイントが最大25倍たまります。
提携先のサイトはYahoo!ショッピングやベルメゾンネット、ニッセン、Amazonなどで、多くの人気通販サイトが提携しています。
ポイントの還元率はショップごとに設定が異なり、2倍から最大25倍までとさまざまです。時期によって還元率が変わることもあり、タイミング良く買い物をすることができれば、相当お得な買い物をすることが可能です。

2017年7月から新しい制度がはじまる

ライフカードは2017年7月から新しいポイント制度に移行します。主な新制度は以下の通りです。


・ステージ制度にポイント1.8倍の新しいステージが登場
・ポイントで交換できる商品に築地のお取り寄せ商品が追加される
・その他交換特典の充実(予定)
・誕生月のポイントが5倍から3倍に下がる
・楽天Edy、nanacoなどへの電子マネーチャージにポイントが付与されない
・JCBギフトカード購入のポイントが付与されない
・Amazonギフト券など金券で10,000円以上のものが廃止
・家族間でのポイント進呈廃止
・ANAマイレージクラブなどの交換レートが変更に

残念な制度改正が目立つ

誕生月のポイントが5倍から3倍に下がってしまうことはなかなか残念です。2017年7月以降に入会した場合は最初から誕生月のポイントは3倍ですが、それ以前に入会した人は2018年3月まではポイント5倍です。
2017年7月以前に入会できた場合は、最後の5倍の機会を逃さないようにガッチリお買い物するようにしましょう。
10,000円以上の金券が廃止されるのも痛手です。高い金券になるほど1ポイントあたりの価格が高くなるので、高い金券へ交換するほどお得な仕組みでした。これによりポイントを貯めておいて高額な金券に交換するという手法が使えなくなってしまいました。
そのほか家族間で分け合う仕組みや、レートの変更など、お得な制度が少なくなってしまった印象が否めません。

ただし改良された点も

新しい制度として改良された点としては、年間の利用額に応じてポイント還元率がアップするステージ制度に新たなステージが追加されたことです。

新しいステージは年間利用額100万円以上200万円未満の会員に適用され、いままでは1.5倍だった倍率が1.8倍に変更されます。

年間50万円以上利用している会員のうち、100万円以上利用していた7割程度の人々が恩恵を受けられることになりそうです。
またポイントで交換できる商品が拡充され、築地の新鮮な魚介がお取り寄せできるようになります。築地のお取り寄せのほかに、今後も交換商品を拡充していく予定とのことなので、さらに多様な商品がポイントでゲットできるようになるはずです。

誕生月だけはライフカードを使うとお得

還元率が1%を超えるクレジットカードが複数あるなか、あえてライフカードを選ぶ理由は少ないかもしれません。

利用金額をアップさせていけば還元率が1%に届くこともありますが、年会費無料で利用金額0円でも高還元率であるカードと比べるとそれほど大きな魅力ではないでしょう。
しかしライフカードの特徴はやはりなんといっても誕生月の高還元率。2017年7月からは(2017年以前に加入した人は2018年4月から)取得できるポイントが3倍に下がってしまいますが、それまでは5倍という高還元率でお得な買い物が可能。

誕生月だけはこのカードを使ってガッツリ買い物をするという方法が一番得をできる使い方です。

メインカードとして使う場合はステージ制度とL-Mallを有効活用する

ライフカードをメインカードとして使いたい場合はステージ制度を有効活用して、なるべく高還元率でカードが使えるようにしていくといいでしょう。

通信費や光熱費、固定費などをカードで引き落とすだけでも1.5倍になるステージに比較的容易に上がれますし、食料品や日用品もカード支払いにすることでさらにステージをアップさせていくことが可能です。
またネットショッピングをする場合、必ずL-Mallを通して買うようにすればさらにポイントが貯まりやすくなります。

まとめ

・ライフカードは誕生月に使うとお得なカード
・ポイントの有効期限は最大5年なのでゆっくりとポイントをためられる
・ポイント還元率をアップさせるにはステージ制度を利用する
・L-Mallを経由してネットショッピングすることでお得にポイントを取得できる
・2017年7月入会以降は新しい制度が適用になるので注意

[PR]ライフカードを選ぶならこちらから

クレジットカード比較情報.com

ライフカードを始めとした多くのクレジットカードの情報ならクレジットカード比較情報.com!ポイント還元率や年会費などの情報も満載!

クレジットカード比較情報.com

無題ドキュメント