【FX高勝率トレード戦略】初心者必見!ダブルストキャステックス戦略とは?!

f:id:yuta_summer:20170405223834j:plain

日頃からトレードをしていると、様々なトレード戦略を目にする機会がありますよね。

ボリンジャーバンドや移動平均線、MACDや一目均衡表。

トレードの世界には多くの指標が存在しており、さらにその設定値も様々であることから、時としてトレーダーはどの戦略を使えばいいのか迷ってしまいます。

 

今回は無数にある戦略の中から、比較的勝率の高いモメンタム戦略をご紹介したいと思います。

ボラティリティブレイクアウトなどと違い、一回に取れる利益はそれほど多いわけではないですが、高勝率のセットアップが可能です。

 

目次

 

1.高勝率の結果を出すトレードがある!

この記事を読まれている方はFXの初心者もしくはこれから始める方、なかなか思うように結果が出せていない方だと思います。

今まで色々な方法を試したけどダメだったというなら、ここでしっかり学んでください。また、これから始めるという方でも理解できるようにできるだけ簡単に説明していきます。

 

そもそもトレード戦略を構築する目的はなんでしょう?もちろんトレードで勝つためですよね。

取引画面を開いて買いか売り、毎回感覚に任せてやっていてはいつか必ずと言っていいほど大損する日がやってきます。私も証券会社に勤務をし始めた頃は右も左も分からず、うまくトレードできなかった頃がありました。

しかし、しっかりとテクニカルを学んだ上でトレードを行えばある程度の勝率を収めることができます。

 

2.意外と難しい?トレンドフォロー戦略

筆者が証券会社に在籍していた時、上司から口すっぱく言われ続けてきた言葉があります。

それは「トレンドには逆らうな」です。

これはどういうことかというと、「いま価格がどちらに動いているかを見極め、それについていけ」ということです。

つまり、「逆張りをするな」という意味です。

 

しかしどういうわけか、私が注文を出すとそこが最高値で、注文を出してしばらくすると価格が下落することがよくありました。

上司に聞いても、「それはタイミングが悪いだけだ。」の一点張りで、明確な答えは返ってきませんでした。

 

トレンドが今どの位置にあって、それがトレンドの初期なのか、それともすでに最終段階なのか。

それがわからない限り、いつまた同じミスを犯すかわかりません。

 

一般的に、価格の動きがトレンドと言われるようになるまでにはかなりの時間を要することが多く、すでにトレンドの中盤もしくは終盤に差し掛かっているケースがしばしば見られます。

それでは、いくらトレンドに乗ってトレードを行っても、利益を得ることは難しいでしょう。

 

3.ダブルストキャステックス戦略とモメンタム

せっかくダブルストキャステックス戦略の説明を説明する前に、ストキャスティックスがモメンタム指標であることはご存知でしょうか。

ここではモメンタムについてしっかりと学び、次の章以降での学習をスムーズに行えるように準備をします。

 

※モメンタム:為替相場のトレンドの強さを把握するのに適したテクニカル指標

 

FXに限らず、マーケットがある世界には無数のモメンタム指標があります。

しかし、これらのほとんどの指標はチャートから読み取ることのできる始値、高値、安値、終値のデータに基づいています。

つまり、突き詰めてしまうと特に指標ごとに大きな違いはないのです。

 

モメンタム指標の例を挙げるとRSIやストキャスティックス、MACDなどが挙げられます。

しかし、セミナーやテクニック本などに書いてあるように指標が交差をし、シグナルを出したらトレードをするというスタイルで果たして本当にトレードで勝てるでしょうか。

初めてテクニカルを学んだトレーダーが陥りがちなのがモメンタム指標が転換するたびにトレンドも一緒に転換すると錯覚をしトレードを行ってしまうパターンです。

モメンタム指標と価格が逆行して動くことはしばしばあり、それにより損失を被るということは珍しくありません。

 

4.ダブルストキャステックス戦略で高勝率のトレードを実現しよう

ダブルストキャステックス戦略のキーワードは「2つの時間枠」です。

私たちは、トレンドの初期段階でトレードを行いたいのであって、最終段階でトレードを行って高値掴みをしたいわけではありません。

ストキャスティックスを使ってしっかりとトレンドの初期段階からエントリーをすることによって、高確率で勝つことのできるトレードを実現しましょう。

 

数あるモメンタム系トレンドの中で、ストキャスティックスを利用します。

なぜならストキャスティックスは、売られ過ぎや買われ過ぎが、全て数値となって出てくるため把握しやすいからです。

また、ストキャスティックスはファストラインとスローラインという2つのラインで構成されていますが、この2つのラインが非常に役立ちます。

スローラインは通常ファストラインの平均移動線で、モメンタムの変化より反応が遅くなります。

 

ファストラインがスローラインと交差することを「モメンタムが転換する」といい、モメンタムが変化していることを知らせるためのサインでもあります。

もしファストラインがスローラインを上に抜ければモメンタムが強気に転換したと認識し、ファストラインがスローラインを下に抜ければモメンタムが弱気に転換したといいます。

 

まず覚えておていただきたいのが、必ずしもモメンタム指標とトレンドが一致するわけではないということです。

モメンタム指標はあくまでモメンタムのトレンドを表しており、私たちは価格のトレンドを利用してしか利益を上げることができないということです。

 

ストキャスティックスとは、ジョージ・レインによって考案されたテクニカル分析の一つで、売られすぎ、買われすぎを判断するツールです。

主に70%以上が買われすぎ、30%以下が売られすぎと言われ、それぞれが80%以上、20%以下で指標が反転するようだとトレンドの転換になる確率が高いと言われています。

しかしここで注意していただきたいのが、トレンドがどちらか一方に続いた場合、ストキャスティックスは役に立たないということです。加減と上限が決まっているため、0%か100%に張り付いてしまうからです。

 

それを踏まえた上で、早速ダブルストキャステックス戦略を学んでいきましょう。

 

2つの時間枠を利用したストキャスティックス戦略のルール

ルールはたったの2つです。

 

・2つの時間枠のチャートを利用し、トレードの売りか買いは必ず長い時間枠のチャートの方向に合わせる

・短い時間枠のストキャスティックスが転換したらトレードを行う

 

ルール自体は非常に単純かつ簡単だと思われます。

しかし、私がこれまで試した様々なテクニカルに基づいた戦略の中でこれほど有効的な戦略はないかとおもいます。

では、ルールの中身を早速見ていきましょう。

 

・2つの時間枠のチャートを利用し、トレードの売りか買いは必ず長い時間枠のチャートの方向に合わせる

すでにモメンタム系のオシレーター(ここではストキャスティックスを指します)が、必ずしも価格のトレンドと一致するわけではないことを学びましたね。

しかし、ストキャスティックストレンドの転換点が価格トレンドの転換点となり、それがトレンドの変化になることもよくあります。

つまり、ストキャスティックスがモメンタムの転換サインを見せた際に価格が転換しない、いわゆる「ダマシ」に引っかからなければ良いのです。

 

そこで登場するのが、長い時間枠のストキャスティックスです。

長い時間枠とは自分の見ているチャートより一つ上の時間軸のこと、つまり日足チャートであれば週足チャート、週足チャートであれば月足チャートになります。

 

私たちがトレードをするのは、この長い時間枠のストキャスティックスの向かっている方向のみになります。

つまり、ストキャスティックスが上を向いていれば買い、下を向いていれば売るという、ごくシンプルな方法となります。

長い時間枠の価格トレンドになればなるほどダマシが少なく、トレードの勝率を高めることができます。

 

ここで2つの例外を紹介しておきます。

 

例外1.ストキャスティックスがすでに買われすぎ・売られすぎの水準まで来ているケース

20%や80%を超えている場合、価格の反転が近く行われる確率が高いため、トレードを控えなければいけません。

 

例外2.ストキャスティックスと価格トレンドの間でダイバージェンスが起きているケース

この場合は戦略自体が機能しなくなりますので、トレードを控えることで損失を回避することができます。

※ダイバージェンスとは、指標とトレンド価格が逆行すること。例えば価格は上昇トレンドを描いているのにストキャスティックスは下落しているなど。

 

このように長い時間枠のストキャスティックスの方向にトレードの売り買いを合わせることにより、今まで手を焼いていた「ダマシ」を回避できる可能性が高まります。

ただし、これはトレードを行うのではなくて、あくまで買いか空売りかどちらにするかの方向を示しているに過ぎません。

買いを仕掛けるタイミングに関しては、短時間枠のモメンタムの中で説明します。

 

・短い時間枠のストキャスティックスが転換したらトレードを行う

短い時間の枠ではトレードを執行するかどうかを決める判断材料を探します。

執行するタイミングは2つのモメンタムが同じ方向を示している時のみに絞ります。

そうすることによりストキャスティックスを1つの時間枠単体で利用する時よりも勝率が上昇します。

1つの時間枠しか考慮できないトレーダーは非常に不利な状況でトレードしていると思います。

なぜなら、ストキャスティックスのトレンドが転換することなく継続し程ても、その間に価格のトレンドの調整があったり、トレンドの動きが変化することもあります。

 

もし、取引中に価格のトレンドの中の調整が終わりそうだということがわかれば、それはトレードの大きな助けになるのではないでしょうか。

ダブルストキャスティックス戦略の中では短い時間枠のストキャスティックスが転換して長い時間枠のストキャスティックスと同じ方向になれば、トレードを執行するタイミングになります。

 

売却のタイミングとしては、短い時間枠のストキャスティックスが反転する際に売却をすると良いでしょう。

ここで大切なのは、あくまで私たちは短い時間枠の中で取引しているのであって、長い時間枠の中ではないということです。

つまり、売却の執行も短い時間枠のストキャスティックスで行う必要があります。

この2つの時間枠を使ったダブルストキャスティックス戦略は、トレードにおける優位性を大きなものとすることができます。

 

f:id:yuta_summer:20170405223847j:plain

5.どうしてテクニカル分析をしてもなかなか勝つことができないのか

トレーダーの中にはテクニカル分析を利用している人はたくさんいますが、勝率が高い人は実はそれほど多くいないのが現状です。

 

なぜ、テクニカル分析を用いてもなかなか勝てないのでしょうか?

それは、テクニカル分析に用いられる多くのオシレーターが遅行指標(相場の値動きに遅れて反応する指標のこと)であり、それを単一で利用していることが多いからです。

 

もちろんいろいろオシレーターを使えばいいというわけではありませんが、トレードを執行するための理由を増やす必要はあります。

例えば、「ストキャスティックスを一つの時間枠で使用したとするとどうなるか」ということです。

ストキャスティックスは買いすぎ売られすぎゾーンを目で見ることができ、全てが数値化されているため、非常に使いやすい指標であることは確かです。

しかし、MACDなどと比較して、感度が非常に高い指標でもあります。

 

感度が高いということはどういうことかというと、エントリーのタイミングを早く教えてくれる代わりに「ダマシ」も多くなるということです。

試しに5分足チャートにストキャスティックスを設定し、1日動きを観察してみてください。

スローラインとファストラインが交差して買いのシグナルを発したと思ったら、そこから価格が下落し売られすぎゾーンを行き来することがしばしばあります。

それを一つの時間枠で取引を行ってしまうと、「ダマシ」が出るたびに損切りをする、もしくは損切りすらできずにひらすら評価損を抱えたまま過ごす、なんてことも起こり得ます。

 

これが投資家がテクニカル分析をしてもなかなかトレードので勝つことができない要因です。

 

f:id:yuta_summer:20170405223840j:plain

まとめ

FXでよく言われるのが、「9割が敗者で1割が勝者の世界」ということです。

つまり、FXをはじめた9割りの方が資産を失って退場しているのが現状です。

 

そうならないためには少しでも勝率をあげ、高確率で勝てるトレードを行う必要があります。

常にトレードのなかで優位性を確保し、トレードを続けることによって負けた時の損金をカバーできるだけの利益を積み上げるようにしてください。

今回ご紹介したダブルストキャスティックス戦略は勝率を上げるために有効的な戦略ですので、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

 

f:id:yuta_summer:20170405223826j:plain

著者:You

証券会社でファイナンシャルプランナーとして働いていました。国内株式・外国株式・投資信託・外債・FX・先物等の金融商品に関する知識、資産運用全般に関して記事を書いています。

無題ドキュメント