もしかしたら債務整理を利用して人生を快適に生きられるかもしれない方法

f:id:manekai:20170329140230j:plain

借金は、心に大きな負担を及ぼします。
有名な漫画には「金は命よりも重い」という台詞がありますが、借金の問題解決には「お金の問題は経済的な解決方法で、心理的な問題は心理的な解決方法を」といった個別のアプローチが必要になってきます。

その具体策の一つとして、「自己破産・債務整理」という方法があります。
あなたが借金問題で悩んでいるのなら、解決する突破口はいくつもあります。
借金問題に決別し、あなたがこれからの人生を自分らしく生きるためのきっかけとなれば幸いです。

まずどこに相談すれば?

f:id:manekai:20170329133747j:plain

借金の返済が困難になった場合、債権者による差し押さえの強制執行という事態になる前に、債務者側が行える解決法があります。

大きく分けて、「任意整理、調停、自己破産」があり、順を追って解説していきます。
しかし、どの解決法を選択するとしても、共通して重要なのは専門家に相談することです。

債務に追われてどう対処すれば良いか分からない状態では、根本的な解決に近づくことはとても難しくなるでしょう。

弁護士などの法律家に相談するのは敷居が高いと感じるかもしれません。
しかし、知識も経験も豊富な専門家に頼ったほうが、結果的に早く、そして安く解決することが期待できます。

債務関係を扱う法律家に相談するメリットは、迅速かつ確実に解決してくれる点にあります。
しかし弁護士に相談すると、より大きなメリットが得られます。

その大きなメリットとは、弁護士に依頼すると取り立てが一切本人のところに来なくなることです。
貸金業規制法に関する金融庁の通達に、「弁護士が代理人に専任された際は正当な理由なしで本人への支払請求を禁ずる」と明示されています。
債務の取り立てが来なくなるだけでも精神的な圧迫がなくなり、債務者の負担が減るという意味でも弁護士に依頼する意義は大きいと言えるでしょう。

本記事では弁護士に依頼するということを前提に解説していきます。

弁護士はどこにいる?

f:id:manekai:20170329133849j:plain

日本司法支援センター(法テラス)では、電話での相談を通じて弁護士や司法書士などの法律家や専門機関を依頼に応じて紹介してくれます。
また、全国にある弁護士会の相談窓口や都道府県、市町村の役所の法律相談窓口なら、無料で対応してもらえます。
テレビで流れるCMに見られるような債務処理専門の法律事務所でも、債務問題に強い弁護士が債務問題に対応してくれるでしょう。

弁護士に依頼する際の注意点

必ず守らなければならないことは、「決して弁護士に嘘をつかない」ということです。
返済計画を立てる上で、収入を実際より多めに見積もったり、借金先を全て打ち明けないままでは計画を立てても意味がありません。
もし一つでも隠していたりすると、同じ悩みや苦しみをまた繰り返すことになります。

心理的な抵抗はあっても実態をありのままに話しましょう。
それが返済計画の第一歩となります。

借金解決の方法

f:id:manekai:20170329140142j:plain

任意整理

弁護士などの代理人が債権者と直接交渉し、無理のない返済計画を立てて債務を整理します。
交渉を通して返済額を減額し、返済条件を緩くしてもらうことを目的とします。
任意整理のポイントは、利息の再計算にあります。
後述する自己破産と異なり、借金がゼロになることにはなりませんが、借金が人に知られることはありません。

任意整理の流れは、まず債務者の金銭的状況を整理します。
借金の件数や金額を示す契約書や領収書を全て用意して、収入や返済できる金額を明らかにします。

そのあと、利息の再計算を行っていきます。
この再計算は利息制限法に則って行うため、業者や債権者の提示する利息を下回ることが多いケースがあります。
そのため元利合計が減り、無理のない返済計画につながっていきます。

これらをもとにした返済計画を債権者に提示しますが、最近はこの任意整理手続きに応じない業者が増えてきているようです。
こうした条件を債務者本人が提示しても、ほとんど相手にしてもらえない場合が多いので、経験や実績のある弁護士に協力を依頼することが前提であると考えておいたほうが良いでしょう。

自己破産

債務者自らが裁判所に破産手続きの申し立てを行います。

弁護士に依頼すると煩雑な手続きを任せられますが、弁護士費用の相場である20万~40万円程度はかかってしまいます。
専門家から助言を受けながら自己破産手続きを自力で進めるのも一つの方法でしょう。

そもそも破産とは?

破産とは、借金が返済できない債務者の財産を裁判所が強制的に売り払って現金に換え、債権者全員に分配する手続きをいいます。

破産の認定ですが、債務者の財産や収入、年齢、信用状態から総合的に判断されます。

自己破産の目的

破産は破産法よって制度化されており、その本来の目的は「経済的に破滅した人間を救済し、再起を促すこと」にあります。
借金の負担から解放され、再び生産的な仕事にエネルギーを注いでもらうことを趣旨としています。

破産=破滅?

弁護士に依頼する債務者の中には、「破産だけは困る」とためらってしまい、さらに苦しい状況におちいる例もあるようです。
また、「自己破産は『借りたら返す』という正義に反する」と自分をしばり、ますます借金を重ねていく債務者も少なくないという話もあります。

しかし、上述のように破産制度は債務者の救済と再生にあります。
破産者として認められるのは条件を満たした債務者のみで、浪費やギャンブルを原因とした破産などは認められていません。
破産は自分の人生を有意義に送れるための手段と考えると、自己破産に意義を見出せるでしょう。

破産による不利益とは?

破産についての知識ですが、あまりなじみのない制度なだけに、様々な誤解を持っている方が多いようです。

まず、誤解されることの代表例が、「戸籍に破産の履歴がつくのではないか」との心配の声です。
もしそうなると、世間体も悪いし、結婚や就職を断られるのではないかとの不安も出てきますよね。

しかし、実際には戸籍はおろか住民票にも破産した記録は残りません。

官報には名前が残りますが、官報の名簿をチェックすることは日常生活ではほとんどありません。
仮に会社の人や知人に見られたとしても、法的には何も問題ありません。
少なくとも勤務先をクビになったり、離婚されるという正当な理由にはなりません。

職業的な制約についてですが、公的な地位や職業には確かに就くことはできません。
また無断の引っ越しや長期の海外旅行も制限されます。

その一方で、行政書士、医者、看護師などの資格職業は制約を受けません。
公務員、教員も働き続けることが可能です。

さらに、制約は破産手続きを進めている間のみに限られます。
そのため後述する免責が確定すれば、また資格は復活します。
手続きが終了すれば、どの仕事にも戻ることができます。

ここがポイント!

債務返済にあたって、法律家などの専門家の力を借りることになるでしょう。
「月々いくらの返済をしていくのか」、また「いつまでに返したいのか」といった具体的な条件を決めてから相談に行くと、その後の手続きがスムーズにいくことが多いようです。
相談相手との信頼関係を構築する意味でも、ご自身の要望をはっきりと伝えることをお勧めします。

まとめ

f:id:manekai:20170329140200j:plain

借金があるという事を人に相談するのは、とても抵抗がありますよね。

しかし、早い段階で相談して打開策を打ち出すことで、より早い借金返済につながります。
借金に向き合い返済の姿勢を固めることが、問題解決の第一歩であると言えそうです。