読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今月いくら使ったかわからない?クレジットカード利用額はアプリでいつでも確認できる時代です

f:id:takeslide:20170321072033j:plain

日本では、いまだに「現金払い信仰」の強いですよね。

あなたは日常生活においてどれくらいクレジットカードや電子マネーを利用していますか?

北欧ではキャッシュレス化の推進により、ノルウェーでは消費者の現金決済比率はなんと6%だそうです。

 

diamond.jp

 

日本ではまだまだ考えられない話ですね。

キャッシュレス化を推進することでどのようなメリットがあるのでしょうか。

  • ・現金を持ち歩く額が減るので財布が軽く、スッキリする
  • ・現金を持ち歩く額が減るので盗難や紛失の際のリスクが減る
  • ・ATMに並ぶコスト・時間の削減
  • ・お金の計算・持ち運びや保管のコストの削減
  • ・支払いにかかる時間の削減

 

さらにクレジットカードを保有した場合、ポイント付与で1%還元されることは今では珍しい特典ではありません。

超低金利時代には銀行にお金を預けても利息が増えませんし、それどころかATMを利用する度に手数料を取られてしまいます。

 

キャッシュレス化について

単純に考えただけでもこれだけのメリットがあり、誰でもその恩恵を享受することができます。

しかし前述の通り、日本ではキャッシュレス化はこれから進行していくという段階にあります。

 

なぜクレジットカードを使わないのでしょうか。

反対派の人はもちろん、そもそも日常での利用が選択肢に入っていない人はどのような意見を持っているのでしょうか。

 

試しに「クレジットカード 反対」でGoogle検索してみました。

検索結果を調べていくと、以下のような意見がありました。

   ・「お金の価値観、使用した金額感覚が麻痺する」

   ・「お金のありがたみを理解できなくなる」

 

なるほど、たしかに現金であれば財布の中身をみればいいのですから、どれだけ使ったかわかりやすいということですね。

 

ですが、今は便利な時代になりました。

スマートフォンでクレジットカードの利用額をいつでもどこでも確認できるのです。

 

この記事では、クレジットカードとスマートフォンの関係をご紹介します。

 

ネット上でいつでも確認

最近ではクレジットカードをインターネット上で発行することが当然となりました。

その際に公式サイト上で会員登録をすることで「マイページ」が閲覧できるようになることが普通になっています。

 

たとえば、楽天カードもその一つです。

登録&発行時に利用登録が必要ですが、その後はいつでも「楽天e-NAVI」というサービスにログインできるようになります。

楽天e-NAVIでは以下の様なことができます。

  • ・利用明細の照会
  • ・個人情報の照会
  • ・支払方法の変更
  • ・案内やキャンペーンの閲覧・申込み

このサービスによって、いつでもどこでも利用明細を見ることができます。

住所変更やメールアドレスの変更も簡単です。

貯まっているポイントを確認したり、利用したりすることもできるのですね。

 

また、最近では「利用速報メール」サービスも行っています。

楽天側に店舗でクレジットカードを利用した実績が届き次第、ユーザーの元にメールを送ってくれるのです。

これをチェックすることで支払いが正常に行われたことがわかります。

月末にまとめてチェックしようと思わずに、レシートの金額と利用した店舗名はメールを見たらすぐに照らし合わせるのが良いでしょう。

一回ごとに確認するのはそこまで大変ではありませんよ。

 

これによって、もし不正利用されていたとしても、すぐに気が付くことができるわけです。

金額が間違っていたり、二重請求されたなんて事態が起きても、その場でカード会社か買い物をした店舗に電話すれば大丈夫です。

不正利用が疑われるときにはすぐにカードの利用を停止したり、利用状況を調べてくれたりします。

もし盗難や情報漏えいなどで不正利用されていたことが判明した場合、その額をあとで返金してくれます。

「盗難保険」というものが、クレジットカードには付いているのです。

 

www.rakuten-card.co.jp

 

最近ではスマートフォンアプリの開発も進み、とても使いやすく便利になっています。

セゾンカードの「セゾンPortal」もそのうちの一つです。

もちろん、利用は無料となっています。

 

セゾンPortalが優れている点は、利用金額、請求金額、貯まっているポイントなどを一目でチェックできることでしょう。

 

セゾンカードは実に様々なカードを発行していますが、それらを1つのアプリから確認できる点もうれしいですね。

登録さえしておけば、複数のカードの管理がとても楽になります。

これによって、請求額を調べるのに毎回レシートを探さなくても大丈夫です。

もちろん、不正利用防止の観点からもレシートによる利用料金のチェックはしなければなりませんが、常にレシートを持ち歩いているのは邪魔ですよね。

アプリで確認できるだけでも、とても便利なサービスと言えます。

 

少し残念なのは、動作がモッサリしていること、それから提携先の企業のポイントは確認できないことでしょう。

航空会社のポイント、いわゆる「マイル」を貯めている方もいるかもしれませんが、これはセゾンカードの発行しているポイントではないので、毎回別の公式サイトにHPにログインして確認する必要があるのです。

これが少し面倒ですよね。

そういった部分の操作性はあまりスタイリッシュな印象がないので、今後のアップデートに期待しましょう。

 

www.saisoncard.co.jp

 

対応アプリ一覧

f:id:takeslide:20170321072004j:plain

セゾンPortal以外にも、クレジットカード用のアプリは各社から出ています。

 

■楽天カード

楽天カードのアプリは、ログインの際に指紋認証が使えるようです。

毎回IDとパスワードを入力しなくて済む便利さと安全性を兼ね備えているのですね。

 

また、IT企業らしい機能も充実しています。

レシートをカメラで撮影することで、カード利用分とあわせて家計簿を自動で作成してくれます。

手作業で家計簿を入力するのはなかなかの手間がかかるものですよね。

楽天カードを中心に生活すると、その手間がグッと減りそうです。

 

www.rakuten-card.co.jp

 

■JCB

JCBカードもアプリから利用額やポイントを確認することができます。

2回目以降「オートログイン」が利用可能で、iOSでは指紋認証も可能となっています。

 

利用分類のグラフを自動生成してくれるので、一体何にお金を使っているのか一目でわかる工夫をしています。

 

各種キャンペーンへの参加申し込みもアプリ上からできるようです。

カード会社が会員向けに行っているキャンペーンは提携先企業と行っているものも多く、応募しないと損になるかもしれないものもあります。

こまめにチェックをしましょう。

 

www.jcb.co.jp

 

アメリカン・エキスプレス

通称「アメックス」でおなじみのアメリカン・エキスプレスも、便利なアプリをリリースしています。

もちろん、指紋認証でのログインにも対応しています。

 

アメックスは会員への手厚いサービスで知られている一方、その特典を余すことなく利用するのが難しいです。

アプリからサービスの情報を確認することで、特典が付く店舗を調べることができます。

 

もし不明点があっても、アプリからワンタッチでカスタマーサポートに電話を掛けることができます。

ユーザーの満足度をアップさせるための取り組みとしてアプリにも力を入れていることがわかりますね。

 

スマートフォンで「オンライン・サービス」を活用する。 - クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

 

注意点

f:id:takeslide:20170321072046j:plain

クレジットカードの利用ではお金の流れ、フローについて知っておきましょう。

クレジットカードは支払いの時にお金を持っていなくても、商品やサービスを受け取ることができます。

これはクレジットカード会社があなたを「信用」してお金を貸してくれているからです。

 

借りたお金を返すのが「支払い日(口座からの引き落とし日)」です。

カードの種類や発行している会社によって、支払い料金の確定日と口座からの引き落とし日は違います。

 

店舗でクレジットカードを利用したという連絡が、その店舗からクレジットカード会社へ伝わるのにかかる時間も完全に決まっているわけではないのです。

ですから、支払料金の確定日の直前に買い物をした場合、店舗からの利用額の申請が確定日までに間に合わないことがあります。

そうすると次の月の使用分として換算されますので、支払月はもう一ヶ月分遅くなるのです。

 

支払いのスケジュールはどんなクレジットカードでも申込時に確認させられるようになっていますし、手元のカードが増えてわからなくなってしまったというような場合にはホームページで再度確認しておきましょう。

いつまでにいくら口座に用意しておかなければならないのかを曖昧にしておくと、引き落とし金額まで足らずに返済が遅延してしまうかもしれません。

遅延に気がついたらすぐにカード会社に電話する、セゾンカードやエポスカードならATMから入金するなどの対策をしましょう。

 

必要な対応をしないと金融事故として扱われ、クレジットヒストリーに傷がつきます。そうなると、それ以降クレジットカード会社から「信用」が得られなくなってしまいます。

その結果、カードの利用ができなくなったり、新規発行ができなくなったりするのですね。

 

クレジットカードの仕組みについてはこちらの記事がよくまとめられているので、一度目を通しておくことをおすすめします。

 

cards.hateblo.jp

 

総括

f:id:takeslide:20170321072101j:plain

カード会社から無料で使えるスマートフォンアプリが出ていることを知らない方もいたでしょう。

 

クレジットカードは現金払いよりも優れているポイントがいくつもあります。

レシートを見比べなくても、どこでいくら使ったのか自動で記録してくれる点は、やはり魅力的なポイントといえるでしょう。

アプリでいつでも確認することができるのはとても便利です。

そこにポイント還元もあるのですから、ぜひ毎日の支払いをお得にしましょう。

 

支払日や引き落とし日は始めにしっかりと確認することが大切です。

最近ではメールアドレスを登録しておくことで、利用速報メールや支払額確定のお知らせメールを送ってくれる会社が増えています。

便利なサービスは積極的に利用していきましょう!

[PR]クレジットカードを探すなら比較情報.com

クレジットカード比較情報.com

クレジットカードを初めて持つ方も、お得なカードに変更したい方も、約100種類からあなたにピッタリのお得なクレカが見つかるかも!

クレジットカード比較情報.com >>

無題ドキュメント