読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス用として使えるのか。Microsoftの「Windows 10 mobile」

スマートフォンと言われたとき、真っ先に思いつくのはiPhoneかAndroidのどちらでしょうか?

 

現状においてスマートフォン市場の大半はこの二つによって占められており「第三勢力」が存在しない状態となっています。

そこで「AndroidとiPhoneに続く新勢力『第三のOS』を作りだそう」という動きが一時期注目されていたのですが、現状はどこも成功しているとは言えません。

※OS(Operation System):基盤となるソフトウェアのこと。

 

そんな新勢力が生まれてこない中で、ビジネス分野などに売り込むことで一番成功したのが「Windows 10 mobile」です。

 

Windows 10 mobileの概要

Windowsは携帯用OSとしても比較的昔から参入していました。

「Windows phone」を利用したことがあったり、昔店頭で見かけた事があたりする方も意外と多いのではないでしょうか?

 

「Windows 10 mobile」は「windows phone 8.1」の後継OSであり、名前からわかるようにパソコン用OSとして絶大のシェアを誇っているWindowsのスマホ版といえるOSです。

 

「Windows phone」の時代は、操作性などがパソコンとかなり違ったOSでした。

しかしWindow 10の登場と共にUIの一体化を行っており、パソコンと同じ操作感覚で利用できるのが一つの売りとなっています。

 

実を言うと、「Windows phone」時代に一度国内での販売が終了して、手に入れることができなくなっていました。

ですがWindows 10の登場で第三の選択肢として注目を集め、国内メーカーが参入することで復活を遂げました。

 

「Windows 10 mobile」はAndroidの用にフリーOSという訳ではありません。

パソコンと同じように複数のメーカーから「Windows 10 mobile」搭載機種がでており、MVNOの中にもセット端末として「Windows 10 mobile」搭載機種を販売している会社もあります。

 

f:id:agathaCW:20161222230938j:plain

Windows 10 mobileのメリット

では、次に「Windows 10 mobile」のメリットについて解説していきます。

 

Windows 10と同じ UI

Windows 10の登場と共に、すべてのガジェットでUIの統一が行われました。

ですからWパソコン版Windows 10と同じ感覚で利用する事が可能となっています。

※UI(User Interface):利用者から見える部分で、デザインや外観を指します。

 

ただしWindows 10を利用したことがある方ならわかるかと思いますが、デスクトップにアイコンが並んでいる一般的なパソコンのUIではなく「タブレットモード」で統一されることになります。

またパソコン版の機能がすべて使える訳ではなく、マルチタスクなど一部の機能が省略化されています。

 

ちなみにOSの核となる部分も統一化が計られているので、すべてのアプリが利用できる訳ではありませんが、スマホとパソコンで同じアプリを利用することもできるようになりました。

 

Microsoft Office

よくメリットとして挙げられるのは、ビジネスの分野で絶大な人気を誇るofficeシリーズの使いやすさでしょう。

 

WordやExcelと言ったofficeソフトはAndroidやiPhoneでも公開されていますが、「Windows 10 mobile」はMicrosoftが製作しているだけあって、すべての機種で利用することが可能になっています。

 利用できるのofficeソフトは「office mobile」であり、通常のofficeをmobile向けに機能を省略したものです。

 

ちなみに、この「office mobile」はパソコンでも無料で利用できるのですが、一定の大きさ以上のタブレットでは文章閲覧しかできず、パソコン向けのoffice 365のアカウントを購入する必要があります。

 

具体的には「10インチ以上はoffice365のアカウントを買う」という決まりになっています。

そのため、Windows搭載機種はタブレットを含め大体10インチに収まるように作られています。

 

Continuum for Phone

専用の機器を使ってテレビやディスプレイなどに「Windows 10 mobile」搭載携帯を接続することで、大画面で映し出すことができる機能です。

 

Windows 10 mobileはUIを統一したとはいえ、パソコンと全く同じという訳ではありません。

ですので、完全にパソコンの代用にできる訳ではありません。

 

しかしBluetoothキーボードなどを利用することで、大画面でパソコンに近い感覚で作業を行えます。

ですからスマホではやりにくい作業を行うときに便利ですし、「会議などでプロジェクターに接続し、大勢で見られるようにする」という使い方もできます。

 

この機能はすべての機種で対応している訳ではなく、安価な機種タイプは対応していないことが多くあります。

ですので、「Continuum for Phone」の利用を考える際は最初に確認しておきましょう。

 

ちなみに、androidやiPhoneでも似たような機能や商品は存在します。

 

f:id:agathaCW:20170310000526j:plain

パソコン版 windows 10との共有アカウントが利用可能

Androidで言うところの「Googleアカウント」のように、Microsoftのサービスを利用する際にはアカウントを作成します。

「Microsoftアカウント」を作成することで、パソコン版Windowsと同じアカウントで「Windows 10 mobile」を操作できます。

 

ストアはもちろん、WordやExcel、クラウドサービスの「one drive」など同じデータを利用すことができます。

パソコンで使っていた作業をそのまま引き継ぎたいと時などには大変便利ですね。

 

デメリット

さて、次にデメリットについて解説していきます。

 

アプリが少ない

まず、「ストアアプリがものすごく少ない」という点が挙げられます。

 

ゲーム分野は特にひどく、日本製ゲームはほとんどありません。

また、「LINE」など人気アプリは多少揃えていますが、AndroidやiPhoneと比べるとかなり数が少ないです。

正直に言ってしまえば、アプリを期待する方には「Windows 10 mobile」はあまりおすすめできません。

 

ゲーム以外の部分でも同様ですが、新着アプリはほとんど英語であり、日本語対応しているアプリを探す方が難しいです。

「一番人気のアプリはOfficeかソリティア」と言われるレベルの品揃えとなっています。

 

IMEの交換ができない

専用の文字入力ソフトを搭載しているのですが、Androidなどと違って交換することができません。

使い勝手自体は一般的な文字入力ソフトと同程度の物なのですが、それでも「慣れないからほかの文字入力にしたいな」ということが難しく、そのことに不満を抱いている方もいます。

 

機種が少ない

androidではSIMフリーや大手キャリア販売のスマートフォンが多くありますよね。

一方の「Windows phone」ですが、上記のアプリの少なさからくる需要の少なさから、販売されている機種はかなり少なく、価格comに掲載されている物で10機種程度です。

そのため、中古などでも滅多に出回ることはありません。

 

android携帯であればそれこそ数千円、古い物であれば1000円以下の携帯が出回っていますし新品でも8000円代から5万円以上と様々な機種が販売されています。

また、iPhoneも中古などで安く出回っている物もあるので、この部分では他の二つに大きく後れを取っています。

 

まとめ:ビジネス用には人気らしい

Officeやパソコン版Windowsとの連携などが出来て、大画面出力も対応するなどの機能からビジネス用とでは一定の人気があるのが「Windows 10 mobile」です。

 

ただし個人向けでは、ほとんどと言っていいほどに人気がありません。

個人向けアプリの品ぞろえが非常に悪い点に問題があるからでしょうか。

 

そのためMicrosoft側もビジネス用途での利用を推奨しています。

ですから、「仕事で使うスマートフォンが欲しい」ということであれば購入の選択肢に入るでしょう。

 

ただし機種が少ないので、どうしても選択肢が少ないです。

android携帯でもofficeの編集はできるので、必ずWindows 10 mobile搭載機種を選ばなければならないことはないでしょう。

 

f:id:agathaCW:20170310000525j:plain

余談:タブレットは大人気

スマホ分野では人気がほとんどありませんが、タブレットでは意外と人気があります。

 

タブレットは通常のパソコン版とほとんど同じ機能を持っており、アプリもフリーソフトなどが対応する(未対応も多いですが)ので、ストアアプリの少なさをカバーできています。

また、officeなどのサービスも「スマホより大きな画面で作業ができる」というメリットがあるので、ノートパソコンの代わりとして人気があります。

 

またWindowsタブレットは海外や国内メーカーが多く参入しており、安価な物であれば1万円以内のものもあります。

高価な物には10万円クラスとノートパソコンとそこまで変わらない価格の製品などもあります。

 

最近ではキーボード付の2in1タブレットが数多く登場していて、これもかなりの人気があります。

実際、microsoftもsurfaceという形で販売していたりします。

 

ですから、娯楽やちょっとした調べ物をしたいという程度であれば、mobileよりタブレットの方がおすすめになります(ここまで書いてきてあれですが)。

正直、ビジネス分野でもWindowsタブレットを買った方が良いのではないでしょうか。

無題ドキュメント