【インビテーション】とは?招待制のクレジットカードについて解説

f:id:takeslide:20170307230105j:plain

皆さんはいまお持ちのクレジットカードをどのようにして発行されましたか?

 

西友に買い物に行くと、頻繁にセゾンカードの勧誘を行っています。

マルイではエポスカードの勧誘をしていますね。

あるいは、銀行口座を作ったついでにキャッシュカード一体型のクレジットカードを作成したかもしれません。

最近だと、インターネット上でクレジットカードの新規入会キャンペーンのバナーを見かけることも多いですよね。

楽天カードはよくテレビでご覧になる方も多いでしょう。

 

店頭やインターネット上で申し込むことができる一般のカード以外にも、カード会社が選んだ人物にしか発行されない特別なクレジットカードがあります。

それは「プラチナカード」や「ブラックカード」と呼ばれるものです。

 

カード会社が独自の基準で認めた人物に、個別に「招待状」を送って勧誘する仕組みになっています。

この「招待状」ですが、一般に「インビテーション(invitation)」と呼ばれています。

 

インビテーションとは?

インビテーションとは、クレジットカード利用者に対して送られるカード種別の「アップグレード権」と捉えて良いでしょう。

基本的にはそのカード会社の一般カードやゴールドカードを利用し、「利用履歴を磨く」ことでカード会社からインビテーションを受け取ることができます。

 

利用履歴のことを「クレジット(カード)ヒストリー」(通称・クレヒス)と呼ぶことがあります。

利用金額・利用件数が多いほどクレヒスは磨かれていき、支払い遅延やリボ払い・キャッシングなどを利用するとクレヒスに傷が付くとされています。

 

インビテーションは実際に封筒に入って郵送されてくることもあれば、Eメールで知らされる場合もあります。

招待制のクレジットカードは誰でも申し込むことができるわけではないため、一般カードよりステータスが高いとされています。

 

また招待の基準が明確でないものもあり、そうしたカードはさらに入手難易度が高いので、さらにステータスが高くなる傾向があります。

明確な基準が公式サイトなどで告知されているものでなければ、「ゴールドカードを数年使い続けているのに、プラチナカードのインビテーションが届かない」ということもよくあるようです。

 

招待制カードの特徴は?

インビテーションのあるカードの場合、年会費は数万円〜数十万円と高額になっているのが一般的です。

中にはポイント還元率が高いものもありますが、大半は一般のカードとさほど変わらない1%程度であるようです。

よって、ポイント還元だけで年会費の元を取ろうとすると数百万円の決済が必要となります。

それだけの金額になれば、いくら高所得者でも非常に厳しいと言えるでしょう。

 

ステータスの所以となっているのは、一般カードと変わらないポイント還元よりも、「コンシェルジュ(執事)サービス」や会員限定ラウンジの利用権、高級レストランの割引と言った「限定」サービスです。

忙しいビジネスパーソンにとっては、時間と手間を節約できるサービスが好まれるようです。

 

飛行機が離陸するまでのちょっと時間は、喧騒から離れてゆったりとした空間でリラックスしたいですよね。

そんな願いを叶えてくれる空港ラウンジの利用券なども招待制カードホルダーの自慢であるようです。

 

招待制カードのメリットは?

さて、もう少し具体的に一般のカードと招待制カードは何が異なるのか見ていきましょう。

・利用限度額が高い

・各種保険の充実、補償上限が高額

・高ポイント還元、提携先でのポイント優遇

・コンシェルジュサービス

・会員限定ラウンジ利用権

・会員限定割引

・会員限定の電話相談

・健康相談窓口

・無料プレゼント

・ホテルのアップグレード

以上のようなサービスが知られています。

招待制カードを利用する層が欲しいと思うサービスは「格上」、あるいは「時間や手間の節約」になるものではないでしょうか?

 

年会費10,000円以上のカードに付帯する保険は強力ですが、カードの保険以外の保険に加入していない人はおそらくいないでしょう。

 

それよりも、ラウンジの利用権の方に興味が湧きますよね。

ちなみにこの「ラウンジ」についても、プライオリティ・パスなどで入れる空港ラウンジとはまた違う、カード会社独自のものを設けていることももあるようです。

 

有名なのは、JCBゴールドザ・プレミア以上のステータスの会員しか入ることができない「JCBラウンジ京都」です。

こちらは実際に利用されている方のレビューですので、ご覧になってみてください。

matsunosuke.jp

 

こういったラウンジは無料で休憩できるだけでなく、アルコールを含めたドリンク類の提供や専任スタッフによる観光案内、手荷物預かりなどのサービスも行っているのですね。

 

提携レストランの割引サービスも見逃せません。

ダイナースクラブの会員サービス「エグゼクティブダイニング」は対象レストランの所定コースを2名以上で利用すると、1名分が無料になります。

JCBも同様のサービスで「グルメ・ベネフィット」を行っています。

 

また2016年からは「ダイニング30」という割引サービスを始めています。

こちらは所定レストランでの利用料金が30%オフになるサービスのようです。

一人10,000円のコースを4人で利用した場合、合計40,000円から12,000円が割り引かれる計算になるのでとても強力です。

計算上はこれだけで年会費を上回っていますので、高級レストランを利用するのであれば見逃せない特典です。

 

提携レストランの割引などは年会費が安いカードでも用意されていることがほとんどです。

ダイナースのエグゼクティブダイニングも一般クラスから利用可能です。

招待制のカードでは、対象レストランが多くなることで一般カードとの差別化を図っているようです。

 

電話相談窓口に関しても、充実させているところが多いようです。

無料カードのコールセンターの場合、時間帯によって混雑して電話口で待たされることもしばしばありますよね。

そこで招待制のカードは「ゴールド会員専用窓口」といったように、専用の電話番号を用意して会員を待たせない工夫をしています。

電話で相談できる内容も、招待制カードの場合は対応できるものが多いです。

健康相談ダイヤルでは専任の医師を雇っていることもあります。

 

コンシェルジュデスクに依頼すれば、レストランや旅行先のホテルの予約なども代行してもらえます。

忙しい人にとっては、ホテル一括検索などで値段を見比べる時間ももったいなく感じられるものです。

「電話一本で日時と行き先を伝えたら完了!」は魅力的ですよね。

 

一般的にこれらの機能は「プラチナカード」と呼ばれるランクのカードに備わっていることが多いのですが、一部ゴールドカードでも利用できるようです。

ダイナースクラブなどは一般カードでもゴールドカードクラスの扱いです。

年会費22,000円ですので、ゴールドの格が下がった現代では「プラチナ」相当ではないかとの議論もあるようです。

ダイナースクラブ | 新規入会キャンペーン実施中 - 2017 Winter/Spring -

 

ダイナースの一般カードは招待制ではありませんが、通常カードを利用してヒストリーを磨くことで「ダイナース・プレミアム」のインビテーションが届くことがあるそうです。

 

f:id:takeslide:20170307230108j:plain

招待制カードの例は?

それでは、ここで日本国内で発行されている招待制カードの一部をご紹介します。

 

三井住友VISAプラチナカード

プラチナカードでワンランク上のサービスを|クレジットカードの三井住友VISAカード

三井住友VISAプラチナカードの公式サイトを見てみると、サイト上から利用申込ができるようになっています。

利用者を増やすための作戦にも見受けられますね。

 

インビテーション不要に切り替わったのはつい最近のようです。

日常からカード利用を心がけて利用実績を積んでいる人であれば、一発で審査が通ることもあるのでしょう。

 

一般的には三井住友VISAゴールドカードを利用し、クレヒスを積むことでインビテーションが届くとの声がネット上では見られます。

普段クレジットカードを使っていない、あるいは年齢が若い・年収が高くないのであれば、ゴールドから発行して実績を積むのが手順ではないでしょうか。

三井住友VISAゴールドカード|クレジットカードの三井住友VISAカード

 

JCBゴールドザ・プレミア&JCBザ・クラス

どちらもJCBオリジナルシリーズの招待制カードで、入会にはインビテーションが必要です。

日本国内で流通しているクレジットカードの中でも、ザ・クラスのステータスは最高峰です。

 

JCBは純国産の国際ブランドで、海外でも決済できる国際ブランドを持っているのはアメリカがほとんどです。

アメリカ以外には日本のJCBと中国の銀聯くらいでしょう。

カードの国際ブランドを有する国は世界的にとても希少なのです。

 

その国際ブランドJCBの最高峰と呼ばれるのが「JCB ザ・クラス」。

このカードはプラチナカードの上位であるブラックカード相当だと認識されています。

「ザ・プレミア」に関しては、「JCB ゴールド」の上位カードなので準プラチナカード、あるいはプラチナカードの敷居が下がっている昨今ではプラチナ相当と考えて良いかもしれません。

 

ザ・プレミアとザ・クラスを入手するためにはインビテーションが必要です。

公式サイトによると、JCBゴールドに申し込み、100万円を2年以上利用することで登録のメールアドレスにザ・プレミアのインビテーションが届きます。

JCBゴールドが進化 JCB ORIGINAL SERIES

 

ザ・クラスに関しては条件が明記されておらず、詳細は不明です。

少なくともプレミアと同様、100万円以上の決済を続けることが求められるでしょう。

それから職業や年収、支払いの遅延がないことが条件となるのは他の招待制カード同様です。

 

「プロパーカード以外のJCB提携カードの利用でもザ・クラスのインビテーションが送られてくることがある」との噂がネット上で見られますが、真偽はわかりません。

確実に入手したいのなら、ゴールド ザ・プレミアを入手して利用実績を磨きましょう。

 

アメリカン・エキスプレス・プラチナカード

アメリカンエクスプレスは、その名の通りアメリカ生まれの国際ブランドです。

「アメックス」の通称で親しまれているので、この名前の方で記憶している人の方が多いかもしれません。

 

アメックスのプラチナカードを手にするには、まずアメックスゴールドの入手からです。

アメックスゴールドでクレヒスを積むことで、インビテーションが送られてきます。

 

アメックスプラチナに関しても最近は入手難易度が若干下がり、一般的な年収でも審査が通ると言われています。

ですが、年齢が若いことや職業によっては落ちることがあるようで、誰でも通るわけではありません。

そこはあくまでプラチナカードとしての体裁があるわけですね。

 

ただし、アメックスプラチナの年会費は10万円以上もかかります。

(解説サイトなどでは14万円との表記もありますが、公式サイトには明確な記述などなし。)

プラチナ・カードのご案内 |アメリカン・エキスプレス

 

毎年払い続けても余裕のある経済力が最低限必要になります。

プラチナカードとしてのメリットを得るために高級ホテルや高級レストランに行けばそこでも出費はありますから、あくまでもお金に余裕がある層向けのカードです。

 

また、最高のブラックカードとして名高い「アメリカン・エキスプレス センチュリオン」への道を開くにもこのカードが必要になるようです。

最高の一枚を目指したい方は避けて通れない道ですね。

 

ダイナース・プレミアム

ダイナースクラブはアメリカ発のクレジットカード会社です。

日本における活動はクレジットカード業専門の企業としては最も古く、歴史があるカードと言えます。

 

しかし、VISAやマスターがまさに「国際通貨」となっている現在では、ダイナースクラブでは利用可能店舗が若干少ないと感じることがあります。

大きな店舗や有名ショッピングサイトでは基本的に利用可能なところがほとんどなので、サブとして年会費無料のVISAなどを1枚持っておけば特に問題はないでしょう。

 

ダイナースプレミアムもアメックス・プラチナ同様、年会費だけで10万円以上になります。

(こちらも公式サイトには記述はなく、ネット上にある情報では15万円以上との記載もあります。)

ダイナースクラブ プレミアムカード

 

単純に月額換算しても維持費に10,000円以上かかります。

まずはそれに見合うだけの年収が自分にあるか、年会費に見合うだけのクレジットカード利用をこれからもしていけるのかきちんと考えておきましょう。

しかしそれによって得られるメリットは素晴らしく、すべての特典を覚え切るのは難しいほど大くの魅力的なサービスがあります。

ちなみにこのダイナースプレミアムですが、「アメックスセンチュリオンカード」に次ぐステータスや特典を持つブラックカードと呼ばれています。

 

f:id:takeslide:20170307230109j:plain

招待制クレジットカードについてレビュー

さて、インビテーションのあるクレジットカードについて解説してきましたが、重要なポイントをいくつか振り返ってみましょう。

•現代では敷居が下がり、平均年収程度でもインビテーションは送られてくる

•とは言えプラチナ以上だと年会費が高い

•数々のメリット・サービス有り

•ステータスがあり、自慢できる

•1つ格下のカードで利用実績を積むことが大切

 

まれにインビテーションなしでネット上で申し込めるプラチナカードもあります。

また、プラチナカードやブラックカード所有者からの推薦をしてもらうことで入会できる方法もあるようですが、そもそも知り合いに所有者がいないと紹介してもらえないので、この方法はなかなか難しいと言えるでしょう。

 

「利用実績を積みながら、サービスデスクに電話をしてプラチナカードへ切り替えられないか聞いてみたところ、その場で審査が通った!」という口コミも広まっていますが、真偽は全くもって不明です。

あくまでもその人の実績と年収・職業が「優良顧客」として認められるかどうかですから。

 

ステータスのために背伸びをするよりも、もっとお得なカードはたくさんあります。

ですので、自分にあった1枚を探すことが最も大切になります。

クレジットカードを利用して毎日の生活が少しでも豊かに送れるよう、これからもクレジットヒストリーを磨いていきましょう!

[PR]インビテーションが届くカードを選ぶならこちらから

クレジットカード比較情報.com

ステータスカードを始めとした多くのクレジットカードの情報ならクレジットカード比較情報.com!ポイント還元率や年会費などの情報も満載!

クレジットカード比較情報.com >>

無題ドキュメント