読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年会費1万円対決!楽天プレミアムカード vs JCB ゴールドカード

f:id:takeslide:20170305225114j:plain

あなたが普段利用しているクレジットカードは、年会費無料でしょうか?

「無料」と謳うクレジットカードの中には、発行する際に手数料がかかるタイプや、初年度だけ年会費が無料であるタイプのクレジットカードもあります。

 

楽天カードマンのCMでお馴染みの「楽天カード」や、マルイでよくキャンペーンを行っている「エポスカード」は入会金・手数料が永年無料となっています。

さらに新規入会者にはキャンペーンで1万円近いポイントを付与しています。

無料のカードを発行する上にポイントまで付与してくれるなんて、なんとも太っ腹ですね。

 

しかし、手数料無料化やポイント付与サービス競争は激化し、いまやクレジットカード戦国時代に突入したと言えるでしょう。

年会費無料が当たり前になった時代で、手数料や年会費のかかるクレジットカードにはメリットがあるのでしょうか。

 

そこで今回は、年会費10,000円のクレジットカードを2種類比較してみました。

対象となるのは「楽天プレミアムカード」と「JCB ゴールドカード」です。

 

年会費10,000円のクレジットカードにはどのような魅力があるのでしょうか。

年会費無料のタイプとの違いとは?

今回は、そんな気になる疑問を解決していきます。

 

年会費はどちらも1万円

・楽天プレミアムカード 10,000円(税別)

・JCB ゴールド       10,000円(税別)

 

両者とも税別10,000円(税込み10,800円)です。

2種類とも年会費は同じです。

発行時に手数料がかかることもありません。

 

ただ、発行時に気にしておきたいのは「ポイントがどれだけもらえるか」です。

キャンペーンをやっていることも多く、時期によってもらえるポイントが変動することに注意してください。

特に楽天は、大幅にポイントを増量してくれるキャンペーンを行っていますので、発行することを決めたらしばらく様子を見るといいでしょう。

 

楽天カードを発行できるのは楽天会員のみです。

楽天会員には、カードの利用額によってステータスが変わるという特徴があります。

通常会員は最大で13,000ポイント、プラチナ会員だと最大15,000ポイントが付与されます。

楽天ポイントは1ポイント=1円として使えますので、2,000円分の違いは大きいですよね。

また、発行後にキャンペーン登録することも必要になるものがあります。

発行する際にはキャンペーンサイトをよく読むことをおすすめします。

 

JCBカードについてはWebサイトからの入会が非常にお得です。

まず、年会費は初年度無料になります。

10,000円が浮くことになりますので、利用しない手はないでしょう。

新規入会者がもらえるキャッシュバックは12,500円分(2017年2月末現在)となっています。

 

JCBの場合はポイント付与ではなく、ギフトカードやキャッシュバックでの還元になっています。

ですがポイントの内訳を見てみると「若干楽天プレミアムカードより厳しいかな?」という感じがします。

 ・もれなくもらえる2,000円分ギフトカード

 ・登録と利用で2,000円キャッシュバック

上記の2点は本人の発行と通常利用でもらえますので、ハードルは低いです。

 

以下の3つは自分一人では完結することができないキャッシュバックです。

 ・「支払い名人」(リボ払い)サービスの登録と利用で1,500円キャッシュバック

 ・家族カード新規入会で2,000円分ギフトカード

 ・入会後、友人を紹介してその友人が対象のカードを発行したら一人あたり1,000円分のギフトカード(最大5,000円分まで)

友人紹介に関しては一人紹介しても1,000円と貰える額も少ないため、キャッシュバックを目当てに入会するのはおすすめできません。

 

ポイントが最大15,000円分つく楽天プレミアムか、初年度年会費無料に4,000円のキャッシュバックが付くJCBゴールドか。

ここではあまり差がないので、他のポイントも見ていきましょう。

 

f:id:takeslide:20170305225222j:plain

旅行のときの役立つ付帯保険はどちらか

ゴールドカードなどの年会費有料カードには、旅行に行った際に適用となる保険が付与されているのが一般的です。

最近は年会費無料のカードでも付いていることがありますが、適用となる条件や補償金額がそれぞれ大きく異なります。

入会する際はよくチェックしましょう。

 

チェックするポイントとしては以下の点があります。

 ・死亡等の保障金額よりも、疾病傷害治療費の充実度

治療費の高い国へ行く際などは別途保険に加入されるでしょうが、「死亡時に貰える金額よりも、怪我や病気で治療をしてもらったときにいくら補償されるのか」について注意してください。

 

【国内旅行時】

◯楽天プレミアム

 ※対象は本会員のみ

 ・傷害死亡:5,000万

 ・傷害後遺障害:最大5,000万円

 ・傷害入院:日額5,000円

 ・傷害通院:日額3,000円

  ※入院・通院は7日以内の場合は支払い対象外

  ※宿泊旅行の目的で、自宅を出発される前にホテル・旅館などの宿泊施設への予約を行った場合をいいます。ただし、日帰り旅行や宿泊施設に事前予約をされない場合でも、公共交通乗用具のチケットを楽天プレミアムカードでご購入の場合、ご搭乗中の事故については補償の対象になります。(楽天プレミアムカード付帯国内旅行保険ガイドより)

 

◯JCBゴールド

 ※対象は本会員のみ

 ・傷害死亡:5,000万

 ・傷害後遺障害:最高5,000万円

 ・傷害入院:日額5,000円

  ※手術費用も日額×決められた倍率で支払いあり

 ・傷害通院:日額2,000円

  ※入院・通院は7日以内の場合は支払い対象外

  ※チケットの支払いが必要との記載なし

 

国内旅行時にはさほど活躍することはないかもしれません。

また移動中に起きた事故に関しては、宿泊施設への移動手段が「公共交通乗用具」を利用していた場合に補償の対象となります。

自家用車で移動する時は、自動車保険にかけてある方が適用されるわけですね。

 

【海外旅行時】

◯楽天プレミアム

 ※対象は本会員のみ

 ・傷害死亡:最高5,000万

 ・傷害後遺障害:最高5,000万円

 ・傷害・疾病治療:最高300万円

 ・傷害入院:日額5,000円

 ・傷害通院:日額3,000円

 ・賠償責任:最高3,000万

 ・携行品損害保険:年間最高50万(免責3,000円)

 ・救援者費用保険金:最高200万円

  ※期間は国内自宅出発から自宅到着時まで最長90日

  

◯JCBゴールド

 ※家族カード会員も対象範囲内

 ・傷害死亡(本会員・家族会員):最高1億(家族特約 最高1,000万)

  ※JCBゴールドで事前に、「搭乗する公共交通乗用具」または「参加する募集型企画旅行」の料金を  お支払いいただいた場合、最高補償額は1億円、支払がない場合には、最高補償額5,000万円となります

 ・傷害治療(本会員・家族会員):1回の事故につき最高300万(家族特約:最高200万円) 

 ・傷害後遺障害:最高5,000万円

 ・傷害入院:日額5,000円

  ※手術費用も日額×決められた倍率で支払いあり

 ・傷害通院:日額2,000円

  ※入院・通院は7日以内の場合は支払い対象外

  ※チケットの支払いがなくても保険の適用になるが、補償金額が変わる

 

ここで見ておくべきなのは、JCBゴールドカードは「家族会員」にも適用されるという点です。

楽天プレミアムがあくまで本人のみなのにしか適用されないのに対して、JCBゴールドは家族会員の病気や怪我、携行品の破損に対しても補償してくれます。

 

国内旅行では対象外ですが、海外旅行では手厚い補償になっています。

ちなみに、両者ともに海外旅行保険は「自動付帯」。

無料カードや年会費の安いカードは、航空券の決済やツアーパックの決済が必要なものがほとんどです。

ですが、今回紹介している2枚のカードは決済がなくても大丈夫です。

他のポイント還元率の高いカードで決済をすることも可能です。

ただしJCBゴールドの場合、決済がないと「死亡後遺傷害」に対する補償額が半分の最大5,000万円になっています。

海外旅行保険については疾病や怪我の治療費用の適用条件や期間についてよく読み、必要であれば他の保険に入ることも検討しましょう。

 

【ショッピングガード】

◯楽天プレミアム(動産総合保険として提供)

 ※楽天プレミアムカードを利用して購入した商品のみ

 ・年間補償限度額:300万円(自己負担額一回あたり3,000円)

 

◯JCBゴールド

 ※JCBゴールドを利用して購入した商品のみ

 ※家族会員にも適用があるが保証限度額は異なる

 ・年間保証限度額:500万円(自己負担額一回あたり3,000円)

 

ショッピングガードについては対象商品が限られます。

また、両者ともに一回あたり3,000円の自己負担がありますので、タダで商品が戻ってくるわけではありません。

限度額が高いだけでなく家族会員にも適用がある点から、旅行時の保険に関してはJCBゴールドの方が優れていると言えますね。

 

【航空機遅延時】  

◯JCBゴールド

 ・乗継遅延費用保険金(客室料・食事代):2万円限度

 ・出航遅延費用等保険金(食事代):2万円限度

 ・寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等):2万円限度

 ・寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等):4万円限度

  

航空機遅延時の保険ですが、楽天プレミアムには補償がありません。

飛行機に頻繁に乗る方なら、出発の遅延には泣かされることもありますよね。

大手航空会社ならホテルの用意までしてくれることもあるようですが、そのあたりの保障はとても曖昧で流動的です。

今年は札幌を襲った大寒波のせいで中国行きの便が2日以上飛ばず、空港に缶詰めにされていた方が大勢いましたね。

 

JCBゴールドには、そのような時にも使える保険が付与されています。

航空機の到着が遅延したせいで乗り継ぎ便に間に合わず、4時間以内に代替便に乗れなかった場合の客室料・食事代を補償してくれるのです。

 

限度額は2万円となっています。

1泊+2食はできますから、十分な金額だといえるでしょう。

 

また、出発する便が遅延した際にも保険が適用されます。

出航予定時刻から4時間以内に代替便を利用できなかった場合、食事代を2万円まで補償してくれます。

この場合、客室料の保障がありません。

 

その他にも、預けた手荷物が紛失してしまった場合も保険金がもらえます。

紛失するものによっては全く金額が足りないことも考えられますので、「高価なものは旅行には持っていかない・手荷物持ち込みをすること」を心がけましょう。

しかし衣服を買い直すお金だって、旅先では大きな負担になるかもしれません。

そんなとき、紛失時の保障があれば安心できますよね。

これは非常に利用価値が高く、一回でも利用すれば年会費分の金額は取り戻せるのではないでしょうか。

 

f:id:takeslide:20170305225234j:plain

空港ラウンジが利用できます

◯楽天プレミアム

 国内主要空港ラウンジ

www.prioritypass.com

 

 ◯JCBゴールド

 国内主要空港

 ハワイ・ホノルル空港

www.jcb.co.jp

 

年会費有料のクレジットカードやゴールドカードのメリットとして、「空港ラウンジ利用権」があります。

これがゴールドカード以上のクレジットカードを保有するステータスにもなっているのですね。

 

具体的に見ていくと、両者ともに利用権は本人のみになっています。

他のゴールドカードでは家族会員の利用や同伴者(カード保有関係なく)の利用は1人までOKというところもありますから、この点に関しては特に優れているわけではありませんね。

 

しかし、楽天プレミアムには「プライオリティ・パス」に無料申し込み可能な権利があります。

年会費に対して、非常に良いコストパフォーマンスだと言えます。

プライオリティ・パスは世界中の空港ラウンジの利用会員権であり、実は申し込めば誰でも入れます。

年会費は99$〜となっていますが、一番安いプランだと利用する度に27$かかります。

あくまでも利用「権」なのです。

 

現在、1ドル=113円(2017年3月6日現在)ですので、27$は3051円になります。一番安いラウンジでさえ3000円以上するわけですね。

stocks.finance.yahoo.co.jp

 

そのワンランク上の会員だと249$!

しかも年間10回まで無料利用で、あとは都度利用27$です。

公式ページには楽天プレミアムでプライオリティ・パスを申込むとどのステータスになるのか記述がありませんが、こちらの実際に申し込んだ方によると一番格上のプレステージのようですね。

www.bousaid.com

 

そのまま申し込むと、年間399$のものが年会費1万円のクレジットカードに付帯されています。

 

JCBゴールドに関しては国内主要空港とハワイ・ホノルル空港のラウンジのみ利用可能です。

年会費1万円でプライオリティ・パスが付いてくる楽天プレミアムには勝てませんね。

 

JCBゴールドのワンランク上のカード、「JCBゴールド ザ・プレミア」にはプライオリティ・パスの利用申込権が付帯しています。

ちなみにこの「JCBゴールド ザ・プレミア」ですが、JCBゴールドを利用している会員の中から年収や年間利用額などを満たしている人へ向けてJCBが招待するタイプのカードになっています。

「インビテーション」が送られてくるのでしょうね。

 

ただし、航空便を利用する人でなければ宝の持ち腐れです。

特にプライオリティ・パスは、海外旅行者でなければほとんど意味のないメリットです。

海外旅行にはめったに行かない、あるいは行っても年間に数回程度なのであれば、プライオリティ・パスは都度利用でもいいでしょう。

 

年会費1万円のカードであれば、たいてい海外旅行者向けの施策を充実させています。

海外旅行に興味がない人は、もう少し年会費の安いカードやその他のメリットが大きいカードを選ぶ方が得策でしょう。

 

「JCBゴールド ザ・プレミア」やそれよりもワンランク上の「JCB ザ・クラス」、あるいはアメリカン・エクスプレスの上位カードには、海外旅行者でなくても有用な「コンシェルジュサービス」などがあります。

しかしそういったものを狙うのであれば、さらに年会費が必要です。

 

家族カード・ETCカードは充実しているのか

 ◯楽天プレミアム 家族カード

 発行手数料:無料

 年会費:540円(通常の楽天カードでは無料だがゴールドとプレミアムは有料)

 家族カードの利用が一定以上の場合、ポイント還元キャンペーンあり

 

 ◯JCBゴールド

 発行手数料:無料

 年会費:無料(1枚まで、2人目以降一枚1,000円)

 

ゴールドカードは一家の大黒柱をメインターゲットにしたカードですので、家族カードを発行することで利用額を増やしてもらう狙いがあります。

家族カードでの決済も本会員宛にまとめて請求が届きますので、ポイントも貯まりやすくなるなどのメリットがあります。

 

家族会員が旅行保険の対象になるかどうかについてはそれぞれのカードで異なりますが、楽天プレミアムに関してはほとんどありません。

独身者向けとも言えるでしょう。

 

JCBゴールドに関しては保険付帯がありますが、手厚いとは言えません。

また、家族カードのみでのラウンジ利用なども原則としてできないことになっています。

 

「権利は本会員にのみ付与されているもの」という認識で良いでしょう。

 

気になるポイント還元率は

  ◯楽天プレミアム

 ・楽天ポイント

 ・基本的には1%還元

 ・1ポイント=1円

 ・新規入会時最大15,000円ポイント還元

 ・スーパーポイントアッププログラム(SPU)で楽天市場での買い物がポイント5倍

 (その他キャンペーン併用でポイント倍率上昇あり)

 ・家族カード新規発行で2,000ポイント付与キャンペーン

 

 ◯JCBゴールド

 ・Oki Dokiポイント

 ・基本的には0.1%還元

  ※サービス提携先での利用では倍率が変わる

 ・1ポイントあたりで交換できるサービスはそれぞれ異なる

 例)1,050ポイント→JCBギフトカード5,000円分

 ・JCB STAR MEMBERS

 ・年間利用額100万円以上で「JCB STAR MEMBERS」のステータスが上昇し、ポイント付与率が1.5倍になる 

 

 

ポイント還元率では楽天の勝利と言えそうです。

新規入会時のポイント還元があまりにも気前が良いですからね。

 

また、楽天市場内の買い物は徹底的に優遇されています。

SPUによって常に5倍ですが、実際には公式アプリからの買い物で×1倍、特定の曜日に買い物をすると×1倍。

スーパーセール中はあらゆる商品の還元率が×10倍以上になるなどのサービスがありますので、楽天中心の生活に切り替えた場合の還元率は計り知れません。

 

ですが、JCBゴールドの方もばかにはできません。

基本的には1000円で1ポイントがつきますが、Amazonやイトーヨーカドーでは3倍です。

さらに、スターバックスでは5倍になります。

ポイント利用時に楽天のような巨大なサービス群があるわけではありませんが、「1,050ポイントを5,000円分のJCBギフトカードと交換」できます。

通常利用で考えると1,050ポイントを貯めるには100万5,000円の決済が必要ですが、これをJCBギフトカードにすると還元率は約5%です。

 

JCBギフトカードは全国様々な店舗で利用可能です。

スーパーならイトーヨーカドーや西友、マックスバリュが挙げられます。

電気店ならヤマダ電機やコジマがあります。

イオンや各種百貨店ではほとんどの店舗で利用できるようです。

JCBギフトカード ご利用可能店舗一覧(抜粋)|JCBカード

 

100万円以上の利用でステータスが上がりますから、翌年度からは更にポイントが貯めやすくなります。

JCBも楽天のポイントサービスに比べるとどうしても地味に見えてしまいますが、中身は決して悪くありませんね!

 

その他のメリットも満載

  ◯楽天プレミアム

 ・楽天Edy搭載

店頭で専用機器にタッチするだけで会計できる優れものです。

チャージする機械をショッピングモールで見かけた時に3,000円くらい入れておきましょう。

これで決済した場合も100円あたり1ポイント付きますから、現金で支払うよりもお得です。

小銭のやり取りがないのもスマートですね。

 

 ・楽天ポイントカード機能も付帯

街中での「ポイント」利用ができるようになったため、ややこしくなってしまった機能です。

対応しているお店でカードを提示してそのまま決済すると、「ポイントカード利用分のポイント」と「カード決済時に付与されるポイント」で二重取りになるので非常にお得です。

しかし、お店の店員さんがすべて把握しているのでしょうか?

クレジットカードの仕様でさえ理解していない方が多いのが現実です。

さらにポイントをつけたい場合、ある程度慣れている人でないと難しいかもしれませんね。

 

 ・法人カード「楽天ビジネスカード」に申し込める

楽天には個人事業主や経営者向けの「楽天ビジネスカード」があります。

このカードを申し込むには、楽天プレミアムカードを発行することが必要なのです。

あまり知られていないことですが、会社経費にこのカードを利用することができれば支払いや確定申告が楽になるだけでなく、ポイントも貯まります。

利用しない手はないのですね。

  

  ◯JCBゴールド

 ・グレードアップ制度

JCBには様々な提携カードがあります。

それらは提携先の利用で何らかのサービスを受けられることが多々あります。

 

しかしオリジナルシリーズにしかない制度もあり、その内の1つがこのグレードアップです。

JCBゴールドを発行し、「MyJCBにメールアドレスを登録」&「年間100万円以上 の利用を2年間」でワンランク上のカード「JCBゴールド ザ・プレミア」に招待されます。

 

ザ・プレミアにはさらに充実したサービスがあり、そこで利用実績を積むことで「JCB ザ・クラス」へ招待がされるようです。

審査は昔ほど厳しくはないのでしょうが、すべての人が招待されるわけではないのであしからず。

 

これらの「ステータスカード」にはそれに見合った利用実績と年会費が求められるわけですが、それらを支払ってでも利用したいサービスがあるのです。

ポイント還元率も通常のカードよりも高く、コンシェルジュサービスや提携レストランの利用時には割引や同伴者1名無料になるといったサービスもあるようです。

それらのサービスを利用する人には年会費を払ってもお得に見えるカードでしょう。           

 

f:id:takeslide:20170305225240j:plain

まとめ

長くなってしまいましたが、ここまで楽天プレミアムカードとJCBゴールドを比較して見てきました。

 

簡単にまとめましょう。

 ◯楽天プレミアム

 ・独身

 ・海外旅行・出張を年に数回以上利用する

 ・楽天のサービスを生活の中心にする

 ・ビジネスカードを利用したい経営者など

 

 ◯JCBゴールド

 ・家族がいる(近々出来る予定)ので保険の範囲を家族会員にも広げたい

 ・メインカードにすることで利用実績を積み、ワンランク上の「ザ・プレミア」や「ザ・クラス」のカードが欲しい人など

 

まとめてみると、上記のような住み分けになるでしょうか。

どちらも積極的にカードを利用する人にとってはとても良いカードです。

年会費1万円だからこそ利用できるササービスの世界。

是非一度利用することを検討してみてくださいね。

無題ドキュメント