【生活費節約】衣服代を節約するには制服化!実は時間の節約にもなる

f:id:tossikun:20170302121238j:plain

服はおしゃれが大好きな女性にとっては、いくらあってもまた欲しくなる魅惑のアイテムです。

しかし思うがままに買っていくと、どんどんクローゼットがカオス化しますよね。
ゴソゴソ探っていくと、「なんで今買ってきたものと同じような服がクローゼットに?」なんてことも。

このような状態に陥ってしまうと、お金の無駄と時間の無駄がダブルで発生してしまいます。
今回はこのようなお金と時間の無駄を省いて、本当に必要な服だけをクローゼットに並べていく方法をご紹介しましょう。

整理されていないクローゼットには無駄がたくさん

f:id:tossikun:20170302121255j:plain

あれもこれもと買い込んだ上に、前着ていた洋服も捨てずにいると、あっという間にクローゼットは色とりどりの洋服で埋め尽くされてしまいます。
これはこれで見ごたえがあって、実に気分が良いもの(?)ですが、定期的に着用している洋服は実は数着しかありません。

この数着をヘビーローテーションし、結局他の服はクローゼットの飾りとしての役割しか果たしていない、なんてことも多いのではないでしょうか。

以下にて、このような状態になったクローゼットの無駄要素を挙げていきましょう。

・クローゼットのスペース
・持っている服を完全に把握できないばかりに同じようなものを買ってきてしまうお金
・クローゼットの奥に消えた服を探しまわっている時間
・ごちゃごちゃなクローゼットから目的の服を探す時間
・この中から着る服を毎日選ぶ時間
・選んだ服と組み合わせる服を選ぶ時間
・選んだ服と合う小物を選ぶ時間

服で埋め尽くされたクローゼットによって、スペースとお金ばかりでなく、けっこうな「時間」が無駄になっています。

どっさりと時間もあるし、お金も時間もかけたいという人なら問題ないでしょう。
お金や時間がたくさんあるというのは幸せなことです。

たしかに、そういう人なら何の問題もありません。
しかしながら、世の中時間がある人ばかりではありませんよね。

「仕事が鬼のように忙しい。」、「子育てでおしゃれまで手が回せない。」などの事情で、カオス化したクローゼットがより一層カオス化する。
実際にそれは本当によくあることです。

季節ごとに着る服を2、3着に絞ると効率的

時間は有限です。
誰の上にも平等に流れます。
忙しいからと言って、神様は時間を増やしてくれたりはしません。

では、一体どうすれば良いのでしょうか。
どこかにかけている時間を削るしかありません。
「おしゃれは何よりも大事、時間は最優先で使いたい」という人であれば、必ずしも無理をする必要はありません。
しかし、そうでない場合は「おしゃれにかける時間」を削るのが一番効率的です。

まずはクローゼットの整理から始めましょう。
いつもヘビーローテーションしている服があるはずです。

しかし、その服はせいぜいが5~8着以内のはずです。
とりあえずはそれを横によけておきます。
それ以外の「いつもは着ないんだけど、なぜかとっておいている服」を処分しましょう。

「高かった。」「一度も袖を通していない。」「かわいいけど似合わなくなった。」といった理由で捨てたくない服ってありますよね。
お気持ちは痛いほど良くわかります。

もし泣くほど捨てるのが辛いのであれば、1年間どこかに残しておいても大丈夫です。
そして、1年間着なかったら処分するようにしたらいいのです。
当然ですが、着る機会の少ないフォーマルな衣装は除きます。

コーディネイトもある程度固定化すると時間の節約に

f:id:tossikun:20170302121308j:plain

どんなテイストで一日を過ごすのか。
コーディネイトも悩みの種ですよね。

日によって変えている人の場合、まずはその日のテイストを決めるところから入ります。
この悩んでいる時間を減らすだけで、負担がだいぶ軽減されるはずです。
まずは日常的に着る服のテイストを固定化してしまうといいでしょう。

仕事が忙しいキャリアウーマンの場合、職場の雰囲気によって着ていく服は変わります。
だいたいオフィスカジュアルが近年は主流ですが、職場によってカジュアルであったりスーツ着用であったりするなど、そのテイストはさまざまでしょう。
職場の雰囲気に合わせて、だいたい3~4程度のコーディネイトをあらかじめ作ってしまうと楽になります。

子育て中のママの場合、子供が小さければ小さいほど服はほぼ作業着になってしまいます。
汚れても気にしなくて良い服でも大丈夫なコーディネイトを2~3パターン決めておくといいでしょう。

パターンが決まったらそのパターンどおりにクローゼットにハンガーで吊るしておきます。
朝目が覚めて支度が終わったら、後は着ればいいだけなので便利です。
悩まなくて良いからこそ、サクサクと身支度が整います。

自分の着たいテイストと生活に合ったスタイルを決定する

いくらコーディネイトを制服のように決めて「こっちの方が楽だー!」と言っても、ずっと制服みたいな服であれば、毎日のテンションも下がり気味になるものです。
このような気分の低下を抑えるためにも、自分の好きなファッションテイストで固めた方が良いでしょう。

自分がどのテイストが好きなのかが分からない場合は、まずはテイストの決定から始めましょう。
だいたいどの路線でいこうか決めたら、そのテイストの2~3ヶ所のブランドから服を買うようにしましょう。

そうすると、上下の組み合わせがだいたい合致するようになります。
もしローテーションに飽きたら、組み合わせを変えるなどのちょっとした工夫をしていくだけでも気分も変わりますよ。

また好きなブランドをあらかじめ決めておくと、買い物にかける時間も短くできますし、セールの情報もゲットしやすいです。
そうすれば、プロパーの価格で買ってしまう、なんてミステイクも防ぐことができます。

忙しい女性におすすめなブランド

オンワード

20代や30代向けのブランドなら、一通り何でも揃っています。
23区あたりは縫製もしっかりしているし、上質な素材を使っているので着心地も良いです。
オフィスカジュアルの通勤服としてもぜんぜん問題なく使えるので、単価はやや高めですが多岐に渡って長く使えます。
まず買って損はないといえるブランドでしょう。

その他にも、組曲はふんわりとしたテイスト、iCBはカチっとしたテイストになっています。
ブランドによってもテイストが異なるので、自分に合うテイストを選んでみてください。

crosset.onward.co.jp

NATURAL BEATY BASIC

女性らしい柔らかい曲線のアイテムが揃っているブランドです。
甘くなりすぎないデザインは、通勤の際にも使いやすいので重宝できます。
お値段もお手ごろなものが多く、20代や30代のお勤め女性にとってかなり使い勝手の良いブランドといえるでしょう。

www.naturalbeautybasic.com

アースミュージック&エコロジー

レースや花柄など、甘めで少女っぽい可愛らしいデザインのアイテムが豊富です。
サイズは少し小柄な人向けになっていますが、ふんわりとした乙女チックなテイストが好みの人にはおすすめのブランドです。
価格帯も手ごろなものが多く、着まわしが容易なアイテムもたくさんあります。

stripe-club.com

GAP

アメリカのブランドらしく、サイズはやや大きめです。
ざっくりとした媚びないデザインで、かっこいい女性に変身できます。

お値段もお手ごろで、汚れても洗濯しやすい服が多いです。
子どもがまだ小さく、公園などに頻繁に出かける人にも向いているブランドです。

www.gap.co.jp

ここに挙げた以外にも、女性向けファッションブランドは星の数ほどあります。
「買い物しやすい」ということも時間節約の条件のひとつです。

こだわりのブランドがない場合、ショッピングモールや近場のデパートに入っているお店から良さそうなブランドを見つけるというのもおすすめです。

まとめ

・ゴチャゴチャなクローゼットは時間とお金が無駄になる
・ヘビーユーズしている服以外は処分する
・処分したくない服でも1年以上眠っているものは処分する
・コーディネイトを3パターンくらい固定化しておくと朝悩まなくて支度が早くできる
・好きなテイストのブランドを決めておくと買い物しやすくなる