【IPO株】初心者でも利益が上げられるIPO株。その購入方法とは?

f:id:manekai:20170315133743j:plain

初心者でも高い確率で利益を得ることができると言われている、IPO株。
人気が高い金融商品なので、購入はほとんどの場合抽選によるものになります。

IPO株の抽選に当選する確率を上げるためにはいくつかのコツがあります。
今回は、そのいくつかのコツやおすすめの証券会社、IPO株だからと言って油断してはいけないIPOの落とし穴などの情報をお伝えしていきます。

IPO株は高確率で利益が得られる株

IPOとはInitial Public Offeringの略で、日本語では「新規公開株」や「新規上場株」と言われるものです。

つまり、上場会社に新たに上場する株のことですね。
IPO株を購入する際は、実際市場に出る前に予約をしてから購入します。

おおむね公開されてからすぐのIPO株の株価は上がります。
株価が売りに出された価格よりも下がっていく場合もありますが、ほとんどのケースで株価が上昇し、中には5倍になるものもあります。

このため、IPO株は株取引の初心者でも大きな利益を得やすい株として注目されています。
ただし簡単に利益が上げられるという性質上、とても人気がある金融商品なため、証券会社から売り出されるときは、たいてい抽選で売りに出されます。

人気がある株なので購入は抽選方式

f:id:tossikun:20170120125002j:plain

多くのケースで株価が値上がりするIPO株。
簡単に利益を得ることができるので、とても人気がある金融商品です。
そのため、証券会社はIPO株を販売するときは抽選を行います。

抽選方法はそれぞれの証券会社で異なります。
完全にランダムで選ばれる場合もあれば、資金力が大きい購入希望者が有利な場合もあるなど、抽選方法は各社によってさまざまです。

当選確率を上げるためのコツ

人気の高い金融商品のため、当選確率も低くなります。
当たればラッキーなIPO株ですが、当選の確率を上げる手段がないわけではありません。

IPO株を購入希望して抽選からもれたとしても、特に失うものはありません。
当選確率をできるだけ上げるために、いろいろと試してみるといいでしょう。

複数の証券口座から申し込む

IPO株は複数の証券会社から販売されています。
ひとつのIPO株を複数の会社から申し込むことは可能なので、IPO株を扱っている証券会社に口座を開きなるべく多くの会社で申し込むと当選の確率が上がります。

ただし、抽選に申し込む際に「口座に資金があること」などが条件となっている証券会社もあるので注意してください。

手持ちの資金が少ない場合は、IPO株の抽選に申し込むために資金を一時的に銀行の預金から移動するという手段もあります。
たとえ抽選が外れたとしても、また資金を移動すればいいだけです。

証券会社の中には、抽選に当たった後からでも資金を用意できる会社もあります。
申し込みができる証券会社からなるべく多く申し込む方が、IPO株を入手できる可能性が広がります。

主幹事をしている証券会社から申し込む

IPO株を販売している証券会社には「主幹事」と呼ばれる証券会社があります。
主幹事とは主にその会社が上場するにあたり、主に準備を手伝ってきた会社です。
新規で上場する会社の株の大部分は、この主幹事の証券会社から販売されます。

当然ですが、保持している株が多いほど当選しやすいです。
そのため、株式上場にあたって主幹事をしている証券会社に申し込むと確率が上がります。

上場会社の主幹事がどの証券会社なのかはIPO株の主幹事を一覧で表示しているページなどを参考にするか、yahooファイナンスのIPOページで「引受証券」に表示されている会社名を参考にするといいでしょう。

www.tokyoipo.com

info.finance.yahoo.co.jp

資金力がないならネット証券

大手の証券会社が扱うIPOは大口の投資家などに優先的に配分され、一般の投資家に向けて販売されることはほぼありません。
しかし資金力がなく、大口の取引などに無縁であっても、ネット証券から公平抽選方式で販売されるIPO株なら購入することができます。

抽選に申し込むに当たって口座に資金が必要なこともあるので注意が必要です。
しかし、実際当選して申し込むまでは資金がなくなることはありません。

申し込みの期間だけ銀行などの流動資産を移動させて申し込みだけ行うと、多くの証券会社から申し込みができるようになり、当選確率を上げるのに有利です。

また、資金力の高い投資家に優先的に株を配分するSBI証券のような会社でも、IPO株の抽選に落選するとポイントが貯まり、ポイントを多く獲得している投資家には優先的に株を配分するというシステムを採用しています。

ネット証券ではさまざまなシステムでIPO株が販売されているので、IPO株を取り扱っているネット証券の販売方式を調べてみるといいでしょう。

勝率が高いIPOだが値下がりのリスクも

f:id:tossikun:20170118145156j:plain

IPO株は値上がりすることが多い金融商品ですが、「値下がりすることがない」とも言えない商品です。
初値を下回る可能性の高いIPO株はやはり人気が低く、当選しやすいという特徴があります。

そのような株は公開後も初値より値下がりをしやすいため、IPO株といえども損失を出してしまう可能性が高いです。
そのようなIPO株を避けるには「直近の業績が赤字でないか」、「株式を発行しすぎてはいないか」、「公募価格が上限で決定していない」などの条件をチェックしましょう。
不安な要素があったら購入を見送るようにするといいでしょう。
IPOとは株初心者でも簡単に利益が出せるお宝株 | 俺たち株の初心者!

IPOが当選しやすい証券会社

f:id:tossikun:20170124161501j:plain

一般の投資家がIPO株を購入する場合は、やはり公平抽選が行われているネット証券で申し込む方が一番当選の可能性が高いでしょう。
今回はIPO株を扱っているネット証券会社のなかでも、特におすすめの3社を紹介していきます。

マネックス証券は引受幹事になる回数が多い

業務委託を含む幹事である「引受幹事」となって株式の販売を行うことが多い証券会社です。

1口からの申し込みが可能な上、抽選は完全に公平に行われます。
少しの資金でも抽選に当たる確率が変わらないので、資金力が少ない人にはおすすめの証券会社です。

SMBC日興証券は主幹事をやることが多い

SMBC日興証券は、新規上場株式公開の主幹事を引き受けることが多い会社のひとつです。

抽選は公平方式で、1口からの投資家にも当選のチャンスが平等に訪れます。
こちらも資金力に自信がない人にはおすすめの証券会社になります。

SBI証券も主幹事が多くポイントも使える

SBI証券もSMBC日興証券同様に主幹事をすることが多い証券会社のひとつです。
当選確率は口数比例なので、資金力が豊富な人のほうが当選確率が上がります。

ただし当選にもれた場合はポイントが付与され、そのポイントを使うと上位利用者から必ずIPO株が割り当てられるという制度があります。
当選するには数多く申し込んでも損にはならない制度です。(※IPOは当選しなくても単に申し込みができないだけなので損はしません。)

その他にも、全体の70%をネットで公募して公平抽選にて販売している「松井証券」、完全公平抽選の「カブドットコム証券」などからもIPO株が販売されています。
色々な証券会社で口座を開設しておくと、当選確率を上げることができます。
IPOにおすすめの証券会社の比較 | 庶民のIPO

まとめ

・IPO株は初値より値上がりする場合が多く、勝率が高い金融商品
・IPO株は人気が高いので、購入は抽選方式になることがほとんど
・当選確率を上げるにはIPO株を販売している証券会社に口座を開設して申し込む
・IPO株といえども、初値よりも値下がりする株があるので注意する
・ネット証券から申し込めば、少ない資金力でも購入することが可能