読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デビットカードってお得なの?クレジットカードとの違いを徹底比較!

テレビCMやネット広告でも目にする「デビットカード」。

みなさんは利用したことはありますか?

 

「クレジットカードと何が違うの?」と、いまいち理解していない方もいるのではないでしょうか。

今回は、デビットカードについての豆知識や、クレジットカードとの違いを見ていきましょう。

 

キャッシュカード式・クレジット提携式。デビットカードの種類は2種類

デビットカードは、大きく分けて2種類あります。

まずは、その種類の違いから見ていきましょう。

 

特別な申込は不要!キャッシュカードで支払えるJ-Debit(ジェイデビット)

f:id:uokawakana:20170219132943j:plain

デビットカードと聞いて、「新しくカードを作らなければならないということ?」と思った方はいませんか?

 

最近テレビCMなどでよく見聞きする「VISAデビット」や「JCBデビット」など、クレジットカード会社が発行しているデビットカードは、たしかに新たな申し込みが必要となります。

しかし、 今すでに持っている銀行キャッシュカードでも、デビット支払いをすることが可能なのです!

 

f:id:uokawakana:20170219125531g:plain

【画像】 デビットカード−ゆうちょ銀行

 

このマークが使用可能であることの目印となっています。

買い物の際は、キャッシュカードを提示して、キャッシュカードの暗証番号4桁を入力するだけで完了です。

クレジットカードでの支払いの場合、カード利用明細書をもらいます。

デビットカードでの支払いの場合は、利用控えを受け取ります。

 

 VISA・JCBのデビットカードの使い方は、クレジットカードと同じ

一方、クレジットカード会社と提携しているデビットカードも最近広がってきています。

この影響で、デビットカードという支払い方法や存在が知られるようになったとも言われています。

 

利用可能な店舗は、VISAやJCBのクレジットカード加盟店となっています。

ただし、決済方法の理由から、一部VISA、JCB加盟店であっても利用不可の場所もあります。(高速道路、ガソリンスタンドなど)

クレジットカード決済の方法を利用して使うため、使用方法はクレジットカードを使うときと同じです。

デビットカードを提示し、署名または暗証番号の入力をするだけです。

 

VISAデビットやJCBデビットは、それぞれ発行している銀行などで申し込むことが必要となります。

 

銀行のキャッシュカードを利用するJ-Debitと違い、各社でキャッシュバックやポイント加算、付帯サービスやマイルなど、特典を得られるメリットが豊富です。

年会費や手数料など、カードによって、特典や条件は異なります。

 

・Visaデビット

http://www.visa-news.jp/debit/

・JCBデビットカード

http://www.jcb.co.jp/merchant/pop/debit.html#A001

 

デビットカードとクレジットカードの違いをチェック!

では、デビットカードとクレジットカードでは、何が違うのでしょうか?

特徴の違いやメリットを見ていきましょう。

 

クレジットカードは「後払い」、デビットカードは「リアルタイム払い」

f:id:uokawakana:20170219133033j:plain

クレジットカードと同様、デビットカードも店頭でカードを渡して代金の支払いをします。使い方に大きな違いはありません。

しかし、1番大きな点が、実際にお金が出ていく時期にあります。

 

クレジットカードは後払い方式となります。

カードごとに決められている「毎月○日締め、翌月○日支払い」というサイクルで支払うわけです。

 

クレジットカードの利用額には上限があります。

しかし、その範囲内であれば、現在口座内に使用した金額が入っていなくても、支払日までにその金額が口座に用意できない可能性があっても、とりあえずお買い物ができてしまうのです。

つまり、幻のお金を使って買い物をしているわけですね…。

 

これは、大きなメリットでもありますが、それと同時に、お金の使い方を管理できない場合は、カンタンに借金地獄に陥ってしまう危険性もあるのです。

こういった危険性があるために、クレジットカードを申し込む際には、年齢制限や審査が必要となるわけです。

 

一方、デビットカードは、カードを提示して買い物をした、「そのとき」に、登録している銀行口座から、即座にお金が引き落とされます。

出ていく場所が「財布から」なのか、「口座から」なのかだけの違いということですね。

 

今ではスマホアプリなどを使って、口座残高をリアルタイムで確認することも簡単になりました。

デビットカードでの支払いは、より現金を使う感覚で管理しやすくなっていることが魅力といえます。

 

デビットカードの使用限度額は口座内残高になっています。

そのため、どれだけ金遣いが荒くても、最終的に口座残高がゼロになってしまった時点からは使えなくなります。

少なくとも、借金には至らないわけです。

 

なお、支払い方から考えると当たり前ですが、デビットカードでは、支払い回数は「1回のみ」となります。

「その都度」支払うわけですから、分割払いはできない、というわけです。

 

使用可能時間が違う!24時間使用不可のカードも。事前に要チェック!

クレジットカードとの違いの1つに、使用可能時間があります。

クレジットカードの場合は、利用上限額を超えているなど、カード自体が利用不可になっていない限り、24時間365日使用可能です。

 

しかし、デビットカードの場合、24時間365日、必ず使えるとは限りません。

銀行口座からその場で引き落としすることが、デビットカードの仕組みです。

そのため、口座残高が確認できない夜間・休日などは、利用に制限が出てしまうわけですね。

 

クレジットカード会社と提携しているVISAデビット、JCBデビットの場合は、限りなく24時間使えるカードが増えています。

しかし、J-Debitの場合は、深夜の一定時間など、使用不可の曜日・時間帯を設けているものがあります。

事前に自分のキャッシュカードの使用可能時間をチェックしておきましょう。

 

【確認はこちらから】

 

高速道路やガソリンスタンドで使えない?デビットカードの支払いスタイルが理由

先ほど、デビットカードでは、使用不可の店舗があることをご紹介しました。

VISAやJCBのデビットカードを使用していたとしても、加盟店の中に、使えない店舗・場所があるということですね。

 

その理由は、デビットカードの支払い方法にあります。

デビットカードは、クレジットカードのように後払いではなく、そのときに使用した金額を引き落とす仕組みです。

 

カードを提示したあと、支払いが完了するまでの間には、加盟店と発行金融機関のシステム間で、「この金額でこの人が買い物、サービスを受けようとしていますが、良いですか?」という確認が行われています。

高速道路の一部では、このシステムが導入されていないため、発行元の金融機関が使用不可としているのです。

また、事前に「いくら使うのかが決まっていない」ガソリンスタンドの場合、残高不足の可能性があるために、利用できないカードがあるというわけです。

 

なお、使えるカードもあるそうです。

残高不足が生じた場合、クレジットカードの引き落としができなかったときと同じように、入金依頼が来るとのことです。

 

銀行残高はスマホからでも簡単にチェックできます。

事前に確かめて使いたいですね。

 

ポイント還元率はクレジットカードに軍配!

VISAデビットやJCBデビットでは、クレジットカードのようにポイントが貯められたり、キャッシュバックがあったりするとご紹介しました。

しかし、デビットカードとクレジットカードの還元率を比べると、どうしてもデビットカードの方が低くなりがちです。

 

デビットカードは0.2~0.5%ほどのものが中心です。

1.0%のものもありますが、種類は少ないです。

 

一方、クレジットカードの場合、還元率は0.5~1.0%が中心となっています。

1.0%以上の高還元率のものもあるため、ポイントなどの特典を重要視する場合は、クレジットカードの方が良いともいえるでしょう。

 

日常のお買い物やランチ代など、現金の代わりに手軽に使うならデビットカード!

f:id:uokawakana:20170219133310j:plain

お金の管理がしっかりとできる人なら、普段のスーパーでの買い物などでも、クレジットカードを利用できるでしょう。

 

しかし、後払い式のクレジットカードをメインで使うと、「使った日と引き落とされる日にズレが生じてしまい、管理が難しくなってしまう...」と現金払いを選んでいる方も多いのではないでしょうか。

そのような方には、デビットカードでの支払いは向いているといえます。

 

使った日にお金が減ることで、「使った実感」も持てます。

家計の管理も口座で手軽に行うことができます。

 

・大きな出費は、今まで通りクレジットカード払いを選んで、ポイントをしっかり貯める。

・日常使いの買い物は、管理しやすく、現金払いより特典が受けられるデビットカードで。

上手に2つのカードを使い分けて、賢くお金を使いたいですね!

[PR]クレジットカードを探すなら比較情報.com

クレジットカード比較情報.com

クレジットカードを初めて持つ方も、お得なカードに変更したい方も、約100種類からあなたにピッタリのお得なクレカが見つかるかも!

クレジットカード比較情報.com >>

無題ドキュメント