【教育ローン】奨学金と教育ローンは何が違う?借りるときは返済計画をしっかりと立てることが大事

f:id:tossikun:20170112121645j:plain

世帯年収がどんどん減る一方で、教育費は増加の一途をたどっています。

「子供の教育費はコツコツと貯めてきたつもりだけど、いざ受験・進学となると足りない!」という心配もあるかもしれません。

 

そんな時に利用できるのが、「教育ローン」という進学費用の工面を目的としたローンです。

進学費用を給付または貸与してもらえる奨学金制度と併用して使われることが多いです。

奨学金だけでは補いきれない教育費用の不足をカバーしてくれる、学生にとっても親にとってもありがたい制度です。

 

国が実施している教育ローンのほか、民間のメガバンクや地方銀行、信用金庫などでも教育ローンを提供しています。

利率や上限金額、返済期間、審査基準などは機関ごとに異なります。

 

教育ローンとは、どういう仕組みの制度なのでしょうか。

奨学金と併用するときのコツ、ローンの審査基準などの情報をご紹介していきます。

 

教育ローンとは学費のためのローン

f:id:tossikun:20170207145400j:plain

教育ローンは学習する意欲がある人のために学費をローンで貸してくれる制度です。

国や民間の金融機関などさまざまな機関から借りることができます。

借り入れることのできる上限金額や返済期間、利率ローンによっても異なり、審査基準も違います。

教育ローンを借りるときは条件をよく確認して申し込む必要があります。

 

また、教育ローンの審査に時間がかかるところもあるので注意が必要です。

資金が必要なときになっても審査が終わっていなくて間に合わないかもしれません。

そんな事態も想定されるので、教育ローンの検討や申し込みは早いうちから行っておくと安心です。

 

また、教育ローンは借金のひとつですので、当たり前ですが返済しなくてはいけないお金です。

たくさんのお金を借りることができる教育ローンも存在しますが、きちんと返済していけるかどうかも返済シミュレーションして確認しておくべきです。

 

教育ローンと奨学金は返済する人間が違う

教育ローンと同じく、進学のための費用を借りる手段として奨学金と言う制度が存在します。

教育ローンとの違いは返済する人が違うと言うことで、教育ローンの場合は「保護者」が、奨学金の場合は「学生本人」が原則として返済していきます。

 

教育資金が奨学金だけでまかなえないといった場合は、保護者が教育ローンを申し込んで保護者と学生が協力して借金をしていきます。

教育ローンを借りられるところはたくさんありますが、世帯全体で返済計画を立てながら返済して行ける範囲で借り入れを行い、計画的に返済を行うことが大切です。

 

教育ローンと奨学金の併用をするときに注意すること

f:id:tossikun:20170118145156j:plain

教育ローンと奨学金では学費をまかなうという目的は一緒ですが、利率や仕組み、返済期間などさまざまな点で違いがあります。

その違いを考慮に入れて、借り入れを計画していくといいでしょう。

 

利率の違う借金。組み合わせは慎重に。

また、奨学金と教育ローンでは利率が違います。

奨学金の場合は学生が借りるということもあってか利率が低く設定されています。

最高でも3%までの利息しかかからないので、教育ローンよりも低い利率で借金が可能です。

 

ちなみに教育ローンは国の教育ローンが1.8%程度です。

しかし、民間の教育ローンは国の1.8%を下回る利率のものもあれば、10%以上の高い利率のものまでさまざまです。

 

奨学金と併用するときは奨学金を減らしすぎない

奨学金と教育ローンを併用して借り入れる場合、「子供の支払う奨学金を減らしてあげたい」という親心もあってか、教育ローンの割合を多めにしてしまうケースもあります。

しかし、それでは世帯として教育ローンの利息分支払う総額が増えてしまうことになりますので、注意が必要です。

利率はほんの数%の違いですが、長期間借り続けると10万円単位以上の差がつくこともあります。

 

奨学金の方が「利率が低い=支払う総額が低い」ということです。

もしも200万円の学費を奨学金との併用で借りる場合、奨学金の割合を減らすため奨学金で借りられる額を減らすと世帯として支払う金額が利息分増えてしまいます。

 

奨学金の割合を減らしてあげたいという気持ちは、たしかに子供を想う親の気持ちとしては当然の感情です。

しかし、ここは世帯での返済総額を減らすという目的にのみ標準を合わせましょう。

奨学金で借りられる分は奨学金で借りるという方針にした方が利息の分だけお得になります。

 

教育ローンは借りた次の月から返済が始まる

教育ローンはほとんどの場合、借りた次の月から返済が始まります。

一方、奨学金の場合は就学中は返済が猶予される仕組みがあります。

すぐに始まる返済は生活を圧迫する可能性があるので、無理なく借りられる範囲の金額と返済期間を設定して借りる方が安心です。

 

元本据え置き型のローンもありますが、元本がいつまでも減らずに利子だけを払い続けるという状況になるのはあまり好ましくありません。

可能であるなら、毎月元本を減らして早期に返済を完了させてしまったほうが良いでしょう。

 

毎月の生活資金を確保できる範囲の返済金額を設定して、借り入れ期間や借り入れ金額を設定しておくと安心です。

 

国の教育ローンは低金利

f:id:tossikun:20170120124900j:plain

国が行っている教育ローンが、もっとも教育ローンの中でもポピュラーでしょう。

固定金利で年1.81%(平成28年11月10日現在)という低金利で借りることができます。

母子父子家庭や世帯年収が低い世帯の場合、より低金利(1.41%)で借りることができます。

 

ただし、上限が350万円と決まっている上に、審査に1週間程度と時間がかかるのと、親の年収の上限も定められています。

海外の学校に留学する場合は上限が450万円になったり、親の経済状況や家族構成によっては規定の年収上限より上の年収であっても借りることができるなどの条件緩和もあります。

そうは言っても、やはり基本的に審査は厳しい方だと言われています。

 

また、教育ローンは元本据え置きの期間を設けることが可能で、元本据え置き期間は利子の支払いのみだけでも大丈夫な仕組みとなっています。

あまり返済期間を延長するのは好ましくはありませんが、どうしても支払えない期間ができたときは、支払いを利子のみにすることも可能です。

 

民間の教育ローンもたくさん

教育ローンは民間の金融機関の一般のローンと同じようにサービスを展開しています。

メガバンクから地方銀行、信用金庫まで扱っており、それぞれ利率や返済期間、上限金額が違います。

中には数千万単位で借りることができるローンもあります。

 

各金融機関で利率や返済期間、上限金額などは異なりますが、審査は国の教育ローンよりも甘い傾向があります。

国の教育ローンの審査が落ちても民間の教育ローンを使えるように、国と民間同時に申し込みをしておくと安心です。

ほとんど教育ローンはキャンセルできます(各金融機関で要確認)ので、どのローンを使うか決まったら、残りはキャンセルしましょう。

 

教育ローンであっても借金には変わりありません。

借りすぎるなどの無計画な借り入れを避けるために、必ず返済計画をしっかりと行った上でローンを申し込むようにするといいでしょう。

 

まとめ

教育ローン

・学費をまかなう目的で借りるローン

・保護者が返済、奨学金は学生が返済

・奨学金を併用するときは奨学金の割合を多めにした方がお得

・借りた次の月から返済が始まることが多い

・提供している金融機関によって審査基準や金利などがバラバラ

国の教育ローン

・低金利だが審査が厳しく時間がかかる

民間の教育ローン

・利率も上限金額もいろいろ

・審査が甘く、通過が早い傾向がある

・借金の一種なので返済計画はしっかり立てて借りることが重要

無題ドキュメント