初心者もベテランも!ライフスタイルに合ったクレジットカードの見つけ方

f:id:skrskr34:20170214013401j:plain

現在クレジットカードの種類は何百種類も発行されており、どれを選んだらいいのかわからない方も多いでしょう。

そんな人へのアドバイスとして、「ライフスタイルに合ったカードを選びましょう!」とよく聞きます。

言葉では聞くもののどんなカードを選んだらいいのかわからず、そしてカードを申し込まないままになっている人が大勢いるのではないでしょうか。

 

ここでは、クレジットカードを探している4人を例に挙げて、ライフスタイルを基準にどんなクレジットカードが合うのか提案をしていきます。

自分のライフスタイルを思い出してどんなクレジットカードを持ったらいいのか参考にしてみてください。

 

クレジットカードは持つことを勧める理由

クレジットカードを持っている方は、クレジットカードを持つこと(利用すること)によって特典やサービスを受けられるため利用をしています。

この特典やサービスの部分が、カードによって様々な特徴を持っているため、どれを選んだらいいのか迷ってしまう理由の一つです。

仲のいい友人が、持っているクレジットカードを勧めてきたとしても、あなたのライフスタイルに合ったカードでなければお得な気分を感じることができません。

 

持っていないよりも持っていたほうが受けられる特典やサービスが確実に多いので、持っていてよかったと思うことはカードを発行してから実感するでしょう。

 

f:id:skrskr34:20170214013419j:plain

 ライフスタイルからクレジットカードを考えてみる

下記の例は、モデルとなる佐藤家4人の特長です。

この4人のライフワークを比較したり一部取り上げたりしながら見ていきましょう。

自分に当てはまるスペックの人を参考にするもよし、ライフワークが似ている人を参考にするもよし。

ライフスタイルに合ったクレジットカードを選ぶきっかけにしてみてください。

 

1.A子

スペック:女子大学生

ライフワーク:バスで通学、夜からバイト、おしゃれも遊びも好き。

 

2.B男

スペック:社会人3年目

ライフワーク:地下鉄で通勤して、昼間は仕事、旅行が好き。

 

3.C美

スペック:パート主婦

ライフワーク:JRで通勤、日中はスーパーでパート、ネットショッピングが好き。

 

4.D夫

スペック:会社員

ライフワーク:車で通勤、朝早く夜遅くまで仕事、休みの日に家電量販店に行くのが好き。

 

注目点【1】会社や学校までどうやって交通機関を利用しているか

ワイフワークの比較としてわかりやすい通勤や通学方法に焦点を当ててみます。

 

4人それぞれ何らかの交通手段を使って目的地へ行っています。

バスや地下鉄、JRそれぞれの交通機関によってクレジットカードを発行していることがあります。

 

大都市部は様々な交通手段が整備されているため、じぶんがよく使う交通機関でクレジットカードを発行していないかチェックしてみてください。

 

今回、交通機関については福岡を参考にして取り上げてみます。自分の住んでいる地域の交通機関を調べてみてください。

 

*地下鉄を扱っている福岡市交通局はクレジットカードを発行していません。

 

*バス・電車…西鉄

発行されているクレジットカード:クレジットnimoca

 

*JR…JR九州

発行されているクレジットカード:JQカード

 

*車…自動車の使用頻度による

発行されているクレジットカード:ENEOSカード、コスモ・ザ・カード・オーバス、シェルスターレックスカード、シナジーカードなど多数

車によく乗っている人は、ガソリン系のクレジットカードをおすすめします。カード会社によってガソリンの値引きだけでなく、サービスが違っています。

 

注目点【2】遊びや趣味、スーパーなどの足を運ぶ頻度が高い場所はどこか

通勤や通学と違って必ず利用するわけではないけれど、足を運ぶ頻度が多いお店があるはずです。

 

今回、A子は遊びでよく都市部で遊び、B男は旅行をすることが好きなので、定期的に国内旅行に行っています。

C美は家の近くのスーパーに寄っているとします。

D夫は不定期に家電量販店で買い物をしています。頻度としては1ヶ月に1度以上足を運んでいれば、よく利用している店舗と考えていいでしょう。

 

A子が遊びで利用している店舗が商業施設であれば、エポスカード、PARCOカード、ルミネカードが使い勝手が良いのでおすすめです。

 

B男は旅行が好きで、飛行機を使って国内旅行によく行っています。

そこで、旅行の頻度が多い方にはマイルを貯めることをおすすめします。

マイルが貯まりやすいカードには、マイレージプラスセゾンカード、JMBローソンPontaカード、エクストリームカード+ソラチカカードなどがあります。

 

C美のよく行くスーパーが、もしイオン系列であれば、イオンカードセレクトがおすすめです。

その他にも、スーパー系のクレジットカードは、クラブ・オンカード・セゾン、OMCカード、UCSカード、ウォルマートカード・セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードなどが代表的なカードとして発行されています。

 

D夫は家電量販店が好きなので、ポイントの使いやすさや還元率も含めて4種類のカードがおすすめできます。

ヤマダ電機はヤマダLABI ANA マイレージカード、ビックカメラはビックカメラSuicaカード、ヨドバシカメラはゴールドポイントカード・プラス、エディオンはエディオンカードが発行されています。

 

注目点【3】ネットショッピングはどこのサイトを使っているか

C美は近くのスーパーで食料品は買っていますが、日用品などはネットショッピングを使って買い物をしています。

 

購入する商品によってサイトを使い分けている人も多いのではないでしょうか。

クレジットカードを使いこなせているのであれば、サイトによってクレジットカードを使い分けるやり方がポイントは貯まりやすいです。

 

しかし、カードの管理が得意でなければ、還元率の高いカード1枚で支払いをするように心がけましょう。

還元率の高いクレジットカードは、オリコ・カード・ザ・ポイント、リクルートカード、Yahoo!JAPANカード、REXカード、楽天カードなどがあります。

 

また、ネットショッピングは支払いでクレジットカードが利用できるサイトがほとんどです。

そのため、カード会社ごとに設けているポイントモールを経由して自社のクレジットカードを使うように促しているカード会社が増えてきました。

 

それぞれの特徴を考慮して、いくつか簡単にクレジットカードを提案しました。

それぞれのクレジットカードによって特典やサービスは様々ですので、自分のライフスタイルを思い出して気になったクレジットカードがあれば調べてみてください。

 

f:id:skrskr34:20170214013453j:plain

クレジットカードはどこで発行できるのか

現在、クレジットカードの申し込みはインターネットもしくは郵送が多いです。

ですが、まだまだ店舗からの申し込みも多いようです。

インターネットからの申し込みに自信がなければ、店舗でスタッフに説明を受けながらクレジットカード発行の手続きをしてもらうと戸惑わずにできるでしょう。

 

店舗で申し込むと即日(その場で)仮カードという形でカードを発行できるクレジットカードもあります。

申し込んでから審査を行い、審査を通過した場合にのみ可能です。

後日、正式なカードが送られてきますが、仮カードでも発行した当日から利用可能な点が大きなメリットといえます。

 

クレジットカードは18歳以上でないと発行できません。

子供が高校卒業したばかりでクレジットカードの利用に関して心配のある保護者は、家族カードを発行してもいいかもしれません。

発行されたメインのカードと同じように使えますし、引き落としも同じ口座からまとめて引き落としが可能になるため、管理がしやすくなります。

 

クレジットカードは何枚持ちがベストか

初心者であれば、まずはメインカードとなる1枚を使いこなすことをおすすめします。

クレジットカードがどういう仕組みになっているのか、自分の持っているカードの特徴はどんなものかを知ってから他のカードを選んでみるほうがいいでしょう。

 

おすすめの枚数はメインカード1枚+サブカード2枚です。

それぞれの国際ブランド(VISA・JCB・MasterCard)を持っていれば、日本国内ではほとんど利用が可能です。

特にVISAは使える箇所が一番多いので、メインカードはVISAにしておくと不便に感じることはあまりないでしょう。

 

f:id:skrskr34:20170214013505j:plain

クレジットカードによって得られるメリットで何を重視するか

メインに利用するカードを選ぶ基準のひとつに、還元率の高いカードが最近は流行っている傾向にあります。

ですが、この還元率はポイントでの還元をすることがほとんどなので、貯まるポイントをこまめにチェックしておく必要があります。

 

貯まるポイントのチェックを忘れがちなタイプの方は、ポイントが貯まるよりも現金値引きや割引ができるクレジットカードを重視する方がいいでしょう。

 

また、ポイントが貯まりやすいクレジットカードでも、ポイントの有効期限が2週間~1ヶ月程度になっていることが多いです。

そのため、ポイントが消えてしまうことをもったいなく感じて、必要でないものを買ってしまう傾向にあります。

 

クレジットカードにはポイントの有効期限が決まっていることがほとんどです。

期限を忘れてしまいそうな方は、〇%割引やキャッシュバック等のポイントを気にしなくていいクレジットカード、もしくはポイントに期限のないクレジットカードを持つようにしましょう。

 

ほとんどのクレジットカードはカード独自のポイントが貯まるようになっている

貯まるポイントはそれぞれのクレジットカード独自のポイントが多いですが、ある程度交換可能な単位までポイント数が貯められた場合、商品や金券、最近は他のポイントへの交換が可能になっています(クレジットカード自体にポイント機能を付けたカードも発行されています)。

 

現在流通している共通4大ポイントとして、Pontaポイント・Tポイント・楽天ポイント・dポイントがメインになってきています。

特にこの中では、Tポイントが日常生活でもネットでも使える範囲が広いため、一番使い勝手の良いポイントではないでしょうか。

 

自分自身がよく利用する店舗ではどのポイントが使えるのか把握しておきましょう。

貯まったポイントをわざわざ別の商品に変えるのではなく、貯まったポイントでいつもの買い物から値引きをすれば、いつもよりお得を感じることは間違いありません。

 

f:id:skrskr34:20170214013532j:plain

クレジットカードを使いこなすために

ここでは、代表的なカードを一部のみ取り上げてみました。

クレジットカードによっては年齢や学生、女性などの決まった層を対象としたカードを発行しているカード会社もあります。

特定の層に絞って会員を集めることで特典やサービスを特定の利用者に使ってもらおうとするためです。

 

毎年新しいクレジットカードが随時発行されています。

しかし、昨年までサービスの良かったクレジットカードが今年も良いとは限りません。

なぜなら、サービス内容はカード会社の判断で悪くなること良くなることも頻繁にあるからです。

 

クレジットカードを発行したばかりの頃は、カードを知ってもらうために頻繁にキャンペーンをして会員を集めることを第一に行っています。

ある程度の会員数を確保できるとキャンペーンも落ち着いて、カード会員の方へサービスの充実を図りますが、このサービスが維持できなくなったときにサービスの改悪が起こることがあるのです。

 

2016年はサービスの改悪が起きたクレジットカードが多くありました。

それだけに、他の特徴あるカードが目立ってきています。今まではお得なクレジットカードは大体固定化されていましたが、この機会がチャンスとなった他のカード会社は特徴あるサービスを持ったクレジットカードを打ち出してきました。

 

日常生活で利用していると発行したクレジットカードのサービス内容が変わるなんて想像がしにくいと思いますが、サービス内容が変わるときはどんな形であれカード会社から連絡は来るので、自分が持っているクレジットカードのチェックを忘れないようにしてください。

 

まとめ

クレジットカードはわたしたち個人の消費を促すために発行されています。

 

現金を持っていなければ買い物(消費)はできません。

しかし、クレジットカードを持っていれば手元に現金がなくても商品やサービスの購入が即座にできるため、買い物をしやすい心理になります。

 

クレジットカードの特典やサービスを意識しすぎると、逆にクレジットカードに使われる形になってしまいます。

適切に管理して、クレジットカードを使いこなす側になりましょう。

[PR]クレジットカードを探すなら比較情報.com

クレジットカード比較情報.com

クレジットカードを初めて持つ方も、お得なカードに変更したい方も、約100種類からあなたにピッタリのお得なクレカが見つかるかも!

クレジットカード比較情報.com >>

無題ドキュメント