読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたは大丈夫?クレジットカードの正しい処分方法

f:id:toya_uz:20170212141512j:plain

日々の買い物や、ポイント取得に大活躍してくれるクレジットカード。

現金よりもお得になることもあってか、買い物だけでなく、公共料金の支払いにも使う人が増えてきているのではないでしょうか。

 

そんなクレジットカードなのですが、有効期限があったり、全く使わず解約することになったりする場合もありますよね。

そんなときクレジットカードを処分するのですが、あなたはちゃんとした処分方法ができていますか?

 

クレジットカードを正しく処分しないと悪用の可能性も?

f:id:toya_uz:20170212141552j:plain

クレジットカードの裏面には黒いテープのようなものがありますよね。

この黒い部分は磁気テープになっていて、こちらでカード情報や支払いデータのやり取りをするようになっています。

 

この磁気テープはバラバラになってもくっつけてしまえば情報のやりとりは可能なので、磁気テープをハサミで切って捨てるという処分方法では不正利用される危険性は依然として高いです。

 

クレジットカードの不正利用については、カード会社の保険によって保障されている部分がありますが、余計な手続きが必要になり、心労も半端なものではありません。

そのため"悪用されないように処分する"ということが一番大切なのです。

 

磁気テープ部分を細かく切ってもダメな場合も?ICチップ付きクレジットカード

f:id:toya_uz:20170212141615j:plain

最近増えてきたクレジットカードが、ICチップ付きのタイプです。

カード本体にゴールドやシルバーの”端子”と呼ばれるものがついているのですので、一目瞭然ですね。

 

このICチップ付きのクレジットカードには、端子の下にICチップが埋め込まれています。

その端子とICチップが保存されていれば、磁気テープ部分がなくても情報のやりとりができてしまいます。

磁気テープとICチップの併用型カードが多いので、「両方揃っていないと利用できないだろうな」と思い込んでいる方も多いのですが、実はどちらか片方だけでもクレジットカードは利用可能なのです。

クレジットカードを悪用しようとすれば、簡単にできてしまう事実を知っておきましょう。

 

クレジットカードの処分方法

切り刻む

ハサミで2つ3つ程度に切り分ける程度では、まだ不正利用の可能性がありますので、より細かく切り刻むという処分方法が一般的ではないでしょうか。

もちろん、磁気テープの部分やICチップの部分もしっかり切断しましょう。

 

それらをつなぎ合わせて元通りに再現すれば、クレジットカードは不正利用ができてしまうので、できる限り細かくすることで安全性はアップします。

 

磁気テープやチップ部分を削る

細かく切断した磁気テープ部分やちっぷ部分を少し削ることで、クレジットカードの機能を再現することは不可能になります。

ちょっと面倒ですが、心配な方はこの方法を取るといいかもしれませんね。

自宅にある爪切りのヤスリ部分で、磁気テープやICチップ部分をゴシゴシこすって削ってしまいましょう。

もちろん、一部だけでもカードの使用はできなくなりますので、全部削る必要はありませんよ。

 

クレジットカードを捨てる場所を分ける

ここまでやれると完璧でしょう。

悪意を持って不正利用を狙う人がいても、ここまで完璧に処分されれば再現することはありません。

 

例えば、自宅のゴミ箱に一部を捨てる。もう一部を職場のゴミ箱に捨てる。そして、もう一部は公共のゴミ箱に捨てる。

上記のように分散させてしまえばいいのです。

読み取りをするのに必要な部分をそれぞれバラしてしまうんですね。

 

クレジットカードは店頭での利用だけじゃない

f:id:toya_uz:20170212130034j:plain

クレジットカードは店頭での利用だけじゃない点にも注意が必要です。

オンライン決済がその最たる例ですよね。

 

クレジットカード番号と名前、セキュリティ番号、有効期限、これらが揃ってしまうと簡単にオンライン決済ができてしまいます。

せっかく読み取り部分の処理は完璧だったのに、そこで安心してしまうと思わぬ落とし穴にはまってしまう可能性もありますよ。

 

中には、「カードを徹底的に燃やしてしまう」という万全の体制をとられる方までいらっしゃるくらいです。たしかに燃やしてしまえば、読み取り部分も、カードに記載された情報も確実に処分が可能ですよね。

ただし、カードを燃やす際は安全に十分注意してくださいね。

 

もしも不正利用が発覚したら?

f:id:toya_uz:20170212130117j:plain

ある日カードの請求額を見てみるととんでもない額の請求が!?

 

こんな経験したくはありませんが、カードの処分方法が甘かったりすると可能性はゼロではありません。

まず、クレジットカード会社には緊急の連絡先がありますので、不正利用されているとづいたらすぐに連絡を入れましょう。

 

ですが、あなたは緊急連絡先をすぐに調べられますか?

こんなときはすぐに調べられるように準備をしておかないといけません。

 

  • 【携帯に登録しておく】

これは一般的な方法だとは思います。

しかし、クレジットカードの処分方法が甘い場合にしか不正利用が起こらないわけではありません。例えばカバンごと盗難にあったり、置き忘れてきたり、こんなケースでは携帯ごと消えてしまうこともあるでしょう。

そのため、これだけでは万全の対策とは言えません。

 

  • 【手帳などに書いておく】

普段手帳を使っている場合には有効な方法です。

しかし、間違ってもクレジットカード情報などを一緒に書いておくことが無いようにしましょう。

 

  • 【電話機近くのメモに書いておく】

かなりアナログな方法ですが、緊急連絡先だけならば信頼度が一番高いのがこの方法かもしれません。

出先でカバンごと紛失したような場合、家族の携帯電話は覚えていない人が多いと思います。

そうは言っても、自宅の電話は覚えているはずです。

そのため、まずは自宅へ電話して、クレジットカード会社へ連絡を入れてもらう、またはメモに書いてある電話番号を教えてもらう、という対策ですね。

 

クレジットカード処分の前に確認しておきたいこと

f:id:toya_uz:20170212130142j:plain

クレジットカードの処分方法に躍起になる前に、ちょっと待ってください。

そのクレジットカードの引き落としになっているものやリボ払い、未払い分などは残っていませんか?

 

毎月自動で引き落としなどになっている場合には、少額でも気をつけるようにしましょう。

  • 公共料金の引き落とし
  • NHKの受信料
  • ケータイ料金
  • 自宅のインターネットや有料放送の契約
  • インターネットショッピングでの買い物
  • 自動車保険、生命保険など
  • ウォーターサーバーのお水の料金
  • インターネットサイトでの有料会員の自動更新
  • ロードサービスの更新

などが忘れがちなポイントでしょう。

その他にも、有料の毎月定額払いにしているサービスを利用している場合は要注意です。口座引き落としでなくクレジットカード払いになっているかもしれません。

 

また、未払い金がある場合には、残金一括払いというところも多いので注意しておきましょう。

 

クレジットカードの年会費がかかるものは解約も忘れずに

f:id:toya_uz:20170212130201j:plain

「もう使わないから」という理由でクレジットカードを処分したい人もいるでしょう。

そのクレジットカードに年会費がかかっている場合、早めに解約したいですよね。

 

クレジットカードの裏面にはカード会社の電話番号が記載されているはずです。

そちらへ電話をして「解約をしたい」旨を伝えれば大丈夫です。

自動音声での案内になるところもありますので、手元にクレジットカードを用意して電話をするとスムーズにいきますよ。

 

ここで注意しておきたいのが、カード利用に対する保有ポイントなどについてです。

コツコツ貯めたポイントとはいえ、カード解約時には消滅してしまいます。

ポイントが残っている場合にはしっかり使い切ってから解約しましょう。

 

まとめ

クレジットカードの正しい処分方法について見ていきました。

クレジットカードの不正利用には保険があって、すぐに連絡をすれば自分の身は守られることが多いです。

しかし、その手続きや対処などに無駄なエネルギーを奪われたくないものです。

 

「どうせなら、そんなトラブルに巻き込まれることなく生活をしていきたい」

そう願うのは当たり前でしょう。

 

生活を豊かにしてくれるクレジットカード。

処分をするときも、慌てることがないようにしておきたいですね。

[PR]クレジットカードを探すなら比較情報.com

クレジットカード比較情報.com

クレジットカードを初めて持つ方も、お得なカードに変更したい方も、約100種類からあなたにピッタリのお得なクレカが見つかるかも!

クレジットカード比較情報.com >>

無題ドキュメント