クレジットカードの【家族カード】メリットをご紹介!JCBではどんなものがある?

f:id:Cima0206:20170105203855j:plain

クレジットカードは、入会申し込みをすると本人名義のカードが1枚作れます。
さらに、高速道路の料金所で使える「ETCカード」や、現金をチャージしなくてもクレジットカードからチャージができる電子マネーのカードなどが作ることができます。

そしてなにより、本会員の家族が使える「家族カード」も作れます。

ここでは、家族カードにどのような魅力があるのかについて、「JCB」の発行する家族カードを中心にご紹介していきます。
・クレジットカードをお得に使いたい方
・家族にもクレジットカードを持たせたい方
・家族の資金管理をしてみたい方
このような方々には、特におすすめな情報です。是非ご覧ください。

「家族カード」って何? 

f:id:Cima0206:20170105203501j:plain

家族カードとは、本会員の持つクレジットカードに追加して発行できるクレジットカードです。
発行枚数はクレジット会社やカードの種類によって違いますが、家族分発行できるので、1枚だけでなく2枚以上発行できるものもあります。例えば、あなたの妻(もしくは夫)と子供1人の2人分のカードを発行することもできます。

家族カードの最大の特長は、年会費が無料、もしくは本人カードよりも安くなっているにもかかわらず、本人カードと同様の保険やサービスが利用できるという点です。

クレジットカードには一般カードやゴールド、プラチナ、ブラックなどのランクがあり、ランクが上がるにつれて年会費も高くなっていきます。そして、ランクが上がるにつれて保険やサービスが充実していきます。

どのような保険やサービスがあるのかについては、クレジット会社やカードの種類によって異なります。本人カードと比較して保険の補償金額が同じであったり、ポイントアップの対象店舗で購入した際に同じようにポイントが付いたりするなど、本人カードの特典がそのまま使えるのが魅力的です。

家族カードは、本会員が主契約となっています。クレジットカードの申し込みをする時は「入会審査」が行われますが、一部のカードを除いて、家族カードの申し込みをする時も本会員に対して審査が行われます。

また、利用代金の支払いは本会員の支払い口座にて行われます。つまり、家族カードはあくまでも「家族が利用するカード」として発行されるものであり、クレジット会社との契約は本会員だということになります。

どんな人が使えるものなの?

f:id:Cima0206:20170105203424j:plain

クレジットカードは「後払い方式」の決済手段の1つです。現金を使ってお買い物をするわけではないので、利用金額がすぐに把握できるものではありません。
そのため、本人カードでも家族カードでもその仕組みは一緒なので使いすぎてしまう恐れがあります。つまり、家族カードが持てる人にも決まりがあるということになります。

家族カード発行の対象は、同一生計の家族で、クレジット会社の定める基準を満たした方となっています。例えば、配偶者やご両親、子供などです。クレジット会社によって異なりますが、JCBでは18歳以上から持つことができます。大学生や専業主婦、無職の方でもOKですが、高校生は発行できません。

家族カードの裏面に記載する署名欄には、名義人である家族の名前を記入しましょう。そもそもクレジットカードは、カードの裏面に署名の記載が必須となっています。つまり、署名した人しかカードを使うことができず、他人や他の家族などは使えないということになります。もちろん、それが本会員の方であっても使えません。

クレジットカードには「紛失・盗難保険」という保険が自動付帯しています。これは、クレジットカードになら必ずついている保険であり、カードを無くしたり盗まれたりした場合に損害が補償される保険です。

警察に届け出る必要があるなど、いくつかの条件はありますが、もし覚えのない請求がきたとしても、紛失・盗難保険を利用すればその損失分の金額はクレジット会社が負担してくれるようになります。

この保険の注意点は、補償されない場合があるということです。例えばカードの持ち主がカードの暗証番号を他人に教えた、カードの裏面に署名をしていなかった、盗難の発見が遅く、保険の申請が適用期間を過ぎてしまった場合などがあります。

紛失・盗難保険は、カードの名義人以外の人が使ったとして請求する保険ですが、利用した人が「家族」の場合は保険の対象外となり、金額の補償はされません。つまり、家族に自分のクレジットカードを使わせると、紛失・盗難保険が適用されないということですね。したがって、家族にクレジットカードを持たせたい場合は、「家族カード」を別途発行する必要があるのです。

〈JCB〉ではどんなカードが持てる?

家族カードは、クレジットカードによって発行できるものとできないものがあります。国際ブランドの中で、唯一日本で運営している会社である「JCB」では、JCBが発行しているカードや、企業と提携して発行しているカードがあります。

JCBが発行しているものの中では、以下の11種類にて家族カードが発行できます。

◆JCBザ・クラス

【年会費】
・本人:50,000円(+税)
・家族:無料

◆JCBゴールド

【年会費】
・本人:10,000円(+税)
・家族:1枚目無料、2枚目以降各1,000円(+税)

▼関連記事はこちら▼

hikakujoho.com

◆JCBゴールド プラスANAマイレージクラス

【年会費】
・本人:10,000円(+税)
・家族:1枚目無料、2枚目以降各1,000円(+税)
*サービス付帯年会費は本人、家族共に300円(+税)

◆JCB GOLD EXTAGE

【年会費】
・本人:3,000円(+税)
・家族:1枚目無料、2枚目以降各1,000円(+税)

◆JCB一般カード

【年会費】
・本人:1,250円(+税)
・家族:1枚目より各400円(+税)

◆JCB一般カード プラスANAマイレージクラブ

【年会費】
・本人:1,250円(+税)
・家族:1枚目より各400円(+税)
*サービス付帯年会費は本人、家族共に300円(+税)

▼関連記事はこちら▼

hikakujoho.com

◆JCB CARD EXTAGE

【年会費】
・本人:無料
・家族:無料

◆JCB LINDA

【年会費】
・本人:無料
・家族:無料
*データ維持料:月100円(+税)、無料あり

◆JCB EIT

【年会費】
・本人:無料
・家族:無料

◆ETC JCB一般カード

【年会費】
・本人:1,250円(+税)
・家族:1枚目より各400円(+税)

◆JCBドライバーズプラス一般カード

【年会費】
・本人:1,250円(+税)
・家族:1枚目より各400円(+税)

年会費は、本人カード、家族カード共にそれぞれ異なっていますが、本人カードよりも安い、もしくは無料となっており、1枚目の場合は「無料」となっているカードもありますね。同じような保険やサービスが利用できるにも関わらず、年会費が上記のように安くなっているのはお得だと思いませんか?

JCBカードの中で最もランクの高い「JCBザ・クラス」では、本人カードの年会費が50,000円なのに対して、家族カードは「無料」です。JCBから選ばれた人にしか持つことができないカードなだけあって、特に優遇されているということが分かりますね。

JCB家族カードのメリット~本会員~

f:id:Cima0206:20170105203936j:plain

家族カードは、本会員にとっても、その家族にとっても様々な「メリット」があります。具体的にどのようなものがあるのかについて、別々にご紹介していきますね。
あなたは、「本会員」と「家族」のどちらに当てはまるでしょうか?

本会員にとってのメリットは、以下のようなものがあります。

◆年会費は本会員よりも安い、または無料
◆家計の管理が楽、利用履歴をチェックできる
◆ポイントを貯めやすい

上記でもご紹介しましたが、年会費は本会員よりも安いものとなっています。カードの利用分が実際に支払われるのは本会員名義の口座からとなるので、本会員にとってのメリットとなります。

クレジットカードを利用すると、必ず「利用明細書」が届きます。利用明細は、カード1枚ごとに別々で記載されていますが、本会員宛てにまとめて送られてきます。書面ではなく、インターネットの登録をすると、電子化されたものがEメールで届くなどのサービスもあります。

本会員1枚分と、家族カードの枚数分の利用履歴が一度にチェックできるので、家計簿を書いている方やご家庭の収支を把握している方にとって、家計の管理が楽になります。

クレジットカードには、利用ごとに100円につき1点などの「ポイント」が付きます。JCBでは、「Oki Dokiポイント」というポイントプログラムがあり、1,000円につき1点ずつ貯めていくことでギフトカードや商品と交換できたり、1点=1円としてお買い物がしたり、他のポイントに交換したりすることができます。

Oki Dokiポイントには、「有効期限」があります。カードの種類によって異なりますが、ポイント獲得月から2年~5年間が有効期限です。つまり、Oki Dokiポイントを使いたい場合は、有効期限内に消費してしまわないと、せっかく貯めたポイントが「ゼロ」になってしまうということですね。

日常的にクレジットカードを使わない方は、ポイントが貯まりにくいかもしれません。そこで助け舟として役に立つのが、「家族カード」です。家族カードを利用して貯めたOki Dokiポイントは、契約者である本会員に付与され、本会員の持っているポイントと合算されます。

ポイントを貯められるカードが1枚から複数枚に増えるので、目標のポイントに到達しやすいです。コツコツと貯めてきたポイントが無くなってしまい、「もったいないな」と感じないためにも、家族カードを発行して家族にもポイントを貯める手助けをしてもらいましょう。

JCB家族カードのメリット~家族~

f:id:Cima0206:20170104000401j:plain

家族カードは、本会員だけでなく実際にカードを使う「家族」にとっても様々なメリットがあります。以下をご覧ください。

◆無収入の方(専業主婦、学生など)でも発行可能
◆信用情報に傷がついている方(ブラックリストに登録されている方)でも発行可能
◆サービス・保険が本会員同様利用できる

JCBのサービス・保険は?
例えばJCB一般カードで利用できるのは…
・保険
・JCB STAR MEMBERS

クレジットカードを持てるのは、収入のある方となっています。商品購入後、後日支払うということから、安定した収入がないとクレジット会社への支払いがされない恐れがあるためです。つまり、無職の方や専業主婦の方は、クレジットカードを申し込んでも「審査」で落ちてしまう可能性が高いのです。

また、過去に自己破産などの債務整理をした経験がある方や、支払いの滞納などの経験がある方は、信用情報機関に「ブラックリスト」として登録されているため、クレジットカードの発行がしにくくなっています。一定期間でブラックリストは解除されるものの、お買い物をする際に現金を持ち歩きたくない方は、家族カードがおすすめです。

つまり、「クレジットカードが発行できない人」でも、クレジットカードが持てるというメリットがあります。家族カードは、お金の管理を本会員などの家族に任せたい方にとって、便利なカードですね。

家族カードは、本人カードに付帯している保険やサービスが同様に利用できます。カードの種類によってその数は違いますが、例えばJCBゴールドでは、以下のような保険やサービスがあります。

◆国内・海外旅行傷害保険
◆国内・海外航空機遅延保険
◆ショッピングカード保険
◆GOLD Basic Service

国内・海外旅行傷害保険は、旅行先で病気やケガなどをした時に支払う治療費や、カードの名義人が旅行先の病院へ入院した時に家族が駆け付けるための交通費などが補償の対象となります。海外は最高で1億円、国内は最高で5,000万円まで補償され、家族カードでも同じ金額となっています。

予約していた飛行機が運航取りやめになった時の宿泊費や食費、予定通り届くはずの手荷物がなかなか届かない時に旅行先で買った着替えなどの購入費など、トラブルの際に掛かるお金は予想以上に高いものですよね。
航空機遅延保険は、そういった費用が補償の対象となります。限度額はそれぞれ2~4万円ほどとなっており、家族カードでも同じ金額です。

カードを利用して購入した商品が破れたり壊れたりした場合にも、「ショッピングカード保険」を適用すれば補償されます。

JCBゴールドでは、「GOLD Basic Service」というサービスを利用することができます。カードに関するわからない悩みにすぐに答えてくれる「ゴールド会員専用デスク」や、日本内の空港とハワイ・ホノルル空港の空港ラウンジが無料で使えるサービス、日本各地のレストランなどでお食事代金が割引になるサービスなどがあります。

Oki Dokiポイントを通常よりお得に貯められるサービスやキャンペーンなども行っています。家族カードでも同じようにサービスが受けられますし、キャンペーンでは本人カードと家族カードのポイントを合算することで抽選に応募しやすくなるなどのメリットがあります。

以上、JCBの家族カードについて基本情報やメリットなどをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。本会員にとっても、その家族にとっても、「クレジットカード」を使う魅力が分かっていただけたのではないでしょうか。では最後に、2017年1月現在のキャンペーン情報について簡単にご紹介していきますね。

2017年1月現在のキャンペーン情報

JCBには、JCBが発行しているカードにプラスして、他企業との提携カードも発行されています。ここでは、家族カードを持っていることで簡単に利用しやすいキャンペーンを3つピックアップしてご紹介していきますね。他のキャンペーンについては、JCBの公式ホームページをご覧ください。

◆入会&利用でキャッシュバック

【期間】2016年10月16日~2017年3月15日
【条件】
1.・入会期間内(~2017年1月31日)に家族カードの申し込みをする
*→抽選で5人に1人1,000円キャッシュバック
2.・期間内(~2017年3月15日)にカードを利用をする
   ・利用金額から1口10万円(税込)で抽選に応募する
*→当選すると1万円キャッシュバック

申し込み&利用をすれば、どちらの抽選にも応募することができます。つまり、どちらも当選すれば合わせて11,000円が当たるということですね。同じ支払い口座である本人カードと家族カードの利用金額分は「合算」されます。

◆対象店舗にてお買い物で総額777万円キャッシュバック

【期間】2016年9月16日~2017年3月15日
【条件】
・キャンペーンに参加登録をする
・キャンペーン期間に対象店舗にてカード利用をする
・利用金額から1口5,000円(税込)で抽選に応募する
 *→抽選で最大100,000円キャッシュバック
・電子マネー「QUICPay」を利用すると、1口1,000円(税込)で別の抽選に応募できる
*→抽選で300名様に1,000円ずつキャッシュバック

こちらも、同じ支払い口座である本人カードと家族カードの利用金額分は「合算」されます。

◆携帯電話・公共料金のお支払いで総額1,000万円キャッシュバック

【期間】2016年9月16日~2017年3月15日
【条件】
・キャンペーン期間に参加登録をする
・対象料金にJCBカード払いを指定する
・利用金額から1口3,000円(税込)で抽選に応募する
*→抽選で最大30,000円キャッシュバック

既にカード払いを指定している場合は、カード利用をするだけで抽選に応募できます。対象となる料金は、携帯電話や電気、ガス、水道などがあります。
現在、コンビニや銀行で現金で支払いをしている方は、このキャンペーンを機にJCBカード払いを指定してみてはいかがでしょうか。

まとめ

・家族カードは、本会員が持つカードと同じ保険&サービスを利用することができる。
・本会員にも、その家族にもそれぞれメリットがある。
・JCBでは、カードの種類によって年会費は異なるが、どれも本会員よりも安い、または無料となっている。
・家族カードを発行&利用することで、キャンペーンの応募口数を増やしやすくなる。

[PR]JCBの発行するカード一覧はこちら

クレジットカード比較情報.com

JCBを始めとした多くのクレジットカードの情報ならクレジットカード比較情報.com!ポイント還元率や年会費などの情報も満載!

クレジットカード比較情報.com >>

関連記事

hikakujoho.com