読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

憧れの化粧品ブランドが欲しい!【化粧品のアレを知ることでコスメコストは下げられる!?】知っておきたい豆知識

生活費・節約 美容・コスメ代

「ヴィトンのバック可愛いなあ~」「GUCCIの財布オシャレ!」「シャネルのアクセサリー欲しい!」そんな風に、ブランド物に憧れたり好きな女性は多いですね。かくいう筆者もシャネルは好きで、一時期集めた記憶があります。

そんなブランド女性の多くは、そのハイクラスのブランド品を持つことがオシャレであり、ステータスであると思っているところもあります。若い女性に多いですが、ブランドにはまってしまう時期というのは、質よりも、ブランドやメーカーといった高級品を持てる女性になりたいという願望があるからです。

 

f:id:chibica:20170123150742j:plain

 高級品=いい女といったイメージも少なからずあり、モテる女性やオシャレな女性に高級品を所持している確率が高いというのもあります。そんな女性だからこそ、毎日使う化粧品もどこかのメーカーやブランドに頼ってしまうところがあります。

安かろう悪かろうは昔の時代。今は安くて品質の良いものを追い求める時代なので、そのブランド思考も少しずつ変化をして行っています。

 

それでもやはり、女性の「ブランドものを持ちたい」という憧れは根底にはあったりするもの。だから、ブランド品の値段が下がるということはないのでしょう。

そんなオシャレ代表のブランド品。なぜあんなに値段が高いのでしょうか?品質が良く値段が安いものが増えている現代の中で、ブランド品だけは別格です。

 

そこで今回は化粧品に着目し、何故化粧品ブランドが高いのか、その理由と、お得に使用するための豆知識をご紹介したいと思います。

 

ブランドが好きな女性達

f:id:chibica:20170123150838j:plain

よく、ブランド品・ノーブランド品といった具合に、ブランドかそうでないかを言うことがあります。

ブランド品といったら、冒頭にも述べたVUITTON(ヴィトン)、CUCCI(グッチ)、CHANEL(シャネル)など高級ブランド品をイメージするでしょう。海外高級ブランドとも呼ばれますね。海外ブランド、国内ブランドといった具合にブランドランクが下がっていきます。

どのメーカーもプライドと熱い想いを持って誕生させたブランド・メーカーなので、ブランドにランクをつけること自体いかがなものかと筆者は思うのですが・・日本人は特にこのブランドランクを意識しています。

 例えば同じ10,000円のバックを持っていた場合、Aさんが海外高級ブランドバック、Bさんが国内ブランドバックを持っていたとしたら、Aさんの方がオシャレでセレブっぽいなんて具合に評価されてしまうのです。

 

ブランドだけでその価値を決めてしまう人にとっては、中身よりもブランドが何よりも大切です。しかし、そのような考えでいるとうっかり損をしている事も。こういった価値観を持っている人にはなぜか女性が多く、その女性の多くは自分に自信がなかったり、自分をよりよく見てほしいという傾向が強いと言われます。

 

ブランドとノーブランドの違い

いわゆるブランド品と言われているブランドは、パリコレなどのコレクションに出ています。ここで発表されたブランドの商品から今年の流行が垣間見え、そのブランドに見習ってそれ以外のブランドはデザインしている部分もあります(すべてがそうというわけではありません)。ノーブランドになってくるほど、大々的なコレクションに出て発表ということがありません。

コレクションは品評会やコンテストで、最終選考に残った上位が発表する場所、とでも言えば少しはイメージできるでしょうか?だからあれほどデザインに無駄がなく人々を魅了し続けているのです。そこから発表される商品はどれも一級品。だから、シャネルがバックや化粧品、アクセサリーを出してもどれも人気になるのです。

余談ですが、女性ショーモデルは170cm以上の基準と言われているんですよ。またお洋服が主役なので、グラビアモデルのようなバストを持っている人は出られないとも言われています。

 

モデルも一定の基準値をクリアした人しか出られない世界が、皆さんが憧れる高級ブランドの世界です。素材も一定以上の品質を保ち、デザインのクオリティもはるかに高い。そこがブランドとノーブランドの違いと言えるでしょう。

 

ブランド品はどうして高い?中味の違いは?

そうなってくると、必然的にブランド品の価値が上がってくるので高くなっていきます。品質、デザイン、知名度など総合的なものを審査して一定基準を超えているものは、どんなものでも高くなります。

物の値段を決めるのに、カシミアのセーターは5,000円以上でしか販売してはならないなどといった決まりはありません。仕入れ販売の場合であれば、仕入れ値で販売値段が決まります。Tシャツを500円で仕入れたのならば、その売り手が利益を1,000円欲しいと思えば1,500円で販売しますので、お店によって値段は様々。

ブランドなどのオリジナルデザインの場合は、生地やデザイン料を合わせて変わってくるので予測がつきません。

 

中味は同じだったり似たようなものでも値段がブランドメーカーと違ってくるのはこういった背景もあるからなんですね。

 

同じ中味!値段の違いは●●●!

ブランドの値段が高くなることはなんとなく分かったところで、今度は中味について考えてみましょう。

有名な話ですと、「ニベアと某高級化粧品とは中身が同じ」という話がありますね。

実はこの他にも同じとされているものがあります。それはチーク。

10年くらい前は、化粧品売り場で良く見かけたのですが、現在は撤退しているブルジョア。某高級ブランドと工場が同じというものです。

あるヘアメイクさんに教えていただいたのですが、同じ焼き製法と呼ばれるもので、工場は同じなんだとか。ただ、香料が入っていない、ブランド違いということでぐーんと値段が下がっていたのです。

 

f:id:chibica:20170123150816j:plain

このことを知ってからというもの、ブルジョアチークを愛用していました。確かに、某ブランドと使い心地は同じです。(これを見てあのブランドだなとピンとくる方もいるでしょう)

 

ブランドを取るか中味でとるかで経済状況は一変する

こういった中味は限りなく同一に近いが、ブランド違いで安いというものは探せば意外とあります。ブランド名にこだわっている人は関係ないでしょうが、もし憧れだけで購入している人はブランド違い=パッケージ違いを探してはいかがでしょうか?

 実際、筆者の場合ですと化粧品はブランドにこだわることがなくなりました。そのおかげで、小物にお金をかけるように。化粧品ブランドを変えて中身にこだわったおかげでずいぶん節約になりました。

私は結果として、シャネルのネックレスが購入できました。自分ではアクセサリーやバックまでは購入できないけど、化粧品なら購入できるという思いで愛用していましたが、意外と無理ない形で手に入れられました。

 

今まで化粧品に何万円もかかっていたのを削減できたので、その浮いたお金が貯蓄に回ったのです。

 

化粧品の裏側ってみたことある?情報の見方

類似化粧品をどうやって発見したらいいでしょう?肌に合う化粧品を見つけることは難しそうに思えますが、見方さえ知っていれば、トラブルを最小限に減らせます。

 

f:id:chibica:20170123150910j:plain

・お手元の化粧品をひとつ用意しましょう。

・成分表を確認できるものを用意しましょう

ココで見てほしいのは成分。化粧品の裏側に多くは記載されていますが、商品によっては化粧品の裏側ではなく、箱や説明書に記載されていることも多いので、両方を確認しましょう。今回はブルジョアを例に比較してみましょう。

成分:

タルク、香料、ベントナイト、コーンスターチ、(+/-)マイカ、合成金酵母、酸化チタン、酸化鉄、グンジョウ、カルミン、酸化スズ、デキストリン、ケイ酸(AI/Mg)、シリカ(ジメチコン/メチコン)コボリマー、赤104(1)、赤201、赤202、黄4

  同じと言われている某高級ブランドチーク

 成分:
タルク、合成金雲母、ベントナイト、香料、シリカ、コーンスターチ、メチルパラベンNa、酸化チタン、マイカ、酸化鉄、赤202

 似たような成分がいくつか入っていますね。ここで見方の注意点です。

【最初に書かれているものほど多く入っている】ということです。比べてみると順番は違えど同じです。

タルク、香料、ベントナイト、コーンスターチ、(+/-)マイカ、合成金酵母、酸化チタン、酸化鉄、グンジョウ、カルミン、酸化スズ、デキストリン、ケイ酸(AI/Mg)、シリカ(ジメチコン/メチコン)コボリマー、赤104(1)、赤201、赤202、黄4

 タルク、合成金雲母、ベントナイト、香料、シリカ、コーンスターチタルチルパラベンNa、酸化チタン、マイカ、酸化鉄、赤202 

 

これほど中味の成分は似ているのに、値段には大きな幅があるということにびっくりします。そして、見方として「最初に来るほどその成分が多く入っている」ということを先に述べました。上位3つを見てみるとほぼ同じと言えるでしょう。

 

賢い使い分けでコスメコストは下げられる!

化粧品は女性ならば、一生使うと言っても過言ではない日用品。経済的に余裕がないから買えないのではなく、成分を知っていればいくらでも買えるものなのです。

憧れのブランドの成分をまず確認しましょう。同時に、肌に合わなくなったら、その化粧品の成分を確認し、上位5つくらいを覚えておきましょう。

もし合わないコスメと同じ成分が高級ブランドにも入っていたのならば、まずはノーブランド・プチプラコスメを探してみて。そして、何が多く入っているのが自分に合わないのかを絞り込んでみましょう。

もしかしたら、最後の方に入っている少量の成分が反応していたなんてことも。それが分かれば、選択の幅がぐんと広がり、自分のコスメブランドが見つかります。

 

まずはそのブランドでお肌の調子を整えてあげましょう。経済的に余裕が出来たり、美容液だけなど特別な時に購入したりして、あなたの経済環境を少しづつレベルアップ。そうすれば、自然と憧れのブランドを手軽に身につけることができます。

 

まとめ:自分の経済状況は成分を知ることで変えられる

 

f:id:chibica:20170123150928j:plain

欲しい、欲しいとずっと思っていても、お金が空から降ってくるわけでもないし、ましてや自分に合うとも限りません。やっと手に入れて合わなかったでは、せっかくのお金も泣いてしまいます。

 自分にとって本当に合うものだからこそ、ブランドは持っていて輝くもの。少し、成分の事も見直して、自分だけのコスメブランドラインを見つけてみませんか?

きっと毎日のメイクが楽しくなるでしょう。

筆者のおすすめ化粧品は巡り巡って現在は、ベビー石けんとマダムジュジュ。え?それだけ?と思うかもしれませんが、どのブランドを使ってもかゆくなってしまった私には一番合っているものです。でも、憧れブランドはあります。それは別のもので手に入れるためのお楽しみ。

 

節約が楽しくなります。皆さんも一度見直されてみてはいかがですか?

hikakujoho.com

 

無題ドキュメント