「朝マック」をおトクに食べよう!知らないと損なクーポン情報3選

f:id:Cima0206:20170106190137j:plain

世界各国、日本全国にお店がある「マクドナルド」。
ハンバーガーやチキンナゲットなどが手頃な価格で食べられるファーストフード店です。
ドライブスルーやデリバリーもあり、簡単に注文することができます。

マクドナルドは、定番のメニューだけでなく、期間限定のメニューもあり、1年を通して飽きさせない仕組みになっています。
また、イベントも常時開催しており、2017年1月6日からは「第1回マクドナルド総選挙」という投票型のイベントを始めました。

マクドナルドには、定番のメニュー以外にも、「朝マック」という別メニューが販売されています。
ここでは、朝マックのメニューをお得に食べる方法を紹介していきます。

普段マクドナルドでお食事をする方、朝食を抜きがちな方、いつもとは違うマクドナルドの味を味わいたい方にオススメな情報です!

「朝マック」とは?

f:id:Cima0206:20170106190210j:plain

朝マックとは、午前中の決められた時間にしか販売されていない、特別メニューです。
朝マックの時間帯は、通常時のメニューにあるハンバーガーなどは注文することができません。
全時間帯で食べられるものもありますが、基本的に朝マックでは特別なメニューが用意されています。

朝マックは、開店から午前10:30まで食べることができます。
一部店舗のみ朝マックを販売していないところがありますが、ほぼ全ての店舗で実施されています。
また、マクドナルドの公式ホームページでは、朝マックのメニューを見ることができます。

「マフィン」を使ったバーガーや、マックグリドルという甘いパンケーキのようなバーガー、出勤前など時間のない方にも助かる、手頃な大きさとなっており、価格も100円から注文することができます。

マクドナルドと言えば、「マックフライポテト」が人気ですが、朝マックでは代わりに「ハッシュポテト」が販売されています。
出勤途中の車を運転しながらでも、手ごろなサイズで食べやすいです。

期間限定メニュー 

「月見バーガー」や「グラコロ」という期間限定メニューをご存知でしょうか?
お月見の季節や寒い冬の季節などに毎年販売される、定番メニューと言っても過言ではないくらい人気のハンバーガーです。
これらは、シンプルなものだけではなく、色々なアレンジをしたものが毎年販売されます。
1年を通して様々な期間限定のメニューが楽しむことができ、マクドナルドは私たちを飽きさせません。

また、朝マックのメニューについても、通常メニューに比べると頻度は下がりますが、期間限定のメニューが販売されています。
2017年1月現在は、レギュラーメニューしか販売されていませんが、2016年8月~12月頃は「メガマックグリドル」などの期間限定メニューが販売されていました。

期間限定のメニューは、通常メニューと朝マック、両方で楽しめるものがあったり、チキンマックナゲットやサイドサラダ、ドリンクなどの一部メニューも、両方の時間帯で味わえます。

それでは、朝マックを「お得」に食べる方法についてご紹介していきます。

クーポンその➀ ~公式スマホアプリ~

f:id:Cima0206:20170106190314j:plain

マクドナルドの商品を購入する際、ぜひ知って、かつ使っていただきたいのは、マクドナルドの公式スマホアプリである「クーポンアプリ」です。
Android端末をお使いの方はGoogle Playから、iPhoneをお使いの方はApp Storeからインストールすることができます。
マクドナルドの公式ホームページ上からでもインストール画面へ飛ぶことができますよ。

「アプリ」ですから、スマホのホーム画面からアプリを起動して、すぐにマクドナルドの情報を見ることができるようになっています。
使用するには、メールアドレスやFacebookアカウントにて会員登録が必要ですが、一度ログインしてしまえば、アプリの再起動をしてもログイン後の画面が表示されるので簡単に利用できます。

クーポンの内容は、「毎週金曜日」に更新され、レギュラーメニューや期間限定の商品がクーポン価格となっています。
また、セットだけでなく単品もあるので、マクドナルドの商品を一品だけ食べたい方にもオススメです。

朝マックのクーポン内容は、通常メニューと比べて数は少ないですが、複数の商品が対象となっています。
バーガー系やサイドメニュー、さらにはコンビセットのクーポンもあります。
クーポン価格は店頭価格より30円~100円以上安くなっていることが多いです。

以前、「ハッピーセット」のクーポンは通常メニューの時だけにしか使えませんでしたが、2017年1月現在、朝マックでも使えるようになりました。
店頭価格が490円なのに対して、クーポン価格は390円や370円など、100円以上割引されています。

ハッピーセットのクーポン価格は、おもちゃが新しくなった時は390円であることが多く、1週間~2週間ほど経つと370円に値下げされます。
ただ、ハッピーセットには数量限定のおもちゃもあるので、確実におもちゃをゲットしたい場合は早めの購入がオススメです。
より安く手に入れたいということなら、おもちゃが新しくなった直後ではなく、少し日にちをおいてから購入すると良いでしょう。

 クーポンの使い方

 クーポンの使い方は至ってシンプルです。
アプリを起動してクーポン画面を開き、「使う」をタップすると「3ケタの番号」が表示されます。
メニューの注文時にその番号を店員に伝えるだけです。簡単ですね。

クーポンアプリでは、クーポンだけでなく、マクドナルドのキャンペーンや期間限定メニューの情報などを見ることができます。
また、以前は確認することができなかった、レギュラーメニューやその価格も表示されるようになりました。

スマホのGPS機能を使って近くの店舗検索ができたり、アプリ上からキャンペーンに応募できたりもするので、「クーポンアプリ」をインストールし、会員登録しておけば、いつでもマクドナルドをお得で便利に利用することができます。

クーポンその②~KODOアプリ~

クーポンアプリとは別に、「KODOアプリ」というものがあります。
同じようにGoogle PlayやApp Storeでインストールが可能で、クーポンアプリ上からもアクセス可能となっています。
KODOアプリとは、利用者が「アンケート」に答えるアプリで、アンケートに答えると「クーポン」がもらえます。

アンケートは、マクドナルドの店舗ごとに答える仕組みとなっており、「○○店」の店員の接客態度や店内の雰囲気、商品が提供されるスピードや○○店を友人などに紹介したいかどうか、などがアンケート内容となっています。

アンケートに答えると、その店舗限定で使えるクーポンがもらえます。
その際に注意することは、以下のとおりです。

◆クーポン内容が分かる&使えるのは、アンケートに答えてから1日経過してから
◆アンケート回答は1人1日に1回まで
◆同じ店舗のアンケート回答は1人1ヶ月に1回まで

つまり、アンケートに回答してもすぐにはクーポンが使えないということです。
マクドナルドの店舗に行ったとき、すぐにクーポンを使いたいという場合は、①でご紹介した「クーポンアプリ」がオススメです。

ここでもらえるのは、「無料」でポテトSやドリンクS、ソフトツイストのいずれか1品がもらえるクーポンとなっています。
店頭価格は100円~150円なので、その分お得になります。
クーポンをGETすることができたら、メニュー横に表示されている番号を注文時に伝えるだけで商品がもらえます。
 ただし、1回限り有効であること、クーポン獲得日から2週間という有効期限があること、アンケートの回答した店舗でしか使えないということに注意してください。

KODOアプリのアンケートは、1分~3分ほどで完了する簡単なものです。
マクドナルドでお食事をした後や、注文後の待ち時間などに回答してみてはいかがでしょうか。

クーポンその③~LINE、Twitter~

f:id:Cima0206:20170106190602j:plain

マクドナルドは、SNSである「LINE」の公式アカウントを作成しています。
友達追加登録をすることで、マクドナルドから定期的にメッセージが届きます。
毎週金曜日に更新される「クーポンアプリ」とは違い、不定期ではありますが、「クーポン」が届くことがあるので、要チェックです。

また、「Twitter」にもマクドナルドの公式アカウントがあります。
フォローすると、マクドナルドのキャンペーンに参加できることがあります。

冒頭でもお伝えしましたが、2017年1月現在は、利用者の投票によるメニューの総選挙がおこなわれています。
この総選挙は、以下の2通りの投票方法があります。

◆マクドナルドの商品パッケージに表示されている「QRコード」を読み取る
 →投票ポイント:100点加算
◆Twitterで「ツイート」投票をする
 →投票ポイント:1点加算

マクドナルドで商品をわざわざ買わなくても、Twitterをフォローし、ツイートするだけで投票ができるということですね。

現在、12種類の商品が当選後の公約をそれぞれ発表しています。
チーズやベーコン、パティなどが期間限定で増量するとのことですので、あなたも好きなメニューを選んで是非投票してみてくださいね。

LINEやTwitterは、「通知ON」にしておくことで、マクドナルドからの最新情報をいち早くGETすることができます。
キャンペーン情報は、テレビのCMやネット広告などで見かけることもありますが、SNSを活用すれば、自ら探しに行くのではなく、マクドナルドの方から情報が提供されるので、お得な情報も見逃すことがありません。

以上、マクドナルドで使えるお得な「クーポン」の入手方法、使い方をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
知っておけば店頭価格よりも100円以上もお得にお食事ができる商品もあるので、是非使ってみてください。

「株主優待券」で無料引換券をGET!

f:id:Cima0206:20170106190633j:plain

最後に、マクドナルドが発行している「株主優待券」について紹介します。
株主とは、株式会社が発行している「株式」を購入している人のことを言います。
株価は企業の業績や評判などによって毎日変動しており、その価格に応じて「1口=○○円」として株式が購入できます。

企業によって異なりますが、株主は大体年に2回、「株主優待券」を受け取ることができます。
企業の運営費として「株」を購入してくれている人たちに対して、企業からの「お礼」とも言える券です。

数々の企業で様々な株主優待券が発行されていますが、日本マクドナルドホールディングス株式会社では株主に対して、マクドナルドの「優待食事券」がもらえます。

【優待食事券がもらえる人】
◆6月30日、12月31日時点で株式を保有している人

上記の該当日時点で、優待食事券が使える権利がもらえます。
6月の場合は9月末に、12月の場合は3月末にそれぞれ優待食事券が郵便にて発送され、手元に届くという流れです。
つまり、実際に使えるのは10月から、もしくは4月からとなります。

優待食事券は、1冊の中に18枚の無料券が入っています。
以下の保有数によってもらえる冊数が違っており、最大3冊まで一度に入手することができます。

【優待食事券の冊数】
◆1冊:100~299株保有
◆2冊:300~499株保有
◆3冊:500株以上

また、優待食事券には、有効期限がありますので、手元に届いたら、なるべく早く使うことをオススメします。

それでは、優待券の内容について詳しくご紹介していきますね。

【優待食事券】
◆バーガー類:6枚
◆サイドメニュー:6枚
◆ドリンク:6枚

ハンバーガーなどのバーガー類やマックフライポテトなどのサイドメニュー、ジュースやシェイクなどのドリンクなど、マクドナルドで販売されているほとんどの商品が対象となっています。
一部の商品は対象外となっていますが、価格を気にせずに食べたい商品と交換できるのは嬉しいですね。

また、ハッピーセットと交換したい場合は、バーガー類1枚と、サイドメニュー1枚、ドリンク1枚の合計3枚で交換することができます。
セット内容に加えておもちゃももらえるのでお得ですね。

ドリンクには「S」、「M」、「L」というサイズがありますが、どれでも好きなサイズを選ぶことができます。
大きいサイズを選んで、2人でシェアしても良いですね。

さて、優待食事券は「朝マック」にも使用することができます。
朝マックのメニューの中に、「ビッグブレックファスト」と「ビッグブレックファスト デラックス」というバーガー類とサイドメニューが一緒になった商品があります。
この2種類を食べたい場合は、バーガー類1枚とサイドメニュー1枚の合計2枚で交換することができます。

株主優待券は、クーポンとは違い「株式を購入する」という費用がかかります。
しかし、年2回、株式の保有数に応じて「無料引換券」がもらえるので、株式を持っていれば持っているほどマクドナルドのお食事がお得になります。
株にご興味のある方は、ぜひ購入してみてくださいね。

まとめ

・マクドナルドには「朝マック」という午前10:30までの限定メニューがある。
・マクドナルドの公式アプリである「クーポンアプリ」「KODOアプリ」からお得に商品を購入することができる。
・「LINE」や「Twitter」の公式アカウントからクーポン&最新情報を入手することができる。
・マクドナルドの株主になれば、朝マックのメニューにも使える「優待食事券」がもらえる。