読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mineoでテザリングをしよう!速度通信制限を回避するには?

f:id:Cima0206:20161221001431j:plain

「テザリング」という言葉をご存知でしょうか?

インターネットの接続環境がなくても、スマホ1台があればパソコンやタブレットでネット接続が可能となる便利な機能です。

 

auやDoCoMoでテザリング機能を使おうとすると、オプションサービスとして利用申込をする必要があります。

また、格安SIMの中でも「有料」としている場合があります。

 

しかし、格安スマホ会社である「mineo」では、テザリングを「申し込み不要」、「無料」で利用することができます。

つまり、mineoのSIMカードを挿入した時点で、テザリングが行えるということですね。

 

ただし、料金プランやお使いの機種によってはテザリングができない場合があります。

 

ここでは、テザリングをする時の注意点や、mineoでテザリングが使えないプラン&機種を詳しくご紹介しています。是非ご覧ください。

mineoとは

mineoとは、関西電力グループの1つである、株式会社ケイ・オプティコムが提供している格安スマホサービスです。

 

大手携帯会社であるauとDoCoMoの回線を借りて通信サービスを行っているのが特長です。

 

また、全国的な店舗展開は行なっておらず、その分「マイネ王」や「チャット」など、ネット上でのサービスを充実させています。

 

mineoは、新しく通信設備を建設するために必要なコスト、店舗運営に必要なコストを抑えることで、「格安SIM・格安スマホ」を実現しています。

 

利用者は、現在のSIMカードをmineoのものに差し替えることで、毎月の携帯料金を大手携帯会社よりも削減できるようになります。

ただし、今まで使えてきた機能などが利用できなくなることがあります。

 

SIMカードを差し替えるということは、今までの携帯会社からmineoへと契約が移行したということになります。

 

つまり、元々の携帯会社が独自で行っていたサービスは利用できなくなってしまいます。

 例えばauでは、「@ezweb.ne.jp」というキャリアメール、電話のかけ放題プラン、パケットの使い放題プラン、おサイフケータイ、auスマートパスなどが使用できなくなります。

キャリアメールが使えなくなる代わりに、mineoでは「@mineo.jp」というメールアドレスが作成でき、使用できます。

もちろん、「Gmail」や「Yahoo!メール」などのフリーメールを使用することもできます。

 

また、電話のかけ放題プランが利用できなくなる代わりに、通話定額という料金プランがあります。

パケットの使い放題プランが利用できなくなる代わりに、家族や友人、mineoユーザー全員がパケットを分け合えるサービスがあります。

 

つまり、今まで使えてきたことができなくなる代わりに、mineoでは様々なサービスが用意されているということですね。

 

大手携帯会社の通信回線を使用しているということから、今までどおり電話やインターネット接続も可能です。

「LINE」やゲームアプリなども、データ引継ぎをする必要なく使用することができます。

また、乗り換えをする場合は、電話番号を変更する必要がありません。

 

電話番号が変わると、会社や友人、実家の両親などに知らせなければならないので、大変ですよね。

会社の名刺に記入されていたり、お子様の学校の緊急連絡先にしていたりする場合は、作成し直さなければなりません。

 

mineoは、今まで通り電話やインターネットが使えて、電話番号を変更する必要もなく、アプリのデータ引継ぎも行わなくて良いということがお分かりいただけたでしょうか?

 

そんなmineoが提供している機能、「テザリング」を使用する場合について、以下よりご紹介していきますね。

 

便利な機能。テザリングって何?

f:id:Cima0206:20161221001543j:plain

そもそも、テザリングとは何なのか?

これは、スマホでテザリングを行うことによって、お近くにあるパソコン、タブレットも同時にインターネットが使えるようになるという機能です。

 

例えば外出先のカフェなどでパソコンを使って仕事をしたい時、ネット接続ができないと調べものなどをすることができません。

Wi-Fiスポットのある場所なら設定をすればネットが可能になりますが、日本全国どこにでもある訳ではありませんよね。

 

一方スマホは、Wi-FiがOFFでも4GやLTEなどでネット接続が可能です。

つまり、そんな時に便利なのが「テザリング」なのです。

 

テザリングの方法は、以下のような3種類があります。

◆Wi-Fiテザリング

◆Bluetoothテザリング

◆USBテザリング

 

USBテザリングは、スマホとパソコンやタブレットをケーブルで繋ぐ方法です。

テザリングはバッテリーの消耗が早いため、長時間の使用は向いていません。

しかし、USBテザリングでは、パソコンから給電をすることができます。

つまり長時間テザリングをしたい方にオススメな方法です。

 

Wi-FiテザリングやBluetoothテザリングは、無線でネット接続ができるようになる方法です。

Bluetoothテザリングは、Wi-Fiテザリングよりもバッテリーの消耗が遅いです。

また、セキュリティとしても安心なので、パスワード設定は不要となっています。

 

Wi-Fiテザリングは、スマホ1台があれば、パソコンやタブレット、ゲーム機やカーナビなど、複数の外部機器と接続することができます。

多くの外部機器と接続するとバッテリー消耗は早いですが、同時に様々なことをしたい場合にオススメです。

 

ただし、接続途中で他人にデータを閲覧され、悪用される可能性も無くはありません。

Wi-Fiテザリングを行う際にはパスワードの設定を行うように注意しましょう。

mineoの料金プランについて  

mineoには、2種類の料金プランがあります。

それぞれ、基本月額料金は1カ月に使用するであろう「基本データ容量」によって違ってきます。

 

【auプラン(Aプラン)】

Aプランは、auが提供している「au 4G LTEサービスエリア」、「au 3G サービスエリア」を使用するプランです。

基本データ容量を500MB~10GBまで選ぶことができ、700円~2,520円となっています。

また、プラス610円で音声通話ができるようになります。

 

【DoCoMoプラン(Dプラン)】

Dプランは、DoCoMoが提供している「Xiエリア」、「FOMAエリア」を使用するプランです。

Aプランと同じように、基本データ容量に応じた料金を選択することになりますが、音声通話はプラス700円となります。

 

どちらのプランも、通話料は30秒に20円となっています。

また、別途申し込みが必要となりますが、通話料がお得になる「通話定額」もあります。

 

テザリングは、どちらのプランでも「無料」で行うことができます。

しかし、テザリングが使用できない「機種」もあります。

 

では、その機種をご紹介していきますね。これからmineoに乗り換えを考えており、テザリングをしたい方に注意していただきたい情報です。

 

mineoではテザリングができないこともある

f:id:Cima0206:20161221001624j:plain

テザリングができない機種は、以下の通りです。

 

【Aプラン】

◆SIMフリー端末、auブランド端末、DoCoMoブランド端末、Softbankブランド端末

・iPhone

・iPad

 

【Dプラン】

◆DoCoMoブランド端末

・Android端末の一部

 

Apple社が販売しているiPhoneやiPadをお使いの方は、Aプランで契約した場合テザリングができません。

つまり、iPhone・iPadでテザリングを使いたい場合はDプランの契約をする必要があるということですね。

また、DプランでもDoCoMoブランド端末の一部でテザリングが不可となっています。

 

mineoの公式サイトを見てみると、「動作確認端末一覧」が掲載されています。

お使いの機種がmineoのどんな機能に対応しているかが確認できる表です。

データ通信、090音声通話、テザリング、SMSについて、「〇」や「✕」などで表示されています。

mineoの契約をする前に、必ずチェックしていただきたい表です。

 

テザリングの注意点は「通信速度制限」

f:id:Cima0206:20161221001639j:plain

テザリングは、一度に2台以上の端末を使用するため、バッテリーの消耗が1台分よりも早いです。

また、特に注意していただきたい点として、「通信速度制限」があります。

 

スマホに加えてパソコンやタブレットでもデータ通信を使用するため、通常の2倍以上データ容量を消費します。

また、スマホよりも容量の大きい画像や動画をネット上で閲覧すると、さらにデータ容量を消費することになってしまいます。

 

通信制限がかかってしまうと、インターネット接続速度が遅くなるため、ページの読み込みに時間がかかったり、動画がスムーズに見られなくなったりします。

データ通信を行うアプリも使いづらくなってしまいます。

 

mineoでは、毎月契約しているデータ容量を超えてしまった場合や、3日間で3GB使ってしまった場合に通信速度制限がかかります。

 

では、もう少し詳しくご紹介していきますね。

 

【Aプランの場合】 

Aプランでは、1カ月に設定しているデータ容量を超えた時に通信制限がかかります。

また、3日間で3GBを消費してしまった場合にも通信制限がかかります。

 

【Dプランの場合】

Dプランでは、Aプラン同様、1カ月のデータ容量を超えた場合に通信制限がかかります。

しかし、3日間で容量を消費した場合の通信制限はかかりません。

 

あなたは現在、毎月のデータ容量をどれだけ消費しているでしょうか?

電話やメールのみ、またはご自宅にあるWi-Fiルータのある場所でしかデータ通信を行わない方は、2GBや3GBなのではないでしょうか。

 

しかし、Wi-Fi環境が無い場所でインターネットや動画の再生、アプリの使用をする方は、5GB、7GB、もしくはそれ以上を使用しているのではないでしょうか。

テザリングを行う場合、毎月消費しているデータ容量に加えて容量が必要となります。また、毎日お仕事などでテザリングをする方は、3日間連続でテザリングをする可能性がありますよね。

 

したがって、テザリングを日常的に行うのであれば、「Dプラン」の「10GB」で契約をすることがオススメです。

 

mineoで通信速度制限を回避するには?

f:id:Cima0206:20161221001654j:plain

基本データ容量を10GBにしたとしても、通信速度制限がかかってしまう可能性はゼロではありません。

mineoには、うまく利用すれば通信速度制限を回避する、もしくはかかるタイミングを遅らせることができるサービスがあります。それは、以下のようなものです。

 

◆アプリ(mineoスイッチ)

◆パケットシェア

◆パケットギフト

◆フリータンク

 

mineoユーザーが使える、mineoスイッチというアプリがあります。

iOS端末の方はAppStore、Android端末の方はGooglePlayからインストールすることができます。

mineoスイッチとは、通信速度の「通常」と「低速」を切り替えることができるアプリです。

 

データ通信は、アプリのアップデートなど、知らないうちに消費していることがあります。

実際にデータ通信をしていない時は、通信速度が「低速」でも問題ないのではないでしょうか。

また、低速にしていると通信速度制限を気にする必要がありません。

つまり、低速時はデータ容量が実質使い放題ということになります。

 

mineoスイッチは、スマホの画面上にデータ使用量をウィジェットで表示することができます。

インターネットなどから、通信制限がかかるまで、残りどれくらいデータ通信をしても良いのか確認する手間が省けるので便利ですね。

 

パケットシェアは、1カ月に使わなかったデータ容量を、翌月に繰り越すことができ、シェアメンバーへ分けることができるサービスです。

パケットシェアを申し込んだ人が「リーダー」となり、リーダーがシェアメンバーを招待するシステムとなっています。

 

つまり、シェアメンバーになれば、毎月余った分のデータ容量をリーダーから分けてもらえるということですね。

招待に必要なものは「ご利用番号」となっています。

同じmineoユーザーがあなたのお近くにいらっしゃる場合は、パケットシェアをしない?と聞いてみましょう。

 

パケットギフトは、余った分のデータ容量をプレゼントできるサービスです。

リーダーが解散申し込みをしない限り続くパケットシェアとは違い、その都度のサービス利用となります。

こちらも「ご利用番号」が必要です。

つまり、同じmineoユーザーである家族や友人などにご利用番号を知らせておけば、余った分のデータ容量をもらうことができるということですね。

 

フリータンクは、mineoユーザー全員でデータ容量を分け合うことができるサービスです。

余った分はフリータンクに入れ、足りない分はフリータンクから引き出すというシステムです。

mineoのコミュニティサイトである「マイネ王」でメンバー登録をし、契約IDとの連携をすることで、利用することができます。

 

マイネ王のサイト上では、フリータンクにデータ容量を入れた人、引き出した人のデータ容量とコメントを閲覧することができます。

mineoユーザー全員で協力し合うことができるので、絆を感じることができますね。

 

パケットシェア、パケットギフト、フリータンクは、データ容量の余った分を分けてもらうことで、通信速度制限を回避する、もしくはタイミングを遅らせることが可能です。

 

また、それでも足りないという場合は、「パケットチャージ」をしてデータ容量を増やすことができます。

ただし、料金が100MBにつき162円となっています。

上記でご紹介したサービスを利用すれば無料でデータ容量が入手できるので、まずはサービスの利用をすることがオススメです。

 

まとめ

・mineoの料金プランはAプランとDプランがある。

・mineoのテザリングは「無料」だが、各プランで一部利用できない機種がある。

・テザリングをする際は、通信速度制限に注意。

・通信制限を回避するには、mineoスイッチ、パケットシェア、パケットギフト、フリータンクの4サービスがオススメ。

[PR]mineo(マイネオ)のお申込みはこちらから

格安SIM比較情報.com

mineo(マイネオ)について詳しく調べるなら格安SIM比較情報.com!プランや購入できる端末、その他のスペック情報も満載!

格安SIM比較情報.com >>

無題ドキュメント