テレビコマーシャルが印象的・格安スマホのダークホース「UQmobile」

スタイリッシュな女性3人が印象的な「UQmobile」。

ガチャピンとムックもイメージキャラクターとして登場し、格安スマホ業界で急に頭角を現した「UQmobile」の認知度は、依然高くなっています。

コマーシャルからは名称しか分かりませんが、「格安スマホのはずなのに、なぜか安っぽくないな」と感じている人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな気になる「UQmobile」をご紹介していきます。

 

f:id:manekai:20161226165347j:plain

「UQmobile」は、下記のような人におすすめです。

・スマホの料金を見直したい人

・SNSや音楽を思う存分楽しみたい人

・ガラケーからスマートフォンに変えたい人

・料金を気にすることなくインターネットを使用したい人

・今持っているスマートフォンをそのまま安く使用したい人

一つでも当てはまった人は、要チェックです。

気になる料金プラン

格安スマホに変えるなら、やはり一番気になるところは料金プランではないでしょうか。

家電量販店でも大手キャリアと肩を並べてお店の最前列にブースを持っているところも見かけます。

現在、料金プランは大きく分けて2つあります。

 

ぴったりプラン:1カ月1980円

こちらのプランは、1カ月のデータ容量が最大25カ月間2GB、無料通話は2017年2月の利用分まで最大3600円分(90分)が使用できるというもの。

2017年3月からおしゃべりプランSというものに自動変更されます。

 

たっぷりプラン:1カ月2980円

こちらのプランは、1カ月のデータ容量が最大25カ月間6GB、無料通話は2017年2月の利用分まで最大7200円分(180分)が使用できるというもの。

2017年3月からはおしゃべりプランMというものに自動変更されます。

ちなみに、いずれもauやau系MVNOからの転入の際には、適用外なので注意が必要です。

 

データ容量が気になる方にとっては、かなり便利なサービスがあります。

それが、送受信最大300Kbpsであれば、データ消費がゼロのままで、SNSや音楽などを好きなだけ使用できます。

これが、節約モードです。

UQmobileのポータルアプリで簡単に切り替えられる節約モードでは、SNSを使用できるほかに、MP3のビットレートが128Kbps程度だと音楽のストリーミング再生ができたり、インターネットで買い物を楽しんだり、低画質であればYoutubeを見ることもできます。

これは、日常の使用用途にもよりますが、かなり多くのことが節約モードでも可能になります。

 

f:id:hitomin110:20161212231008j:plain

ちなみに、データは追加購入もでき、100MBで200円、500MBで500円となっています。

しかも、有効期限は90日と良心的です。

 

また、スマートフォン初心者の方にもうれしい、10個の人気アプリがついているぴったりアプリパックもあります。

たとえば、セキュリティアプリや、ブルーライト削減アプリ、便利ツールに翻訳機など、あったらうれしいアプリばかりですね。

何をダウンロードしたら良いか分からないという方には、スマートフォンの便利さが増すのではないでしょうか。

 

2017年2月22日からは、5分以内の国内通話が回数無制限で無料となる「おしゃべりプラン」に変更になります。

おしゃべりプランSは、最大13カ月1980円の基本料金と、5分以内の国内通話無料、月間データ容量が最大25カ月2GBというもの。

おしゃべりプランMは、最大13カ月2980円の基本料金と、5分以内の国内通話無料、最大25か月間6GBの月間データ容量というもの。

 

さきほどご紹介したぴったりプランとたっぷりプランが、それぞれおしゃべりプランSとおしゃべりプランMに引き継がれます。

つまり、通話料金の体系が変わるということですね。

 

ただし、おしゃべりプラン登場後もぴったりプランとたっぷりプランを使い続けることも可能ですので、自分のスタイルにあったプランをより選べるようになります。

気になる通信環境

f:id:hitomin110:20161212231011j:plain

公式HP上で、現在の通信環境がどうなっているのかマップで詳しく紹介しています。

拡大中とのことですが、自分の生活圏が含まれているか、実家や生活圏とは違う場所の通信環境が良し悪しについて、事前にチェックしていた方が良いでしょう。

ちなみに、無料WiFiスポットは全国20万か所にも及びます。

 

大手キャリアでもたまにありますが、自宅が通信環境が悪い時もありますよね。

そんな時は、UQフェムトセルという自宅に設置できる基地局を利用することができるので、こちらは安心できます。

ただし、auひかり、もしくは、auひかりちゅらの契約が必要なので、注意が必要です。

iPhoneも選べる!対応機種は?

iPhoneの場合、iPhone5sは使用できます。

スマートフォンは、2016年12月時点でAQUOSなど13機種から選べます。

新機種が順次発売されているようなので、購入前にチェックしておくとよいでしょう。

 

購入しない場合でも対応SIMを購入することで、iPhoneは、6、6sまで使用することができます。

対応機種の詳細は公式ホームページでも簡単にチェックすることができます。

UQmobileの強い武器!UQWiMAX

料金を気にすることなくインターネットが楽しめる秘密、それが、UQWiMAXとの併用です。

 

UQWiMAXは、このような人におすすめです。

・家でも外出先でもインターネットを使いたい人

・データ容量を気にせずに使用したい人

・他社のモバイルルーターから乗り換えたい人

・引っ越し予定があるがすぐにインターネットを使用したい人

 

UQWiMAXの料金プランは3つあります。

インターネットを上限なしで気にすることなく使用したいという人におすすめなのが、「UQFlatツープラスギガ放題」という1カ月4380円のプランです。

そのほかにも、データ容量はそこまで必要ないという人には、7GBまで使用できる1カ月3696円の「UQFlatツープラス」というプラン。

 

さらに、auを使用している人は、auの利用料金が1カ月934円割引になる「auスマートバリューmine」というプランがあります。

UQWiMAXは、モバイルルーターなので、複数の機種とつなげることもできます。

スマートフォンや自宅のパソコンなどで使用することができるというイメージですね。

自宅ではWiFiなので、配線もなくすっきり使えるのもうれしいところです。

自宅のどこにいてもパソコンを使えるのはありがたいのではないでしょうか。

 

WiMAXとWiMAX2+の違いについてですが、後者はとにかく通信速度が速いので、動画の視聴やアプリのダウンロードが快適になります。

下り速度(=ダウンロードする速度)が最大200Mbpsになったので、かなりはやいといえるでしょう。

auひかりで集合住宅の場合、タイプによっては下り速度が最大100Mbpsなので、速いということが分かるのではないでしょうか。

 

ちなみに、スマートフォンとインターネットを両方使用しても、ぴったりプラン(1980円)+ギガ放題(4380円)=1カ月6360円で使用できます。

現在のケータイ代金と自宅のインターネット代金の合計金額と比較してみてください。

拡大中!全国の取り扱い店舗

f:id:hitomin110:20161212231000j:plain

2016年12月22日時点で取り扱い店舗が1658店あり、買ったその場ですぐに使えるようになります。

いわゆるauショップのようなオフィシャル店舗は全国7店舗ほどしかありません。

しかし、ビッグカメラやヤマダ電機、ヨドバシカメラのような家電量販店やイオン、イトーヨーカドーのようなスーパー、また様々なキャリアを取り扱うケータイショップなど、さまざまな店舗で取り扱っています。

子どもに持たせても安心。全部無料のオプションサービス

UQmobileにはうれしい無料オプションサービスがあります。

有害サイトやアプリを制限できる安心アクセスV、ショートメッセージサービス、テザリング機能は全部無料です。

こちらは、大手キャリアに負けないサービスとなっていますね。

 

有料のオプションサービスもあります。

面白いサービスも揃っており、「KK BOX」というアジアの音楽や洋楽、邦楽を中心として2000万曲以上配信されているアジア最大の聴き放題サービスが2017年2月から提供される予定となっています。

その他、留守番電話サービスや端末補償サービス、uqmobile.jpのアドレスが取得できるメールサービスもあります。

 

料金の安さとデータ通信の環境の合わせ技で、かなり安く、快適に利用できる人もいるのではないでしょうか。

ぜひご自身の使い方を見直して検討してみてください。

 

f:id:hitomin110:20161212231007j:plain

[PR]UQmobileのお申込みはこちらから

格安SIM比較情報.com

UQmobileについて詳しく調べるなら格安SIM比較情報.com!プランや購入できる端末、その他のスペック情報も満載!

格安SIM比較情報.com >>

無題ドキュメント