出産にかかる費用が心配!かかる費用と受けられる補助とは?

f:id:manekai:20161104141040j:plain

妊娠が発覚した時、新たな命が宿った喜びを噛みしめて幸せ一杯な気分になられるかも知れませんが、それと同時に出産にかかる費用を想像すると手放しでは喜べない不安を感じられるのではないでしょうか?

 

検診や出産前にかかる準備費用や出産前後の入院費用、そして出産時にかかる分娩費用など、出産する時にはかなりの費用がかかります。

また、出産後にも内祝や子供の行事などの費用がかかります。

 

妊娠が発覚したと同時に一緒についてくるこれらの費用は一体それぞれいくらくらいかかるのでしょうか?

また、補助などの制度はないのでしょうか?

 

この記事では出産に関わる費用と、それらの負担を軽減してくれる補助について解説します。

この記事をお読みになって、安心して出産の日を迎えて頂ければと幸いです。

 

出産に至るまでにかかる費用

f:id:manekai:20161104141159j:plain

出産に至るまでにはどんな費用がかかるのでしょうか?

妊娠したら定期的に検診に行かなければなりません。

 

妊娠中の検診のことを妊婦検診といいますが、妊娠初期の段階から胎児がちゃんと育っているかどうか、その育ち具合を見ながらお母さんが日々無理をしないようにアドバイスを貰い、問診では相談などにも乗ってもらえます。

 

妊婦検診はおおよそ10回以上は行くことになりますので、その金額を合計すると大体10万円ほどになるのが一般的です。

 

ベビー用品など出産直後の準備費用

出産前に費用がかかるのは妊婦検診だけではありません。

マタニティウェアやベビー用品も必要となるので、それらの購入費用もかかってきます。

 

日に日にお腹が大きくなってくるお母さんは、当然今まで着ていた服が着られなくなります。

マタニティー用のウェアを早めに買い揃えておかないと、後から服がないと慌てることになりかねません。

 

マタニティー用品はすぐに必要なことは想像しやすいと思いますが、まだ産まれてもない段階からベビー用品が必要なのはなぜでしょうか?

 

産まれたらすぐに赤ちゃんは服を着なければなりません。

産まれてすぐに退院する場合は、その時から赤ちゃんとの生活が始まり、母乳の場合は搾乳機、粉ミルクで育てる場合は哺乳瓶や洗浄機が必要です。

 

お風呂にも入りますから赤ちゃん用のお風呂セットなどもあると良いでしょう。

これらは産まれてから準備していては間に合いませんので、事前に買い揃えておく必要があるのです。

 

一般的にはこれらにかかる費用は10万円から15万円程度と言われていますが、出産後マタニティ用品は不要となりますし、ベビー用品も赤ちゃんが成長するとすぐに不要となります。

 

ここはなるべくコストを抑えて、あまり多くを買い揃えずに最小限のもので賄えば良いでしょう。

 

出産時にかかる費用

f:id:manekai:20161104142700j:plain

出産時におおよそ40万円から80万円程度の費用がかかります。

もちろんこれはどこで産むかによって変わりますし、出産後の病室を相部屋にするのか、個室にするのか、もしくはエステなど快適なサービスが付いているところを選ぶのかによっても変わります。

 

では、どういう所で産むといくらぐらいの費用がかかるのでしょうか?

おおよその金額を紹介します。

 

どこで産むかで変わる出産費用

どこで産むかの選択肢は大きく分けると総合病院と個人産院、助産院の3つがあります。

  

総合病院の場合は多くの人と一緒に入る相部屋の場合と個室の場合がありますが、個室の場合は1日に1万円程度プラスで必要となります。

それも踏まえたとしてもおおよそで35万円から45万円が相場となっているようです。

  

個人産院の場合は40万円から80万円ほどの費用がかかります。

個人産院はサービスが充実しているところが多く、豪華な食事やエステなどが付いているところがあります。

 

助産院の場合は25万円から40万円と比較的安価です。病院のように施設が整っていなく、麻酔や薬も使わず、自然分娩のみの対応となっています。万一何かあった時のリスクがあるため、その分費用も安価となっています。

 

自然分娩では危険と医師が判断した場合は帝王切開手術をすることがありますが、帝王切開の場合は50万円から80万円弱と費用は高額となります。

 

内祝でかかる費用

f:id:manekai:20161104141720j:plain

無事に出産してからもすぐにかかってくる費用があります。それが内祝です。

出産が済んだら、親戚や親しい友人や知人などから出産祝いが届くことでしょう。

 

貰ったら返すのがマナーですから、貰った金額の3割から5割程度を内祝としてお返しします。

その内祝もお祝いをくれた人が多くなるとバカになりません。

 

そういうと「貰ったお金を返すだけだから出費にはならないじゃないの?」と思う人もいらっしゃるでしょうが、お祝いを現金で頂けるとは限りません。

 

物で頂いた場合には物を買って返さなければなりませんが、その費用は実費負担となりますので、あらかじめ想定しておきましょう。

 

行事にかかる費用

f:id:manekai:20161104141922j:plain

出産後の行事にも費用がかかります。

生後1か月ほどでお宮参りをすることが一般的です。お宮参りの際に神社に支払う費用や、カメラマンを呼んだりスタジオで記念撮影する場合にも費用がかかります。

 

また、生後3か月頃にはお食い初めという行事があります。

一生食べるのに困らないようにという願いを込めてする行事にも、祖父母を呼んで仕出しなどをとって行う場合には費用がかかります。

 

合わせると10万円程度は覚悟しておかなければなりませんので、事前に用意しておきましょう。

 

覚えておきたい5つの公的補助

f:id:manekai:20161104142106j:plain

これだけいろいろかかってくる出産に関わる費用ですが、全額を負担しなければならないわけではありません。

ちゃんと公的補助を受けることができるのです。

 

では、どういう公的補助があってどれくらいの金額を貰えるのか?

ここでは5つの公的補助について紹介します。

 

1.出産育児一時金

出産の時には健康保険が使えません。

でも、それでは全額自己負担となってしまいますので、健康保険の代わりに出産育児一時金が支給されます。

 

支給金額は子供1人につき42万円。

申請先はお母さんが会社員や公務員の場合は加入している健康保険や共済組合へ、自営業の場合は国民健康保険へ、専業主婦やパートアルバイトの場合はご主人の健康保険に申請すると受け取ることができます。

 

2.高額医療費制度

高額療養費制度は健康保険を使った後の自己負担額が限度額を超えた時に支給される医療費制度です。

高額療養費制度によって月に8万1,000円以上かかった費用はほとんどが戻ってきます。

 

3.高額医療費控除

高額医療費控除は、1世帯の医療費が年間10万円を超えた時に還付金があるという制度で、この還付金を受け取るためには確定申告が必要です。

 

4.傷病手当

傷病手当は、流産になりかけである切迫流産や、つわりが悪化して妊娠悪阻(にんしんおそ)という病気になって会社を休む場合に貰える手当金です。

標準報酬日額という所定の額の3分の2の手当金が支給されます。

 

5.出産手当

出産手当金は産休中の生活補助のために貰える手当金で、標準報酬日額の3分の2が支給されます。

 

産休とは、勤務している女性が産前の42日、産後の56日の間に取ることができる休みのことです。

この間は給料が出ないために、出産手当金の補助を受けると良いでしょう。

 

まとめ

f:id:manekai:20161104142335j:plain

・出産前にはマタニティー用品やベビー用品が必要

・出産時にはどこで産むかにもよるが、おおよそ40万円から80万円の費用がかかる

・出産後にも内祝や行事に費用がかかる

・出産時にかかる費用の大半を賄ってくれる公的補助を受けることができる

無題ドキュメント